ふと会話中に言葉につまってしまうをなくす7つの方法

な、なんて言ったらいいの?
ここまで言葉が出かかってるのに、
うっ、次のひと言がでてこな〜い!

言葉に詰まってしまう女性

ええっと、
あの〜、
その〜


と、次のひと言がでてこない。

そんなことありませんか?

ありますよね。

少なくとも、私はずっとそうだったんです。

毎回あたまの中が真っ白になって、
返事したくても返事ができず

沈黙!

まさかの沈黙!

「・・・」
沈黙に悩む男性

これじゃあ会話になりません。

会話中なのに黙り込む俺!
それに何度悩まされたことか!

けれど、そんな私も

ちょっと変わったある方法を試したら、
自然と言葉があふれるようにでてくるようになりました。


嘘みたいなほんとの話!
だから

いま会話に詰まることが一切ありません。

では、どうやってその喉まで出かかっているひと言を口から絞り出し、そして会話にしていけるようになったのか。

その方法を今回7つの方法にまとめてお話します。

とても効果がある方法、
ぜひ最後まで読み、そして言葉をあふれさせてくださいね。

では、ご紹介します。

それがこちら↓

ふと会話中に言葉につまってしまうをなくす7つの方法とは・・・↓

1、32個以上トレーニングをしよう
2、出てくるまで待つ我慢しよう
3、呼吸をとめない、呼吸をしよう
4、普段から大声を出す
5、映像で話す。文字を離れる。
6、それってつまり「〇〇」ってことですか。
7、口で話すな、カラダで話せ
これらをやっていくことで、あなたは、言葉につまることが格段になくなります。

やがては意識しなくても
ふつうに話せるようになります。


そして、とてもうれしくなるはずです。

では、その7つの方法
これから順に解説していきます。

ナタリーからの音声はこちら↓


※26分05秒の音声です。
ぜひ、最後まで読んで
一通りやってみてくださいね。

スポンサーリンク



まず初めは、

1、32個以上トレーニングをしよう

ということなんですが、

あなたが言葉につまってしまうのは、
ひとつ大きな原因があるんです。

それは・・・

それは・・・
この子のように↓
起きながらにして潜在意識が眠っている女性

起きながらにして
あなたの無意識が眠ってしまってること!

そう、無意識が眠ってるから、
意識しないと言葉が出てこないんです。

意識すればするほど
逆に言葉が出てこなくなるんです。


ということで、
ここは読みとばしてもいいですが、

人間の脳には「意識と潜在意識」、この2つの意識状態があります。

そして、
  • 意識はあなたが自分で意識してやってること。
  • 潜在意識は、あなたが普段意識しないでやってること。
なのですが、

たとえば、自転車の運転をしているとき、

(あっ、右に曲げなきゃ。いやいや、今度は左だ。おっとペダルも漕がなきゃ。)
ってやりますか。
自転車を運転する女性

やらないはず。
そんなこと意識しないはず。

特に意識しなくてもできてしまう・・・それが潜在意識です。

潜在意識は意識しなくても勝手にやってくれるのです。

意識しなくてもできるようになったら、あなたはとても楽ですよね。

それと同じです。

潜在意識をうまくつかえば、

自転車を意識せずに運転できるように、あなたは言葉をあやつれるようになるんです。

そのくらいに潜在意識ってすごいんです。

けれど、残念!
あなたは潜在意識を活かしきれていない。だから会話で言葉が出てこないんです。

あなたが言葉に詰まってしまう原因は、
そう、潜在意識が眠っているから

意識して言葉を出そうとしても言葉はでてこないのはあなたの潜在意識が眠っているからなんです。

すやすや
ベットですやすや眠る少女

って潜在意識が眠っているからなんです。

だから、あなたの口から出したいその言葉は、意識で出そうとしたらダメ!

