吐き気とめまいを改善するための、すぐできるたった1つの方法



き気とめまいのツラさ。
このツラさは、なった人にしかわからないでしょう。


私はずっとこれに悩まされてきました。

めまいと吐き気に苦しむ女性

かれこれ10年以上のことです。

小学生の4年生のころ、ある授業でそれが始まりました。

そのある授業というのが
保健体育の性教育だったのですが、
そこで気持ちがわるくなったのです。

過呼吸で息ができなくなってしまったのです。

そのとき以来
ず〜っと不安で不安で仕方なく、
吐き気とめまい

そして急にやってくる過呼吸パニック障害

苦しかったんです。

もう死んだほうがラクなんじゃ・・・
ホンキでそう思いました。

けれど、
死ぬのも怖い!

そんなふうに逃げて逃げて
生きてきましたが

ある日、それがびっくりするほど良くなりました。

急に良くなったわけではありません。
徐々に徐々に、日に日によくなっていったんです。


そして、今回ここでは
その方法をあなたにお伝えしたいと思います。

なぜ、わたしがあなたに教えるのか
それは、わたしと同じようにいま苦しんでいる人が
この話を聞くことによって、もう一度やり直すきっかけにしてほしい


そうおもっているからです。

わたしが苦しんできたから
あなたの気持ちがよくわかります。

不安感があり、呼吸がしにくく
目がまわるような感覚があったり、

ぼ〜っとしてなにも考えられないか
あるいは、ず〜っと不安なことを考えたくもないのに
考えてしまう、
極度の不安で苦しんでいる男性

そんなツラい毎日をいま過ごしているのかもしれません。

でも、だからこそ
これからお話する方法を
ぜひ試してみてください。


わたしが良くなってきた方法です。
あなたがよくなるかどうかは正直わかりませんが、
少なくとも私はこれでよくなりました。


そして、これからお話する話が
あなたの人生をもう一度やりなおす、
その足がかりになることでしょう。


ということで、
これからその方法をお伝えしていきます。

最初にどんな内容かを
お話ししますが、ぜひ最後まで読んでみてください。

吐き気とめまいを改善するための、すぐできるたった1つの方法とは…

考えてもどうにもならないことは、考えない

と、このたった1つの方法です。
具体的なことはこれから、解説していきます。

どれも大切なことですので、
読み飛ばさずに読んでみてください。


そして、
これはやってみよう。と思うものがあれば
それメモにかいておいて、試しにやってみてください。

やれば、きっとよくなります。
続けていけば、その効果を実感できるでしょう。

では、解説です。

スポンサーリンク



まずは、

考えてもどうにもならないことは、考えない

吐き気とめまいの原因、
それは心配事ストレスからやってきます。

わたしも昔、心配ごとを考えただけで
「おぇえええええ」ってなりました。

その心配事がなにかというと
国語の宿題をやり忘れた。ってことでした。

でもね、ものすごい心配だったんです。
だって、その国語の先生めちゃこわかったから。

女の先生だったんですけどね。
宿題わすれて吐き気になりました。

不安感におそわれる少女

そんなふうに、

あなたもいまなにか悩みや不安を抱えているかもしれません。

わたしの抱えていた悩みよりも
何倍も何十倍もおおきな悩みかもしれません。

でも、それでも
これを覚えておいてください。

あなたが心配事や悩みで

吐き気やめまいがおそってきたときには
これを思い出してください。

それは…

答えがない質問を考えると、どんどん不安になる

ということ。

答えがない質問というのは、
たとえば

  • なぜ、じぶんは生きているんだろう
  • どうして、人は死ぬのだろう
  • 死んだら人間はどこにいくのだろう
  • 宇宙の果てはどうなっているんだろう
  • なぜ、ぼくはここにいるんだろう
  • もし、しっぱいしたらどうなるだろう
  • もし、これがバレたらどうなるだろう
  • お金がかせげなかったらどうしよう
  • 就職できなかったらどうしよう
  • もし、病気になってしまったらどうしよう


