どうしたらいいんですか?助けてください!と言わなくても大丈夫ほど強い自分になれる7の方法



助けて!
いますぐ助けて!

どうしたらいいんですか?

どうしたらいいんですか?

一体私はどうしたらいいんですか?
どうしたらいいかわからず悩む女性

と、

どうしたらいいんですか?無限ループに・・・

私は見事に、はまってました。


5年前・・・

死にたいほど苦しさ、
誰でもいいから助けてもらいたくて、
そして誰かにこの苦しみを理解してもらいたくて

いろんな先生にお金を貢いできました。

と、いったら聞こえがわるいですが、
人に自分の人生を決めてもらいたくて、人に頼らずに生きていけない人間

そして、
すぐ人の意見に流されるダメ人間でした。

そんな私からあなたに

今だからこそ、声を大にして伝えたい!
助けてください!
いますぐ助けてください!

どうしたらいいんですか?

一体どうしたらいいんですか?

なにかいい方法を教えてください。

そしたらそれやりますから・・・

助けてください!

お願いします!

えっ、ダメ?

いやそんなこと言わないで、

今すぐ、私を
どうか、お助けくださ〜い
今すぐ助けてくださいと懇願する男性

なんて言わなくてもいい、

どんなに苦しくても、

これから先の長い人生を、
本当の意味で幸せリア充になって生きたいと望むなら、

・・・

これは厳しい意見だけど

いつまでも人にすがって生きてちゃダメなんです!
自分の足で立てるようにならなきゃダメなんです!


そうでなければ、
一生誰かに依存しなくてはならないしその人なしではやっていけなくなるから・・・・

だから、

最初の頃はフラフラで転んでばかりでもいい。
だけど、こんなの無理!と、補助輪がなければ乗れなかった自転車に、

わ〜い!乗れた〜
補助輪なしで自転車を運転する少女

と、補助輪なしで乗れるようになるように、
他人という補助輪を外しても
自分の力だけで倒れず生きていけるバランス力
自分で乗り越えられる強さを身につけようね

そしたら、
生きていくのがめちゃくちゃ楽になるし
人にいちいち聞かなくても自分でなんとかできるから・・・

ねー!
落ち着いてリラックスした女性

と、
そんなわけで、今回ここでは
どうしたらいいんですか?助けてください!なんてもういらない!
自分の力で乗り越えていけるヒントを7つお伝えしたいと思います。

最後まで読めば精神的にかなりタフになれるはず。

それが、この7つです↓

どうしたらいいんですか?助けてください!と言わなくても大丈夫な強い自分になる7つの方法とは・・・↓

1、背もたれに寄りかかるのをやめよう!
2、人の意見に正しさはどこにもない、を悟ろう!
3、いつでも自分の体でやって足がかりをつかもう!
4、他人に期待せず自分でやってしまおう
5、どうしたらいいんだろう?の口癖やめてみよう!
6、どうせ答えなんて決まってるんでしょ
7、助けてなんていわなくても助けてもらえる存在になろう
と以上の7つ

まだ自分はなんとかなる。けど、
本当に苦しくつらいのに、人に言えない・・・
と頑張りすぎてしまうときにも、
ぜひ読んでやってみてください。

読めばぐっと楽になるし心が強くなれるはず・・・

そして、いつまでも人に頼らなくてもいいくらい
自分で困難を乗り越えられる強さを手に入れられます。

では解説です。

スポンサーリンク



では、まず初めに
これはちょっと変わってると思うかもしれませんが、

1、イスの背もたれに寄りかかるの、やめよう!

ということで、
精神的に自立したいと願うなら
椅子の背もたれに寄りかからない

を、ぜひやってみてください。

というのも、

こんな感じで↓
椅子の背もたれに寄りかかる男性

無意識にでも椅子の背もたれに寄りかかっている人は
他人に寄りかかってしまう依存症傾向があるからです。

そして、自分で考えたり、立つのが難しくなるからです。

もちろんモノでも人でも寄りかかれば、
自分の力だけで立たなくていいのでめちゃくちゃ楽です。

しかし寄りかかってばかりだと
自分で立つための筋肉がどんどん萎えてしまいます。

そして、弱くなる・・・

だから、
何が何でも椅子にもたれかからないこと

ここから始めてみましょう。

台所のイス、電車の座席シートであったり、
学校や仕事場の
背もたれに寄りかからずに、

ピシッとまっすぐ
まっすぐ姿勢がいい女性

自分の体幹できれいな姿勢を保つ

これを日常的にやってると、
だんだんと体も心も自立できるようになります。

体の姿勢に心の姿勢が現れるものだからね

スポンサーリンク



そして、次です。
助けを求めなくても自分でなんとかできる強い自分になるには、

2、人の意見に正しさなんてない、を悟ろう!

人に答えを出してもらいたいと思ってる人は、
どこかに正解があると思っています。

これは正解!
これは間違ってる!
で、これはいったいどっちだろう?

