もう1つの悩みが半分になる秘訣はネガティブ自動思考を一旦停止させ論理的思考に組み直すこと

自動思考を一旦停止、それを論理的に組み直し、いま抱えてる悩みを半分にするバナー

こんにちは、THE FREEDOM ブログ管理人のナタリーです。

前回の記事では、悩みを半分にする方法について語りました。

今ある悩みを半分にする秘訣はシンプル。頭の中でやらなくていいことを辞めるだけ

覚えているでしょうか?

頭の中で同じことでぐるぐる悩むのではなく、体を使ってたった1回でも行動した方が悩みが悩みでなくなっていくよ、そのようなお話でした。

覚えてますよね。

そして今回お話するのはその続きになります。
あなたが抱えているもう半分の悩みを解決する方法になります。

先にざっくりお伝えしますと、

①ネガティブな「自動思考を停止」させ、
②その上ですべての思考を「論理的に組み直す」


この2つの方法になるのですが実際やってみると段々分かってきます。何がかというと、僕たち人間のほぼ全ての思考というのはこれまで過去の思考パターンを無意識に繰り返しているだけにすぎないと言うことがわかってくるんです。しかもその90%以上は論理的な思考とは程遠い非論理思考(=ほぼ妄想)で、それは起きながらにして夢を見てるのと変わらないのいうことがわかってくるんです。

そう、僕たちは起きながらにして夢をみています

起きながらにしてみているその夢が…
起きながらにして夢をみる女性のイメージ

興奮するほど楽しくてワクワクする夢なら嬉しくもなるでしょう。しかし、不安や恐怖にうなされ体にまで影響を与えるような悪夢だとしたら、どうでしょう?それこそがネガティブな自動反応であり現実とはかけ離れた非論理思考とは言えないでしょうか?

言ってる意味わかりますでしょうか?

なので、やたら悩みが多い人というのはネガティブな自動思考によって非現実的な悪夢をみて苦しんでるに等しいということ。

そんなのバカらしいから、今ここであなたのネガティブ自動思考を一旦停止させ1つ1つ筋の通った論理的思考に組み直していきましょう。

それが今回お話するこの5つです。

ネガティブ自動思考を一旦停止させ論理的思考に組み直すために・・・↓

1、あなたの考えをすべて自動思考とみなしてみよう
2、その自動思考、一旦すべて停止させよう
3、停止後、一番最初の思考から論理チェックしてみよう
4、論理に基づかない場合は組み直していこう
5、それでも悩みが止まらないなら…
以上の5つ。
これを書いてる僕自身もこの5つのやり方のおかげで、どうにもならないほど深刻な悩みが思ったほど大したことないと思え、むしろこれは有難い試練なんだと受け止められ、心がめちゃくちゃ軽くなりました。

あなたもそうなりますように・・・

では、解説です。

スポンサーリンク



まずはこれを24時間とは言いません。
1日5分でもトライしてみましょう。

1、あなたの考えをすべて自動思考とみなしてみよう

考えてもみてください。

あなたが日本語を使ってる、その時点であなたの思考は、誰かから教わってきたまたは経験に基づくものだとは思いませんか。なぜなら、

お母さん、ミルクくださいな
言葉を話せるの赤ちゃんのイメージ

なんていう赤ちゃんみたことないですよね。生まれたきた瞬間(赤ちゃんのとき)は日本語を話せなかったということは、誰かが日本語であなたに考え方や概念を教えたということになります。

なので、「これは他の誰でもない自分一人で考えたことなんだ!」と言っても、本当のところは小さい頃、親から教わったことかもしれないし、テレビで言ってたことかもしれないし、本で読んだこと、映画でみたこと、あるいは記憶同士が勝手に組み合わさってできた作話(さくわ)なのかもしれません。

だから、最初はあなたの考えは100%すべて自動思考と思ってみましょう。

どんな考えも、どんな反応もどんな想像やイメージもすべてそれは自動思考であるとみなしてみるんです。
むしろそうすることによって、一旦自動思考の外に出て客観的に自分の思考をチェックできるので無意識によるより戻しの影響を最小限にできたりもするのだから・・・
(※なお、たった今この文章をパソコンで書いてる僕も「もしかしたら自動思考で浮かんできた考えを書いてるのかもしれない」と疑いながら書いてます。)

だから、ぜひ紙やノートを用意してあなたが今考えてることを全部書き出してみましょう。

え〜と、私、何を考えているのかな?
何を考えてるか書き出す女性

そして、なくて七癖です。
必ずあなたの自動思考パターンがあるはずですから、まずはそれを認識することから始めましょう。




そして、次へいきます。

2、その自動思考、一旦すべて停止させてみよう

停止させたって浮かんでくるから仕方ないじゃん。
耳を塞いだって聞こえるし・・・

汚い内部対話に耳をふさぐ女性

なんて言っていても、止める努力をしなければこれから先もずっとその考えに支配され不自由な人生になってしまいますよ。

だから止めましょう!その自動思考を!

