異性からも同性からもモテる7つの方法

性にモテたい!
だけでなく、性からもモテた〜い!

異性と同性のイメージ
・・・って、それって欲張り

い〜え、そんなことありません!

もっとあなたはモテていいし、もっとチヤホヤされていいんです。

みんなから愛されていいんです!

だって・・・

異性にモテてもモテてモテまくってても
同性から嫌われてたらどうですか?

それは、友達がいないとても寂しい毎日です。

あなたの知らないところでこっそり

「あの子、自分ばかりモテてやな感じだよね?ねぇ、みんなでハブっちゃおうよ!」
近付きがたいオーラのある女性

・・・と言われている。
そんなことになったら孤独じゃないですか!
相談できず孤独な女性

で、
それとは逆に、

同性から人気があるのに、
異性に嫌われてたらどうですか?

それもまた恋人のいない寂しい毎日です。

「なんかあの人って近づきがたいオーラあるよね。」
みんなから孤独になっている男性

な〜んて言われて

同性の友達ばかりだったら、むなしいじゃないですか!
孤独に虚しさを感じる女性
ですよね。

だから、あなたは異性からも同性からもモテる必要があります。

異性からモテるだけ、同性からモテるだけではダメなんです。

あなたならもっと楽しい人生を生きたいなら、
同性だけでなく異性からも、異性だけでなく同性からも

モテなくてはならないのです。

そんなわけで、
今回ここでお話するのは
その具体的な方法、

異性からも同性からも、好かれるにはどうしたらいいのか。

それをステップバイステップで解説していきます。

私が異性からも同性からも嫌われていたときから
いま異性からも同性からもモテモテになるまでの、まさに集大成!


最後まで読んでくれればいますぐにでも
モテモテの人気者です!

今回ここでお話するのはこのつ↓

1、モテる秘訣は、モテようとしないこと
2、モテるモテないは自分次第?相手次第?
3、同性を知るトレーニング
4、異性を知るトレーニング
5、すべては関係性
6、さりげなさが大事
7、自分のことを知ってもらう
これらをちゃんと理解しやってもらえれば
あなたは自然とモテるようになります

異性からも同性からもチヤホヤされます。

ぜひ最後まで読んでやってみてください。

では、解説です。

スポンサーリンク



・・・

それでは解説してきます。

1、モテる秘訣はモテようとしないこと

まず初めにお話したいのが、

モテる秘訣はなんぞや。

ということです。

あなたはモテる秘訣って何だと思いますか。

・背が高いこと?
・頭がいいこと?
・顔がいい?カッコいい?カワイイ?
・お金があること?
・ブランド品のバックをたくさん持ってること?


それとも会話が上手だとか
スポーツができるか?

そうかも知れないです、

・・・が、残念ながら
それでモテるのは異性か同性のいずれかです。

異性と同性、その両方からモテることはできません。

なぜなら男性と女性で価値基準というものが全く違うからです。

そうなんです。

男性が求めてるものと女性が求めているものは、微妙に違います。

男性が女性に求めるもの、
それから女性が男性に求めるもの、それは微妙に違うんです。

それをわかってないといけません。

そうでないと、いろんな摩擦が生じます。
いろんな争いが生じます。

それを知らないで、
なんで、わかってくれないの?
って言っても、

残念だけど、そりゃあそうです。

男性と女性はカラダも心も
考えていることも違うのですから・・・。


だから、ここで簡単に

異性からも同性からもモテる秘訣を伝授しましょう。

これさえ知っていれば
モテモテになれる方法です。

なんだと思いますか。

すごく簡単なことです。

その異性からも同性からもモテる秘訣とは、・・・

あなたがモテようとしないこと

です。

えっ?モテようとしないこと??

そうなんです。
モテようとしないことがモテる秘訣なんです!

どうしてだと思いますか?

