苦手なスピーチで緊張せず、すぐに話せる3つのコツ

前でのスピーチ、
考えただけで心臓が飛び出そうですね。

苦手なスピーチで不安を抱える女性

緊張でおかしくなるんじゃないか
目が回ったり狂ってしまうんじゃないか

お漏らししてしまうんじゃないか


など、いろんな不安があると思います。

私もそうでした。

一人と話すのもやっとだったのに
大勢がいる前で話さないといけないなんて

そんなの想像もできませんでした。



けど、

できたんです。

あるコツを知ったことで私でもスピーチができたんです。
それも自然に、普通に会話しているかのように。

うれしかったです。
ほんとうに嬉しかったんです。

できないと思っていたことができてまわりからは
拍手喝采。こんなに嬉しいことってあるでしょうか。
スピーチで拍手喝采の様子

で、

今回あなたにもその感動を味わって欲しいので
どうかこれからお話することを順番通りにやって
そしてスピーチで成功をおさめてほしいと思います。


必ずできます。

緊張せずに話せるようになります。

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


スマホの方はこちら→苦手なスピーチで緊張しない音声
※8分55秒の音声です。

では、さっそく始めていきましょう!

スポンサーリンク





スピーチに必要なもの

それはたったふたつです。


準備と練習


です。

これしかありません。

準備さえできていればおそれるものはありません。
練習さえすればぜったいに出来るようになります。


けど、準備も練習をしてないと緊張したり不安になって
一言も話せなかったり、目がまわったり・・・

いろんなことがあるかもしれません。
(もちろん、ぶっつけ本番でうまく人はいいのですが・・・そんな人は稀です。それにこの記事を読んでないでしょうし。。)

なので、その準備と練習が大事なんですが
ではいったい、どうやってやっていくかをこれから
ステップバイステップで説明していきましょう。


ステップ1:スピーチで話す内容を決める。


まずは、

なにを話すか決めていきましょう。

この段階では紙にかきださなくてもOK、
まだ頭のなかだけでもOKです。


あとで修正できるので、
ざっくりときめていけばOK。

何を書くか考え中の女性

ポイントは、
・なにについて話すか?
・誰に向かって話すか?
・一番伝えたいことはなにか?


この3つです。

【なにについて話す?】

・最近の出来事
・明日の予定
・報告・連絡・相談(いわゆる、ほう・れん・そう)
・結婚のお祝いの言葉
・朝の挨拶
・配布資料の説明
・お礼の一言
などなど。

なにについて話すか、ここで決めておきましょう。

これらを明確になってると、
伝えることがラクになります。

一番やっかいなのは何を話すかをわかってないことですからね。
そして…

【だれに話す?】

・上司、部下
・同僚
・会社の顧客、お客さん
・結婚式の相手
・同じ職場や教室の人
・観客
などなど。

誰に話すかによって話し方はかわります。
相手が誰なのか、ちゃんと調べておきましょう。
それから、

【一番伝えたいことは?】

・今日はこんなことがあったんだぁ。
・明日はこんな予定があります。
・結婚、おめでとう。
・今日も頑張ろう!
・契約をお願い

など、だいたいでいいですよ。

どうでしょう。

一番伝えたいことをわかっていると
話をしてて軸がぶれません。


たったひとつでいいので、それがなにかを
考えてみましょう。

なんとなく具体的になってきましたね。


ステップ2:紙に書きだしてみる。


ここで、ステップ1で決めた内容を紙に書き出していきましょう。

どんなにくだらないことでもいいので
すべていったん紙に書き出します。

紙に書きだす作業

そして、それを以下の2つにわけます。

・最初の方で話すこと
・最後の方で話すこと


【最初になにを話す?】

「みなさん、こんにちは。」
それとも
「「おはようございます。」
「「初めまして、〇〇です。」
「「ご結婚おめでとうございます。」
「「よろしくお願いします。」

なにがいいでしょうね。
わからないときは他の人が普段どんなことを言っているか
本やネットで調べて参考にしてみましょう。
それか知っている人に聞いてみちゃっても簡単です。

