ものごとに動じないタフな心の作り方3ステップ

こんなふうに↓
物事に動じるメンタルが弱い男性

ビクビクしなくていいんです。
オドオドしなくていいんです。


どんな状況であれ、ものごとに動じなくなる方法があります。

これからお話する
この方法を知ってれば…

  • 人に怒られても、まったく動じない。
  • 面接や試験、スポーツの試合に動じない。
  • 彼女に告白するのにも動じない。
  • 100人の前での発表にも動じない。
  • おおきな地震が起きても、家が火事になっても動じない。

まるで山奥で修行している仙人のようにど〜んなことがあっても何があっても動じない。

最近の話題に詳しい男性

そんな方法があります!

ウソだと思うかもしれないですが、これは私の実体験です。

そんな、
ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


スマホの方はこちら→何事にも動じなくなる音声
※30分37秒の音声です。


とはいえ、

私はもともと自信がありませんでした。

(やばい、どうしよう?ここままじゃ、もうダメかも…)

そんなことばかり考えて
ビクビク、オドオド。

本当に揺れまくっていました。

自信がなく怯えてる男性

けど、いまでは
まぁ、いっか。どうにかなるさ〜と思えるんです。

怖いことも不安なことも
まぁ、どうでもいっかっておもえるんです。
ものごとに動じない男性

そんなふうに、自信がつくと…生きていて楽しくなります。

しかも、やることは簡単!

ただ、ベットで夢をみる…
ベットで夢をみる男性

それだけです。

夢を見るだけで、精神的にタフになれます。


え〜、それホント?夢みるだけでいいの?

そうなんです。

夢をみる、それだけで物事に動じなくなれるんです。

その方法が、
明晰夢(めいせきむ)という方法。
妄想しながら明晰夢をみる男性

※明晰夢とは、思い通りにみたい夢をみる方法のことです。

これを上手につかうことでめっちゃ精神的にタフになれます!

ちなみに明晰夢は、こちらの記事を参考に↓

夜、見たい夢を見るたったひとつの方法


そういうわけなんです。

…が、

今回はこれまでの明晰夢とちょっと違います。

どう違うかというと、

みたい夢をみるのではなく、
こわ〜い悪夢をみるんです!


悪夢ですよ、あくむ!

あなたが
わざと悪夢を見ることで動じないタフな心をつくちゃお〜!

…っていうのが今回のお話。

すごくないですか(笑

で、どんな悪夢をみるかというと、たとえば、
  • 病院に行ったら余命1週間と宣告された。
  • 病院で余命宣告をする看護婦

  • 明日1万人の前でライブをやらなくてはならなくなった。
  • お財布と携帯がどこかになくなってしまった・・・
  • ビルが爆発してそこから毒ガスがでてきた。
  • ビルが爆発するイメージ

  • 空が凍ってガラスになって落ちてきた。
  • 飛行機に乗っていたら、エンジンが停止。どんどん海へ・・・そして・・・
  • 飛行機がエンジン停止するイメージ

    どっか〜ん。
こ〜んな悪夢です。

怖いですよね。

想像しただけでもブルブルです。考えたくもありません…

でも、これ全部、夢の話です。

現実ではありません。あくまでもなのです。

夢だから怖い映画を見ているのと同じです。

目が覚めればもとの世界がまってます。

そして、あなたも経験あるでしょう。

こんな悪夢をみたあとには、どんなに怖いことや嫌なことがあっても

(な〜んだ。この夢に比べたらど〜ってことないじゃん。)

って思えてへっちゃらだったことが・・・。

そして、

怖い夢をみたあとには、その日一日がいかに幸せだったかと気づくことが・・・。
一日の幸せに感謝している男性

だからこそ、物事にどうじなくなってきます。

嫌なことも不安とか緊張とかどうでもいいことだって思えます。

それが動じない心。

というわけで、もうおわかりでしょう。

今回、この記事でお話したいのは、なんと

悪夢を見る方法です!

って、さっきも言いましたけど(爆

悪夢をみるんです。

意識的に悪夢をみることによって
あらゆることに動じなくなるんです。


悪夢をみて、動じない心を作ろうぜ!
モテる自信があり会話上手のイケメン

さぁ、ご一緒に!

ただし、あなたがいま精神的になにか抱えているならこれはやらなくていいです。
うつ、パニック、激しい動悸、強迫神経症、不安障害、吐き気、過呼吸…
など症状のある人は、やらなくてもいいです。


と、いうのもそのような精神的に不安定な人はどっちみち悪夢をみることが多いから。

いやなくらい、悪夢をみてることでしょう。

かくいう私も精神的におかしくなりそうなとき
異常なくらい悪夢を見ました。

何回、夢の中で死んだかわかりません。


けど、それでいいんです。

いま悪夢を見れているとしたらあなたは、どんどん良くなっていきます。

かつて私がそうであったから、それは保証します!