それは、あなたの逆の立場だったらわかることです。

つまり、
モテたいオーラ全開のモテたいモテ夫くん、あるいはモテたいモテ子さん。

そういう人からアプローチされたら
あなたはどう思うでしょうか。
あなたが女性で、モテ夫くんから
「オレってカッコいいでしょ。頭もいいでしょ。だからお願い!
オレと付き合ってよ。何でも買ってやるからさ!どんなことでもするから!
頼むよ〜。お願い!一生のお願い!ね、いいでしょ。」

女性を口説く男性

とか、
あなたが男性で、モテ子さんから
「ねぇ、あんな女よりも私と付き合ってよ。ぜったい私のほうがかわいいから。
100倍かわいいでしょ。ねっ、いいでしょ。早く別れて私と付き合いなさいよ!」

お風呂で口説く女性

と、言われたら・・・

(うわ〜、この人モテたいんだぁ。
ってことは本当はモテてないんだな。)


というふうに無意識で感じ取るんです。


もちろん、それで好きになってくれる人もいます。
いますが・・・

そんなモテたいオーラのモテ夫くん、モテ子さんのまわりには
どんな人が集まってくるでしょうか?

モテモテオーラの人たちでしょうか?

違いますよね。

そこで集まってくるのは、モテないオーラの女のコや男の子たちです。

そういう人たちもモテたいオーラ全開です。

まさに類は友を呼ぶっていうやつです。

そして、ますますモテなくなっていきます。
だから、もっとモテたい!

そして、モテなくなる。

・・・その繰り返しです。

モテたいという気持ち、それがモテない最大の原因なんです。

だからこそ今あなたに伝えたい

モテたいならモテたい思わないこと

あなたはその逆を行くんです。
わかりますか。

他の人はみんなモテたいモテたいモテたい、
そう思ってるから、
あなたはあえてモテないようにしてみるです。

仮にモテたいと思ってしまっても、それを
まわりの人には絶対にバレないようにするんです。

モテたいけどモテないフリをする男性

そうすると、不思議と、あなたのことが興味深くなって人が群がってきます。

(あれっ、なんでこの人モテようとしないんだろう?
他の人と何かが違う・・・もっとこの人のこと知りたいな。)


そう思ってもらえたら勝ちです。

そんなふうに、
モテたいオーラがないだけで
あなたがモテると勘違いさせることができます。

考えてみればわかりますが、

本当にモテている人は
「モテたい!」なんて考えないですからね。

モテたいオーラを出したら、負けです。

あなたがやらなければならないのは
モテたいオーラではなくモテるオーラをだすこと!

微妙な違いですけど、これおっきいですよ!

それでね、
もうひとつ大切なことがあるんです。

あなたがモテモテになりたいのなら・・・

あなたがモテている以上に、

あなたが相手に

「やべっ、私(オレ)、この人からモテてるかも」
というふうに思わせる!

これなんです。
これがモテる秘訣の秘訣!

だからね、あなたのモテたいという気持ちは
他の人にバレないように心の中に隠して

逆にあなたが相手に
じぶんはモテていると勘違いさせるんです!

そうすると、相手は

「やった〜、私(オレ)モテてる!この人を大事にしなきゃ・・」
ってあなたにべた惚れです。
べた惚れの女性

それくらい、人ってモテに飢えているんです。
その飢えを満たしてあげたらいいんです!

じゃあ具体的にどうやってやったらいいの??

たとえば、こんな方法もあります↓

好きにさせる方法。その距離はたったの1mm。べた惚れです。

気になる人の気になる人になって無意識に好きにさせる方法

好きになっちゃう無意識に!たった3つのキーワード

より詳しいことは、この後
お話ししていきます。

さて、お次は・・・

2、モテるモテないは自分次第、相手次第?