そのためにできるのがパターン崩しというものです。
たとえば、頭のなかで嫌いな人が怒鳴ってくる声が聞こえたとします。

おら〜、お前!ちょっとどういうことなんだ!
怒鳴りながら指を差す男性のイメージ

その時、「え〜い、黙れ!」と言っても相手は実際そこにいるわけではなく頭の中を陣取ってるわけだから御構い無しに怒鳴り散らしてくるでしょう。
だから無理して頭の中の相手を変えようとするのではなく、自動思考によるパターン(リズム)を変えていきましょう。なお、パターンの崩し方は1つではありません。以前ご紹介した目を使ったやり方(スイッシュパターン)↓

不安がどうしても頭から離れない強迫観念の7つの対処法(スイッシュパターン)

であったり、楽しい音楽やラップ調に相手の声を変換させる↓

何をやっても楽しくない人生を何をやっても楽しい毎日にする7つの方法(楽しい音楽)

などによってパターン崩すことができます。

それから、停止です。
ストップと標識を掲げる男性

急ブレーキではなく、こちらのペースに同調させてから減速させての停止

これをぜひやってみてください。
今回はネガティブだけでなくポジティブもすべて思考停止させ、できる限り無の境地に入って頭の中を空っぽにしていきます。
それでもなお出てくる考え、それこそがあなたの大部分を占拠している厄介な自動思考になりますが、それもまた、今やった方法で1つ1つ停止させていきましょう。

それでもまた出てきてしまったら?
はい、停止です。
どれだけ時間がかかってもいいのでじっくり取り組んでいきましょう。




そんなわけでここまでできたら、

3、停止後、一番最初の思考からひとつひとつ論理チェックしてみましょう

どんなに頭の中を停止させてもイタチごっこになるときがあります。
なぜなら頭の中では勝手に思考が生まれてくるからです。

だからあれこれ考えないようにしなきゃ・・・
と思ったなら、はい、その(=あれこれ考えないようにしなきゃ・・・)が自動思考になってしまうんです。

そして待てば待つほど様々な思考が生まれてきます。そのときあなたにやってほしいのは、その思考が果たして論理的に正しいのかどうか確認する作業です。

たとえば、僕の場合こんな思考をよくしてました。

いや、正確には内部対話といってもいいでしょう。

  1. おい、早く2階へ行かないと、雨が降ってくるぞ〜
  2. (映画をみながら、)火事だ〜、どうしよう!逃げなきゃ!
  3. 火事のイメージ

  4. はぁ、なんていうか、え〜と、その〜

おわかりですよね。
これらどれも論理的に正しい思考ではありません。

  1. 2階へ行くのと雨が降ってくるのに因果関係はありません
  2. 火事で逃げるのは正解です。でも火事なのは頭のなかのイメージで、実際の体の外は火事ではありません。(テレビや映画の中はそうでも現実でない以上論理的とは言えません。)
  3. まったく意味のない口癖、言えば言うほど言いたくなる無意味ワードです
言葉に詰まる女性のイメージ

と、そんな風にあなたの中の思考が果たして論理的な正しさをもっているのか
それとも頭の中で作ったストーリーや妄想、思い出し記憶によって作話した非現実なのか今一度チェックしてみましょう。

これだけでも悩みの大半が無意味な幻想だったと気付けるはず

そして、実際そうなんです。

たいていの悩みは幻想にすぎない、論理的に破綻した幻想にすぎないんです。




そして、いよいよここから

4、論理に基づかない場合は論理的に組み直していこう

ハッキリ言います。

非論理思考というのは、頭の中の世界にすぎません。
頭の中の世界だから夜見る夢の世界と同様なんでも出来るしなんでも論理的に辻褄があってるように感じられます。しかし、それらは現実の物理世界ではありえないことばかりです。

頭の世界で空を飛べても、現実では不可能だったりもします。
頭のなかで空を飛ぶ夢を男性

だから「何年後かに地球に隕石が衝突する」、という番組があったとして(どうしよう、どうしよう・・・)とそれを信じて怯えたとしてもそれを信じてるのはその人の頭の中の世界であって、それは現実の世界(=事実)ではないのです。

頭の中≠現実
想像力で妄想で楽しむ少女

では、事実でないのにどうして怯えることがあるでしょう?僕が懸念するのはそういうところでこの情報化社会のおかげでテレビにネット、スマホなどで様々な情報を手に入れられるようになった反面、信じなくていいものまで信じてしまって苦しんでるとしたら、もういい加減そういった不安情報は捨てて自分自身で論理的に正しい思考に組み直すべきなんです。
そしてそのために大切なのが「論理的思考(ロジカルシンキング)」を学ぶことです。
本でもyoutubeでもなんでもお好きな方法で構いませんので一度、論理的思考法について学び自身の考えが論理的思考に基づくものなのかを見つめ直してみてください。