悪夢は心の浄化作用、
心のデトックスです。
瞑想をしてデトックスする女性

心配いりません。悪夢をみればみるほど、どんどんよくなっていくので安心してくださいね。

そして、精神的にも問題ないという人も、

少しでも動じない心をつくりたいのであれば、ぜひ今回のお話を最後まで読んで、

悪夢を見ましょう!


…と、
ちょっと前置きがながくなったので(笑
その方法です。

具体的にはこの3ステップ♪

動じない心をつくるための明晰夢とは…↓

1、わざと悪夢をみる。
2、その悪夢を、明晰夢に変える
3、そして悪夢を自力で乗り切る。
やるのはこれだけです。

では、これから順に説明してきます。

やらなくても一度最後まで読んでみてください。
で、気が向いたらやってみてください。


とにかく最後まで読んで
少しでも動じない心をつくりましょう!

スポンサーリンク



では、解説してきます。

まず最初は

1、わざと悪夢をみる。

まずは悪夢をみることから。

そこから始めていきましょう!

前書きにも書いた通り、悪夢をみることで、精神的にタフになります。

ということですが、
ところで、

あなたは普段、悪夢をみてますか。

もし悪夢を見ているとしたら、

「これやだなぁ。」
「やりたくないなぁ。」
「怖いなぁ、大丈夫かなぁ。」


などあなたの心のなかに不安や怖れ、悩みなどがあるからかもしれません。

そんなときはこちらを読んでね↓
悪夢を見ない方法、怖い夢を見たくなる方法

私も、そうでした。どうしても頭から離れない不安なことがあるときはきまって怖い夢ばかり見てました。

本当に悪夢って怖いです。現実と同じくらいに怖いです。
怖い悪夢のワンシーン

…が、わかってます!

悪夢でどんなことがあっても、それで死ぬことは絶対にありません。

だって、夢だから。

それどころか、悪夢をみればみるほど心のなかの汚いよごれ(不安や緊張)が浄化されてだんだんに良くなっていきます。いわゆるデトックスです♪

参考までに↓

夢分析で心のデトックス!不安・緊張解消に・・・


なので、

悪夢をみることって本当にいいことです。

みた分だけ、心がきれいになってきます。

それに、起きたときに
(あぁ、夢で良かった!現実だったらどうしようかと思ったよ。)
となりますから!

どんどん見ましょう。悪夢。

だけど、そんなふうに悪夢をみれてないなぁ…って方。

そんな方には、こんな方法がオススメです。

↓↓↓ちゃっかり悪夢をみる方法↓↓↓
1、ねてるときに汗をかく。
布団にくるまって、汗をかくようにしましょう。
ようは、蒸し暑い状況でねること!
悪夢で汗をかく少年

これで、バッチリ悪夢みれます。起きたとき、汗ぐっしょり。
悪夢率50%UPです(笑)
2、ねる前に辛いものを食べる。
辛い食べ物を寝る前に食べてみましょう。
たとえば、唐辛子、ハバネロ、にんにく。
辛いスパイスセット

これもさきほどと同じ理由で、汗をかくことによって悪夢を見やすくなります。
緊張したり不安な状況を擬似的につくり出すのです。
汗かくので水分も多目にとっておきましょう。
3、ちょっと怖い映画をみる。
不安や心配事が多いと悪夢をみやすくなります。
ホラー映画と楽しい映画

とくに怖い映画をみたときは、それが夢に出やすいです。
テロ的なものでも、事件ものでも、サスペンスでもなんでもOK。
あまり衝撃的過ぎてトラウマにならないものを選びましょう!
4、普段から夢日記をつけましょう。
朝起きたときにどんな夢をみたか日記を書いてみましょう。
ベットの上で夢日記をつける女性

枕元に紙(ノート)とペンをおいておいて、起きたときにそこに書きます。
これはなぜやるかというと、どんな夢を見たか覚えておくためです。
どんな夢を見ていたか覚えておくことで悪夢に気がつきやすくなります。

これらをやれば悪夢みれます(爆
かなりの高確率で!

まぁ、不安や心配事あれば勝手に悪夢みますけど(笑
頑張って悪夢をみましょう!

そしたら、次のステップ!

2、悪夢を明晰夢に変える

寝ているときに悪夢をみたら、
そこで「自分はいま悪夢をみてるんだ」と気がつきましょう。
夢に気づいて悪夢を明晰夢にする少年

悪夢をみていることに気がつくことで
その悪夢をコントロールできるようになります。


だって、夢だから。

夢だから、あなたの思い通りに悪夢を好きな夢に変えられるんです。

そして、

その方法が・・・

明晰夢(めいせきむ)という、

夜寝ているときに見たい夢をみれてしまう、あまり知られてない秘伝のテクニック!です。

こちらの記事を参考にやってみてください。↓

みたい夢がみれるイメトレ、アクトレ、リコトレ3つのトレーニング!明晰夢


この記事をよんでの通り、

このステップ2では、あなたの悪夢を明晰夢に変えてきます。

やり方は簡単!

