「話しかけられない」を「話しかけられる」にする方法

話しかけたいのに、話しかけれらない。
話しかけたいのに話しかけられない女性

(あぁ、あの人に話しかける、そんな勇気があったなら・・・)

そんなことで悩んだことありませんか。

自分から、話しかけられない。

好きな人に話しかけられない。


もし、あなたがそうだとしたら、それはわたしもおなじです。

話しかけたくて、喉まで声がきてるのに、
う〜、でてこない。

声がでてこない!

なんて、いったらいいんだぁ。
話そうと思えばおもうほど、声がでてこない!

・・・と、

そんな経験あなたもないでしょうか。

わたしはとにかく
人に話しかけるの苦手でした。

べつに話すのが苦手だとか、そんなのではありません。

普段だったら、まぁふつうに話せるんです。

なのに、声をかけられないんです。

しかも、知ってる人なのに、声をかけられないんです。

不思議ですよね。

という、
イケメンナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→話かけられないを話しかけられるにする音声
※23分07秒の音声です。(最後に2分間空白の音声が入ってます。すみません。)


それで、・・・
どうしたら、それを克服できるかな。
と、考えに考えてこれまで、ず〜っと考えてきました。


ず〜っと、ず〜っと考えてたら、

ひとつの結論に辿り着きました。

それがなにかということですが、

あなたがいま、だれかに話しかけられない。

たとえば、
  • 彼女(または彼氏)に話しかけられない。
  • うまく話せない女性

  • 美容室の店員さんに話しかけられない。
  • 友達に最初の一声をかけられない。
  • みんなから孤独になっている男性

  • いとこや親戚とも話しだせない。
  • 仲がいいのに、話しかけるとき、とまってしまう。
  • 話そうとすると頭が真っ白になる。

と、したら、これからお話する方法をぜひお試しあれ。

やってもらえれば、話せるようになります。

これはいま、私がやってる方法です。

そして、これまで話せなかったのに、
普通に話しかけられるようになった方法です。


なので、興味があれば、
ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク




では、
はじめに、

なぜ、話しかけられないのか。

その理由をあなたにお伝えしたいと思います。

話しかけたいときに、話しかけられないのには理由があります。

話しかけられない理由とは・・・


それは、
あなたが話すのがへただから…

ではありません。

おそらくですが、あなたは話しだせばちゃんと話せるはずです。

相手がなにか質問してくれれば、それに対して返事ができるはずです。

それなのに、いざ自分から話しかけようとすると声がでてこない・・・
話そうとしても声が出てこない男性

なぜでしょう?

なぜだとおもいますか。

それは、
あなたがその状況のなかで
話すことをできなくなるような・・・

こころの思い込みがあるからです。

もっとわかりやすくいえば、

あなたは相手の反応を極端におそれている…
初対面との会話が恥ずかしい男性

からです。

そうではないでしょうか。

わたしはずっとこれで悩まされてきました。

話しかける前にまず、
(なにをはなせばいいかな。)
なんて話そうか考える男性

と、考えます。
そして、

(え〜っと、なにをはなせばいいかな。)
何を話そうか考える男性

と、また考えます。

すると、
そこでぐるぐるまわって、
思考停止
思考停止状態の男性

次のひと言がでてきません。

では、

なぜ、最初のひとことが決まらないのか、
それは

なにも言わない方がいい!
何も言わない方がいいと思う男性

そう思っているからです。

なぜなら、何も言わなければ、それ以上何もないからです。

傷つくことも、批判されることもありません。

でも、違いますよね。

本当はあなたは話しかけたいはず。
そうですよね。

なら、
こう考えてみてください。

いまから話そうとしていることは、相手の人はすでに知ってるんだ。
相手が知っていると思う少年

と。

もし本当にそうだとすれば、

あなたがなにを話しても、相手はとくに驚きません。

あぁ、それね。言われなくたって知ってるよ。
すでに会話の内容を知ってる女性

その程度です。

だから、おそれないでください。

何かを言ったからって、どうこうなるわけでないんです。

相手の人はあなたの言いたいことを、だいたいわかってるんです。

だから、あなたはなにを言ってもいい。


相手が怒ったらどうしよう。
相手の反応を恐れる男性

それは相手しだい。

怒る相手はなにをしたって怒ります。
否定に反発をする女性

それはそういう人だからです。

でも、それはそれでいいんです。

それよりも大切なのは、あなたが最初に声をかけられること。

話しかけられることです。

だから、話しかけられないとおもうときには、どうぞ、

話しかけようなんて思わないでください。

話しかけようとおもわないこと!


