ちょっとしたことで不安になってしまう
人前にでるのも手が震えて止まらない。

精神的ストレスと不安感を感じる女性

そんな精神的に弱いところは誰にでもあるものです。

あなただけではありません。
私も同じです。

人に怒られるとそのことで1週間は寝れないほど落ち込みます。

大勢の前で話すなんてとんでもない。
考えただけでも目まいがしそう…

そんな精神的に弱い人間です。

人はそれを大したことがない、気にしすぎだよ
って言いますが、そうは思えないんです。

苦しいんです。
精神的に弱いって苦しいんです。

吐き気もするし頭痛もします。

それが私です。

ただし、数年前までの…。

いまではまったく違います。

ハッキリ言って精神的にかなりタフです。

ちょっとのことで凹むことはありませんし、
人からなんて言われてもど〜ってことありません。

まったく気にならないのです。
すべてに自信のある男性

けど、それは私が精神的に強かったからではなく
強くなるようにあるトレーニングをやってきたからです。

そのトレーニングはいますぐできるもので、
そして、3分でできるものです。

あなたが今、精神的な弱さを気にしていて
それを強くしたいと思っているのなら、
ぜひそのトレーニングをやってみてください。

難しいことはなにひとつありません。

やるだけです。

精神的に強くなれば、

  1. 人間関係がよくなる。自分から声をかけられる。
  2. もちろん恋愛もバッチリ。自信があるのでモテモテに。
  3. 不安、緊張、パニックが気にならない。もしなっても平気で受け入れられる。
  4. 生きていくことに自信を持てる。仕事も勉強もがっちり!
  5. まわりの人から尊敬される。かなり頼られる。

など、いいこといっぱいです。
精神的に強くなって悪いことはありません。

さぁ、あなたの番です。

私が精神的な弱さを克服してきた流れと
精神的に強くなる方法をこれからご紹介するので
ぜひ最後まで読んでみてください。

そして、その7つの方法というのはこちら↓

精神的に弱い状態を3分で強くする7つのコツとは・・・↓

1、思考と感情をわけて考えよう。
2、食べるものを徹底的に見直そう。
3、精神的に強い姿勢に変えよう。
4、とにかく練習。失敗をあえてたくさんしよう。
5、思考と現実を分けて考えよう。
6、無理をしない。自分のできるちょっとの負荷で。
7、Mになれ

この7つです。
いずれも3分あればできるので、
ぜひやってみてください。

たったの3分です。
それで変われるのだからやらない手はありません。

読んで損は絶対させません。
読まなければいまとそんなに変わらないでしょう。

さぁ、準備ができたら
これから解説していきます。

さぁ、精神的な強さを手に入れていきましょう。

まずはじめは、

1、思考と感情をわけて考えよう。

精神的に弱い人というのは、ある特徴があります。
ご存知ですか。

それは、頭がいいってこと!

本当にそうなんです。
あたまが悪い人で精神的に弱い人はそんなにいません。
頭がいいんです。

ただし、その頭のよさがマイナスの方に流れてしまって
ついネガティブなことを考えてしまいます。

「もしかしたら、これってヤバいんじゃ。」
とか
「もし、失敗したらどうしよう。」
「ここで声をかけたら嫌われちゃうかな。」

とか考えちゃうんです。
しまいには、
「オレ、もしかして病気かな?このまま死んじゃうのかな。」
と不安になってパニックにもなります。(昔の私のことです。)
精神的にパニックを抱える男性

でもね、それは決して悪いことではありません。

考え方がネガティブなことを考えてしまうように習慣になってしまってるだけで
それをポジティブな方へもっていけば、一気にすべてがうまくいきます。

本当にそれは3分もかかりません。
一瞬で変えることができます。

そのための方法が、
思考と感情をわけて考える
ということです。

難しそうな話と思うかもしれないけど
とってもシンプルです。

思考というのは、文字通り、あたまで思ったり、考えること

ありもしないことを不安になるのも、人のことで悩むのもすべて思考です。
過去のことでくよくよしてしまうのも、未来のことが怖くなるのも思考です。
物事を思考で捉える男性

けど、その一方で感情というものがあります。

感情というのは、簡単にいえば体で感じる感覚のこと。

胸がドキドキするとか、頭がクラクラするとか、
呼吸が苦しい感じがするとか。
激しい感情の動悸を抑える男性

そういったのも一種の感情です。
実際に苦しいとは思います。パニックになりそうな人もいるでしょう。
けど、それは感情です。あなたがそう感じているのであって、かりに同じ状態になったとしてもそれをなんとも思わない人もいます
なぜでしょうか。