気さくな会話というのはあなたの潜在意識がほぼ自動的にやってることだから、
それを無視し無理やり意識して言葉にして話そうとすると
潜在意識は「あれっ、無意識でやっちゃダメのか。」ってことで眠るんです。

すやすやすや
ぐっすり眠る少年

って眠るんです。

潜在意識が眠ってしまったらそれで最後。
意識しても言葉はでてきません。


だから、潜在意識を起こす必要があるんです。

起きて、起きて!
眠っている女性を起こそうとしている少女

って。

ではどうやって潜在意識を起こすのか?

その方法が、32個以上

32個以上

それは、あなたが潜在意識を眠りから起こすための数です。

と、いうのは・・・

人間の脳は32個以上の単語を出すためには、意識でなく潜在意識を立ち上げなければならない。

と言われているから。

(ただし、32個でなく、100個という人もいますし、20個っていう人もいます。32個はあくまでも目安です。)

だから、潜在意識を起こしたいのなら、32個以上の単語を無理やりにでも出せばいいんです。

なるほど、32個以上かぁ・・・
32個以上の言葉を想起する女性

そう、32個以上の単語を出せるようになれば、あなたは潜在意識から自動的に言葉をもってこれるので…

意識しなくても流暢に話せるようになれるんです。

なので、普段からひとつのことに対し32個以上のことを考えて出していきましょう。

う〜ん、具体的にはどうやって?
具体的に何をやるか迷う女性

では、こんなことをやってみましょう。

いまから私が「ある質問」をあなたにします。それを、紙と鉛筆を用意して、書いてみてください。
クリップボードの紙と鉛筆

準備はいいですか?

では、まず…

質問1:あなたの知っている食べ物を32個以上書いてみてください。

そう、32個以上ですよ。
制限時間は2分40秒(1つ5秒)!

2分40秒で32個の食べ物の名前を紙に書いてください!

書き書きっと・・・
食べ物の名前を書き出す少年

できますか。

たとえば、
りんご、パイナップル、トマト、うなぎ、さんま、ハンバーガー、ラーメン、ポテトチップス
さつまいも、スパゲッティ、アボガド、レモン、イチゴ、パン、玄米、チャーハン、スイカ、
餃子、卵焼き、牛丼、そば、みかん、玉ねぎ、パセリ、天ぷら、レタス、はちみつ、アイス、
うどん、みそ汁、チーズ

など。

私の場合ほとんど果物と野菜ですが、あなたはどうだったでしょうか。

時間制限があると焦りますね。けどそれがいいんです。

時間制限をつくって、あえて焦ってることで、

こんな感じで↓
潜在意識が立ち上がるイメージ

言葉が潜在意識から立ち上がるのだから・・・

だから、意識しなくても言葉がスラスラでてくるようになるのです。

ぜひ、この32個以上トレーニングをやってみてください。

続きのお題を出しておくので、あとでやってね。

スポンサーリンク



ということで、

質問2:あなたのいいところを32個以上書いてみてください。

たとえば、かっこいい、清潔、優しい、努力家、あたたかい、自信がある・・・・
32個以上あげてみましょう!

え〜と、俺のいいところは・・・
自分のいいところを考える男性

ってね。それから、

質問3:あなたの行きたい場所を32個以上書いてみてください!

たとえば、沖縄、四国、北海道、ドイツ、バリ島、オーストラリア・・・
これも32個以上ね。

イメージしながらだとなおGOODですよ↓
美しい街へ旅行のイメージ風景

それから、

質問4:あなたの好きな人を32人以上書いてみてください!

たとえば、同じクラスの〇〇さん、△△先生、アーティストの××、作家の☆☆・・・
32人以上思い浮かびますか?