それは、夢のなかで「これは悪夢だ!」と気づく、ただこれだけ。

怖いとおもったら「いま自分は夢をみている。これは夢なんだ。」と思えばOK!
夢と気がつければ悪夢をまるで怖い映画をみているように楽しめます。

わかりますよね。

怖い映画をみているときに「これは映画なんだ。だから本当のことじゃないんだ。」
って思えれば怖くないように

怖い夢をみてるときに
「これは怖い夢なんだ。だから、現実じゃないから大丈夫!」
って思えば怖くないんです。

そして、明晰夢にさえすれば
その悪夢のなかであなたが考えたり自分の意思で行動したりできるようになります。


それが明晰夢のすごいところ。

夢を自在に操れます。多少、訓練は必要だけど必ずできます。

そして、最後は

3、悪夢を乗り切る。

ステップ2で、
悪夢を見て、悪夢と気がついたのなら…
つまり、

悪夢を明晰夢にできたらどうするか?

逃げる?
悪夢から逃げる男性

いやいや、逃げてはいけません。それでは問題解決にはなりません。

というか
にげてしまっては動じない心が育ちません。

逃げたい気持ちはわかりますが、逃げても問題解決にはなりません。逃げてしまうとその状況になったときに、また不安になります。動じてしまいます。

逃げても同じことの繰り返しです。

あなたはそんなの、もううんざりですよね。

だったら、怖いけどあえてその悪夢に立ち向ってみましょう。

明晰夢になっているからこそそれができます。

あなたの望むようにストーリーをつくっちゃえばいい!

たとえばこんな感じで…
ストーリー1:
あなたがヒーローになって、夢のなかの敵を退治します。夢にはたくさん敵がいます。あなたの嫌いな学校の先生かもしれない。恋のライバルかもしれない。あるいは会社の上司や近所のおばさんでしょうか。

その敵をあなたが夢のなかで退治するんです。
夢で退治する少年

いつも言いなりになってたとしても、
夢のなかではあなたが主役!倒しちゃってください。
臆することはなにもありません。だって夢だから。


または、
ストーリー2:
弱い自分を自分から引っぱりだしてふるぼっこ!あなた自身が精神的に弱いと思うのならその弱い自分を引きづり出してぼっこぼこに殴り倒して言うんです。
弱い自分との戦い

「こんな弱っちぃのは自分じゃない、ここからいますぐでてけ〜」
ってね。

あなたのなかの弱い自分を追い出すことで
あなたは自信がついてきます。

自然と物事に動じなくなってきます。


はたまた、
ストーリー3:
大勢の人前でもどうどうと自信をもって話す!「100人の前で話さなければならない」
そんな悪夢をみたとしたらそこで堂々と演じてみるんです。
大勢の人前で堂々と演じる男性

「オレは100人の前でも自信をもって堂々と話せるぞ!」
どうせ夢だから、失敗OKです。
じゃんじゃん練習しちゃってください。


本当にこれやってけば実際に1000人の前でも動じなくなります。
予行練習としてはもってこいです。

これらをやっていくことで、
どんどんと悪夢に対する抵抗力が身につき動じにくくなってきます。

結論をいえば、
悪夢をみて悪夢でその恐怖に立ち向えばいいんです。

これが悪夢療法!

悪夢は心のデトックスです。

どんどんみて、どんどん明晰夢に変えて、どんどん好きなストーリーにかえちゃいましょう。


・・・


というわけで簡単ですね。
今晩悪夢をみたら、悪夢に気がついて、そして悪夢を明晰夢にして
悪夢を乗り切るんです


ぜひ、やってみてください。やれば本当に動じなくなります。時間はかかるかもしれないけど、長い目で見たらすごいです!

どんなことがあっても、あたふたせずに
おびえることがなくなります。


ド〜ンと構えてられます。
冷静で平常心を保つ女性

では、ここまでのお話のまとめです。
もう一度振り返り、だまされたとおもっていもいいので、
とにかく一度やってみましょう!

