すぐに暗記し記憶できる!思い出すための7つのコツ

物覚えがわるくって・・・
人の名前や、単語を覚えられない!

暗記ができずに悩む男性

う〜ん、どうしたものかなぁ…

と、そんなあなたに今回お伝えするのは
あっというまに記憶できる暗記のコツです。

この暗記法を試してもらえれば、、
どんなことも短期間で覚えることができるようになります。


すごいです。
そして、効果的です。

なぜなら、この方法は
じっさいに私がこれまでにやってきて、

そして劇的に頭がよくなった方法だからです。

自分で頭がよくなったっていうのも
どうかとおもいますけどね…(笑

でも、本当にそうなんです。
この方法をやる前までは学校で下から3番目だったのに、
この方法をやってからは上から12番です。

その差、250人ほど。
すごいことです。

たった2年ほどで、一気に250人抜きですよ。
頭がよくなった、というか、記憶力がよくなったとしかおもえません。

で、
その方法、知りたいですか。

知りたい場合は手をあげて!

はい、じゃあお伝えします。

聞いて驚かないでね。

これです↓

1、あたまによい食べ物を食べる
2、あたまにわるい食べ物を食べない
3、汗のかく運動をする
4、同じ分野の本をできるだけ多く読む
5、定期的に思い出す
6、夜にみた夢を日記に書く
7、テレビでなく本を読む。

なんか変わったものばかりですね。
でも、これでいいんです。
これがいいんです。

これをやってもらえれば
あたまが絶対にいまよりよくなります。


ほんとうにとても大事なことです。
バカにせずやってみましょう。

ということで、
これから解説をしていきます。

とくに最初の方はと〜っても大事なので
頭がよくなりたい、記憶力をアップさせたいという人は
最初から最後までじっくり読んでみてください。



スポンサーリンク




さて、最初は・・・

1、あたまによい食べ物を食べる


これは最強です。
ふつうの人はぜったいに考えないことですが、
でも暗記で大切なことは

勉強よりも
脳の質を高めることなんです。
暗記のために脳を鍛えるイメージ

と、いうのも脳がすかすかで、
ふわふわのからっぽだったら・・・

いくら脳を鍛えたところで、覚えることはできません。

私だってそうです。

すかすかの脳みそではなにも覚えられません。

脳みそが空っぽだったら
いくら勉強してもおぼえられないんです。

おサルさんがいくら勉強しても
言葉を話せないのはそのためです。


脳みそがなければ、
あなたもお猿さんです。


ウッキぃ〜!
勉強する脳みそがないサル

それで、じゃあ、

その脳みそっていったい何で
できてるのでしょうか?


というと、脳は、

脳は『食べたもの』『飲んだもの』でできてます。

まぁ、正確にはもっと複雑なんですが…

食べたものが胃で消化され、
食べ物を消化する胃袋

腸で吸収されて栄養が脳に届く
食べ物を消化する胃と腸

ざっくり言えばそんな感じです。


と、いうことは、
脳にいいものを食べたり飲んだりすれば、
脳に栄養が届き、脳がしっかり機能して、暗記が簡単にできる


ってことです。


じゃあ、どうするか?
そうですよね、

脳にいい食べ物をたべればいい!

ってこと。
それだけで、あっというまに暗記できます。

暗記できない、暗記できない、どうしよう〜
って悩んでいるのなら、

ぜひ食べるものを変えてみてください。

本当にそれが一番てっとり早く効果的です。

じゃあ、なにを食べればいいの?

私のオススメはこれです。

  1. 発酵食品
  2. 酵素玄米
  3. 新鮮な野菜
  4. くだもの
  5. スロージューサーのジュース
  6. とうがらし、にんにく、しょうが
  7. ごま
  8. クロレラ、スピルリナ

これらを食べることによって
脳機能がめちゃくちゃ高まります。

ただし、どんなものでも摂りすぎはよくありません。
バランスよくたべること。

それを心掛けてください。

具体例をあげておきます
1、発酵食品なら、納豆やみそ、醤油。
お漬け物やキムチなど。
発酵食品の納豆発酵食品のキムチ

2、酵素玄米はこちらを参考に↓

エンザイムたっぷりの酵素玄米

健康的でおいしい酵素玄米

発酵しているので、消化によく美味しいです。

3、新鮮な野菜は、たとえば、トマト、かぼちゃ、ブロッコリー、ピーマン、にんじん、なす、じゃがいも、レタス、キャベツ、たまねぎ、長ねぎ、さつまいも、ごぼう、レンコン、その他ハーブなど。
その場でとって食べるのが一番いいです。
健康的な緑黄色野菜