で、次は・・・

【最後になにを話す?】


です。いきなり最後ですが、まぁ考えてみましょう。

「ありがとうございました。」
「失礼します。」
「どうぞお幸せに」
「以上で終わります。」
「それでは頑張りましょう。」
「今後ともよろしくお願いします。」

これも完璧でなくてもOK。
話す内容はあとから変えられるので気軽に考えてみましょうね。

そしたら、

最初に話す言葉と、最後に話す言葉の間に
あなたの伝えたいことを書いていきます。


書くときはステップ1のだれに話すを意識して
その人に向かって話している気持ちで書いていきましょう。

たとえば、
・話す内容は、・・・朝の挨拶
・だれに話す?・・・同じ職場の人
・一番伝えたいことは、・・・今日赤ちゃんが産まれます。

で、

・最初になにを話す?・・・「みなさん、おはようございます。」
・最初になにを話す?・・・「今日も一日頑張りましょう!」
と決めたなら

「みなさん、おはようございます。」

から始まって、

「じつは今日うちで赤ちゃんが産まれます。

かわいい赤ちゃん

とっても楽しみ!
それで今日はそれで早く帰ろうと思っているんですが、
早く会いたいなぁってワクワクしてるんですよ。

で、さっき家族から連絡があって
「あなた、もうすぐ産まれるわよ」
ってメールが届いてたのでいますぐにでも帰りたいですが
これから大事なお仕事もあるので、帰れそうにないですね・・・。

だから「産まれた」って連絡きたらダッシュで帰ります。

ま、ネコの赤ちゃんなんですけどね(爆)
ネコの赤ちゃん

と、いうわけで・・・」

で、最後に

「今日も一日頑張りましょう!」

と締めくくります。


簡単ですよね。
最初と最後、それから話す内容が決まっていれば
あとはその中身を適当にでも作っちゃえばいいです。

結局、話す内容よりはなんだっていいんです。

ひとつだけテーマを決めて
そこからズレないかぎりは聞いてて面白いって思ってもらえます。

おもしろい女性

話のテーマがズレちゃったら何の話?ってなるけれど、
一貫性があれば話は大丈夫!いろいろ作ってみましょう。

 

そして、

ステップ3:練習する


そして、練習、練習、練習あるのみです。

練習方法としてはこちらを参考にするといいでしょう。↓

4つの会話練習法。これで口べたにさようなら。



このなかのボイスレコーダー練習法では
ボイスレコーダーに向かってただひたすら実際の場面を想定して
自分のプロフィールや自己紹介を話してみます。けっこう効果的です。

それでも緊張してしまう場合はこちらの記事をどうぞ。

緊張改善トレーニング↓

緊張の吐き気がなく、会話ができる3ステップ


これを読めば大抵の緊張はなんともなくなります。

でも、
ここまで読んでもまだ不安に思うときには、

とにかくいったん寝てみましょう。

スピーチで緊張した状態では
なかなかうまくできません。

とりあえず、寝てみましょう。
そして神経を休めてください。

ふとんで眠る女性

短時間でも眠ることで、過敏なってる神経を落ち着かせて
結果として緊張しなくなってきます。


そして目が覚めたらもう一度よんでください。

必ず解決の糸口が見つかるはずです。

それでも緊張するなら、もう一度寝て、とにかく不安がなくなるまで
徹底的に寝ることです。

大丈夫。

心配はいりません。

というわけで、今回のまとめ↓

スピーチが苦手でもすぐ話せるようになる3つのコツとは・・・

1、とりあえず、内容を決める。
2、紙にすべて書きだしてみる。
3、ひたすら練習する。
これだけ。
シンプルだけど一番手っ取り早いのです。

ぜひやってみてください。
あなたならできますよ。

それと、

もっと話せるようになりたいときは、
こちらの記事もどうぞ↓

発表に緊張しなくなるための7つの対処法

複数との会話が1対1のように話せるようになる方法

プレゼンの緊張はたった3つの方法で解決できます。



読めば、会話も発表も得意になれます。

では、今回のお話はこれで。

どうか、あなたのスピーチが大成功しますように。

いつでも私はあなたを応援してます。それを忘れないでね!


スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