どうだい?
好きな人

そして、最後に、

質問5:あなたが叶えたい願望を32個以上書いてみてください

たとえば、海外旅行をする、彼女とデート、映画を朝から晩まで見まくる・・・
32個以上すぐに思い浮かべてみてください。

こんなことしたいな・・・
抱擁によって癒される女性

とかね(あっ、私の願望です笑)
とこんな感じで考えた分だけ、いざというときに言葉がでやすくなります。
これはトレーニングです。

日々のトレーニングの積み重ねであなたは言葉につまることなくポンポン言葉がでてくるようになります。

それと、

ど〜しても言葉がでなくても無理やりにでも32個でるまでは諦めないように。

あきらめたらそこで試合終了だからね!

スポンサーリンク



それから、
言葉につまってしまったら、

2、出てくるまで待つ我慢しよう。

言葉がでてこないときって焦りますよね。

なにを話そう。
う〜ん、うまく言葉がでてこない。
ええと、ええっと・・・

何を話すか悩む男性

焦りますね。けど、その焦りが言葉を詰まらせます。
焦れば焦るほど言葉がでてこなくなります。

なぜなら、あなたの意識が焦ることに集中してしまうと、
言葉がでてくるよりも、焦りに気持ちを向いてしまうからです。

言葉がでない→焦る→言葉がでない→焦る→言葉がでない→焦る→・・・

どうすればいいんだ!
焦りでどうすればいいか悩む少年

ってその悪循環です。
言葉がでないから焦って、焦って言葉がでない。

最悪の悪循環、無限ループです。

だから、言葉がでてこなくても焦ってはいけない。
焦らずにただじっと我慢するんです。

それだけでOK。

じっと我慢する。焦らずじっと我慢する。

できそうですか。最初は難しいっておもうと思います。焦りたい気持ち、よくわかります。

けど、そこをぐっと我慢。

オレは何でも知っているし何でも話せる。
だけど、オレはあえて言葉を選んでるんだ。

会話に自信たっぷりの男性

そんなカリスマのようなオーラがでてきたときに、あなたは自然と言葉が口からあふれでるようになります。

言葉に詰まっても堂々と!

これを意識してみてください。

スポンサーリンク



それから言葉につまったときは、

3、呼吸をとめない、呼吸をしよう

言葉がでてこない。そんなとき、あなたは息をとめてませんか?

う、言葉が・・・で、で、でてこな〜い。
呼吸が苦しく言葉がでてこない女性

って呼吸を止めちゃってませんか?
呼吸をするの忘れてませんか?

そうなんです。

言葉に詰まっているときは、たいてい息が止まってるときです。

呼吸がとまると言葉もとまります。
あたまのなかで言葉が生まれなくなって真っ白になります。

だから呼吸をするんです。

ほら意識して、息を吸って、吐きましょう。

言葉につまったら、呼吸!

意識して深呼吸です。

スーハー、スーハー
呼吸が楽な深呼吸の女性

ってね。

スポンサーリンク



そしてこれはぜひ習慣に!

4、普段から大声を出そう。

あなたは最近、大きな声を出してますか?

言葉につまる人の特徴として
「人前で大きな声を出せない。」
というのがあります。

なぜなら、言葉がでてこないというのは
言葉を声として外にだすのが苦手だから


つまり、
言葉でなく、声がでてこない

それが言葉につまる人の大きな特徴だからです。

しかも、言葉に詰まる人は、言葉をカラダのなかで押し殺してしまうのです。

うっ、言えない・・・本音なんて
言いたいけど言えない男性

って。

なので、言葉につまりたくないなら、そうではなく、声に出すこと!

大声を出すこと!

それによってあなたは言葉がでてきやすくなります。
カラオケでもいいし、車のなかでも布団をかぶってでもいいので、

「うぉおおおおお〜〜」

って叫びましょう。

なんでもいいから大声をだす。それだけでもいいのです。

なに話そうではありません。言葉なんてなんでもいいんです。

コンサートに行って叫ぶも良し。山の上で「ヤッホー」って叫ぶも良し。
恥ずかしがらずにやってみましょう。

ただし、近所迷惑にならないようにね(笑)

いぇ〜い!
マイクをつかって大声で叫ぶ男性

うん、そうそう!その調子!