4、くだものはその季節の旬なものをたべましょう。
たとえば、リンゴ、みかん、ぶどう、栗、桃、びわ、すいか、いちじく、レモン、いちご、さくらんぼ、柿、なし、メロン、バナナなど。
地元で食べられるくだものを探してみましょう。
たくさんの新鮮な果物

5、スロージューサーのジュースはこちらを参考に↓

不安・緊張・吐き気がなくなるスロージューサー

これは本当にオススメです。お金に余裕があればぜったいに買うべきです。
酵素を取り出すスロージューサー

6、とうがらし、にんにく、しょうが。
これらはできれば、生で。でも辛いし、くさいので最初は少しだけにしておきましょう。
とうがらしやにんにくの香辛料
本当に頭が冴えます。殺菌作用もあるので、風邪もひきにくい。
オススメです。お肉を食べるなら一緒に料理しましょう。

7、ごまは栄養豊富です。
食物繊維やカルシウム、たんぱく質を豊富に含んでいるのでサラダなどに振りかけてたべましょう。
食物繊維を含むゴマ

お菓子にいれるのもいいですね。香ばしくておいしいです。

8、クロレラ、スピルリナは薬局で買えます。
できるだけ質の良いものを選びましょう。いずれも消化がよく、体の調子を整えてくれます。
クロレラとスピルリナ

健康のためにもぜひ。

と、いうわけで

脳にいいものをたべる。
これで暗記もできるし、記憶力もUPします。



そして、じつはもっと大事なことがあります。

それが・・・

2、あたまにわるい食べ物を食べない


これが大事です。

私があたまがわるすぎて
どうにもならないバカだったとき、
何を食べていたと思いますか?


じつは、
毎日パンを食べてました。

学校で売ってますよね。
1個78円くらいのマーガリン入りのコッペパン。
マーガリン入りのコッペパン

あれを毎日食べてたんです。

信じられますか?

しかも、
帰りには某ハンバーガーチェーンのマクなんとかというお店で
コカなんとかというジュースを飲んでいたんです。
ジャンクフードを食べる男性

しかもしかも、
夜はカップラーメンポテトチップスばかり。
ジャンクフードのポテトチップス

その生活をしてたとき、
私は学校で成績が下から3番目でした。

頭わるすぎって思うかもしれないけど、
とうぜんです。

その食事をしていて
暗記ができるわけがありません。

おそらくそのときの私の脳はスッカスカだったでしょう。

だけど、
あなたにはそうなってほしくない。

あなたの脳をスッカスカにしてほしくない。

だから、これらを食べないでください。
食べるなら、わかったうえで食べるようにしてください。

食べる食べないは自己責任です。

これらはできるかぎり食べないようにしよう↓
  1. ジャンクフード
  2. ファーストフード
  3. チェーン店のやすい牛丼、豚丼
  4. 人工甘味料
  5. 合成着色料
  6. レトルト食品・缶詰
  7. マーガリン、ショートニング
  8. 白砂糖
  9. 砂糖がたっぶりのジュース
  10. インスタント食品

これらを食べることで
健康を害します。
(ただし、毎日食べればの話です。たまにならいいんですが…毎日食べていれば、)

とうぜん、脳機能も低下して
記憶力がわるくなり、暗記できなくなります。


私がむかしこれらを食べていたときは
まぁ、なにも覚えられませんでした。

学校では寝てばかり。
起きていることすら出来ず・・・

不安と緊張、吐き気の毎日です。

パニックになって、このまま死ぬんじゃないか、っておもいました。

だから、
ほどほどにして
できる限り食べないでほしい。

いや、もちろん最後はあなた次第です。

私がどうこう言っても
食べたい気持ちを変えられるものではないでしょう。

でも、あなたが頭がよくなりたくて
そして健康になって暗記もできるようになって
いつまでも若々しくいたいなら、

これらを食べるのはわたしはオススメできません。

1、ジャンクフードは、スナック菓子やカップラーメンなど。栄養がまったくカロリーが高いものです。
インスタントのカップラーメン
それらを食べることで肥満や脳こうそくの原因になります。