・・・

そんな質問です。

けど、

これらには答えはないんです。

いくら考えても答えはありません。

そのときになってみないとわからないし
そのときになってもわからないかもしれません。

考えても答えはありません。

そして、考えればかんがえるほど
混乱してきます。
答えがないことに混乱する男性

答えがないから
質問→答えはわからない→質問→答えはわからない→質問→答えはわからない→…

…とぐるぐるに回りはじめます。
それがこちらの記事にもある無限ループです↓

最大の恐怖!「生き地獄の無限ループ」から脱出する7つの方法

そして、

どこまでいっても答えがないから、精神的に追いつめられて

不安、緊張、吐き気、めまい、
パニック、うつ


になってしまうことでしょう。

だから、
答えのない質問をいまあなたのあたまのなかでしているとしたら
いったんそれをストップしてください。

考えるのをやめる男性

その方法は簡単です。

考えることをやめるのです。
とは、いってもかんがえてしまう…

としても、なんとしても考えるのをやめてください。


答えがない質問をずっとすれば
それだけおかしくなってしまいます。

答えがなくたっていいんです。

まずはあなたの吐き気やめまいを治す。
それに専念しましょう。


そしたら、自然とその答えはみつかります。
あたまのなかの質問を変えることです。

簡単なことですが、
とても大切なことです。






・・・

以上が、
わたしのやってきたたった1つの方法です。

他にも方法はありますが、
まずはこの6つをやってみてください。

そして、あなたの吐き気、そしてめまいが
少しでも良くなって、いまの私みたいになってくれたなら
これほどうれしいことはありません。


いま、どんなにツラくても
どんなに苦しくても、それはあなたにとっていずれ思い出になります。

(そういえば、むかしは吐き気やめまいがあったっけ。なつかしいなぁ…)
そう思えるときが必ずきます。

ぜひ何度も読んでやってみてください。

それでは、最後に
ここまでのまとめです。
どんな方法があったか、もう一度思い出してみましょう!

吐き気とめまいを改善するための、たった1つの方法とは…

  • 考えてもどうにもならないことは、考えない→考えてもどうにもならないことは考えても答えはでてきません。答えが出てこないことを考えると脳がつかれて吐き気やめまいを引き起こします。答えがないことは考えないことです。答えがあるであろうことを考えるようにしましょう。

というわけで、
簡単なまとめでした。

詳しいことは本文で。

また吐き気におそわれたり、めまいがやってきたときは
ここに書いてあることを読んで思い出してやってきましょう!


きっと、よくなります。
わたしだって、むかしはぜったいによくならないとおもっていたけど
いまよくなってます。

あきらめない、あせらない。

そしたらあなたはよくなります。


そして、それでも、
めまいや吐き気がおそってきたら
こちらの記事も参考に↓

重度の不安障害だった私がいま一切不安がない理由と、幸せリア充になった7つの理由

精神的に弱い状態を3分で強くする7つのコツ

緊張のめまいを取り除く7つの方法


では、今回はこれで終わり。

あなたの健康を願って。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク



それと、

追伸です:
今回の記事に書いた内容はあくまでも私個人の体験談になります。
体調や体質によって個人差がありますので、
どうしても心配なことがあればお医者さんにご相談を。


めまいや吐き気がよくなって
楽しい人生を送れますように…

ではでは!

>>>免責事項

8 Responses to “吐き気とめまいを改善するための、すぐできるたった1つの方法”

  1. ユウタ より:

    この記事をよんで少し気持ちが楽になりました!!
    ありがとうございます

    • ナタリー より:

      ユウタさん、こちらこそありがとう。
      お役に立てて嬉しいです!!
      これからも頑張っていきましょう。

  2. erinko より:

    はい!今は出来ることを頑張ってみます!自律訓練法も知ってはいましたが、やっていなかったのでこの機会に始めてみたいと思います。

    もともと運動があまり好きではなく、(唯一水泳だけ好きでした)体力もないほうだと思うのですが、やはり毎日を楽しみ、仕事を頑張るためには最低限の体力は必要ですし、今は倒れることがトラウマになっていて、今は行動が制限されているので、少しでも改善できるようこちらを拝見しながら頑張ります。(体調が悪くなるんじゃないか、と気にしながら出かけることがとてつもないストレスになっています)
    食事、飲み物も見直してみます。ありがとうございます。

  3. erinko より:

    追伸;

    頻繁に倒れていたので、2年前に大学病院で検査済みですが、血液検査は正常、血の貧血はなく、脳波検査で癲癇でもなく、やはり自律神経の異常でしょう、とのことでした。

    対処法は、長時間立たないこと。無理ですよね笑
    病院の限界を感じました。。

  4. erinko より:

    ナタリーさん、
    返信ありがとうございます。

    この体質だからか極端に夏に弱く、炎天下や湿気のある場所へいくと、めまいや動悸が始まってしまいます。それ故運動をしたくても、いまは厳しい状態なのですが、運動以外をいまはしていればよいでしょうか?思うように動けずストレスのたまる毎日です。。泣

    普段は水泳をしていて、秋になれば再開できるはずですので、秋までは、運動以外の基礎体力をつけようと思います。

    • ナタリー より:

      erinkoさん、
      お返事いただきありがとうございます。ナタリーです。

      そうですね、夏の暑さというのは体調不良になる原因のひとつです。
      私も夏の暑さにはどちらかというと弱いので、できるかぎり涼しいところにいるようにしてます。暑いとまいりますよね。わかる気がします。(クーラーはニガテなので極力使いませんが…必要なときは扇風機を使ってます。)

      夏のあいだは無理な運動は控えたほうがいいです。熱中症にもなりえますし、疲れもたまりやすいです。とくに炎天下では外出をせず、朝や晩など涼しくなってから散歩するのがいいでしょう。
      もちろん水泳ならいいと思いますよ。炎天下でなければ、ちゃんと水分補給をしながら休み休み泳ぐことで運動の代わりになると思います。
      ただし、一般的にプールは塩素濃度が高いので飲み込んだりしないようにお気をつけください。それでただちに病気になるわけではありませんが、体にとっては良いとはいえません。終わったらちゃんとシャワーを浴びて塩素を落とすことが大切です。海ならそんなことないですけどね。
      その他には、半身浴やトランポリン、軽い筋トレ、ヨガがオススメです。これもできる範囲でやっていきましょう。

      それと血液検査で正常なら、病気ではないので安心ですね。よかったです。
      あとは自律神経をはじめとした精神的なところを鍛えていけば日に日によくなってくことでしょう。焦らずちょっとずつです。

      たしかに、長時間立たない、それは一時しのぎにしかなりませんね。それが悪いわけではありませんが、根本的な解決にはつながりません。
      治るまでのあいだはそれは大事ですが、それだけでは何も変わりません。
      だから、やっぱり食生活などふだんの生活を見直す、これが一番いいように思います。

      と、言ってもerinkoさんがふだんどのような生活をされているのかわかりませんので、何ともいえませんが、
      薬に頼るよりも、まずは新鮮な野菜や果物をそのまま食べたりジュースにしたり、そうすることで体がもう一度生き返ることでしょう。
      食べ過ぎずに腹八分、適度に汗をかいて毒素を出していく…
      多少時間はかかりますが、自律神経をよくしてくために、ぜひ心掛けてみてくださいね。

      またなにかあれば、なくてもお気軽にどうぞ!
      お役にたてれば幸いです。

  5. erinko より:

    こんにちは。
    今日自律神経で検索し、こちらにたどり着きました。昔から脳貧血を起こしやすく、今まで通勤の電車、会社、のみの席等で何度も倒れてきました。
    軽いパニックもあるので、自律神経が弱いのだと思います。なんとか改善したくて運動等してきましたが、運動強度が弱いのかなかなか改善されず最近夏になったこともあり、立ちくらみちがひどいので、こちらを色々と読ませていただき参考にさせていただきます。さっそく、暑いお風呂と冷たいシャワーから試してみます。落ち込んでいたのですが少し明るい気分になってきました。ありがとうございました

    • ナタリー より:

      erinkoさん、私の記事がお役に立てたようでとてもうれしいです。ナタリーです。
      私も昔は貧血気味ですぐに具合がわるくなったので、その感覚がよくわかります。軽いパニックもそうだし、erinkoさんと私、少し似てるところがあるかもしれませんね。
      たしかに、erinkoさんのコメントを読まさせていただくと今の症状は自律神経の弱さにあるように思われます。ただ自律神経は鍛えれば強くしていけるので、ぜひムリのないところでお試しくださいね。一気によくなるというよりもじんわりじんわりよくなってくので、継続していってもらえたらいいと思います。食事も大切に。
      これからも頑張っていきましょう。erinkoさんがよくなるように私もお手伝いできたらと思います。
      ありがとう。

サブコンテンツ