それは、思考と感情を別々にしているからです。

精神的に強い人というのは、思考と感情を別のものとして捉えます。
つまり、
精神的に弱い人は…心臓がドキドキしている。→あれっ、なにこれ。心臓がバクバクしてる。ヤバいぞ。怖い。不安だ。どうしよう…
ってなるのに対し、
精神的に強い人は…心臓がドキドキしている。→あぁ、心臓がドキドキしてるな。
なんです。
わかりますか。この違い。

要するに、感情とかが出てきたら考えないんです。

あたまで考えちゃいけないんです。
私だって、考えたら不安になってパニックになります。
考えないんです。

その代わり、感じるんです。
心臓のドキドキをただ感じるんです。

それだけでいいんです。
そうしてじっと待ってると、その感情はす〜っとなくなって溶けていきます。
ただ感じて待ってればいい。
それだけ。

考えた時点で精神的に弱くなる。それを覚えておきましょう。

でも、きっとあなたは考えてしまいますよね。
考えないようにしようと思っていても、
ついつい感情や体の感覚に気持ちが向かい考えてしまうことでしょう。

でも、それを少しでも意識してみてください。
やがて、気にならなくなってくはずです。

そして、

2、食べるものを徹底的に見直そう。

精神的に弱いのはすべて心に問題がある
わけではありません。

これは断言できます。

精神的な問題のほとんどは肉体の問題です。

つまり、ふだん何を食べているか、そして運動や睡眠など
そういった生活習慣の問題です。

とくに大きいのは食べ物。

だって、あなたの体が何からで来ているかといえば、そう食べ物です。
その食べ物が精神的に弱くなるようなものであれば
いやでも精神的に弱くなるし、おかしくなってしまいます。

だから、バカにせず食べるものを変えてみてください。
インスタントラーメン、ばかりでなく、
ファーストフードやジャンクフードばかりでなく、

その代わり、

精神的に強くなりたいなら、バランスよく自然のものを食べること。

自然にあるものをバランスよく食べるんです。
できる限り添加物の入っていない食品(野菜、果物、肉、魚、豆など)を食べましょう。
健康的な自然食の野菜サラダ魚を中心にした野菜の盛り合わせ料理発酵食品の納豆

それだけでも体質改善し、精神的にも肉体的にも強くなります。

そのなかでも酵素玄米はオススメ。

酵素玄米はみためはこういうのですが↓
健康的でおいしい酵素玄米

我が家ではかれこれ5年以上食べています。
(※と、いいつつこれはあくまで、これはほんの一例です。あなたが食べたいものはあなたの心の声に従ってなんでもバランスよく食べてくださいね。)

あとは、水分補給も大事になります。

できれば白湯、またはお茶が理想です。
ガブガブ飲むのではなく、時間をかけてゆっくり飲むのがオススメです。

それから、

3、精神的に強い姿勢に変えよう。

ほとんどの精神的に弱い人は、きまって地面ばかりを見ていることが
様々な研究で分かってます。

こんな感じで↓
精神的に弱く悩みを抱える男性
不安で絶望のどん底の男性
悩みで不安な精神状態の女性

見ただけでも精神的に強そうには見えないですよね。

で、その体の状態(視線や姿勢など)をフィジオロジーというのですが、
フィジオロジーが悪いと、つまり
姿勢がわるいとそれにつられて考えることもネガティブになります。

だから、わざとでもいいです。
姿勢をまっすぐにし、できるだけ上をみるようにしてみてください。
下を向いてしまったら
「おっといけない。上を見なきゃ。」と上をみることを意識しましょう。

こんな感じで↓
笑顔で明るく上をみつめる女性
精神的に強い上をみる男性
精神的に上を見ている女性

最初は慣れないかもしれませんが、
やっていけば自然とできるようになり、
精神的に追い詰められそうなときにも気持ちを切り替えることができます。

他にもあなたが尊敬する人や
あこがれの人のポーズを真似してみるのもいいでしょう。

その人になりきった気持ちになることで一瞬で気持ちを切り替えられます。
これは3分でなく、3秒でできることです。
ぜひやってみてください。

それから、

4、とにかく練習。失敗をあえてたくさんしよう。

失敗が怖い。もし、ダメだったらどうしよう。
と悩むことありませんか。

失敗っていけない、というイメージが強いですが、決してそうではありません。

というよりも失敗なんてこの世にはそもそもないんです。

えっ、それってどういうこと?