という話です。

意外と、このことをわかっていなくてモテてない人がたくさんいます。

例えば私もそうでした。

どうやったらモテるんだろう
どうしたら否定されないかな。


そんなことばかりを
24時間365日考えていたんですけれども
その時は全くと言っていいほどモテなかったです。
モテずに孤独を感じる男性

これはなぜだと思いますか。

それは、そのとき私が
自分のことばかりを考えていたからなんです。

自分のことばかり考えている人のことを
あなたが好きになるでしょうか。

ならないはずです。

「いや、オレは自己中なヤツの方が好きだよ!」

まあそういう人もいるかもしれませんが
ほとんどその人はないと思います。

それよりも、自分のことを好きでいてくれる人
そういう人のことをあなたが好きになるはず
です。

「この人、私のことをちゃんと考えてくれている、
うれしい・・・あぁ、好きになっちゃいそう・・・」


だからね、

結局、モテるモテないというのは、あなた次第でどうにでもなるんです。

あなたの考え方だけで、相手の気持ちを変えられちゃうんです。

そんなのうっそだ〜

って思うのなら試しに、
あなたが本当にその人のお母さんになった気持ちで
その人に接してみてください。

まるで、あなたがお母さんになった気持ちで
目の前にいるその人を包み込んでみてください。

子供を包み込む母親

え〜、そんなのムリ!
だって、オレ男だし・・・

そういう人はお母さんでなく、
お父さんになってあげてください(笑)
子供に教育する父親

これは異性同性問わず
同じ気持ちでやってみてください。

それだけで、みんなが慕(した)うパパ、ママになってモテモテです。

子供たちが慕うママのような存在になれば
勝手にあなたはモテモテです。

だけれども、
あなたがいくらその人のことを愛してあげても

「うざったい!」
「余計なおせっかいだわ!」

って言われることもあるでしょう。

思春期でお年頃の娘さん、
思春期のきれいな娘

反抗期の少年、少女のように・・・
反抗期の暴力的な少年

そういう意味ではね、

結局モテるモテないというのは・・・相手次第です。

あなたを好きになるか、
それとも嫌いになるか相手が決めることなんです。

あれっ?さっきと言っていること違うじゃん。
さっきは自分次第だって言ってたのに・・・どゆこと?


矛盾しているようですが、矛盾はしてません。

好きになるか嫌いになるかは相手次第なんですが、
好きにさせるか嫌いにさせるかはあなた次第でどうにでもなるんです。

あなたは相手を変えることはできない!
これは事実です。

あなたが変えることができるのは、あなただけです。

そうなんです。

あなたが異性からも同性からもモテたいのなら
あなた自身を変えていくしかないんです。


あなた自身を変えていくことで相手を変えていく。

残念だけど、それしかないし、それが一番手っ取り早いのです!

それって難しいんじゃない?

そんなことありません。
とても簡単です。

こちらも参考に↓

口べたでも、あっというまに相手に伝わる9つの会話術!

人見知りでも、対人緊張を克服できる7つの方法



では次のステップから、
その方法をお伝えしてきます。

3、同性を知るトレーニング

まずは、同性です。

敵?(異性)を知るにはまず味方(同性)から。

というわけで、まずあなたと同性の人たちについて
徹底的に調べてみましょう!
虫メガネで調べるイメージ

同性のことを知ることで
異性のことも自然とわかるようになってきます。

で、まず手始めに

あなたと同性の人たちが
普段何をやってるのかを調べてみるんです。

以下の質問をしてみてください。
質問のイメージ

同性を知るための質問・・・


  • 同性は何を求めているんだろう。→何を求めてますか。欲求不満なことはありそうですか。
  • 同性は何を恐れているんだろう。→恐れているものってありますか。お金、人間関係、仕事など。
  • 同性はなにに感心があるだろう?→どんなことに感心がありそうですか。趣味でも恋愛でも何でも・・・
  • 同性はどんな悩みをもっているだろう?→どんな悩みをもっていそうですか。肉体面、精神面において・・・
  • 同性の普段見ているものはなんだろう?→他の同性たちは、なにを見ていますか。どんな絵や写真が部屋に飾ってありますか。
  • 同性の普段聞いているものはなんだろう?→何を聞いてますか。どんな音楽を聞きますか。
  • 同性の普段嗅いでいるものはなんだろう?→何を嗅いでますか。どんな香水をつけてますか。
  • 同性の普段食べているものはなんだろう?→なにを食べているでしょう?どんなお店でたべるでしょうか。
  • 同性の普段触っているものはなんだろう?→なにに触れていますか。どんな服を着てますか。
そんなふうに
同性が考えていることを調べてみましょう。