そして、論理的思考に組み立て直して非現実な情報に踊らされないようにしましょう。踊らされてしまうといくらお金があっても足りないですからね。

お金がないと嘆く男性

なお、論理的思考に関してはこちら本が僕はすごく参考になりました。

図解 「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いか 弁護士が教える論理的な話し方実践編

古い本で中古しかありませんが、ぜひ読んでみてくださいね。

なお、最新版はこちらですが、

「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いなのか?


もしかしたらこちらは図解でない可能性があるので、先ほど紹介した青い本の方が読みやすいかもしれません。

そして、最後になります。

5、それでも悩みが止まらないなら…

悩みが止まらない、むしろ考えてしまっておかしくなりそう

僕もそうでした。悩まなくていいと分かっていても悩んでしまう
そして、どうしたらいいんですか?ループにはまってカウンセラーさんを困らせたこともありました。

だけど、悩んで悩んで死ぬほど悩んで本当に消えてしまおうかと思うほど追い詰められた僕が今だから思うのは、(な〜んだ、くだらねぇことで怯えてたんだなー)という吹っ切れ感なんです。

怯えたって仕方ない、悩んだって疲れるだけ

だったら、その悩みを逆利用して世のため、人のため、そしてあなたのために費やした方が何倍も幸せだし楽しいし嬉しく思えるんです。

もちろん、この記事を読んでくれている方の中には絶望の2文字しかなく、「生きててごめんなさい」と頭のなかで反芻しておかしくなりそうな人がいることも知ってます。災難続きで神様を恨んでしまうだけでなく自分自身を責めて傷つけてしまう人がいることも知ってます。だからこそ言いたいです。

僕たちは絶望するために生まれてきたんじゃない
幸せになるため(正確には幸せを感じるため)に生まれてきたんだ!
だから今こそ抜け出すんだ!頭のなかの牢獄を!そしてそのために自動思考を停止させ論理的に組み直して正しい思考法を身につけ、これまでの間違った情報や思い込みを捨てて流されないようにしていこう!

と、ここまで読んでくださったあなたなら十分その力があるはずですし、一生懸命変わろうと努力してるあなただから、どんなに時間がかかっても悩みの深淵から這い上がって抜け出せるものと信じてます。




そして、
最後にまとめと補足です。
ここまで、こんなお話をしてきました。

悩みが半分になるもう1つの秘訣とは・・・↓

  • 1、あなたの考えはすべて自動思考とみなそう自分で考えていると思ってることすら自動思考と知りましょう。例外を作らず自分の考えすらも疑うことが変われるきっかけになります。
  • 2、その自動思考、一旦すべて停止させよう→パターンを崩してゆっくりと停止させる、ひとつひとつ時間をかけて止めていきましょう。
  • 3、停止後、一番最初の思考から論理チェック→そして大抵は現実ではなく非論理な思考と知りましょう。
  • 4、論理に基づかない場合は組み直そう→頭のなかで作り出した世界は論理的に矛盾し破綻しています。論理的思考法を学んで組み直していきましょう。
  • 5、それでも悩みが止まらないなら…→もう一度この記事を読んでみてください。そして間違った情報や思い込みなどに流されないように普段から自衛していきましょう。

さて、以上になりますがもう一言。

悩みはネガティブと思えばネガティブに、
ポジティブと思えばポジティブになる。


お金がなくても病気でも人間関係がめちゃくちゃでも、ネガティブはそっくりそのまんまポジティブに変換できます。
長い人生だからいっとき不幸を思えるとしてもあなたが変われば世界が変わっていきます。

そして、このことわざ
災い転じて福と為すにもある通り、

あなたなら、いかなる災難(と思えること)をも、最高にできるはず。
そうなれるように僕も頑張るので、一緒に前に進んでいきましょう。

あと、こちらの記事もよかったら↓

人が悩むたったひとつの理由、その悩みが5分で消える7つの方法

24時間お金のことが頭から離れず、不安におしつぶされそうなあなたへ

メンタルが弱い人の特徴のひとつ「条件反射的受け身体質」を改善する7の方法

読めば悩みはさらに半分の半分になるでしょう。

では、今回はこれで。
また次回もどうぞお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



追伸です。
この記事は実際僕がやってきて効果があったと思っている方法ですが、ひどいトラウマなどを抱えている場合はとても直視できるものではないと思うので無理せずお医者さんやカウンセラーさんにご相談ください。


では、ありがとうございます。
あなたの悩みが良い悩みになりますように・・・

>>>免責事項

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