接客のコツ!会話が苦手でも、お客と仲良し7つの方法

客さまと仲良くなりたい!
けど、会話が苦手で…


接客のコツを知ってる女性店員とお客

な〜んて言っていても
お客さんがいなければ、商売は成り立ちません。

好きだろうと嫌いだろうと、

接客しなくてはならない場面は、
お店に限らず社会人なら誰でもあることです。


あなたもきっとそうでしょう。

そして当然ながら、
お客様と接しないでビジネスを行うことはできません。

たとえネットビジネスであっても
やはりお客様と接することはあるのですから
どんな仕事でもそうでしょう。

では、どうしたらお客さんと会話を弾ませて
よりよい商談、交渉、雰囲気をつくれるのでしょうか。


お店の営業行列に並んだお客さん

その方法をこれまでの私の経験、
そして、これまで学んできた数多くの人の話から

あなたに抽出してお話したいと思います。

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→接客のコツの音声です。
※10分08秒の音声です。

7つのコツです。

これを知ってれば
接客は簡単にできます。

当たり前のことですが、
とても大切なことばかり。

では、さっそく始めていきましょう!

スポンサーリンク




会話がうまくなれば
お客さんと仲良くなれるの?


そうではありません。

お客さんと人間関係を築くためには
会話だけではもの足りません。

会話よりもまず大切なことが4つあります。

それは、
1、清潔感
2、とにかく挨拶
3、自然な笑顔
4、あいづちをうつ


です。

これは本当に基本基本
どの本にも書いてあることですが、実際にできているかというと
出来てない人がほとんどです。

1、清潔感(身だしなみ)をしっかりと!


たとえば、最初の
「清潔感」ってなに?って聞かれて
清潔感というのは・・・
・髪がボサボサでないか。
・肩にフケはないか。
・爪はちゃんと切ってあるか。
・口臭は大丈夫?
・鼻毛は出てないか。
・着ている服にしわがないか。

とかでしょ。

でも、そんなの関係ないよ。
清潔感がなんだっていうのさ。

って思われるかもしれませんが、

意外と見る人は見ているのです。

「あ、このひと、爪が汚い。なんか自己管理できてなさそうだし、この商談はやめにしようかな、」
ってことはよくある話。


とくに女性は清潔感に敏感です。

清潔感に厳しい女性客

女性のお客様に好かれたかったら、
ちゃ〜んと鏡をみて気をつけておきましょう。


口臭に関してはとくに朝、忙しいからって朝ご飯を抜くと、
胃のなかからぷ〜んと匂ってくるのでちゃんと食べようね。
歯ブラシもお忘れなく!

こちらも参考まで・・・

何もせずに自然とモテる!やっておくべき10のこと


2、挨拶をしよう!


それから挨拶(あいさつ)

挨拶をしているようで、適当に言ってませんか。
「ぉはよぅ」みたいに。

わかりますか?

「お」「う」がち〜っちゃい声なんです。

だから相手からすると「はよ」としか聞こえません。
「はよ」ってなにさ?って思われちゃいます。


タバコを吸う不健康なお客

なのでそんな場合には

「あ、おはようございます。」

って言ってみるんです。

これなら最初と最後が小さい声になってしまっても

「あ、おはようございます。」

って感じで聞き取れますし、

最初に驚きの「あ、」をつけることで、
その人に対して挨拶していることがわかってもらえます。


ほめてくれる優しいお母さんの写真

「この人は私を見て、「あ、」って声にだしたのかな。
じゃあ私のことを意識して挨拶してくれてるんだぁ」、それが伝わります。


そして挨拶のなかでも
お店をやっている人に大切な2つの挨拶があります。

それは
いらっしゃいませ。

ありがとうございました。


この2つです。

これをもし言わなかったら
まず間違いなくお客さんは離れていきます。


「なんだ、この店はお客にいらっしゃいませも言えないのかよ。」とか、
「ありがとうも言えないお店なんてもう来たくないね」
って絶対に思ってます。

口にださなくても・・・。

もし仮にあいての人がこっちを見てなかったとしても
あるいは耳にイヤホンをつけて音楽を聞いていたとしても

イヤホンで音楽を聞いている女性客

必ずいいましょう。

「いらっしゃいませ。」
と、そして

「ありがとうございました。」

そして、なにも買わなかったとしても
いうようにしてください。

「ありがとうございました、また来てくださいね。」

それだけで次回は来て買ってくれますよ。

接客のコツを知ってる女性店員

挨拶ができたらこれも大事。それは、

3、自然な笑顔をしよう!