普段どんな会話をしてるでしょうか。

どんな欲望をもっているか。

そういったことを調べてみましょう。
調べるイメージ
これを知っているだけでも強いです。
あなたは同性のそれを満たせば同性からはモテモテです。

知ってるだけでもいいです。
それだけでいいんです。

同性からモテるには
とにかく同性と共感できることです。

これは習慣的にやってみましょう。
調べた分だけ、同性にモテます。

うまい会話の基本は
いかに相手の興味ポイントにマッチするか。
ってことですから。

相手の興味のあることを話しているだけでも
あなたの話に食いついてきます。

オススメです。

さて、同性のことがわかったら、いよいよ

4、異性を知るトレーニング

知ってましたか?

異性の気持ちはあなたが考えている以上にシンプルです。

本当にあなたが考えているのの10倍以上シンプルです。
つまり、ある程度のパターンがあるんですね。
男性はモテたい!ヤリたい!認められたい。
お金が欲しい、もっと稼いでいいところを見せたい。

そんなことばかり考えてます。全員じゃないですけどね。

女性であれば、嫌われたくない。
愛されたい、愛して欲しい、浮気されたらどうしよう・・・
もっときれいになりたい。年をとりたくない。若いねって言われたい

そんなことを考えてます。

これまた全員じゃないですけど(爆

まぁだいだいそんなものなんですね。

で、
そういった異性の本当の気持ちはどこでわかるのか。
っておもいますよね。

これまた簡単です。

手っ取りのは

異性の友達をひとりかふたり作って聞いてみる!

ってことですが、
それができないのであれば、ずばり
異性の読むマンガ雑誌映画をどんどん見てみましょう。

読めば読んだだけ、
見れば見ただけあなたは異性の気持ちがわかるようになります。

異性の気持ちがわかりたいなら、
異性とおなじことをやればいい。


ただそれだけなんですね。

ポイントは
異性が選んでいる!ということ。

男性も女性もどちらも選んでいるもの、ではなく、
あなたの異性だけが積極的に選んで
読んでいるもの、見ているものを試してみてください。

1ヶ月もそれをやればだいたいの気持ちがわかるようになります。

(あっ、だからこの子はこんなことを考えていたのか。)
とか、
(そっかぁ、この人がこんなことをいうのはこういう意味があったからなんだぁ。)

わかってきます。

それとね、もうひとつ異性を知るためにオススメなのが

できるだけ異性のたくさんいるお店に行って
その場にれる
というもの。

これはいい練習です。
男性のよく行くところ
スポーツジム、漫画喫茶、居酒屋、ゲームセンター、ビジネスセミナー、クラブ、ゴルフ場など
女性がよく行くところ
エステ、料理教室、整体やマッサージ、喫茶店、ショッピングモール、託児所など