話しかけようと思った時点で、まず、話しかけられなくなります。

それはあたかも、ぜったいに100回なわとびをとぶぞ!といって、10回くらいでひっかかってるようなものです。

意識すればするほどできなくなってしまいます。

だから、

話しかけようなんておもわないでください。

そうではなく、
変えなくてはならないんです。

なにをかって?

それは、

あなたのリズムです。

リズム?

そうです。
リズムです。

話すときにはうまくこのリズムに乗らないとなかなか話せません。

それはあたかも、カラオケにいって、音程をはずして曲についていけなくなった音だけがながれているあの寒い状況です。
カラオケで音程が外れる少女

音楽と同じで会話というのにはリズムがあるんです。

そして、
このリズムにのることが、会話で話しかけられるための秘訣です。


では、
そのリズムとはなんでしょう?

話しかけるリズムとは?


話しかけるリズムとは、
つまりこういうことです。

それは、
ひとことでいえば、

呼吸のリズム

です。

それってどういうこと?

そうですね、あえていえば、
あなたが会話を話せるようになるためには、

あなたのその会話があなたの呼吸のリズムとあってる必要があります。

なぜなら、あなたの呼吸よりも早く話そうとすると呼吸が苦しくなって話せなくなるからです。
呼吸がうまくできない女性

逆に、あなたの呼吸よりもゆっくり話そうとすればするほどあたまで考えることが多くなりすぎて声に出す前にストップしてしまいます。

つまり、話しかけれられないんです。

じゃあ、どうすればいいのか。

もうお分かりとおもいます。
それは、

あなたの呼吸に合わせて声をだせばいい!

ただそれだけのことなんです。

しかし、あなたは疑問におもうでしょう?

自分の呼吸ってどうやってわかるの?
呼吸のリズムたってそんなのわからないよ。

意味がわからず疑問の女性

まぁ、ごもっとも。

なので、その秘訣をご紹介します。

それは・・・

あなたの頭のなかで聞こえてくる声その声のスピードでそのまま話すということ

そして、

あなたの声はそのあたまの声のスピードと完全に一致させるということ

遅くてもいけません。かといって早くてもいけません。

同じ速度です。

そう、あなたがやることはたったひとつ。

あなたの頭の声をそのまま話せばいいんです。

それだけなんですね。

え〜、でも頭のなかが真っ白になったときはどうすればいいの?

と思うかもしれませんが、そのときにはこうしてください。

声に出さない状態で、あなたの頭の中でうかんできた言葉を口を動かして話してみてください。

つまり、口パクしてみるんです。

(なにを話そうかなぁ。やばい、あたまのなかが真っ白だ。)
何を話すか真っ白な男性

・・・でもいいです。

それを頭の中においておくのではなく、声にだしてみてください。

「なにを話そうかなぁ。やばい、あたまのなかが真っ白だ。」
声に出して話す男性

そう、声にだすんです。

最初は口パクでも、呼吸だけもでいいから…。

それがやがて、あなたの呼吸のリズムになり、そう、話せるようになります。


話しかけかけられるようになるのです。




はい、
そんなわけで結論。

あなたが自分から話しかけられないときには、

あたまのなかで話している会話をそのまま口にしてみよう。

最初は口パクでOK。

やってくうちに話す言葉がみつかって、あとはそれを声にするだけです。


・・・

これがいま私がやってる方法です。

聞いてしまえばとても簡単ですよね。しかし、本当に大切なことです。

これをやるようになってから、私は簡単に話せるようになりました。

だから、

どうしても話しかけられない。

そんなときにはこの記事を何度も読んで、そして、練習してみてください。

やってくうちに話しかけられるようになります!


また緊張したり、
話しかけられないときには、
こちらの記事も参考までにどうぞ。↓

緊張であたまが真っ白になったときの7つの対処法

緊張した声が普通になる7つの声の出し方

何も話さず、好きな人に意識させる3つの方法



ぜひ、話しかけられるように頑張ってね!
わたしも頑張ります!


ではでは。

スポンサーリンク



追伸です:
最近書いたこのやり方はもっと強力なのでぜひ参考にしてみてください

12年間、無口の私が普通に話せるようになった7つのコミュ障克服トレーニングとは…

ではでは〜

4 Responses to “「話しかけられない」を「話しかけられる」にする方法”

  1. 爆死勢 より:

    初めまして! 33歳(の見た目はオッサン)です。

    おかげ様で、最近は話しかけられるようにはなりました。

    だけど、いつも相手の反応が薄く、1分以上会話が続くことは珍しいくらいです。
    質問するようなこと聞いても、その返事が返ってくるだけで、その後に発展しない。
    結局自分のことを話さないと続かない。
    しかし自分のことばかり話す人はよく「嫌われるパターン」に当てはまる傾向にあり、相手に話振ろうにも反応が薄い。

