初対面で会話で困ったときの3つの方法、教えちゃいます!

対面での会話、な、な、なに話そう?

…と、初めて人に会うときってなんだか緊張しますよね
初対面との会話が恥ずかしい男性

いったいどんな人なんだろう。

いい人だったらいいけど、
もし怖い人だったら嫌だなあ・・・


考えだしたら、不安は積もるばかりです。

けど、これからお話する3つの方法を知っていれば
初めての相手でも、まるで普通のように話せるようになります。


そして、その人と一気に距離を縮められます。
たったの10分もかからないでしょう。

私も、この方法をやって初対面での緊張が
ぐっと楽になりました。

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→初対面の会話で緊張しない音声
※17分08秒の音声です。

会話に困ったらこれでバッチリ!

では、どうやってやるか
その方法をみていくことにしましょう!

スポンサーリンク



と、その前に!

なぜ、あなたは初対面で緊張するのでしょうか。

ってことから考えてみたいのですが
その理由は主に4つあります。

では、順に見ていきましょう

ひとつ目の理由は、

緊張する理由1、その人がどんな人かわからないから。


そりゃあ緊張しますよね、私だって緊張します。
どんな人かわからないと余計なことまで考えてしまいます。

(もしかしてこんな人だったらどうしよう…↓)
怒りを初対面に向ける男性

なので、それなら

事前にどんな人か調べておけばいいんです。

たとえば、その人のことを知っている人に聞いてみます。
「あのぉ、今日会う予定の方ってどんな感じの方なんですか。」

そしたら
「いい人なんだけどね、怒ると怖いから気をつけて・・・」
とかアドバイスをくれるはず。

それだけでも緊張しなくてすみますね。
知ってれば怖くありません。


ふたつめの理由は

緊張する理由2、初めての状況で失敗するかもしれないから。


誰だって失敗は嫌なものです。
初対面で会うということはこれまでの前例がないので
もしかしたら失敗するかも・・・って考えてしまいます。

けど、よくよく考えてみれば相手にとっても
あなたは初対面
です。

ですよね。

なので、相手の人だって緊張してます。
言葉や態度にださなくても相手だって緊張してるんです。
緊張してじっとしている男性

だからなにも緊張を隠す必要はありません。

もし緊張してしまったら
「いやぁ、初対面ってどうも苦手でじつは緊張しているんですよ。」
ってぶちゃけてしまえば
「あ、じつが僕もです。」
ってなるかも。っていうか大抵はそうなります(笑)


3つめの理由は

緊張する理由3、初対面は緊張するものだと思い込んでるから。


でも実際には初対面でも緊張しない人はたくさんいます。

けど、なぜ初対面で緊張するかというと
初対面=緊張という思い込みがあるからです。

初めてのことって確かになにがあるかわからない。
けど、初対面だからといって緊張しなくてもいいんです。

だから、初対面では緊張しないのが当たり前!
むしろ初対面のほうが初めてだからリラックスできる

初対面でリラックスしている男性

…とおもっておきましょう。


4つ目の理由は

緊張する理由4、自分よりも相手の方が偉い(と、思ってる)から。


そうなんです。
相手の方が立場が上だとおもっていると、緊張するんです。
立場的に上の男性

けど、子供が相手だったら緊張しないですよね。
子供相手の少年

それ以前に緊張という言葉すらでてこないでしょう。

つまりあなたは意識しすぎなんです。

相手のことを意識しすぎなんです。

だから相手を意識しないしないように
していきましょう。

では、どうやって?

