本当に苦しくて仕方のない人へ



本当に苦しいとき、

誰に言ってもわかってもらえない

と、思うことでしょう。

実際そうかもしれません。

苦しいときは誰に言ってもわかってもらえない

そう思ってしまうものです。

でも、それはあなただけではありません。

私もそういうところが少なからずあります。

誰もわかってくれない、
どうしたらわかってくれるのだろう…

そのことで頭がいっぱいになってしまう、そんなときがあります。

だけど、
もう少しだけ待ってみてください。

いまそう思えなくても、そう思えるときがやってくるかもしれません。

いまわかってもらえてない、と思っていても、
それはその状況を経験したことがなかったり、
あるいは、あなたと違う環境で育ったから理解してもらえないのかもしれません。

それって苦しいですよね
本当に苦しくて仕方ない女性

しかも、
とくにいまの時代はそうでしょう。

昔と違ってネット社会、スマホにパソコンなどで簡単に情報が手に入るので
それを受動的に受け取ってしまうものです。

まわりの人間関係よりも、スマホにすぐに頼ってしまう。

だから、自分で解決しようとする前に外に頼ってしまいがち。

それがよくありません。

という、これまた私もそうですが、
やはりどんなに小さくても、まずは何かやってみる

それが大切です。

しかも、誰かに言われたからでなく、自分でやってみる

それが大切です。

いまは苦しいけど、少しずつ乗り越えられるように…

一緒に頑張っていきましょう。
あきらめないで、ちょっとずつ。

前を向いて、1mmずつ。

スポンサーリンク



追伸です:
あと私の最近書いた記事も良かったら読んでみてくださいね↓

誰にも言えない恥ずかしい悩みのこっそり7つの解消法

みんなごめんね。と、生きたくないほど絶望したとき考えたい10のこと

究極の安心感!MOGU気持ちいい抱き枕の7つのすごい効果


きっとお役に立てると思います。

それと、私を救ってくれた音楽がありますので
ぜひ、こちらの悠々ホルンさんの音楽を聞いてみてくださいね↓

子どものSOSソングライター悠々ホルンさんに、どん底だった私が救われた7のこと

聞くたびに苦しみが溶かされていくことでしょう。

それでは、

スポンサーリンク



もうひとつ追伸です:
この記事を書いたのは2015年の2月です。

当時私も本当に苦しくって仕方なくって
どうしたらいいのかずっと悩んで生きてきました。

あれから3年が経ち、
2018年現在の今では本当に幸せすぎて毎日がとても充実して生きています。

いわゆるリア充(リアルが充実)になって
この記事にある通りになれました↓

たった1年で非リアの私がリア充になれた10の理由


だから、どんなにどん底でも諦めないでほしいです。
そして、望もうと望まざると
どっちみちこれから先ずっと生きていくことになると、考えたなら
選んでください。

幸せになる選択を!

あなたが自分の意思で幸せを選んだなら
その瞬間から幸せになれます。

でも、周りの目を気にしたり周りの意見に従って生きたなら
きっと幸せでない選択をしてしまうことでしょう。

そんなの苦しいだけだから
さぁ、幸せの選択をしてください。

そのヒントとしていま私がオススメするのは、
こちらの記事と↓

生きてるだけで幸せ!みずみずしい青春のピュアな心になる7つの方法


それから、
こちらの日めくりカレンダーです↓

今日を充実した一日にするための 日めくり ブッダの教え ([実用品])


このカレンダーはいま私の家のトイレにもおいてあるものですが、
ほんとうに大切なことを毎日語りかけてくれます。

買わなくてもいいです。
けど、本当に苦しいならいつか手にとって毎日みてみてください。

きっとあなたにとっても心の支えになることでしょう。

それでは、また次回お会いしましょう。

最後まで読んでくれてありがと!

