どうしよう
いつまでも一緒にいたい
けど、
もし親が死んでしまったら…

死んだらどうしようと思う親子

そんな不安を感じることありませんか

私はあります。

もし親が今日死んでしまったら…
ベットで眠れない不眠症の男性

そう考えて眠れなくなったときがあります。

でも、いまではそう思いません。

それは決して諦めたからではなく
ちゃんとした考え方を身につけたからです。

その考え方を5つ紹介しましょう

これを知っていればもう怖がることはありません

それがこれです。

親の死が怖いときに考えたい5つのこととは・・・↓

1、どうせ考えても同じ
2、少しずつ自立しておこう
3、いま一緒にいることに感謝しよう
4、親のためにも自分が幸せになろう
5、いつかは自分が親になろう

以上の5つです

ではこれから順に解説していきます

少しでも恐怖を感じる場合は
ぜひ最後まで読んでみてください。

では、解説です。

まず最初に考えたいのは、

1、どうせ考えても同じ

どんなに考えても同じです。

親が死んだらどうしよう…
親の死を考え続ける男性

と考えたからって避けられるものでもないし、
何かが変わるわけではありません。

むしろ、考えれば考えるほど
不安になって何も手をつけられなくなってしまうので、

考えるのを一旦止めましょう。

とはいえ、

そうは言ったって考えてしまうのは仕方ないじゃん…
絶望から抜け出したい女性

と思うと思うので、こんなことを考えてみましょう。

それが、

2、少しずつ自立しておこう

親が死んでしまったら困る…

その一つの原因が自立できてないから。

経済的に、精神的に自立できてないからです。

だから今からでもいいです。

自立していきましょう!

今まで親に頼っていたことを自分でやってみる

面倒くさいけど、それが出来るようになると不安は少しなくなります。
自立しようと努力する子供達

それから、

3、いま一緒にいることに感謝しよう

親がいること
それは当たり前ではありません。

なんだかんだ言ってもいつかは死ぬし
別れなくてはならないときもやってきます。

だからこそです。

いま一緒にいられることに感謝して1日1日を過ごしましょう
親子の触れ合いと温もり

やがてそうじゃない時もくるから
その時までは甘えたっていいんです。

でも、自立もしていこうね。

そして、

4、親のためにも自分が幸せになろう

親が望んでいること
それは子供の幸せです。

たとえ死んでしまったとしてもそれは変わりません。

親は(全てではないかもしれませんが…)子供の幸せを望んでます。

だから、親のことを心配するなら
それよりもあなた自身が幸せになっていきましょう。
結婚で幸せなカップル

それが親孝行というものです。

そして、それができたなら、

5、いつかは自分が親になろう

親が死んだら困ると思っているのは
まだ自分が親になってないからです。

もちろん、もろもろの事情で親になれない人もいるので
そういう人はいいのですが、

一つの考え方として
自分が親になる!

それを考えてみましょう。
母親になった女性と赤ちゃん

そうすれば親の死が前ほど怖くなくなるし受け入れられます。

親の気持ちもきっとそのときわかるでしょう。

・・・

というわけでいかがでしたか。

ほんの少しでも親の死が怖くなくなったのではないでしょうか。

それでいいんです。

いつかは死に別れるときはくるけど
だからこそ今を大切に生きていきましょう。

それでは今回のまとめです。

親の死が怖いときに考えたい5つのこととは・・・↓

  • 1、考えても同じ→どんなに考えたって長生きするわけでも早く死ぬわけでもありません。考えるだけ恐怖に怯えるだけです。
  • 2、少しずつ自立しておこう経済的に精神的に少しでいいので自立しておきましょう。その分だけ不必要な恐怖がなくなります。
  • 3、いま一緒にいることに感謝しよう→親がいるのは当たり前ではなく尊いこと。いま親がいるのなら生きてる今のうちに感謝しておきましょう。
  • 4、親のためにも自分が幸せになろう親が望むのは子供の幸せ。だからまずはあなたが幸せになることを考える、それが親の幸せです。
  • 5、いつかは自分が親になろう→親になれば親の気持ちもわかるし離れ離れになる恐怖も和らぎます。できればでいいので、親になることを考えましょう。

さぁこれで親の死を怖くなくなったはず。

それでも怖いという人はこちらの記事も読んでみてください↓

死ぬのが怖いを克服するための7つの考え方

長生きしたくない、と悩むときに考えたい5つのこと

気が狂いそうな極度の緊張をおちつかす6つの方法

では、今回はこれで
また次回もどうぞお楽しみに。

いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。

追伸です:
今回ここに書いたことのほかにも、
このような考え方もあります
親の死だけでなくいろんなところで使えるので
参考までに読んでみてくださいね↓

強迫神経症だった私が強すぎる不安やトラウマを抜け出せた7つの理由

読めば、これまで不安だったこともまったく気にならなくなるでしょう。

ではでは!

>>>免責事項