どっちが正しいか迷う少年

と。

でも、

算数や数学に正解はあっても
人生に正解なんてありません。

仮に人生の道を踏み外してしまったとしても、
どこかでなにかを間違えてしまったとしても、
それは本当に間違いなのかなんて誰にも言えるものではありません。

その人にとっては正解でも
他の人にとっては間違いだってあるのだから・・・

正解なんてどこにもありません。

だから、
教えてください!
教えてくださいと頼む女性

なんて言わなくていいんです。

あなたが今正しいと思ってること
それをやればいいんです

やってみて、
あっ、これは違った!
間違ったことやっちゃてしまったかも

これは違ったと思う女性

と思ったら次からそれをやらなければいいのだから…

たとえばそれは、
こちらの本にも書いてありますが、↓

悪魔とのおしゃべり


正しさなんて本当に何もないんですよ・・・

(※ただし犯罪は最初からやらないようにね!)

スポンサーリンク



そんな意味でも、
どんなことも助けてください、とその前に

3、いつでも自分の体でやってみよう!

頭のなかでは、

夢を見ることも、
想像する、
妄想する、
不安になることも、
先のことを恐れることも…

いろんなことができます。

い、生きてくのが怖い!
頭のなかが妄想でいっぱいの男性

と、

そしてそれは人の意見も同じこと。

何かを言われても
それはあなたの意見ではなくて他人の意見です。

それをやっていても何も変わらないし
頭のなかの無限ループの牢獄にとらわれるだけ。

だから、
やりましょう!

体で。

どうしたらいいんですか?

という前に、まずは自分でできることを体でやってみましょう。

それはどこかに出かけるでもいい。
誰かと話すでも、
好きな人と一緒に、
好きな人にあってドキドキする女性

デートするでもなんでもいい!

頭のなかでぐるぐる回って
同じことを繰り返すくらいなら、やってみましょう!

その体で。

あなたの体で実際にやれば
「自分でどうにかできるアドリブ力」が身につくし
ますます生きやすくなってく
のだから

やってみてください。
好きなこと、楽しいことを、今すぐ

その体でね!

スポンサーリンク



そして、体でやったなら、

4、他人に頼らずとも自分でやってしまおう

やればいいんです。

教えてください!
どうしたらいいですか?

どうしたらいいか尋ねる女性

って、

他の人に期待してずっと返事を待ってるくらいなら
自分でできることを片っ端からやればいい!

だって、あなたの人生はあなたのもの
他の人が何かをやってくれるのを待ってたって

おばあちゃんや

わしみたいに、
おじいさんになってしまうから

いつの間にか歳をとった老人

国でも企業でもお医者さんでもなく
自分でできることを自分のできる範囲でやっていきましょう。

そしたら、

な〜んだ!
思ったよりも簡単じゃん!
これまで難しいと思ってただけで
どれも自分でできたんだ〜

思ったより簡単だと気づき驚く女性

と気付けて
自由になれるからね。

精神的にも自立できるからね。

スポンサーリンク



そして次です。
人に頼らずとも
強い自分として生きてくために・・・
もうひとつ自分でできること

5、どうしたらいいんだろう?の頭の口癖やめてみよう!

あなたはどうでしょう?
頭の中でつい

どうしたらいいんだろう?
う〜ん、どうしたらいいんだろう?
どうしたら…

どうしたらいいんだろうと考える男性

と、やってませんか?
もし思い当たるところがあるのなら
そのどうしたらいいんだろう?をやめていきましょう!

なぜなら、どうしたらいいんだろう?
と何度も言ってる限りは「答えは自分の外側にある」と思ってるので
自分は何一つ悪くない!

自己正当化してしまい、
何度も同じ過ちを繰り返して、

いつまでたっても変わることができないからです。

そして、人にお伺いを立てざる得られなくなるからです。

どうしたらいいんですか?って永遠に…

でも、こう変えたらどうでしょう?

俺はこうしたい!
絶対こうしてやるんだ〜

こうしたいと決断する男性

と。

そう、どうしたらいいの?でなくて、こうしたい!

自分で自分のやりたいことに素直になってそのやりたいことをやればいいんです。

どうしたらいいんですか?なんていちいち聞かなくたっていいんです。

だって、

スポンサーリンク



どうしたらなんて聞いたところで、

6、どうせ答えなんて決まってるんでしょ

ですよね。

そうですよね。

どうしたらいいんですか?

という人(昔の私も含め・・・)は、
ほんとは答えがすでに決まってるんです。

こう言ってもらいたい!

と思いつつも失敗が怖かったり
行動する勇気がなかったり
あるいは現状にとどまり続けたいから

だから、
どうしたらいいんですか?
と聞くけど、
いちいち人に聞かなくたっていい!
自分の心の声に正直になればいい!

ただそれだけなんです。

だから、

ん〜、なんて言ってるかな?
心の声に耳を傾けるイメージ

と、今一度心の声に耳を傾けてみてください。

そしたらほら、
あなたはすでに答えが決まってるはず

ほんとはどうしたいかが。

だから、
わざわざ誰かに答えを聞かなくてもいいんだよ

自分で自分に答えを言ってあげよう

そして、それを自分で自分にやってあげよう

そしたら、
ほら自由になれるからね

スポンサーリンク



そして、最後に、

7、助けてなんていわなくても助けてもらえる存在になろう

最終的には
どうしても自分でどうにもならないこともあるでしょう。

精神面、経済面、肉体面で
誰かにお願いしなくてはならないこともやはりあると思います。

そんなとき、
助けて!

