会話がとまっても会話を続けられる2つのキーワードとは…

っきまでいい感じで話していたのに
いきなり会話が止まってしまった・・・


・・・
会話の沈黙に悩む男性

・・・
会話を続ける女性

と、
そんなとき、
気まずいですよね。

会話がとまると、気まずいですよね。

なにを話せばいいのかな。

・・・

あぁ、頭が真っ白だ。
何をはなすか頭が真っ白の男性

ってなります。

私もです。

この記事にあるように↓

緊張であたまが真っ白になったときの7つの対処法


緊張すると何も話せなくなりました。

ひとことも話せなくなりました。

ひとっこともです。

けど、

けど、いまでは話せます。

会話が途中でとまってもまったく気にせず話せます。

なぜなら、今回お話する方法をやってきたから。

ただそれだけです。

ちょっとしたコツをつかむだけで
緊張して話せなくなっても、話せるようになっていきます。


私にできたのだから、
あなたにだって必ずできるはず。

必ずできます。

すごいんです。

今回の話を最後までよめば

会話が止まったときにこそ
いい感じで会話が楽しく盛り上げられるようになるでしょう。


ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→
※7分28秒の音声です。

ちなみに、今回話すのは・・・

あれです。

会話が止まったときに話すあれ

あれってなに?

それは・・・

これから解説していきます。

スポンサーリンク




そもそも

会話が止まってしまう原因は
あなたの話がつまらないから・・・

とは限りません

あるいは、
なにを話していいのか思い浮かばないだとか
そういうことばかりではないんです。

会話がとまってしまう理由、それは・・・

たんに呼吸の息継ぎのためだとか
呼吸が楽な深呼吸の女性

相手がまったく関係のない別のことを考えているだとか
関係ない事を考える少女

いろいろあるんです。

つまり、

あれこれ工夫して話しても
やはり会話って止まるんです。


そう、

会話は、放っておけば勝手に止まるもの。

まずそのことを知っておいてください。

そうでないと会話が止まったら
もうどうしようもないってことになってしまうので・・・。


そんなわけで会話が止まっても

どうぞ安心してください。

けど、それでも会話をできるだけ長く続けて話していきたいですよね。

私もそうです。
できるだけ長く話したい。

では、どうするか。

会話が止まってしまったらどうするか・・・

と、考えたときに
ここで多くの人が失敗することがあります。

それは

話がうまくいっているときに
わざわざ別の話題にしてしまう

ということ。

さっきまで会話うまくいっていたのなら
わざわざ別の会話にする必要なんてないんです。


ひとつの話題を続けるようにしてください。

そして、

会話が止まりそうになったら、

さっきの話だけど・・・

ともう一度話をもってきましょう。

それでいいんです。

それで会話が続いていきます。

もしそれでも止まってしまった場合は
こうしましょう。

ねぇ、ねぇねぇさっきの話だけど・・・

とさっきの話をもう一度ふってみましょう。

そしたら
話題を変えずにまた盛り上がることが出来ますし
さっきよりも話が深くなっていきます。

「・・・(沈黙)」
「ねぇ、ねぇところでさ、さっきの話だけど、そのあとってどうなったの?」
「あ、さっきの話ね。あれね、・・・」
会話を続ける少女

ってな感じで話が続いていきます。
 

他にもこんな方法が・・・

あ、そういえばね。

と、別の話題をふりましょう。

もしさっきまで話していた内容が良くないものなら
おもいきって話題を変えましょう。

そのキーワードが「あ、そういえばね。」です。

これでいかにもいま新しい話を思い出した。
そんな印象を与えることができます。

「さっきの話だけどさ、あれってどういう意味?」
「いや、別にたいした意味はないけど、、」
「・・・(あれ、怒ってるかな。)」
「・・・(私はその話したくない。)」
あ、そういえばね。この前おいしいお店見つけたんだぁ。」
「へぇ、それどこ?行ってみた〜い!」
沈黙にならずに喜ぶ女性

そんな感じでさっきまでの沈黙をなかったことにできてしまいます。

ぜひ、話題に困ったときは使ってみてくださいね。

 

他にもこんな方法もあります↓

ここにも同じようなことが書いてありますが、
ここでは書いてないこともあるのでぜひ参考に。

・・・

さて、
いかがでしたでしょうか。

簡単すぎて拍子抜けですよね。

つまり、今回のまとめ。↓

とつぜん会話が止まってしまった、そんなときは、

「ねぇ、ねぇねぇさっきの話だけど・・・」

で話題を変えずに話を戻す。そして、

「あ、そういえばね。」

で話題を変える。

ただそれだけ。

この2つのキーワードを言って、もう一度話を盛り上げましょう!

これで、話が止まっても続けることができます。

たったこれだけ。

沈黙で会話が止まっちゃっても心配せずに、
これらのテクニックで話を盛り上げて楽しんでもらえたら嬉しいです。

ところで、
ねぇ、ねぇさっきの話だけど・・・

覚えてるかな?

覚えてないよね。


あっ、そういえば

こちらの記事もよければどうぞ↓

モテ会話で惚れさせろ!脅威の間接好き好き攻撃

いつでも会話のネタがその場で見つかる5つの方法

人目が気になり緊張しやすいを克服する7つの方法



これで、会話上手になって
いやな沈黙をらくらく乗り切れます。

会話の沈黙は会話で乗り切ろう!

ではでは、今回はこれで
いつも最後までよんでくれてありがと!

また次回もどうぞお楽しみに!

スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