2、ファーストフードは、某マクなんとかのハンバーガーやチキンナゲットなど。
ジャンクフード

すぐに食べられるので便利ですが、その中身は・・・調べてみればわかります。

3、チェーン店のやすい牛丼、豚丼
安いチェーン店の豚丼や牛丼など、どうして安いかわかりますか?
とんかつの豚丼

ちゃんと理由があります。そしてそれを食べるとどうなるか?だいたい予想がつきますよね。

4、人工甘味料はいろんなものに入ってます。コカなんとかのカロリーゼロという飲み物にも入ってます。
砂糖たっぷりの清涼飲料水
その実態は、砂糖よりも体にわるい。つまり、カロリーゼロだけど病気です。

5、合成着色料はたとえば、青105とか黄102とか赤104とか。そんなものが入ってる食品。
食べれば当然おなかのなかもその色がつきます。そんな生活を10年過ごせば・・・

6、レトルト食品・缶詰は便利です。たしかに。しかし、アルミニウムがアルツハイマーの原因になること知ってますか。
アルミの缶詰

そして、レトルト食品・缶詰は保存料がたっぷり。

7、マーガリン、ショートニングはプラスチックです。安いけどね。
食べればたべるほどお腹にたまります。プラスチックとして消化されずに。
体に悪いマーガリン

8、白砂糖は甘い麻薬といわれてます。なかなか、やめられませんよね。
多少ならともかく、とりすぎると骨がとけます。血液がドロドロです。
白砂糖

9、砂糖がたっぶりのジュース。この世界で一番体に悪い飲み物を知ってますか?
コで始まる飲み物です。砂糖が大量にぶち込まれていて、驚きますよ。試しに鍋で煮詰めてみてはいかが?

10、インスタント食品とは、インスタントラーメン、インスタントみそ汁、インスタントコーヒーなどなど。
まぁ、楽だけどね。インスタントなぶん、なにかが入ってるかも。

いいですよ。
べつに食べたければ食べても。
毎日でなくてたまに食べるならまったく問題ありません。


でもね、
ちゃんとわかったうえで食べましょう。

10年後に病気にならないように、お気をつけて。

こちらの記事もぜひ参考に↓

不安、緊張、パニックにならないための健康法



だけど、気にしすぎもよくないので、
これも読んでおいてね↓

こだわりすぎ神経質を改善して、精神的に楽になる考え方



さて、食べるものの話をしたので
次の暗記や記憶のコツは、

3、汗のかく運動をする


これです。

え〜、それって記憶力とどういう関係があるの?

って思うかもしれませんが、
オオアリです。

・ふだんから運動をしている人
・まったくして運動してない人

どっちが頭がいいかといったら、
間違いなく、運動をしている人です。


なぜか、わかりますか?

それは、運動すると、
脳に血液が流れるからです。

しかし、運動をしてない人は
脳に血液が届かず、血液が流れにくくなります。

そして、血管が細くなってしまい
その結果、頭がうまく働きません。

なにかを考えようとしても、
おもいだせないんですね。

だから、運動が大切。

しかも、汗をかくような運動です。
スポーツで汗をいっぱいかいた女性

ジョギングでもいいですし、
腕立て、腹筋でもいいです。

あるいは、ダンスやフラフープ、トランポリン。
なわとび、バスケやサッカーなどもいいでしょう。

なんでもいいので、1日1回、
汗を流すような運動をしてみましょう。


終わったあとはストレッチやリラックスもお忘れなく。
ヨガでリラックスする女性

そのドキドキとリラックスのバランスで
自律神経が鍛えられ、脳が活性化してきます。


それから、暗記のテクニックとしては・・・

4、同じ分野の本をできるだけ多く読む


これが大切。

なにかを暗記しようと思うと、ふつうは1冊の本だけを読みます。

ふつうはね。

しかし、それだとなかなか暗記できません。

なぜなら、1冊の本だけを読んでも、
そこに記憶と記憶のつながりがないからです。

どういうことかというと、

人は、なにか新しいことを覚えようとするとき
すでに知っていることと、それを結びつけて考える。


そういう習性があるってことです。

たとえば、
あなたがスパゲッティの作り方を覚えたい!
美味しそうなスパゲッティ料理

って思ったとき、

スパゲッティをつくるのが初めてなら、
料理の本を1冊読んでもピンときません。

え〜、スパゲッティってそもそもなに?
どうやって茹でればいいの?


ちょっと混乱です。

だけどそんなときに、あなたが
同じようなスパゲッティの作り方の本を・・・

10冊読んだらどうでしょう?