>>>免責事項

9 Responses to “本当に苦しくて仕方のない人へ”

  1. chiwa より:

    ナタリー様
    よく、このブログを拝見させていただいております。

    私は今、大学受験の真っ最中ですが何回も落ちて自分のことが全く信じられなくなってしまいました。今の時点でどこにも合格をいただいていません。受験中は孤独で孤独でとてもしんどかったです。もう戻りたくありません

    センター試験利用入試というものがありまして、年始に受けたセンター試験の点数を使った入試なのですが、それでA判定が出ている大学も、志願者数を見たらイレギュラーな事態になっていて悪い想像ばかりしてしまい、落ちている気がしてもう発狂してしまいそうです。。。

    親もずっと2月中支えてきてくれましたがあまりに私が悲観的なのでもう、愛想をつかされてしまいそうです。。。

    受験ができる、滑り止めを受けられた上に合格しているか心配すらできる、こんな恵まれた状況はないのに、です。前に進むのがしんどくてたまらなくて もう自分が嫌いで仕方ありません。。。

    朝起きて胸のあたりがズシンと重いです。手が震えて、仕方ないです。家で1人になって勉強していると突然母のことを呼びながら叫んだりしてしまう自分がいます。叫んだあと、自己嫌悪に陥ります。もう、子供じゃないのに…

    とりとめなくて申し訳ありません。どうかあと1週間がんばりたい、です

    • ナタリー より:

      chiwaさん、
      いつもブログを読んでくださりありがとうございます。
      そして、コメントありがとうございます。ナタリーです。

      chiwaさんは今大学試験の真っ最中ということで、つらい時期ですね。考えたくなくても頭でいろいろ考えてしまう、そんな時期ではないでしょうか。かくいう私も15年以上前、大学試験に何回も落ちて苦しみました。そして、chiwaさんのようにその期間ずっと気が気でなかったです。受験や試験前の辛さ、ストレスやプレッシャーに押しつぶされそうになってましたから過呼吸や吐き気などそんな毎日でしたし…発狂してしまいそうな気持ちよくわかります。

      センター試験利用入試でA判定でも、それで安心できないほど志願者が多いんですね。落ちたらどうしよう、その不安は尽きない事でしょう。そんな状況だからこそ悲観的になってしまうのも無理からぬことだけどなんとか抜け出せるといいですよね。とはいえ、それでやめられないから悩んでしまうと思いますが・・・抜け出す方法はあると思います。それよりも何よりも溜め込み過ぎずに適度に吐き出していってくださいね。そうでないと出せる力も出せないから、不安なときは頭のなかでぐるぐるしてしまうのでなくて外に吐き出していってください。泣いてもいい、叫んでもいい、それくらい頑張ってるのだから・・・

      ちなみに、私もずっと受験期間は頭の中がぐるぐるでした。おかしくなりそうでした。というか半分なってました。もちろん、いまその状況になっても冷静でいれる自信はありますが、まだ若かりし頃はどうしたら試験の不安感を乗り越えられるかその方法を知らなかったから親や周りに当たり散らしてしまったこともあります。だから、いまchiwaさんがご自身のことを責めて自己嫌悪をしてしまうことがあってもやむを得ないこともあるでしょう。だけど、その優しさがあるなら大丈夫。親もわかってくれると思いますし、いままでそして今努力した分だけあとで花開くときが来るしあとで「そういえばそんなことで悩んでた時期もあったなぁ」と懐かしい思い出になるときがきますよ。いまはそう思えなくても。。。

      あと1週間がんばらなくても頑張っても、後悔のないようにね

      応援してます。

      ナタリーより。

      • chiwa より:

        なんだか少し、心が軽くなったような気がします。
        昨日、親にとうとう説教されてしまい、精神的に頼れるところがなくなったところでした。朝も叫んでしまい、心が折れていました
        ナタリーさんのコメントを見つけて救われました。本当に、ありがとうございます。よかったです、絶望的な気持ちが消えました

        がんばります。このサイトを支えにしながら。ありがとうございます

  2. チェック より:

    ナタリー 様



    先日、試験を受けてきました。


    やれることはやってきました。

    時間がゆるす限り、やってきました。


    しかし、チェックがほとんどできて

    いません。

    ですので、

    抜けがたくさんあります。

    でも、終わったときは

    やりきった感がすごくありました。

    (今は、こうしたらよかったあーしたらよかったと、後悔ばかりですが・・・)

    一先ず、合否はまだ分からないですが

    どちらによせ、戦ってきました。


    ありがとうございました。

    • ナタリー より:

      チェックさん

      試験お疲れ様でした。

      やるだけやったなら結果はどうであれ
      それが最高の結果ですよ。

      後悔はあるかもだけど、
      よくやった!と自分を褒めてあげてくださいね。

      チェックさん最高です!