    結局、少しでも間が出来てしまうと沈黙状態。
    相手は他の人の所へ行ってしまい、会話が続かないです。

    自分から話しかけなければ、基本孤立です。
    自分は清潔感は無い方だと思っています。
    汗っかきで、近寄りがたい雰囲気でも出てるのかも知れません。

    もう人と会うことが不安になってきますね(´ω`)

    • ナタリー より:

      爆死勢さん、初めまして!
      33歳で見た目がオッサン(は私の周りにもたくさんいますが)
      見た目のコンプレックスって話しかけるのに大きな抵抗になりますよね。

      私もオッサン!ではないです。
      けど、目がつり目、背が低くて髪がボサボサで不潔で自分の容姿にまったく自信をもてず
      どうせ話しかけたって嫌われるだけなんだと無意識に思ってそれが態度に出てしまってた時期がありました。

      沈黙が気になってしまうのも、私もほんとそうでしたよ。

      話しかけても話しかけなくてもなんとな〜くぎこちなくなってしまって、
      焦ってしまって、お互いに気まずくなって
      (あれっ?もしかしてオレ嫌われているのかな?)って考えてしまってまた話しづらくなってしまうの繰り返しでした。
      とくに爆死勢さんもそうかもしれませんが、相手が異性であるとやっぱりその傾向は強くなりますよね。

      何を話せばいいんだろう?とか、これをいったら何を返せばいいんだろうとか・・・

      とずっとその状態でしたが
      いま私がそれを抜け出せたのは、
      話さなきゃ話さなきゃという自意識過剰状態を抜け出すために
      あの手この手でとにかく下手でもやってみようと場数を踏んできたからというのが大きいです。

      それと、もうひとつ。
      仲のいい女の子と直接やりとりして、どう話しかけたら話が盛り上がるのかをその場でフィードバックしてもらいそれを何度も自然になるまで練習してきたことが大きいです。いわゆる恋愛コンサルをしてくださいって直接お願いしました。そのおかげで自然に話しかけて広げて続けられる今の自分がいます。

      とはいえ、爆死勢さんがそういうこととやるのにまだ抵抗があるとしたら
      最初はお金を払っていいと思いますよ。都会に限られるかもしれませんがそういうサービスをやってるところもあると思いますし、とにかくぎこちなさがなくなるまで繰り返し練習してもらえたらいいと思います。

      あるいは、異性同性問わず片っ端からいろんな人と1対1で食事をしたりして自然と話しかけられるようにかつ、話題を広げていけるようになるまで心と体を鳴らしていくことが大事と思います。

      また清潔感がないのは、ちょっとしたことで改善していけるので大丈夫ですよ。逆に清潔感があるように爆死勢さんが普段から心がけていけば自信につながって話せるようになるので、汗っかきなら汗っかきなりに何か対策を考えていきましょう。

      人と会うのが不安になっても、それは払拭できる日がくるので大丈夫!
      1つ1つ乗り越えていきましょう。

      あと、自然に話せるようになるにはこの本がオススメです↓

      図解 雑談力


      参考までに。

      ナタリーより

  2. ゆかちん より:

    はじめまして。
    私は、人に話しかけることが苦手です。今までも、自分を変えたくてなぜなんだろう、って考えていました。記事を読んで、ようやく納得する答えが出ました。
    相手に、変な目で見られたり冷たくあしらわれたりするのがこわいんです。実際、そんなことされることはほぼないってわかってるんですけど、こわいんです。家族とか、関係ができてる友人や同僚に対しては、常に明るい自分でいられるんですが、子供の行事等であまり親しくない集まりに行ったりしたときに、他のママさんと関係を作ることができずに、子供もひとりぼっちになったりして、すごく自分を責めてしまいます。
    もう、こんな自分を変えたい。
    相手の反応を気にせずに、自分が好きな自分でずっといたいです。
    子どもに、「ママはなんで他のママたちとお話ししないの?」って言われてすごく悲しい気持ちになりました。
    そして、すでにグループができている輪の中にはもっと入れません。

    今は体調が悪いのもあって、自分を冷静に分析はできても、ポジティブにはなれませんが、こちらのサイトに出会えてよかったです。また、読ませていただきます。

    • マリー より:

      私も話しかけられません。
      過去に学生の時は、病弱で話し掛けても無私されて幾度となく死にたいって思った事もありました。
      今も職場の人間関係でも人の話しについていけなかったり、話をしようと思った時は、周りは別な話しに変わってたりで、タダタダ仕事に没頭してる毎日です。

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