失敗というのはもともとは辞書になかったのですが、
人間が勝手につくり出した概念にすぎないってことです。

けど、みんながそれは失敗だというから
知らず知らずに失敗を恐れてしまうのであって、
失敗なんて言葉がなければそれは失敗ではなく、経験になるんです。

そう、経験です。
失敗なんてありません。
すべて経験です。

あのエジソンさんでさえ、99回失敗をして1回成功したんです。
だから電球が発明されたんです。
失敗の電球を頭にあてる女性

ちなみにエジソンさんはこんな顔↓
電球を発明したトーマス・エジソン

いいんです。
何回失敗してもいいんです。
それが人生の質を豊かにするのですから…

え〜でも、失敗はやっぱり怖いし…

そうですよね。その気持ちもよくわかります。
けど、ならいいじゃん
失敗できるところで失敗すればいいじゃん。

ってことで私がオススメするやり方は一人失敗です。

わざと失敗をしてそれに慣れるんです。

たとえば、
わざと派手な服装をして街に出掛けてみる。

これはやり過ぎだけど↓
派手な服装の女性

それだっていいでしょう。
知らない人とはいえ、みんなの注目を浴びて強くなります

あるいは、
わざとお弁当箱をひっくり返してみる。
みんながびっくりするかもしれないけど、恵んでくれて仲良くなれるかも。
お弁当の代わりの恵みのパン

私の場合であれば、
中学生のときにちょっとした事故で、
あたまの上の髪の毛を短く切りすぎて円形脱毛症みたいになったことがあります。
自分で切ったのがそもそもの間違いだった…
自分で紙をはさみで切る少年

これも大失敗です。
正直はずかしくって毎日学校にいくのが苦痛でしたが、いまではめっちゃいい思い出です。
そんな感じで、何でもいいので失敗してみましょう。

失敗の数だけ人生は豊かになります。
あとで10年後に笑いのネタになります。

気にせずどんどん失敗しましょう。

そして、次の方法は、

5、思考と現実を分けて考えよう。

ちょっとこれは変わった話に聞こえるかもしれませんが、
と〜っても大事な話です。

精神的に弱い人というのは、
思考と現実をごっちゃにして混ぜて考える傾向にあります。

えっ、それってどういうこと?

それはつまり、もっと簡単にいれば、
ホラー映画をみて、それを現実のことだと勘違いしてしまうんです。
悪夢のホラー映画をみる観客

もっと簡単にいえば、
ドラマをみてあれが普通の一般的な家庭だと思ってしまうんです。
不安な昼のドラマのワンシーン

あるいは、テレビのニュースをみて
そうか、日本はこんなにも経済的に不況なのか
経済的不況のテレビニュース

と不安になってしまうんです。
(最近はそういうニュースはほとんどないですが…)

つまり、現実でないことを現実だとおもってしまう。
それが精神的に弱い人なんです。
(もちろん、私のことですが…)

でも、冷静に考えてみれば、あれは現実のことではなく
ただテレビ画面が勝手に言ってることです。
すべてがすべて真実ではありません。
たまには嘘だったり、一面的なことしか語ってないときもあります。

それに踊らされないでください。
あなたの考えている現実はじっさいはそんなに怖いものでもなければ悲惨なものでもありません。
夢を見させられているんです。
悪夢を見させられているんです。

で、どうやってその悪夢をとくことができるかということですが、
ひとつのヒントとして、明晰リアリティ。

明晰リアリティというのは、起きてるときの思考を意識化し
自由に行動できるテクニックですが、かなり強力です。

まぁ、興味があればぜひやってみてください↓

【音声付き】明晰リアリティで、幸福リア充の7ステップ

夢のなかで夢をみてると気づくように
現実のなかでいま現実をみてることに気がつければ自然と悪夢は溶けます。

そんなわけでぜひ夢(妄想)と現実をわけて考えるようにしてみましょう。

それから、その次。

6、無理をしない。自分のできるちょっとの負荷で。

精神的に弱いからといって、いきなりムチャをするのは禁物です。
なぜなら、それに耐えられるような強さがないときに
いきなり大きなことをやろうとすると、耐えきれずにつぶれてしまう可能性があるからです。

だから、まずはもっとも小さなところから始めましょう。
たとえば、人に声をかけるのが苦手なら、
友達に「おはよう〜」って挨拶するだけでもいいんです。
あるいは、知らない人に道を聞いてみるだけでもいいです。
それができるようになって初めて、もっと大きなことができるようになるんです。

だから、無理はしないこと。
ただし、できることはどんなに小さくてもいいので
全力でやってみましょう。
だんだんとそれに慣れてくれば、もっと大きなことに挑戦できるようになるはずです。

そして、最後に

7、Mになれ

そう、これがいい。
Mになるんです。

Mってなに?
え〜知らないの〜

Mっていうのはマゾのこと。

まぁ、ちょっとイヤらしい話だけど、
SとMっていうプレイがあって、そのMです。

つまり、痛いこととかツラいことが「あ〜ん、気持ちいぃ。もっと〜」っていう
性癖がある人のこと。(未成年の方、刺激が強すぎすみません。)