      ナタリー

  3. チェック より:

    ナタリー様

    深刻な悩みがありコメントさせていただきました。

    あと数日で、計5回ほど受験している
    試験があるのですが。。。
    毎度毎度、本番数日まえから

    緊張してイライラして

    苦しくて。。。自分はやっぱりできない・・

    また不合格だ

    また、問題が解けない、、、絶対解けないと

    自分を追い込んでしまいます。

    そして、案の定、、、不合格になるのです。

    これがトラウマ化してしまい、、、

    平常心で受験ができません。

    どうせ、また落ちるんだと

    思ってしまいます。

    どうしたら、もっと心を強く

    このトラウマを乗り換えられるのでしょうか?

    アドバイス御願いできないでしょうか。


    宜しく御願い致します

    • ナタリー より:

      チェックさん、コメントありがとうございます。
      ナタリーです。

      試験の緊張ってドキドキですよね。
      昔(といっても10年前ですが、)私もそうでした。
      なのでお気持ちはよくわかります。

      それで、お時間があれば
      ぜひこちらの記事も読んでもらいたいのですが↓
      試験の緊張を和らげ最高の結果をもたらす7つの方法

      なぜ試験で緊張してしまうかというと、
      すべて完璧に解けなければならない

      と完璧主義になってしまうのが原因だと思うんです。

      学校教育では、満点を求められます。
      でも、試験はとりあえずでも合格すればいいんです。

      70点が合格点なら70点ぴったりとればいいんです。

      だから、まずは満点を狙うのはやめましょう。

      そして、解けない問題はどれだけやっても解けません。
      そういうときは解ける問題だけ解くようにしましょう。

      チェックさんはこれまで5回ほどの試験でトラウマになってしまっている
      とのことですが、

      それは落ちるという前提に立ってしまっているので
      望む結果が得られないかもしれません。

      なので、
      考えて欲しいのは、私のブログではよく言ってますが、
      「どっちでもいいや!」という感覚です。

      受かってもいい。落ちてもいい、どっちでもいいや。
      でもやれるだけのことはやる!

      そういう気持ちでやれば緊張もさほどしないし気がラクに受けられるでしょう。

      なお、トラウマというのは一瞬で消すこともできますが、
      その分危険性も高く難しいので、普段の習慣から変えるのがベストだと思います。

      その方法はまたこのブログを読んでみてくださいね。

      わからないことなどありましたらお気軽にコメントください!

      ではでは

      ナタリー

      • チェック より:

        ナタリー様

        御回答ありがとうございます。


        自分の頭のなかのどこかで

        試験当日までの緊張にすぎないということは

        わかっているんです。


        しかし、毎年同じミスをくりかえし

        不合格になっていますので

        また、ミスをするんじゃない?

        いや、ミスするわ!

        と決め付けているわけです。

        自分に自信が持てないのはそういうところです。

        自分だけではなく、緊張するのは

        みんなも同じ


        はずですが・・・


        自分だけ解けない、自分だけできない

        と思ってしまうんです。


        この不安

        に向かい合う方法、乗り越え方を

        アドバイス頂けますよう御願い致します。

        • ナタリー より:

          チェックさん

          コメント読まさせていただきました。
          なるほど、確かにわかっていてもやめられない、

          ついつい考えてしまう…

          そんなぐるぐるの中にいるのかもしれませんね。

          もし、そうだとしたら
          この記事を読んでみてください↓
          最大の恐怖!「生き地獄の無限ループ」から脱出する7つの方法

          この記事は私がそういったものから抜け出してきた方法です。

          やめようとしてもミスするんじゃないかという囚われに陥ってるのなら
          参考になるでしょう。

          また、こういった不安というのは
          案ずるよりも生むが易しということわざがあるように、

          試験当日よりも試験前の方がつらいんです。

          いざ本番が始まればそんなこと言ってられないでしょう。

          だから、止めるしかないと思います。
          思考や不安が止まらないとしても止める努力をしないことにはいつまでたっても止まらないでしょう。

          それは無意識、潜在意識が勝手にやってることですからね。

          じゃあどうやって止めるか?
          それは、とにかく私のブログを一通り読んでほしいのと、
          なにか行動することです。

          頭で考えていても余計不安になるだけ。
          それだったら、どんなに小さなことでもいいので行動してみてください。

          そして、頭で考える時間を減らしていってみてくださいね。

          チェックさんはこうやってコメントを送ってくれてるわけですから
          もう行動もできてます。やればできるはずですよ。

          またいつでもコメントください。

          ナタリー

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