そこで話されている内容をチェックしてみてください。
だいたい話している内容は似ているものです。

かならず異性の会話には一定のパターンがあります。

それをまとめておけば
異性なんてちょろいです。

ぜひ、異性の傾向をつかんでみてください。
異性以上に異性のことをわかっちゃってください。

そしたら最強です。

ほとんどの同性は異性のことを
ちゃんとわかっていないですから・・・。

あなただけが異性のことをわかっていれば
あなただけが異性から頼られるようになるでしょう。

可能であれば、本当に一人でいいので
異性の友達をつくってみてください。

どんな人でもいいので、異性の友達がいれば違います。
異性の気持ちを知りたかったら異性と仲良くなりましょう。

そして、異性と同性のことがわかったのなら、

5、すべては関係性

というお話ですが・・・

その前にわかっておいて欲しいのは、
異性同性もどっちも人間です。

ってこと。

そうなんですよね。
異性も人間だし、同性も人間なんです。

もちろん、あなたも人間だし
私も人間です。

悩みもあれば不安もある。欲望だってあるんです。

男性と同じようなことを女性もやってます。
その逆もね。

食事をします。
トイレに行きます。
おならだってします。

だって、人間ですから。
それは決して恥ずかしいことでもないし、隠すことでもなんです。

うんこをしない人間なんていないんです。
本当にそうなんです。
(汚い話ですみません・・・)

それをわかってないといけない。
そうでないと、モテモテにはなれません。

相手を機械やなにかだとおもっていたら
モテモテにはなれないんです。

で、

最終的にあなたがやらなくてはならないのは、
その人といかに関係性をもてるか。

ただそれだけです。

あなたがいくら「モテるぞ!」って思っていても関係性がなければモテないんです。

関係性がすべてなのです。

えっ!?関係性ってなに?
っておもいますよね。

関係性とは、その人と関わるっていうことです。

異性や同性ということ以上に
その人と一人の人間として関わる!

ってことなんです。

あなたがどんなにイケイケ兄さんでも
あるいはピチピチ女子高生や女子大学生でも

部屋にこもっていてはモテません。
これは本当です。

ネットの世界で100人友達がいても、それはモテているとは言えないんです。
モテるとは、いかに周りの人と関係をもてるか
ってことなんです。

え〜でも友達一人もいないし・・・

そういうあなたでも大丈夫。
関係性というのは、かんたんにつくれるものなんです。

まず
ステップ1:友達になる。

まずは友達になることからです。
たった一人でいいです。
同性でも異性でもいいので、友達を一人作りましょう。

一人も友達がいなかったら、
声をかけて話してみる。

このときはストレートに、
「友達になってくれませんか。」
でもいいです。

それで断る人はまずいませんから。

で、友達になったら、そのあとは簡単です。

ステップ2:友達を紹介し合う。

「誰か友達を紹介してくれない?」

そういっ友達を一人紹介してもらいましょう。
そして紹介してもらったら、
その紹介してくれた人には別の誰かを紹介しましょう。

そうすれば、
(あっ、いい人紹介してくれた!
ということはこの人、モテる人なのかも。)

そう思われて、ますます、あなたに人を紹介してきてくれるし、
あなたのまわりは紹介で集まってきた人で一杯になります。

本当に、
これを意識してやってみて欲しいんです。

1日に1人、新しい友達ができたとしても
1年では300人以上の友達ができるんです。

そして、人を紹介しているあなたは
そこのリーダーなれます。

頼られる存在になります。

だって、紹介してくれた人は
紹介された人よりも偉いですからね。

リーダーになればあなたはモテモテです。

頼られてモテモテです。

だから、関係性を作りたかったら、

あなたの友達に別の友達を紹介し、
あなたも友達を紹介してもらいましょう。


これを意識的に繰り返していってみてください。

3ヶ月後びっくりしますから。

さて、そしたら、

6、さりげなさが大事

というお話です。

そう、
モテたいのなら、大きなことをやるよりも
他の人が気がつかないような小さいことへの心配り!

これなんです。

ほとんどの人はモテようとすると
(どうやったらモテるかな?カッコいいポーズをとればいいかな?
キザなセリフを言えばいいかな?)


