上司からの強要・嫌がらせ・パワハラ行為に泣き寝入りしない、ちょっとした対策



言えない

言えない

「それパワハラですよ」
って言えない

あなたはどうでしょう?

言ったらたぶん・・・ひどいことになる
※ひどい話だと怒る男性

親に相談しても「そんなのどこも一緒、甘えてんな」って言われる

労働基準監督署にこっそり通告しようって何度も考えた

けどバレたらクビになるかもしれないし
取り扱ってくれるかどうかだ

じゃあ転職

といいたいけど、
貯金がほとんどないのに
今から再就職だってできるかわからない

だからこんな毎日嫌だけど、
もう少しだけ我慢しよう

っていいながら何年間も
我慢してる人がなんと多いことか

あなたはどうでしょう?




もちろん、どんな仕事も楽ではありません。
建設業なんて怒鳴ってばかりです。
中小企業の製造業なんてちょっとのミスも許されない

それが仕事というものかもしれないけど
でも、行きすぎた暴言や大声、繰り返される陰湿な嫌がらせ
はたまたこちらの自由時間を無視した超過残業などがあったなら

ただ泣き寝入りして我慢するのは
もうやめていいんじゃないかな。

泣き寝入りするのでなく、
あなたの望む人生を選べばいいんじゃないかな。


で、その方法をお伝えする前に
一つ知っておいて欲しいことがあります。
それは、

嫌がらせやパワハラというのは誰にも当てはまるものではない

ということ。

不思議なことに

どこへ行ってもパワハラされやすい人もいれば
まったくパワハラされない人もいます。

なぜでしょう?

一体なぜでしょう?

それは結局パワハラというのは上下関係であり、人間関係だからです。

人間関係だからどんなにひどい上司であっても、

気に入られれば天国に
嫌われたら地獄に

上司の指示に従う部下の男性

なり、嫌われた上に相手の強要を断れないと退職までの間ずっと奴隷地獄となります。

※ただしすべてがすべてパワハラではなく、業務上の適正範囲であれば単なる指示です。また、それを超えたとしてもケースバイケースです。

なので、
そこも含めてどうしたら嫌がらせやパワハラをやめさせられるか
をこれから一緒に考えていきましょう。




なお最初にお伝えしておきます。

この記事を書いてる僕自身はこれまでパワハラ被害にあったことがありません。
会社内での高圧的な呼び捨てなど軽いパワハラ(それがめちゃくちゃ嫌だった)を除き、大きなものはありません。
それはこの記事の中に書かれてるように上司との関係改善をうまく図れたからですが、

しかし現実は甘くはありません。

最近話題のしゃぶしゃぶ火鍋に社長が従業員の顔を押し付けたおぞましい事件、日大アメフト部の悪質タックル問題などにとどまらず
表に出てこないあなたの心の悲痛な叫びが、もっと世間に届いてほしい
その想いでこの記事を書いてます。

だから最後まで一度読んでみてください。

上司からの強要・嫌がらせ・パワハラ行為に泣き寝入りしない、
そのためのちょっとした対策になりますので、

何かの助けになるかもしれません。

で、最初にざっくりお伝えするとこんな対策です。

パワハラ上司に泣き寝入りしないために…↓

1、つねにICレコーダーを持ち歩こう
2、関係改善を図れるなら図る
3、エスカレートしたら離れる
4、第三者機関に相談する
5、説得されても納得できないなら断る
と、以上の5つあります。

もちろん理想はこの中の「2、」相手との関係改善を図れるが一番ベストです。
ですが、それが難しいなら他のやり方を試してもらえたら状況は変わっていきます。

もうこれまで十分頑張ってきたのだから
泣き寝入りやめましょう。




ということで、
まず最初に、
必要に応じてぜひこれをご検討ください

1、つねにICレコーダーを持ち歩こう

じつは、これ僕もやってました。
上司との個人面談で何か問題発言があったらと
その時はスマホのICレコーダーでしたが
音声を録音して万が一の状況に備えてました。

こんなイメージで予め録音して…↓
スマホで録音する女性のイメージ

でもそれって、個人情報的にどうなの?