で、そのMになればいいんです。
あなたがいま、精神的に弱いと思ってるのなら、
その精神的なダメージを快感だと思ってみてください。

  • 息ができなくなりそう→息ができないくらい気持ちいい。
  • 目まいがする→クラクラするほど気持ちいい
  • 吐き気がする→吐きたいくらいに気持ちいい
  • 死にそうにツラい→死にそうなくらい気持ちいい

という感じで。
実際にその場になるとなかなか考えられないとは思いますが、
でも、無理やりにでもそう思うように意識してみてください。

最初はツラくても段々に気持ちよくなって
その精神的なツラさが気にならなくなります。

そしたら、Mのことは考えなくても
普通にやっていけるでしょう。

あなたはMです。
私もMです。

Mになれば、精神的に強くなります。

・・・

と、いうわけでここまでのお話
いかがでしたでしょうか。

このどれも私が実際にやってきたことなので
あなたにも必ず役に立つはずです。

精神的な弱さというのは、最初にも言いましたが誰にでもあります。

一見強そうに見える人ほど、案外心の奥に精神的な弱さがあるものです。
それを忘れないでくださいね。

あなただけではありません。
私もこれからも精神的な弱さを乗り越えて
さらにさらに強い自分になろうと思います。

一緒に頑張っていきましょうね。

それでは最後になりますが、
ここまでのまとめです。
ちょっと長い話だったので、ここでもう一度おさらいをしてみましょう↓

精神的に弱い状態を3分で強くする7つのコツとは・・・↓

  • 1、思考と感情をわけて考えよう。→頭での思考と、心での感情(あるいは体の感覚)をわけて考えるようにしましょう。混ぜて考えると体のちょっとしたことに動じやすくなってしまいます。考えるな、感じろです。ただ感じていればいいんです。
  • 2、食べるものを徹底的に見直そう。→あなたの体は食べるものからできています。食べるものを変えるだけでも精神的にタフになれます。できるかぎり自然で採れたものをよく噛んでたべましょう。
  • 3、精神的に強い姿勢に変えよう。→姿勢を変えるだけでも精神的に強くなれます。弱いフィジオロジーだったら、強いフィジオロジーに変えてみましょう。最初は真似でも構いません。やっていけばそれがあなたらしさに変わります。
  • 4、とにかく練習。失敗をあえてたくさんしよう。→この世に失敗はありません。あるのは経験だけです。失敗をしたらその分だけ強くなれる、失敗の分だけ人生経験が豊富になることを覚えておきましょう。
  • 5、夢と現実を分けて考えよう。→夢は夢。現実は現実。誰かに見せられている悪夢やホラー映画を現実だと思わないことです。現実はそんなに怖いものではありません。怖いのは夢です。そんなの幻想です。幻想の世界から目が覚めることがで自由になれます。
  • 6、無理をしない。自分のできるちょっとの負荷で。→いきなり無理をするから精神的に不安定になります。最初はどんなに小さなことでもいいんです。いやむしろ、小さなことを繰り返しやっていきましょう。やってくうちに大きなこともへっちゃらになるでしょう。
  • 7、Mになれ→マゾになっちゃいましょう。痛みや不安がおそってきたら気持ちいいと思うことです。You are マゾ!私もマゾです。

というわけで、
これらをそれぞれ3分ずつでいいのでやってみてください。
全部が無理ならひとつでもいいです。

そしてわからなくなったらまた何度でも読んで
わかるまで挑戦してみてください。

必ずやあなたの精神的な弱い部分は、
そっくりそのまま精神的な強さになり、
人生がいまの100倍楽しくなるはず
です。
精神的に強く楽しい女性

断言できます。

いまの精神的な弱さは、そっくりそのまま精神的な強さになる。

それを覚えておいてください。

それと、こちらの記事も参考にしてね↓

逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャーに負けない7つのコツ

なんでも悪い方に考えてしまう癖を直す7つの方法

不安で不安でいっぱいな将来の不安が消える、7つの方法

ではでは、今回はこれで。
この記事を読んであなたが私と同じように精神的に強くなってもらえたのなら
こんなに嬉しいことはありません。

いつも最後まで読んでくれてありがとう!

また次の記事もどうぞお楽しみに!

追伸です。その1
どんな食事も偏り過ぎると良くないので、その点だけはお気をつけて!
過度に気にし過ぎず、食べたいものをなんでも食べましょう。

追伸です。その2
それと、最近書いたこちらの記事も参考までに↓

強迫神経症だった私が強すぎる不安やトラウマを抜け出せた7つの理由

ではでは。

>>>免責事項