あぁ、この内容、さっきの本にもかいてあったわ。
そうかぁ、やっとわかった。スパゲッティを茹でるときには塩を入れるといいんだぁ。


ってつながるんです。

1冊の本ではなく、
同じ内容のことを違う本から学んだから、
つながったんです。


もちろん。同じ本を100回読む、それもいいでしょう。
しかし、暗記ということに関してはあまりに非効率です。

あなたがもし、1冊の教科書をマスターしたい。
丸暗記したいと思ってるなら、

参考書を10冊買ってみてください。

そのほうが、暗記しやすくなります。

え〜、でも、そんなお金ないよ〜

というときは、図書館で借りましょう!
図書館で本を借りて勉強する男性

どうせそれが終わったらもう読まないでしょうし(笑

どうしても欲しい本だけ買えばいいんです。

それをやることで
ぜったいに記憶力があがります。
あとからでも記憶の関連づけができて思い出すことができるようになります。

これが暗記のコツ。

とくにポイントとしては

似たような本でなく、ちょっと違う感じの本を選ぶこと。

似たような本を買っても、中身は似たようなものです。
それならまったく違う感じ(たとえば、1冊は文字のテキスト、1冊はマンガでの解説本、1冊はイラストでの説明集)など
ジャンルを変えてためしてみてください。

それだけで、記憶のつながりがハンパないです。


そして

5、定期的に思い出す


これまた大事。

なぜなら、思い出せない記憶は意味がないからです。

「私は3時間で、1000個の単語を覚えました。」
って言っても

「だけど、思い出せるのは5つだけです。」

では意味がありません。
覚えるのと思い出せるのは違うのです。

思い出せない記憶、それは記憶ではありません。

だから、
これをやってください。

それが、定期的に思い出すということ。

定期的に、っていうのは
時間ごとにということです。
時間ごとに計る女性

たとえば
10時に覚えたことを午後の2時、夜の8時に思いだしてみる。

え〜っとなにを覚えたんだっけ?
そうだ、”記憶力をよくするには食べ物が大事”ってことだ。


そんなふうに思い出してみるんです。

とはいえ、最初は難しいでしょう。

思い出せない、覚えてない、なんだったっけなぁ…
ってなるでしょう。

いいんです。
それでいいんです。

それよりも、
大切なのは思い出そうとすること。

それだけで、あなたの脳内で
ビシバシ、ニューロンとニューロンが結びつこうとします。

※ニューロンっていうのは脳内の神経細胞です、
これが結びつくことで記憶が定着します。


なので、思い出すことを習慣にしてみましょう。

たとえば、
こんなことを思い出してみてください。


  1. 昨日の夕飯は何を食べましたか?

  2. あなたは今日、どこへ行きましたか?

  3. 今日出会った人の名前を10人あげてみてください。

  4. この1週間でみたテレビ(映画や本でもOK)の内容を、
    できるだけ多く思い出してください。

  5. 5、あなたのこれまでの人生で泣いたときをできるだけ多く思い出してください。


どうでしょう。
出来ましたか?

思い出せなかったら、それはいいです。
やってくうちに思い出せるようになりますから。

とにかく思い出す。
暗記したことは頻繁(ひんぱん)に思い出す。
それが大切です。


そして、これが面白い。

6、夜にみた夢を日記に書く


記憶力を高めたいのなら、
私がオススメするのが、夢日記です。

夢日記??

そう夢日記です。
どういうものかというと、

夜ねているときに見た夢を
朝起きたときに日記に書く。

ただそれだけ。

それだけですが、これやってもらうと
めっちゃ記憶力あがります。


なぜなら、
夢を思い出そうとすることが
記憶を呼び起こすことにつながるか
らです。

え〜っと、昨日なんの夢をみたんだっけ?

思い出そうとしてもなかなか最初は思い出せないでしょう。

私もそうでした。
最初は1つ思い出せればまぁ、いいか。って感じでした。

でも、いまではそのほとんどを覚えていられます。
そして、いまとても記憶力がいいです。

暗記するのも得意だし、
それを思い出すことも簡単にできます。

すごいですよ。

やってもらえればわかります。
できれば1ヶ月。
夢を日記にかいてみてください。

起きたときに日記に書く。
それだけです。

ただし、寝不足にならないようにお気をつけて!


で、最後は…

7、テレビでなく本を読む。


これなんだなぁ。

あなたは経験ありませんか?

本を読んだあとに、勉強をしたら
やたらその内容をおぼえることができた!