プライバシーの侵害では、と言われるかもしれませんが
あくまで他の人には公開しない自分だけのものです。
それを勝手に外に出したら刑事責任に問われる可能性もあります。
あくまでも自己防衛のための録音です。

なお、ICレコーダーやスマホによる録音(ボイスメモ)等に関して注意してほしいのは
許可なく勝手に部屋に侵入して録音聞きを設置すれば家宅侵入罪や盗聴罪に問われます、また情報が流出すれば怒られるでは済まされません(刑事訴訟、賠償責任など)

なので以下の法律専門サイト、

(外部リンク)弁護士ドットコム「ボイスレコーダー 違法」の法律相談

を参考にあくまで自己責任でお願いします。

とはいえ、こういった物的証拠がないと訴えることが難しいのもまた事実なので
何か問題がありそうな状況になったときは
お守りがわりに備えておくことをお勧めします。

※その他日記、メール、他人の意見や証言、病院の診断書なども証拠となります。裁判や訴訟で有利となりますので普段から記録しておいてください。

でも、その前に、
できれば僕はこれをお勧めしたい。

難しいかもしれませんが、

2、相手と関係改善を図れるなら図りましょう

最初の方でお話しした通り、
パワハラは上下関係を基調とした人間関係によって引き起こされます。

社長、上司、人事担当者など「立場が上」の人間から
立場が上の関係をもつ役職のイメージ

従業員、派遣、アルバイト、部下など「立場が下」の人間に対し行われるものなので、

当然、立場の弱い人ほどターゲットとして狙われやすいわけです。

しかし、パワハラされる最初のきっかけ(原因)はそれだけではありません。

たとえば、

  • すれ違っても挨拶をしない人
  • すぐに顔に嫌悪感が出てしまう人
  • 心のなかで憎んでる、それが態度に出てしまう人

など相手からみて好意を感じられない人もまたパワハラのターゲットとして狙われやすくなります

だからといって、
ごますりをする必要はありませんが、でも、人間関係がうまく行ってる限りは
狙われたとしてもそこまでひどい嫌がらせをされることもないですので

試しに、

おはようございます!
今日もいい天気ですね。

笑顔で朝の挨拶をする女性

と、挨拶だけでもやってみてはどうでしょう。

最初は嫌な気持ちもあるとは思います。
しかしたったその小さなことを積み重ねるだけで
パワハラ上司があなたを守ってくれる味方になってくれることもあるのですから
試しにならやらない手はないでしょう。




でも、

3、エスカレートしたら離れる

どんなにあなたが関係改善を図っても、
その相手に「お願いします、もうやめてくれませんか」と丁重に伝えたとしても
よけいエスカレートしてしまうこともあるでしょう。

そういうときは
離れる

それが一番です。
避けると言ってもいいかもしれません。
無理に近づかず、距離をおく

気づかれないようにそっと物陰に隠れる
あえて距離をおこうとする男性

それいいし、それがいいんです。

それができなくても、物理的距離と会う時間を減らしていくことで相手も離れていくものです。

呼び出されないなら
距離をとって離れましょう。

それは逃げではありません。
勇気ですから。

しかし、それでもエスカレートが止まらない場合は
次の第三者機関に相談してみましょう。

4、第三者機関に相談する

何を言っても聞く耳を持たず
誰にも見えない形で執拗に嫌がらせや強要行為を繰り返してくる場合は
第三者機関に相談することをお勧めします。

もちろん最初は会社や労働組合に掛け合うのが手っ取り早く理想ではあります。
上司のその上司、社長、本部の担当者、人事部などです。
ただ必ずしもあなたの意見を聞いてくれるとは限りません。

また会社に相談することで社内の心象を悪くして今後の活動に支障をきたすことを懸念されることもあるでしょう。

なので、会社とは関係のない第三者機関です。

その一つとして厚生労働省が運営する総合労働相談コーナーというのがあります。
この総合労働相談コーナーは、会社がある場所の労働局であったり、または労働基準監督署に設置されているもの。
もちろん電話でも専門相談員に相談できます。

詳しくは、こちらのサイトにもありますが↓

(外部リンク)明るい職場応援団/厚生労働省

会社員(サラリーマン)に限らず公務員、またアルバイト、募集・採用に関してなども相談できますので、これはパワハラなのかと迷ったときもお気軽に聞いてみてください。

その勇気が状況を変えてくれることもあります。




そして、
必要に応じては交渉が必要となりますが、
どうかこれを心にいつもおいておいてください。

5、説得されても納得できないなら断る

会社であれ上司であれ、
自分にとって不利な状況であればあなたを説得してくるでしょう。

悪かった、もうしないからと謝られるかもしれませんし
もう少し頑張ってくれ
と結論を先延ばしをされるかもしれません。

そのときあなたが取る選択は、基本的には断ることです。

おっしゃることはわかります。
しかし、それは無理です。

無理ですと断る女性

というのも、簡単に許してしまうと
同じ案件が他でも再発することが考えられるからです。

なので妥協するのもひとつですが、
同じことの繰り返しになると思われるならきっぱりと断りましょう。

ただし、相手が誠心誠意で改善を図ろうとしてるなら
そのときはあなた次第で決めてくださいね。




・・・

ということでいかがでしたでしょうか?