それはこう思うんです。
「すべての決定権はオレにある。」
決定権をもつ男性

と。
あ、口にだしちゃダメですよ(笑)
あくまでも頭のなかでそうおもって接してみればいいんです。
相手のことを意識しないで済みます。


と、ここまでは初対面で緊張する4つの理由でした。

さて、次はいよいよ
初対面の会話ででなにを話せばいいのか、
についてお伝えしましょう。

最初にやりたいことは・・・

会話に困ったときの方法1、まずは雑談をしよう


いきなり自己紹介をするよりも、
まずは雑談

あっ、知ってました?水道水ってカラダに悪いって…
初対面で雑談をする男性

とか、なんでもいいです。

軽くでも雑談をすることで、
相手に親近感をもってもらえ、
ふつうよりも早く仲良くなることができます。


雑談の方法はこちら↓

雑談が苦手でもOKの、即興雑談テクニックとは・・・


ここで紹介している方法をつかって
自分の感じたことや気持ちを伝えてみましょう。

どんなことでも、みんな雑談のたねになります。


そして、雑談をしたあとで、

会話に困ったときの方法2、自己紹介をしよう


自己紹介は会話に困ったときに、いつでも使える方法です。
自己紹介をする女性

いつでも使える。

だからこそ普段から、
自己紹介できるように練習しておけば、
もう会話に困ることはありません。


ちなみに、自己紹介はこちらでできます↓

4つの会話練習法。これで口べたにさようなら。


このなかのボイスレコーダー練習法をやれば
間違いなく短期間で自己紹介がうまくなります。

自己紹介ができれば、もう掴みはバッチリ!

となったところで、

こんなこともやってみましょう。

これをやっておけば、
会話が自然とあふれだし、
話す内容もあまり考えずに済みます。


難しいことではなく、
すぐにできるこの方法、

それがなにかというと・・・

初対面で会ったその人が、
あなたの知っている人のなかで
もっともだれに雰囲気の近いかを考えてみる

初対面の相手を考える女性

ということです。

そして、

会話に困ったときの方法3:その人を知ってる人だと思って話してみよう


初対面で初めて出会った相手を、
だれかすでに知ってる人と照らし合わせてみましょう。


おそらく誰かいるはずです。

たとえば、
「この人、なんか親戚のおじさんに似てるかも。」
親戚のおじいちゃん

とか
「あれっ、この人はしゃべり方の感じが友達の太郎君にそっくり!」
友達の太郎くん

とか。

なんとなくでいいので、
雰囲気や近い感じの人を考えてみましょう。

そしてそれはどこが似ていると感じさせるのか
その共通点を探してみましょう。

  • 服装が似てる?
  • 話し方がそっくり?
  • 態度が似てる?
  • 髪形が似てる?
  • 見た目が似てる?

できるだけ多く共通点を見つけてみましょう。

そして、
その人に対して話しているつもりで話す

んです。

つまり、初対面ではなくあなたの知っているその人と話しているつもりになって話してみるんです。

それだけで、緊張もせず話せるようになります。
だって、目の前にいるその人はあなたの知っている人なんですから。
初対面なのにすでに知ってる男性と女性

そして、その人が好きそうな話をしてみます。

「なんか、スポーツジムとか通ってそうだよね。」
「普段から旅行とか行ってそうだね。」


って、こんな感じの人↓に言ったら…
スポーツジムに通う旅行好きのイケメン

そしたらたいていは当たります。
似た者同士はやってることも似てくるんで当然です。


(えっ、初対面なのに、なんでわかったの?)
わかったことに驚きの女性

相手もびっくりです。
だって何も言わないのに当てられちゃったんですから。
そしてだからこそ、あなたに親近感がわいてきます。

(この人、本当によく私の気持ちを理解してくれてるな、
たぶんいい人だし、これからも仲良くしていこう。)


そう思ってもらえます。


・・・

と、いうわけで、
初対面で会話で困ったときの3つの方法でした。

これをやれば、初対面で会話に困っても乗り切れます。
簡単なので、ぜひマスターしてくださいね。

では、最後に
ここまでのまとめです。

初対面で会話で困ったときの3つの方法とは・・・↓

  • まずは雑談!→雑談をすることで、まずお互いに心を開くことができます。くだらないことでもいいので、身近なことを雑談にして心の距離を縮めましょう。
  • 雑談が苦手でもOKの、即興雑談テクニックとは・・・


  • そして、自己紹介!→自己紹介はいつでもどこでも使える方法。会話に困ってし〜んとなったら、自分の自己紹介をしてみましょう。そしたら、相手の人もなにか話してくれます。
  • 4つの会話練習法。これで口べたにさようなら。


    そのあとは、
  • その人を知ってる人だと思って話してみる→初対面で会ったその人が、あなたの知っている人のなかで、もっともだれに雰囲気の近いかを考えてみて、その人に対して話しているつもりで話してみましょう。知ってる人と話していると思えば緊張しません。

これで、初対面で会話に困っても問題なし。

やればやるほど会話ができるようになるので、
なんども読んでみてくださいね。

頑張ってね!


それと、こちらの記事も参考までに!

「話しかけられない」を「話しかけられる」にする方法

とっさの会話力を向上させる7つのトレーニング

初対面の人に好印象を与えるきっかけ・言葉・話題とは…



最後まで読んでくれていつもありがと!

次回もどうぞお楽しみに!


スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