そんな大きなことを考えます。
考えるんですが、いざその場面になると

行動できない。

ですよね。
そんなもんなんです。
普段からやっていないことはそう簡単にできるものではありません。

しかも、うまくいかなかったときはガッカリ。
精神的にショックを受けます。

でも、そんなとき
あなたはそんな大きなことをやろうとせず
もっと小さなことをやるんです。

たとえば、
相手のやってほしいことを先読みしてそれをやってあげる!
水を飲みたそうだったら、水を持ってきてあげたり
心配そうだったらよしよし、って頭をなでてあげたり。荷物が重そうだったら
持ってあげたり。

集中したそうなときは
あえて何も言わずにそっとしておいてあげたり。

そんな小さな心遣い。
それをできる人はほとんどいないので、
あなたがそれを本気でやればモテます。

これは本当です。

他にも、お菓子を普段から持ち歩いて配ったり、
料理が得意ならクッキーなどを作ってあげたり。

そんなことでもGOOD!
かなりの好印象をもらえます。

これは私が実証済みです。

なにかをしてあげると人は
あなたになにかをしてあげたい!なにかおしをしなきゃ・・・
そう思うんです。

これを心理学では「返報性の法則」といいます。

でね、そんな小さなことを積み重ねてやっていくと
まわりの人は異性同性を問わず、あなたのことを信頼してくれます。
つまりモテモテです。

なので、これはモテ貯金です。

毎日コツコツ貯金して、
だんだんとモテ残高が増えてきます。

そしてある程度溜まったときに
奇跡が起こります。

それがモテ奇跡。

ぜひ、あなたがこの奇跡を起こして、
異性からも同性からもモテモテになって

(いや〜、最高!すご〜い。
こんなにモテモテになれるなんて・・・)


それを感じてみてください。
3ヶ月後には必ずね。

さて、最後は

7、自分のことを知ってもらう

ということ。

ここまでなんだかんだ言ってきましたが、

結局モテるためには、
相手に自分のことを好きになってもらうしかありません。

あなたが相手を好きでも相手があなたを嫌いだったら、
それってモテではなくて自己満足です。

オレってモテているんだぁ
って言ったって、それは誰も認めてくれません。

で、どうするのかというと
まずは自分から
相手に自分のことを知ってもらうこと!

つまり、あなたのことを
他の人に先に教えてしまうんです。

「オレって、こういう趣味があるんだぁ」
とか、
「私の家族は両親と妹の4人なの。」
とか。

先にあなたのことを話すと
相手も自分のことを話してくれるようになります。

これを心理学では
「自己開示の法則」
というのですが、

相手に心を開いて欲しかったら、まず自分から。

そして、相手に自分のことを知ってもらえばもらうほど
あなたことが好きになります。

また、
「単純接触効果」というのをご存知でしょうか。

これはあなたがその人に会えば会うほど
相手が好きになっていくという法則です。

これを応用すれば、
会話ができなくても簡単に人から好かれます。

あなたがとにかく、なにがなくても頻繁に
その人の近くに寄って顔をみせる。

または何かあるごとに電話したりメールしたりお願いをする。

それだけその人は段々あなたのことを好きになるんです。

よほど変なことを言ったり、
嫌がっているときに話しかけたりしないかぎりは問題なし。

最初はなにも言わなくていいので、
できるだけ頻繁に顔を見せるようにしてみましょう。

ちなみに、
1時間ずっと一緒にいるよりも
20分に1回、つまり1時間なら3回顔を見せたり
声をかけた方が効果があります。


ぜひお試しあれ!

あなたに会えばあうほどみんなはあなたを好きになり、
あなたに会えないときにはみんながあなたに会いたくてたまらなくなります。

やり続ければすごいですよ!

こちらも参考に↓

会話で沈黙、気まずい。そんなときの3つの対処法

説明力を鍛えて、楽しい会話ができる7つの方法

一人でできる簡単な会話力UPトレーニング


・・・

と、いうことでここまで
異性からも同性からもモテる方法を
7つお話ししてきました。

途中でも話しましたが、

あなただけでなく
みんなモテたいんです。

私だってモテたい!

だから、あなたはモテたい気持ちを隠して
とにかくまずは友達を増やしていきましょう。

そしたら、
気がつかないうちにチヤホヤされるし
そのグループのリーダーにだってなれます。

大きなことより小さなことから。

さぁ最初の一歩を踏み出しましょう!