ここであなたにお伝えしたかったこと

それは、泣き寝入りする前に
今できるあらゆる可能性を試してみよう
ということです。

それは上司からのパワハラに限らず
親、先生、恋人からのパワハラもそうですし、
友達からのいじめだって同じこと

あなたは決して一人じゃない

助けてくれる人がいる。

だから、胃に穴があくほど苦しんだり
24時間頭から相手のことが離れずに夢にまでうなされるなら
どうか助けを求めてください。

この世界は合わないと思う人と付き合う必要はありません。

逃げていいし、逃げなきゃいけない時もある

だから、助けを求めてくださいね。

これまで辛かったね、もういいからね。




そして、
最後にまとめになります。
ここだけで読めばだいたいわかるので必要なとき読んでみてくださいね。

パワハラ上司に泣き寝入りしないために…↓

  • 1、つねにICレコーダーを持ち歩く→必要に応じてスマホ録音機能(ボイスメモ)やボイスレコーダーで録音して証拠を取っておきましょう。ただし家宅侵入や盗聴、情報漏洩は犯罪となりますので厳重な管理の上自己責任でお願いします。
  • 2、関係改善を図れるなら図る→相手との関係が良好になればパワハラ行為が改善・停止することもあります。挨拶からでも試してみてはどうでしょう
  • 3、エスカレートしたら離れる→あまりにエスカレートするなら逃げてください、離れてください。避けてください。それは逃げではありません。
  • 4、第三者機関に相談する→厚生労働省労働局・労働基準監督署の「総合労働相談コーナー」や弁護士、法務省人権擁護局の人権相談所など、会社とは関係のないところに相談して今後の対策を練っていきましょう。まずはそこから。
  • 5、説得されても納得できないなら断る→嫌なものは嫌と言っていいんです。あなたには人権があります。労働上の適正範囲を超えてる場合はその旨を伝えて断ってください。関係改善が見られたらそこからはあなた次第です。

そして、最後にもうひとこと

パワハラの加害者へ

どんなに被害者が苦しんでるか、
同じ立場になったらわかります。
本当に苦しいんです。

耐えられないほどの苦痛を与えて、あとで取り返しのつかないことにならないよう
今からでも遅くない

相手をいたわり、思いやり、人として尊厳をもって接してください。

あなたも僕も同じ人間、
そして被害者の方も同じ人間だから
憎しみ合うのでもいじめるのでもなく、
心を開いて認め合って生きてくれたならこんなにも嬉しいことはありません。

そして、
被害に遭われてる方へ

いまは大変な毎日だと思います。
でも、諦めないでほしいです。
どんなに絶望に思えてもそこから抜け出せる道はあるから

だからこれから一緒に希望をもって幸せな方を選択してもらえたら
どんどん良い方に変わってく

そのお手伝いをできたなら幸いです。

あと、こちらの記事も参考までに↓

人が悩むたったひとつの理由、その悩みが5分で消える7つの方法

嫌いな人と会うことが苦痛でなくなる5ステップ

本当に苦しくて仕方のない人へ

読めば心の支えになるって思ってます。

では、長文最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

また次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク



>>>免責事項

4 Responses to “上司からの強要・嫌がらせ・パワハラ行為に泣き寝入りしない、ちょっとした対策”

  1. hiro より:

    はじめまして。
    いろいろ思い悩んでるときにこのサイトを知り、それ以来読ませてもらっています。
    今日はナタリーさんにご相談があります。
    私は高校のときから社交不安障害に苦しんでいまして、当時は授業中も隣の人に緊張してしまって苦しい状況でした。
    今現在は授業のようにまとまった時間、人と過ごすことがないため症状は落ち着いています。
    相談したいのは就職についてです。
    今、大学4年生で就職を考える時期にきています。
    なるべく症状が出ない職種に就きたいと思っていますが人とのコミュニケーションはどの職種でも必須だと思います。
    こんな社交不安障害の私が暮らしていくにどういった仕事があるとお考えでしょうか。
    教えていただければ幸いです。m(__)m

