複数との会話が1対1のように話せるようになる方法

1対1なら普通に話せるのに、
3人と話すとなると自分だけ無口になってしまう・・・


複数との会話に緊張するイメージ

もしあなたがそうだとしたら
それは解決することができます。

私はつい3年ほど昔、1対1での会話も苦手でした。

まったく何を話したらいいかもわからないし、
声にだそうとしてもうまくでてこないんです。

しかし、
今では1対30くらいは余裕で普通に話せます。

もちろん、30人同時に話すわけじゃないですけどね。
30人いても1対1のように話せるんです。

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→複数との会話が1対1の音声
※9分42秒の音声です。

ですが、
もし、あなたが昔の私のように
1対1で会話もうまくできないのなら・・・

まずはこちらの記事をどうぞ↓


4つの会話練習法。これで口べたにさようなら。


この記事を読んでもらえれば
1対1で話すのはふつうにできるようになります。

そして、
あなたが1対1で普通に話せるのなら複数の会話も一切問題ありません。

1対1で話せるなら
1対2でも1対3でもちょっとしたことで
1対1のときと同じように話せます。

なので安心してやってきましょう。

では、さっそく始めていきます。

最後まで読めば、そしてやってもらえれば
自信をもって複数の人と会話ができるようになるでしょう。

スポンサーリンク




まずは1対2について考えていきましょう。

まずは1対2で練習!

1対2というのはあなた1人に対して2人いる場合です。

楽しいおしゃべり友達

この場合についてかんがえていきましょう。

1対1のときに比べ一人増えただけですが
だいぶ雰囲気が違いますよね。

なぜなら、あなたがしゃべらなくても
残りの二人で勝手にしゃべってくれるからです。

ある意味これはこれで楽なんですが
逆を言えば、あなたは会話に入れないって可能性もあるわけです。

どちらがいいか悪いかというわけでなく
そのとき次第。
話したいか、それともただ黙って聞いていたいか
それによって変わります。

もしただ黙って聞いていたいだけなら
とりあえず黙ってればおそらく二人で会話してくれるはず、
そのまま黙り続けましょう。

いやいや、
オレはどうしても会話の中心に入って会話をしたい

って場合は・・・

方法が2つあります。
ひとつは
相手2人のうち、どちらか1人だけに対して話す

というやり方、もうひとつは

2人同時に話しかけちゃう
というやり方、方法です。

ひとつめの
どちらか一人に話しかけたい場合は
その話したい相手の人の方を向いて話します。

これは1対1と同じことです。

同じことなんですが
ちょっと気になりますよね。

もう一人の存在が・・・。
なにも話していないもう一人が気になって
あまり言いたいことが言えないかもしれません。

そしたらこう思うんです。

(この何も話していないもう一人は、
別に私たちの会話を聞いているわけじゃない。
ただ、そこにいてこう考えているんだ。)

「オレも話をしたいなぁ。なんとか2人の会話に関わりたいなぁ」

って(笑)

つまり・・・

相手は相手自身のことしか考えてない。
だからその人はこっちの話はまったく聞いてなくて聞いているフリをしてるだけなので、
気にするだけ損そん。

って思っちゃうんです。
それに実際そんなものなんです。
もしかしたらあなたもそうかもしれませんし、私だってそうです。

あなたと誰か2人の計3人で話しているとき、
あなたでない他の2人が仲良く話しているときに
「この人話し方が下手だなぁ。」とか
「この人なに言ってんだかわからん」

なんてまず考えないんですよね。

考えるとしたらよほどのひねくれ者で、ふつうは
「2人が仲良く話しているし、ま、いっか。」
とか、
「腹減ったなぁ、今晩の夕飯なにたべようかな・・・」
くらいのことしか考えてないんです。

本当にそうなんです。

だからまわりの目が気になってもそんなのムシムシ。
あなたが言いたいことをいえばそれでOKです。

だから1対1で話している気持ちで話しちゃいましょう。


で、次です。
1対2の3人で話しているとき、

2人同時に話をしたい、
2人に同時に話さなくてはならない、

・・ってなった場合はどうしたらいいでしょう?

そのときは2人同時に話そうとするのではなく、
それぞれひとりずつに話しかければいいんです。


三人での会話の様子

二人に話しかけているんだけど、
話しているのは目を向けている一人だけ、
って思ってどっちか一人に話せばいいんです。

そして、さっきと同じく

一人と話しているときはそれを聞いているもう一人は

そう、自分のことだけを考えている。

って思ってしまえばいいんです。

もちろんなかにはあなたの意見を批判してくる人もいるかもしれないですけど、
それはその人の考えなので、別にあなたが悪いってわけでありません。

それよりも大切なのはあなたがいま話している相手と
いかに楽しく会話できるか、それを考えていきましょうね。


そして次はもう一人ふえて1対3です。

そしたら1対3にレベルアップ

4人
つまり4人で話すときですね。
このときははっきりいって簡単です。

まわりが楽しそうな雰囲気なら
あえて話さなくてもOK


あなたが何も話さなくても勝手に話してくれるし、
無理に会話に入っていく必要はありません。

けれども、あなたが会話にはいるべき瞬間があります。

それは・・・

話している雰囲気が落ち込んできたり
誰もなにも話さなくなってきたとき。

そのときにあなたがちょっと何かを話せば
それだけで

「あ、この人は会話をコントロールしている。すごい人だ。」

って思ってもらえます。
みんなが話さなくなったら話す、これ最強だと思いませんか。

会話に質問をする美人な女の子

だから、あなたがやることはただひとつ。
ただみんなの話をじ〜っと聞いていて、
みんなが話さなくなったときになにをいうか考えておく。

これだけです。

変わったことを言えば3人のうち誰から
それにツッコんでくれてあなたの話は盛り上がります。

それだけで3人と話すのは攻略です!

で、

最後は、1対 複数でバッチリ話せるように!


1対3ができたならそこから先
あとは何人、人が増えようと同じです。

1対5でも周りがなにも話さなくなったときまで待っていればいいんです。
で会話が減ってきたら隣の人にでもふつうに話すように話しかければいいんです。

ただそれだけなんです。

1対1のように話してみればいいだけなんですね。

複数の人に話しかける少年

結局、たくさんと話そうとしなければ
何人とも話せるようになるんです。


これがコツです。

・・・

というわけで

いかがでしたでしょうか。
これでもう複数の会話は緊張せずに話せるはず。

今回のポイントは

あなたと話している以外の相手は
いつだって自分のことしか考えてない。
だから緊張するだけ損そん!
・・・って思えば問題なし。

最初は1対2で練習してみて
どんどん話せる人数を増やしていってみてくださいね。

やればやるほど、何人でも話せるようになるはずです。
私もこれで何人の人前でも緊張せず普通にはなせるようになってます。


最後にもう一度アドバイス!

目の前に100人いようが1000人いようが、
つねに1対1で話す気持ちで話してみよう!


これを忘れなければ何人とでも1対1感覚で話せることでしょう!

私はいつもこれを心掛けています。
だから、何人と話すときでもまったく緊張をしません。


じぶんに話すように相手と話してみましょう。

ぜひやってみてください。

それと、こちらの記事もよければどうぞ↓

グループでの会話の苦手をなくすたったひとつのコツ

人目が気になり緊張しやすいを克服する7つの方法

とっさの会話力を向上させる7つのトレーニング



ではでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回もお楽しみに!

スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