話が続かないを脱出し無限に会話を続ける3つの方法

が続かなくって

・・・し〜ん。
会話が沈黙状態のイメージ

そんな静かな沈黙・・・

「あぁ、どうしよう、一体なにを話せばいいんだ。」

そんなことで頭のなかが
いっぱいになることってないですか。

ありますよね。

私はずっとそうでした。

とにかく沈黙がツラい
会話ができないのがツラい・・・
会話の沈黙に悩む男性

そのことで悩んできました。

けれど、

これからご紹介する3つの方法を知っていれば
会話が苦手でもその沈黙を抜け出すことができます。


それが私がいまやってる方法です。

具体的にいうと

なにを話すか、が思いつかなければ
会話をする最初のきっかけをつくってみる。


ってことをやればいいんです。


では、その方法とは?

それをこれからご説明していきます。
ぜひ最後まで読んで、沈黙を乗り切りましょう!

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→話が続かないを続ける方法
※10分07秒の音声です。

***

では、どうやったら無言を抜け出して
会話をつくりだすきっかけをつくれるか

それにはたとえばこんなのがあります。

1、沈黙したら目の前にあるものの話をする。


話すことにこまったときは、
会話の話題探すカップル

目の前にあるものをなんでもいいので話題にしてみましょう。

そしてそれらを片っ端から説明したり、
なにか表現することで、会話の話題に困らずに会話を続けていくことができます。

この方法はここにも書いてあります↓

いつでも会話のネタがその場で見つかる5つの方法


これで、とりあえず会話を繋いでいきましょう。

「あ、ネコだ。かわいいね。」
会話の苦手なネコ

「あ、イヌだ。かわいいね。」
会話上手のかわいい犬

「あ、金魚だ。かわいいね。」

会話の話題のかわいい金魚

でもなんでもいいから言っちゃってください(笑)
言っちゃえば相手もなにか言ってくれますから。


たとえば、
「あ、それってこの前言ってた服でしょ。かわいいね」
赤色の服を着る女性

「うん、そうなの。これ高かっただぁ。」
「へぇ、やっぱりね。作りがほかと違うもんね、おっしゃれ〜。」
「ありがとう!すっごくうれしい。」


褒められて喜ぶ女性

って相手の持ち物に触れればなおいいでしょう。
それまで無言でもすぐに盛り上がるに違いありません。


で、その次は

2、会話に困ったら質問をする


会話に困ったときに、ただ黙ってるだけではいけません。

話すことがなくなって、

し〜んと、沈黙してしまったら
5W1Hでなにか質問をしてみましょう!
最近の話題を質問する女性

ちなみに、

5W1Hっていうのは
いつ(When)どこで(Where)だれが(Who)
なにを(What)なぜに(Why)どのようにしたか(How)の頭文字です。


以下、簡単に例を示します。

いつ(When)
・「え〜と、次の休みっていつだっけ?」
・「今日は何日だったっけ?」
・「キミの誕生日っていつ?」
・「いつなら暇?」
・「さっきの話っていつのこと?」
など。

どこで(Where)
・「それってどこにあるの?」
・「どこか行きたいところってある?」
・「大学ってどこだった?」
・「出身はどこ?」
・「海外に行くとしたらどこの国に行きたい?」
などなど。

だれが(Who)
・「その写真に写っているのって誰?」
・「おいしいお店知っているひと誰か知らない?」
・「今度の旅行って誰が行くの?」
・「誰だっけなぁ。この俳優なんて名前だったっけ」
・「もしこの中で一人選ぶとしたら誰を選ぶ?」

なにを(What)
・「これからなにする?」
・「なに見てるの?」
・「キミの趣味ってなに?」
・「血液型って何型?」
・「今度の旅行におやつ何持ってく?」

どのようにしたか(How)
・「これおいしいね。どうやって作ったの?」
・「いつもどうやって仕事に行ってるの?電車?」
・「どうやってそれ見つけたの?」
・「どうやってそれがわかったの?」
・「それってどうやってやるの?」

そして、それはなぜか(Why)
・「どうして携帯2つ持ってるの?」
・「どうしてそんなにかわいいの(照)」
・「それってどうして?どうしてなのさ?」
・「なんであの人はあんなこと言ったんだろうね。」

これらを質問していくことで無言はなくなります。
質問されれば相手は答えてくれるからね。

どんどん質問してみましょう!

その次はこんな方法も・・・

3、そういえばさっきの話だけど・・・


話すことが思いつかなければ、
「そういえば、さっきの話だけどさ。」
会話に突っ込む男性

と、さっきの話をもう一度つっこむ。

これでとりあえず話は続けられますし、
さっきまでの話ちゃんと聞いてましたよ、っていうアピールにもなります。

「そういえばさ、さっきの話だけど、そのあとってどうなったの?」
「あ、あれね。あれは、・・・」


って感じでさっきの話からもう一度盛り上がれます。
なんどでも使えるので沈黙になったら
「あ〜。そういえば、さっきの話だけど、・・・」って言っちゃいましょう(笑)


で、それらをやってもうまくいかないなら
こんなこともやってみましょう。(番外編です!)

・無言になったところで
「し〜〜〜ん・・・」という(笑)
無口で会話ができない男性

状況にもよりけりだけど、意外とうけるかも。

うけなかったら、
「あれっ?オレもしかして寒かった?」って逆にウケを狙いましょう。

あれっ?今日はなんかやけに静かだな。
会話がつまらないイメージ

と独り言のようにぼそっといってみる。

これは大勢、人がいるときに使えます。
これをいうことで誰かが笑い出し、一気に場の雰囲気が一気になごみますよ〜。

なんで黙っちゃるの?もしかして緊張してる?
緊張して上手く話せない女性

って聞いてみる。

これであなたが緊張しているのでもなく
相手が緊張していることにできちゃいます。
ちょっとした裏技です。

本当は自分が緊張してるのにね(笑)

***

と、いうわけで、
話が続かないを脱出し無限に会話を続ける3つの方法でした。

いかがでしたでしょうか。

これなら無限に話せるって思いませんか。

すべてでなくてもいいです。
どれかひとつでも使ってみれば沈黙も楽しくなっちゃうよ。

ぜひお試しあれ!

今回のまとめ〜

話が続かないを脱出し無限に会話を続ける3つの方法とは・・・↓

  • 1、目の前にあるものの話をする。→会話につまったり思いつかないときには、目の前にあるものを話題にして話してみましょう。目の前にあるものの話をすることで共通の話題ができて盛り上がります。
  • 2、5W1Hで質問をする→沈黙したら黙ってないでなにか質問をしてみましょう。それってなに?どういうこと、教えて!そうやって質問をすることであなたが相手に興味をもってることも伝えられます。
  • 3、そういえばさっきの話だけど・・・と再ツッコミ→どうしても話すことが思いつかなければ、新しい話題ではなくもう一度同じ話をしてみましょう。それが、さっきの話です。さっきの話ならいくらでも話せますね。

これでバッチリ話が続いていきます。

ぜひ、何度もこの記事を読んで、
そしてマスターしていってくださいね。

沈黙を極めれば、会話上手になります。


あと、こちらの記事もよければどうぞ↓

会話で沈黙、気まずい。そんなときの3つの対処法

しぼんだ会話をふくらます3つのフレーズとは・・・

緊張からくる不安を安らぎにかえる7つの方法



では、今回はこれで。

また次回もどうぞお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