    • ナタリー より:

      hiroさん、はじめまして。こんにちは、ナタリーです。
      昨日コメントくださってありがとうございます。
      今一通り読まさせていただきました、ざっくりではありますがお答えさせていただきますね。
      それでhiroさん、高校の時から社交不安障害に苦しんでいたとのこと、それそれは苦しくて仕方なかったですよね。
      たぶんその点ブログを読んでくださってるhiroさんですから深く共感してもらえると思いますが、僕も高校生のときから人間不信になり、人見知りで緊張しておかしくなりそうでした。授業終わるのをずっと我慢してたし、机に伏せてチャイムがなるのをただじっと耐えて待ってた・・・ほんと苦しかったです。
      よくここまで一人で頑張ってきましたよね。まずそのことだけでもすごいことだし、自分で自分に褒めてあげてくださいね。
      それでもうすぐ卒業ですね。いま11月後半なのでお正月や冬休みなど考えば実質3ヶ月もないでしょう。そんななかで就職となるとやはりあれこれ考えてしまうことでしょう。
      そういうのを何とも思わない周りの人にとっては当たり前の就職もhiroさんにとっては清水の舞台から飛び降りるどころじゃない話、慎重にもなるし不安にもなりますよね。どうせなら安心してできる職種につけたらベストとも思いますよね。
      それでここからはアドバイスになりますが、なるべく症状がでない仕事といえばコツコツ同じ作業をする作業(工場での製造・食品加工・仕分け・棚卸し)などがありますし、できる限り人と関わらずにできる仕事といえば在宅ワークやリモートワーキングなどネット環境を用いたお仕事がいまはたくさんあるものです。
      ただ僕もそうだったけど、どこに就職したとしてもhiroさんのことを理解してくれる人はいますし、また逆に理解できないできつく当たってくる人もいます。お前は甘えてるだけじゃないのか、という人もいれば、もっと自信を持てだの、そんなんなら仕事やめろ!っていう人もたぶんいます。
      なのでどこの職場でも基本的には似たようなものですし、大切なのはどの職場に入るかよりも、hiroさんがその職場に入ったあとで馴染んでいけるかどうかではないでしょうか。
      そして結局最後の最後は仕事ができるかどうか以上に、いかに人間関係を良好にもっていけるかの方がずっと大事だったりもします。
      この記事にもある通り、嫌がらせやパワハラを受けるかどうかも人間関係からくるものですから。
      だから、こんな結論では納得できないかもしれませんが、最後の最後はhiroさんがやりたいと思う仕事につければそれが一番ベストなんだと思います。
      もちろん最初はやりたくない仕事をやらされることもあるでしょうし厳しい指導もあるかもしれません、でもそういった不安でも手探りでやってくなかでできるようになることもあるし、逆にどうしてもそこでうまくいかなければ別の会社に転職したっていいんです。
      転職ばかりしてるとどこにも雇ってもらえないなんて時代でも今はなく、むしろ多種多様な職場を経験してきた方が重宝がられるところもありますので、なんならバイトでもいいです、日雇いでもいいです。少しずつ社会にでても大丈夫なことを体に覚えさせてステップアップしていってみてはどうでしょう。
      かくいう僕も、8年前くらいかな社会人で会社員だったときはその会社や関係する取引先などであれこれやってきましたがなんだかんだどうにかなったものです。
      最後に・・・hiroさん、就職までの間、不安に押しつぶされてしまわないようにhiroさんなりの安心できる社交不安を乗り越えられる方法を見つけてきましょう。
      大丈夫、本当にみんな不安でもなんとかやってるし、なんとかならなかったらそのとき考えればいいからね。
      では、またいつでもご連絡ください

      ナタリーより。

      • hiro より:

        こんなに親身になっていただいてありがたいです(TT)
        ナタリーさんのコメントを見て少し勇気が湧いてきました!
        失敗してもいいからチャレンジしてみたいと思います!
        これからもブログ楽しみにしています。

        • ナタリー より:

          hiroさん、こちらこそご丁寧にありがとうございます。
          そうそう、その粋です。何度失敗しても何年後か思い返せば、どれもいい経験になるものです。
          そして、たくさん失敗を重ねる中で成功パターンも見えてくるし、hiroさん自身のメンタルがどんどん強くなっていくので、怖くても一歩だけ前へ!
          果敢にチャレンジしていってくださいね!
          これからも応援してます。またブログの中でお会いしましょう。

          ナタリーより。

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