では、今回のまとめです!
もう一度ここまでのお話を振り返って、
チェックしてみましょう!

異性にモテて、同性からもモテるためにできるのは・・・
  • 1、モテる秘訣、・・・→それはモテようとしないこと。モテようとすればするほど嫌われます。同性からも異性からも。だからモテようとするのをやめるんです。逆に相手をモテていると勘違いさせるんです。モテたい側からモテさせる側になりましょう!
  • 2、モテるモテないは〇〇次第→モテるモテないを決めるには相手次第。しかし、相手の気持ちは相手にしか変えられない。だからあなたが変わるのです。あなたが変わることで相手が自然と変わります。
  • 3、同性を知るトレーニング→敵?(異性)を知るにはまず味方(同性)から。同性が考えていることを調べてみましょう。たとえば、普段どんな会話をしているか、どんな欲望をもっているか。そういったことを調べてみましょう。
  • 4、異性を知るトレーニング→異性の気持ちはあなたが考えている以上にシンプルです。それを知りたかったら、異性の読む雑誌、映画をどんどん見てみましょう。できれば異性のたくさんいるお店に行ってその場になれるというのがいい練習です。
  • 5、すべては関係性→異性も同性も結局は人間です。悩みもあれば不安もある。欲望だってあるんです。あなたがやらなくてはならないのは、その人といかに関係性をモテるか。ただそれだけです。あなたがいくら「モテるぞ!」って思っていても関係性がなければモテないんです。
  • 6、さりげなさが大事→モテたいのなら、大きなことをやるよりも他の人が気がつかないような小さいことへの心配りです。そしてそれをやっているとその人はあなたのことを信頼してくれます。つまりモテモテです。
  • 7、自分のことを知ってもらう→もっと自分のことを表現していきましょう。あなたのことを周りに知ってもらうことであなたのことをもっと知りたいと思いようになります。自己開示と単純接触でモテモテに!
ぜひ、できるところから
やってみてください!

やれば効果は絶対にありますから・・・。

で、もひとつ
最後の最後にお伝えしたいことがあります。

それは、

全員からモテるってことは絶対にできない

ってことです。

あなたがモテるようになればなるほど
中にはあなたのことを悪く言ってくる人が2、3人でてきます。

人間には嫉妬心(しっとしん)っていうものがあるからね。

え〜、そんなぁ。じゃあここまでの話なんだったの?

そう思うかもしれないけど、いいじゃないですか。
あなたはいな人からもモテたいんですか。

そうじゃないですよね。

モテたい人からモテる!

それが真のモテです。

全員から好かれたいからこそ、
全員から好かれようとしないこと!


これを絶対に忘れないでね。
そしたら、本当に深いレベルであなたの共感してくれる人が
まわりにたくさんやってきます。

ぜひ、異性からも同性からもモテモテになって
楽しすぎて死んでもいい!そんな毎日過ごしてね!

それと、
こちらの記事もよかったらどうぞ↓

モテない人が勝手にモテるようになる10の方法

とっさの会話力を向上させる7つのトレーニング

口べたでも、あっというまに相手に伝わる9つの会話術!

人に好かれる11の会話術で話し上手の聞き上手!

ではでは、
最後まで読んでくれてありがとう!

また次回の記事もどうぞお楽しみに〜

スポンサーリンク


3 Responses to “異性からも同性からもモテる7つの方法”

  1. ごんた より:

    文章がくどくて読みにくいよ。。。
    もっと簡潔に書けるようにしましょう。

    • ナタリー より:

      そうですね。自分でもそう思います。。。
      ちょっとこれから直していきますね。教えてくれてありがとう!

      • ナタリー より:

        追伸です。
        全部直すのはかなり時間がかかりそうなので、ゆっくり直してきます。
        ごんたさん、ありがとう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