動じない心をつくるための明晰夢とは…↓

  • 1、わざと悪夢をみる。→まずは悪夢をみることから。普段から悪夢をみているならいいですが、もし悪夢をみてないのならこんな方法がオススメです。
    • 1、汗をかく。
    • 2、辛いものを食べる。
    • 3、怖い映画をみる。
    不安や心配事が多いと悪夢をみやすくなります。そして、普段から夢日記をつけましょう。やってくことで悪夢にきづきやすくなります。
  • 2、悪夢を明晰夢に変える→悪夢をみたら、そこで悪夢と気がつきましょう。どうやって?その方法が明晰夢(めいせきむ)。怖いとおもったら「いま自分は夢をみている。これは夢なんだ。」と思えばOK!夢と気がつければ悪夢をまるで怖い映画をみているように楽しめます。
  • 3、悪夢を乗り切る。→悪夢を見て、悪夢と気がついたのなら逃げてはいけません。逃げても同じことの繰り返しです。あえてその悪夢に立ち向ってみましょう。やっていくことで、どんどんと悪夢に対する抵抗力が身につき動じにくくなってきます。

そんなわけで、悪夢を見たらラッキーです。

悪夢を見て、そしてそれを明晰夢に変えていくことでどんどん動じなくなります。

難し・・って思うかもしれませんが、簡単です。

悪夢を見たら、いち早くそれに気がついてそれをあなたの思いのままに書き換えるだけ。

悪夢はあなたの心のデトックス。

どんどん見て、心から【不安・緊張・悩み・トラウマ】を、
ぜ〜んぶ出し切ってきれいにしていきましょう。


こちらの記事も参考までに♪

精神的に弱い状態を3分で強くする7つのコツ

夜寝れないときにぐっすり眠れる13の方法

何度でも何度でもみたい夢の続きが見れる5つの方法

死ぬ瞬間が怖くなくなる7つの考え方



では、今回のお話はこれで。
また次回もどうぞ、お楽しみに!

最後まで読んでくれていつもありがとう!


スポンサーリンク



追伸です。
明晰夢はやりすぎると現実逃避するようになる可能性があります。
なので精神的に強くなったらやめてOKです。というか、やめてしまいましょう。

6 Responses to “ものごとに動じないタフな心の作り方3ステップ”

  1. ナタリー より:

    ブログ管理人のナタリーです。
    この記事は、むかし書いたものですが、
    今回改めて音声を追加して修正してみました。

    いい記事ですので、ぜひお試しあれ!

    あなたが動じなくなれば幸いです。

  2. みさき より:

    ありがとうございます~!!^^
    自信持てるよう、頑張ります!

    • sensitivity より:

      は〜い、頑張って!
      みさきさんなら大丈夫です^^/

      困ったときは、またどうぞ〜!

  3. みさき より:

    お久しぶりです、ナタリーさん^^みさきです。
    今回は、ナタリーさんに「自信の付け方」を学びに来ました(笑)
    「私は私でいれば、私に会う人や、私を理解してくれる人に出逢える」と最近よく思うのですが、実際人を目の前にすると、自分に自信が持てなくて、「こんなこと言ってもいいのかな」「ウザがられないのかな」とか余計なこと(おもに相手の様子)を気にしてしまいます。
    不安で、やっぱり怖いんですよね…
    なので、こういう不安をなくすには自信を持つことが大切かなと思い、コメントしました。
    ……どうすればいいですかね?任せっきりですみません。何か解決策を教えてください!

    • sensitivity より:

      お久しぶりです、みさきさん。コメントありがとう!
      もともと私も自信がなかったので、その気持ちよくわかります。
      いざ、その場になると怖いですよね…
      あたまでは分かっている。けど行動できるには乗り越えなくてはならない”壁”があると感じてると思います。

      けどね、その”壁”は決して高くはありません。
      いまは1万人の前で話ができる人も最初は自信のないものです。
      最初は不安だらけです。
      相手のことが気になってうまく言葉がでてきません。

      ナタリーなんて1対1でも怖かったですから(爆
      けど、それでもやってくうちに自然とできるようになりました。

      だから、みさきさんはいまはまだ自信がないだけ。
      そのうち自信はついてきます。

      それは安心してやってきましょう。

      「自信の付け方」はまた記事のなかでおつたえします。
      楽しみに待っててください!

      ですがあえてひとつ、

      いますぐにできることでいえば、
      すこしずつでも感情をだすように訓練することです。

      テレビや映画をみて思いっきり笑い、思いっきり泣き、怒ったり、叫んだり。なんでもいいので、すこしずつ感情をだすようにしてみてください。

      最初は部屋のなかでひとりでやってもOK.

      そのうちに、いまのみさきさんのように相手を思いやりながらも
      ほんとうの自分を表現していけるようになります。自分のきもちに正直に、ありのままをだせばいいです。まわりを気にすると恥ずかしいと思うけどね。

      それとね、
      任せっきりなんて思わずとも、そのうちできるようになります。
      みさきさんが自信がもてるようになるまで、いくらでも頼ってもらってOKです。
      悩み、不安あればいつでもどうぞ〜(^_^)/

    • sensitivity より:

      みさきさん、こんにちは。
      記事をUPしてみました。今回は音声つきです(^_^)/
      いつでも時間のあるとき、見て聞いてみてくださいね〜☆

サブコンテンツ

このページの先頭へ