ってこと。

それが、
勉強とまったく関係のない本であったとしても、
本を読んだあとに勉強すると、

なぜか、
簡単に覚えられてしまうんです。

なぜなら、
もうおわかりですよね。

読んだ本の内容と、
勉強の内容がつながったからです

おぼえたい勉強だけをしておぼえるよりも
読書をしてからおぼえる方が格段におぼえていられます。

ためしに今度やってみてください。

なんでもいいので、なにか1冊本を読んで、
それからあなたの暗記したいことを勉強してみます。

そうすると、

あれっ、ここの話、さっきの本の内容となんか似てる。

と関連づいておぼえられます。
こっちの方が100倍記憶に残ります。

だから思い出せます。

しかし、

テレビをみたあとに勉強したらどうでしょう?

なぜか、不思議とおぼえられません。
覚えようとしても、
さっきまでのテレビの内容があたまのなかを邪魔をして

(あぁ、おぼえたいのにさっきのCMがあたまのなかをながれてる〜〜)

勉強に集中できず
なかなか関連づきません。

これは本当です。

テレビをみてから勉強すると
記憶力が下がります。


なので、テレビでなく本を読みましょう。
雑誌でなく、ちゃんとしたストーリーのある本です。

物語と勉強を結びつけることで
簡単に暗記して思い出せます。


私もこの方法でいろいろ覚えました。
本を読めば読むほど頭もよくなるし、いいことづくし。

ぜひ、あなたもたくさん本を読んでください。

本を読むなんてめんどう。
と思っても、読んだ方がいいです。

だって、あなたは私のこの記事を読んでくれているんですから。

それと同じように本を読めばいいんです。
いい本たくさんあります。

どんどん読んで読んで、読みまくってください。

そしたら、記憶力がずば抜けて成績よくなること間違いなし。

楽しいです。



・・・

と、いうことでここまで
7つの暗記のコツ、記憶のコツ。そして思い出すコツでした。

とくに最初の食べるものの話。
これはバカにせずやってみてください。


ウソだったらもうこの記事は「うそだ〜」って言って読まなければいいのでね。

ただ、私はこの方法で(食べるものを変えてから)
いますごく記憶力がいいです。


だから、ぜひあなたもやってみて
記憶力をUPさせちゃってくださいね。


それでは、まとめです。
ここまでの話をふり返り、もう一度思い出してみましょう!

すぐに暗記し記憶できる!思い出すための7つのコツとは・・・

  • 1、あたまによい食べ物を食べる→あたま(脳)にいい食べ物をたべるだけですぐ記憶力があがります。なぜなら、脳がスカスカだとどんなに勉強してもスカスカだから。いいもの食べましょう。
  • 2、あたまにわるい食べ物を食べない→あたまにわるいものを食べると、おぼえることができなくなります。それは意識して食べないことです。
  • 3、汗のかく運動をする→運動をすると脳に血液がとどきます。運動しないでず〜っと座ってると血液が届かずおぼえにくくなります。1日1回は運動をして脳に血液を流しましょう。
  • 4、同じ分野の本をできるだけ多く読む→1冊の本を何度も読むのもいいですが、暗記に関して言えばそれよりも多読です。同じ分野の本を10冊用意して全体の流れをつかみましょう。図書館で借りてくるのもいいでしょう。
  • 5、定期的に思い出す→記憶は思い出せなければ意味がありません。できるだけ思い出す時間をつくって思い出すようにしましょう。
  • 6、夜にみた夢を日記に書く→夢を日記に書くことで思い出す力が身につきます。簡単なことですが、やっていくと記憶力があがってます。最初は1日1行でもOKです。
  • 7、テレビでなく本を読む。→テレビをみる時間があれば本を読んでみましょう。本を読むと記憶の関連づけがされおぼえやすくなります。自分の興味のある分野だけでなく幅広く読んでいきましょう。

この7つ、できるところから
ぜひやってみてください。

この記事のはじめで話した通り、
私が、下から3位から上から12位になった方法です。

やれば絶対に効果がある。
それは私が保証します。


この記事を何度もよんで
できることをひとつでもやってきましょう!

頑張って!

こちらの記事も参考までに↓

あっという間に記憶に定着!5ステップ勉強法

1日1回書くだけで記憶力がUPする夢日記!

試験の緊張を和らげ最高の結果をもたらす7つの方法



では、今回のお話はこれで〜!
次回もまたお楽しみに。

最後まで読んでくれてありがと!

スポンサーリンク



追伸です。
途中で悪い食事はするな、といってますが、
あまりに気にしすぎて食べられなくなってもいけないので、

そういった場合はこちらの記事も読んでおいてください↓

拒食症で食べるのが怖くて食べられないを克服する5つの考え方

食べるものは本当に大事です。
だけど、食べられなくなったら本当に頭が悪くなるだけではすみません。
ほどほどにやってくださいね。

ではでは。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