ってこと。

自然な笑顔

です。

作り笑いじゃダメですよ、あくまでも自然な笑顔。
これが大切です。

やっぱり笑顔があればそれを見た人も笑顔になりますからね。
笑顔が一番、笑顔、笑顔です。

自然な笑顔の美しい女性

けど、どうやってその自然な笑顔をつくればいいの?
どうしても笑顔がぎこちなくなっちゃうんだけど。


って場合は、この方法を試してみてください。

まず、「自分で笑おうとしない」

これがじつは大切なこと。
自分で笑おうとすると絶対に作り笑いになります。
だって、普通に笑ったら動かない筋肉までが動いてしまってるから。

だから無理に笑おうとしないことです。

笑おうとするんでなくて、微笑むんです。
ほほえむことで、いい笑顔になります。

微笑むためにはこの記事にも書いてありますが↓

会話に感情をいれるための3つの方法


ほほえみの感情を①まねる、②思い出す、③つくり出すってやればOK
やっているうちにできるようになるでしょう。

これはちょっとしたコツです。
やってけば自然とできるようになるでしょう。

買い物袋をもった女性客

それから、どんどんいきますね。
お客さんと仲良くなりたいのなら

あいづち

です。

4、相づちを忘れずに!


ただ話を聞いているだけではいけません。
それではお客さんも話しづらくなってきます。

どんなときもかならず
あいづちをとるようにしましょう。

「はい」
「いいえ」
「そうですね。」
「わかりました。」


ことばだけでなく表情や態度でも
ちゃんとわかるように伝えましょう。

OKサインを出す女性店員のしぐさ

もちろんわからなかったときは
「すみません、わからなかったのでもう一度お願いしてもいいですか。」
って聞きましょうね。

わかってないのに「わかりました。」って言ったら
あとで「わかったって言ってたのに・・・」って
あとあと問題になりますのでお気をつけて(爆)

 

それから
お客さんと仲良くなりたいのなら

5、敬語を使いすぎない。


これも大切です。・・・と、いうのも

敬語を使っているうちは
絶対にお客さんと仲良くなれないから。


もちろん適度の敬語はいいんですが
使いすぎると
「この人やけに仰々しいな、なんか堅苦しい」
ってなってお客さんは離れていきます。

にらみをきかせたイケメンの男性客

ほどほどにしておきましょう!


そして、
お客さんと仲良くなりたいのなら

はずかしくても目をみて話す


ということ。

お客さんと仲良くなりたいのなら
ずかしくてもいいので目を見て話すようにしましょう。

これは目をみて話すことが重要というよりも
目をみて話さないことが問題だからです。


目を見て話さないと
「なんか、私のこと嫌ってるのかな、やな店員さん」

って思われます。

たとえ目がつり目でも、目を見て話した方が
「あ、ちゃんと見てくれてる。お客さんとして接してもらえてる」って
喜んでもらえます。

必ず目をみて話しましょうね!

でも、ここまでやる必要はありません(笑)↓
じっくりとお客をみつめる女性店員


で、最後になりました。
最後のコツは、

7、話を聞きながらメモをとる


です。

お客さんの話を聞きながらメモをとってみましょう。

ノートにメモをとる男性店員

それだけでお客さんは
「あ、私の話をちゃんと真剣に聞いてくれている」
って感じてくれます。

もちろん、大事なところだけでいいですが、
お客さんの言ったことで興味深いところがあればメモしてみましょう。
その真剣さにお客さんはあなたのトリコになっちゃいます。


「へぇ〜、それはすごいですね!」って言いながらなら、なおGOOD。


とくに年配の方からは「真面目で信頼できる」と思ってもらえます。

さっそく使ってみてくださいね。


・・・

さて、以上になります。

会話が苦手でも使える接客テクばかりではなかったでしょうか。

さっそくこれからの接客や接待に使って
バリバリモテモテ店員さん、になっちゃってくださいな(笑)


あなたならできます。

では、今回のまとめです。
ここまでを振り返りながらチェックしてみてください。

お客さんとの接客ですぐに仲良くなるには、

1、清潔感に気をつける。
2、とにかく挨拶、挨拶、挨拶。
3、自然な笑顔を忘れずに。
4、あいづちをたくさんうちます。
5、敬語を使いすぎないことも大切。
6、恥ずかしくても目をみて話す。
7、話を聞きながらメモをとる


と、いうわけで
これらコツを意識して接客してみてくださいな。

必ずお客さまに信頼してもらえるし
やってて楽しくなります!

がんばって!

接客のコツ

それと参考までに、こちらもどうぞ↓

話が続かないを脱出し無限に会話を続ける3つの方法

人見知りの克服法。これなら会話べたでもバッチリです。

あなたの会話がつまらない、と思われる10の理由



ではでは、
また次回もどうぞお楽しみに!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