スポンサーリンク



それから、もっと言葉につまらないために、

5、映像で話す。文字を離れよう。

あなたはどうでしょう?

会話するとき頭のなかで文字を思い浮かべていませんか。

文字というのはつまり、ひらがなとか、漢字とか、カタカナとかですが

そういった文字情報をベースに話すべきことを思い浮かべてはないでしょうか。

もし、そうだとしたらそれをやめましょう。

なぜなら、

文字で考えていると言葉に詰まるからです。

というのも、

文字を思い浮かべるというのは、
脳のとてつもない大きなエネルギーを使う行為!

ぐぉ〜ん!ぐぉ〜ん!
脳のエネルギーを大量に使うイメージ

であり、思考するってとても疲れるからです。
だから、なかなか言葉がでてきません。
言葉を選んでいる時点で、もうドツボなんです。

だから、映像化です。

文字でなく、映像化です!

あなたの伝えたいことを映像にしてみましょう。

映像にすることであなたの伝えたいことは簡単に表現できるようになります。

考える必要すらありません。

頭のなかの映像をそのまま言葉にするだけですから、勝手に言葉をつくりだせます。
いくらでも。そう、いくらでも。

う〜ん、なるほど。それはよくわかるんだけど、どうやって映像化するの?
イメージトレーニングとか?

どうやって映像化するか悩む女性

そうですね。それはとても大事なことですが、

もっといいやり方はこちらに書いてあります。
ぜひ読んでやってみてください↓

記憶力アップ!短期間で効率的に覚えられる11の方法

こちらの記事を読めば、記憶力もあがるので一石二鳥ですよ。

スポンサーリンク



そしたら次です。

5、それってつまり「〇〇」ってことですか。

誰かと話しているときに
相手から質問されることってありますよね。


というか、質問のない会話なんてないですよね。

そんなときです。あなたは言葉につまるかもしれません。

えっ、いまのどういうこと?
よく理解できなかった!
あぁ、なんて返事を返せばいいんだろう・・・
う〜ん

言葉につまり、返答を考える男性

と、悩むかもしれません。

しかし、この方法を知っていれば悩みは吹き飛ぶでしょう。

それが、

それって、つまり「〇〇」ってことですか。

です。

質問されたら、
それって、つまり「〇〇」ってことですか?

を使って、

相手の言っていることを他のことに例えてみましょう。

たとえば、
「すみません、質問なんですけど・・・どうやって口べたをなおせばいいんですか?」

ってあなたが誰かに聞かれたら
「それは、つまり「あなたが口べたをなおしたい」ってことですよね。」

とか
「うん、つまり、「話し上手になりたい」ってことですよね。」
とか

「そうねぇ、つまり「あなたはモテたい」んですか。」
とか。

別の言葉に置き換えて返せばいいんです。

つまり、

相手の質問に答えられなかったら、ムリに答えなくていいんです。

もしどうしても答えられなかったら「つまり、〇〇ってことですよね。」
って置き換える。

それをやっているうちにあなたの会話のスキルもあがり、言葉に詰まることが減っていきます。

これをやってみてください。
かなり使える、強力な考え方です!

スポンサーリンク



そして、最後に、

6、口で話そうとせず、カラダで話そう

あなたも経験あるはず!

言葉につまるときというのは、
たいてい口を使って話そうとしてることが・・・

そう、口です。

口からはなかなか言葉はでてきません。

待てど待てど、出てこない。だから焦ります。

口を使っても言葉はでてこないのです。

しかし、方法はあります。口を使わなければいい。

口で話すのではなく、カラダで話すようにしてみるのです。

どういうことか。

カラダで覚えるのです。

カラダで覚えるのです。

もう一度いいます。
カラダで覚えるのです。

言葉を話す感覚をカラダで覚えるのです。

頭は使う必要はありません。

カラダで何度も何度も練習です。

カラダに染み付かせて勝手に話すように練習していきましょう。

これは本当にすごいことです。カラダで覚えるまでとにかく練習する。

それがコツです。
たとえばこちらの記事を参考に↓

説明力を鍛えて、楽しい会話ができる7つの方法

一人でできる簡単な会話力UPトレーニング

カラダに染み付いたものは
あなたのものになります。


あなたが言葉につまるよりも先に言葉がでてきます。

バブロフの犬のように
ベルがなったら餌がもらえるとおもってよだれがでてしまうように、

うっ、よだれが・・・
よだれを出しそうなパブロフの犬

ただ会話をしているだけで無条件に、言葉がでてくるようカラダに染み付かせましょう!

これはやったらやっただけ、うまくなる。

あとは練習あるのみ!

頑張れ〜

・・・

ということで、いかがでしたでしょうか。

言葉につまらなくなる、
そういう自信もっていただけましたか。

これらの方法を何度も何度もやってそしてあなた自身に浸透させていってください。

早ければ1週間くらいで、

「あれっ、言葉がどんどん出てくる。わ〜い!」

って驚きますよ。


では、まとめです。
これまでを振り返りながら、
ひとつずつチェックしていきましょう。

ふと会話中に言葉につまってしまうをなくす7つの方法とは・・・↓

  • 32個以上トレーニングをしよう→人の潜在意識は32個以上の単語をだしてから立ち上がります。なので、普段からひとつのことに対し32個以上のことを考えて出してみましょう。考えた分だけ、あなたはいざというときに言葉がでやすくなります。言葉がでなくても無理やりにでも32個でるまでは諦めないように頑張ってね。
  • >出てくるまで待つ我慢をする。→言葉がでてこないと焦ります。けど、その焦りが言葉を詰まらせるのです。会話で言葉がつまったときはとにかく待ちましょう。待つ我慢をするのです。それが堂々とできるようになったとき、あなたは言葉が詰まる感覚が和らぎます。
  • 呼吸をとめない、呼吸をする→言葉に詰まっているときは、たいてい息が止まってます。だから呼吸をするんです。意識して息をすって、吐きましょう。
  • 普段から大声を出す。大声を出すことに慣れてないと、言葉がでてきません。なぜなら、言葉をカラダのなかで押し殺してしまうからです。そうではなく声に出さなくてはならない。だから大声。カラオケでもいいし、車のなかでも布団をかぶってでもいいので、「うぉおおおおお〜〜」って叫びましょう。
  • 映像で話す。文字を離れる。→文字で考えていると言葉に詰まります。それよりも映像化です。あなたの伝えたいことを映像にするのです。たとえば小説を読んだり絵を描くなどでしっかりイメージ化しましょう。
  • それってつまり「〇〇」ってことですか。→相手の質問に答えられなかったら、ムリに答えなくていいんです。もしどうしても答えられなかったら「つまり、〇〇ってことですよね。」って相手の言っていることを他のことに例えてみましょう。それをやっているうちにあなたの会話のスキルもあがり、言葉に詰まることが減っていきます。
  • 口で話すな、カラダで話せ→口で話そうとするのではなく、カラダ全体で話すようにしてみましょう。つまり、カラダで覚えるのです。言葉を話す感覚をカラダで覚えるのです。頭は使う必要はありません。カラダで何度も何度も染み付かせて勝手に話すように練習していきましょう。

ぜひ、これらを普段の生活のなかでやってみてください。
やればやっただけ、あなたの会話はつまりません。

じゃんじゃん言葉があふれだして、とまらなくて困ってしまうでしょう(笑)

頑張ってね!

こちらの記事も良かったらどうぞ↓

何もせずに自然とモテる!やっておくべき10のこと

あなたの会話がつまらない、と思われる10の理由

ついていけない最近の話題についていくための7つの方法


では、今回はこれで。
次回もまたお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