なんて言わなくても周りに助けてくれる人がいたらどんなに心強いか

あなたにそういう人がいるかわかりませんが
いないなら、
どうか今からでも構いません。

あなたが何も言わなくてもあなたのことを助けたい
そう思える人がでてきてくれる

そんな生き方をしてみてください。

それには、
お願い!お願い!
私のために何かやってください!
貧乏でお金がないホームレス

と、いつでもタダでもらいっぱなしではなく
普段からそれに見合ったものを提供すること

笑顔でもいい
明るい声掛けでもいい
あるいは、お金だっていいし
相手が喜ぶものだったらなんでもいい。

助けてもらいたいからこそ、助けてあげる
そうやってお互いに助け合うことで
いい意味での共自立関係を築けて、

あらゆる状況で動じることなく
やりたいことをチャレンジできるから、

強くなるってそういうこと、だよ
何事にも動じず自信たっぷりな男性

・・・

というわけでいかがでしたでしょうか?

なんだかんだいってきましたが、
大切なのは、

まず自分でやってみること

そして、やったうえでどうにもならなければ頼ればいい

それを何もやってないのにすぐ聞く癖ができると
それこそ他人の奴隷になって自分の人生を歩めなくなるから・・・
ってことです。

では、
最後にまとめです。
ここまで読み飛ばしてきてもここだけでも読んでみてくださいね。↓

どうしたらいいんですか?助けてください!の前に、一度やって見たい7のこととは・・・↓

  • 1、イスの背もたれに寄りかかるの、やめよう!→椅子にもたれかかる習慣があると、心も誰かにもたれかかってしまいます。最初はつらいけど意識してもたれかからないようにしていきましょう。
  • 2、人の意見に正しさは何一つない、を悟ろう!→どこかに正解があると思うから人に頼ってしまいます。でも正解はどこにもなく、あなたが正解と思ったらそれが正解なんです。
  • 3、頭の中でなく自分の体で先にやってみよう!→ぐるぐると頭のなかで考えても同じことの繰り返し。それだったら体で先にやってしまいましょう。
  • 4、他人に頼らずとも自分でやってしまおう他の人に期待するより自分でやったほうが楽です。そして、やればやるほど自分でできることが増えていきます。
  • 5、どうしたらいいんだろう?頭の口癖やめてみよう!どうしたらいいんだろう?を繰り返すと永遠に行動できません。だから、まずはその口癖を頭のなかで言わないようにしていきましょう。
  • 6、どうせ答えなんて決まってるんでしょ→誰かに言ってもらいたいことを言ってもらおうと思うくらいなら、自分で自分に言ってあげましょう。
  • 7、助けてなんていわなくても助けてもらえる存在になろう→助けてほしいなら、先に人を助けること。ただでやってもらおうたって難しいことだからね。与えればこそ与えられるのがこの世界の真理だから・・・

さて、これで今回のお話は終わりですが
最後にもう一言。

ここまで読んでくれたあなたなら、
必ず自分の力で乗り越えることができるはず。私は確信してます。

だって、95%の人は最後まで読むことすら途中で諦めてしまうし、
変わりたいと口で言いながら何もやろうとしないから。

だから、どうかこれからはあなた自身が強い存在になってください。

そして、どうせこの世界に生きてきたなら
絶望のなかに生きるのではなく幸せのなかに生きていきましょう。

これからの人生は、あなたがいくらでも選べるのだからね

あと、こちらの記事もよかったら↓

逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャーに負けない7つのコツ

『不安、緊張克服』精神的にも肉体的にも強くなる5つの方法

今度こそ変わるぞ!と、一時的でなく根本から自分を変える7つの方法

これらの記事を読めばますます動じないほど強い自分になれるでしょう。

では、今回はこれで
また次回もどうぞお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



追伸です:
とうとう9月に!
めちゃくちゃ暑かった季節もだんだん緩やかになってきて過ごしやすいですね。
なお、私ごとで恐縮ですが9月1日から1週間ほど今度は群馬県と千葉県を中心に旅行してきます。(←追記:行ってきました!めちゃくちゃ楽しかったです。)
そのため返信が遅くなることもありますが、コメント欄に自由に書いてもらえたら嬉しいです。
ここの部分は納得できない!という意見もすごく参考になるので、ぜひよろしくお願いします。

追伸です2:
もちろん、こうは書いてますが
どうしたらいいんですか?
助けてください!
と言わざる得られない状況な人もいるはず、
そしてあなたもその一人かもしれません。
強迫神経症やパニック障害、統合失調症などで苦しんでるかもしれません。
なのでそんなときは我慢せずに全部吐き出していきましょう。

信用できる人にすべてを・・・

とくにいじめや、虐待、DV、その他命に危険を感じるときや犯罪被害にあってるときは警察に相談してくださいね。

実際それだけで解決できる問題はたくさんありますから…

ではでは

>>>免責事項

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