口べた会話もこれで解決!記憶の言葉VS心の言葉

なたの口べた会話が
一気に解決できる方法があります。


口べた改善を果たした男性のイラスト

それが、今回ここでお話する、
記憶の言葉VS心の言葉

です。

なんじゃそりゃあ
と思うかもしれませんが

とても大切なお話です。

これを知らないと
言葉につまってしまう!だけでなく、

話していてもツマラナイとおもわれてしまいます。


さて、ところで

あなたは人前で話すとき
「自分には話す自信がない、だからとりあえず言葉を先に暗記しておこう」
なんて考えてはいませんか。

結論を先にいってしまうと、
それは・・・ダメです!

暗記して話そうとすると、
必ずと言っていいほどうまくいきません。

・・・よね。

これには
ちゃんと理由があります。

それは、

暗記して覚えた言葉というのは
あなたの頭のなか、つまり記憶から生み出される言葉だから。


そして、記憶から生み出されるということは
それを思い出すまでに時間がかかる。


思い出せず頭を悩ませている男性

しかも!
そこに感情がこもらない!

だから暗記して覚えた言葉をそのまましゃべってもいけません。

たとえば、

どんなに素晴らしい言葉を言ったり、
どんなに興味深いストーリーをあなたが暗記して覚えても、
絶対に言葉が棒読みになるはず。


棒読みだから、それを聞いてる相手からしても
あなたの話が信憑性ゼロなんです。

(この人は本当はわかってないんだな。
覚えていることをただ話してるだけなんだな。)

ってそう思われてしまいます。

そのうえ、しっかり覚えたはずなのに
ど忘れしてしまったら・・・

もう言葉は出てこない。
思い出そうとすればするほど出てこない、

どうしよう〜

なんてことにもなりかねません。

だから、あなたが伝えたいことは、
できるかぎり覚えない。


そう、覚えるのをやめて
その伝えたい内容のことをしっかり勉強するんです。

机で勉強する男子中学生

スラスラと話せるようになるくらい、
そのことについて徹底的に調べてみましょう。

それこそが心の言葉です。

心から自然とでてくる言葉なら
言葉につまることはなくなります。

(う〜ん、なにを話そう?)

な〜んて考える必要もありません。
頭でなく心から言葉がでてくるので
つまることがなくなるんです。


そう、

頭で考えるな、心で感じろ!

心でいまの気持ちを感じている男性

ってこと。

それでも、
オレはどうしても覚えないと話せない。どうしたらいいんだ。
暗記せずに話すなんておれにはできない。


そう思ってるとしたら、
いっそのこと、あなたの話せるテーマに変えてみる方がいいと思います。

探してみれば、きっとあるはず。

それを話せばいいんです。

それがどんなにひどろもどろでカッコ悪くても
心から出てくる言葉の方がずっとずっと素敵です。


さぁ、記憶の言葉はもうやめて、
これからは心の言葉で話してみましょう!


そしたら、スラスラと口から、
いや、心から言葉があふれ出すでしょう。

・・・・

というわけでここまで
記憶して覚えた言葉VS心から出てくる言葉
について語ってきましたが、

おわかりの通り
勝つのは心の言葉です。

つまりね、

結局、なにを言いたかったかというと

結論:

話す言葉を暗記すればするほど口べたになる。
思ったままに心のままに話せばスラスラ話せる。

ただそれだけです。
しかし、わかる人にはわかってもらえる
とても大切なお話です。


スポンサーリンク



バカにせずにやってみて、口べた会話を改善し、
会話上手になってくださいね。

それだけでも人生かわっていきますよ!

あと、この記事はすごいです↓

「話しかけられない」を「話しかけられる」にする方法


こちらの記事もよかったらどうぞ↓

口べたが話し上手になるための3つのトレーニング

苦手な人から勝手に理解してもらえる2つの方法


では、また次回もお楽しみに!
最後まで読んでくれてありがとう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