悪夢の怖い夢を見なくなる方法、と逆に見たくなる方法

もう、い夢を見たくない!
悪夢なんてみたくない!

悪夢の恐怖に怯える女性

本当に悪夢というのは怖いものです。

悪夢にうなされて、目が覚めたときには心臓がバクバク

呼吸が止まりそうです。

はっ!夢だったのかぁ。
よかったぁ。怖かったぁ・・・

悪夢から目を覚ます女性

私もそうでした。
ずっと悪夢に悩まされて、寝ることが怖くてどうしようもない時期がありました。かといって、眠らなければ眠らないで、そこには不安がよぎります。

起きていても不安、寝ても不安。
いったいどうすればいいんだぁ!!

悩んで悩んで、そしてある結論に辿り着きました。

それが今回お話する「悪夢の怖い夢を見なくなる方法、と逆に見たくなる方法」です。

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら(前編)↓


スマホの方はこちら→悪夢を見ない方法(前編)
※24分57秒の音声です。(後編は後ほど。)

この方法をためしてもらえれば悪夢を見なくなるだけでなく
悪夢を見るのが楽しみになります!


悪夢をこれ以上見たくない人も、悪夢を乗り越えたい人もぜひ最後まで読んでみてください。

悪夢マスターになって悪夢を楽しい夢に書き換えちゃいましょう!


今回お話する内容です。

悪夢の怖い夢を見なくなる方法、と逆に見たくなる方法とは・・・

  • 悪夢をみる原因とは・・・?(その2つの原因とは?)
  • 悪夢の原因を取り除こう!(原因を取り除けば悪夢はみなくなります)
  • カラダの緊張を解く。(カラダの緊張が悪夢の原因かも。)
  • 心の緊張を解く。(リラックスそしてリラックス)
  • 悪夢と気づいたら・・・(さぁ、どうする?)
  • 悪夢を明晰夢に(楽しいな夢にしちゃいましょう。)
  • 悪夢は心の浄化作用(あくむは見れば見るほど幸せに!)

では、これから解説していきます。

難しいことはひとつもありませんので、ぜひ読んでやってみてください。

スポンサーリンク



方法1、悪夢をみる原因とは・・・?

なぜ人は悪夢をみるかご存知ですか?

人が悪夢をみる原因、それには大きく分けて2つの原因があります。

ひとつは、ココロ
ココロが病んでいるとき悪夢をみます。
心が病んでいる女性

不安や悩み事、ストレス、トラウマなどの恐怖。こういったものがあると悪夢を見やすくなります。

それからカラダ
カラダが病気でも悪夢をみます。
肉体が病気のイメージ

病気でなくても、食ベすぎや寝方が悪い、呼吸がうまくできない、ふとんのなかが暑いなど。そういうことがあると悪夢を見やすくなります。


つまり、悪夢の原因には心理面肉体面があります。

あなたが悪夢をみる原因はどちらにあるでしょうか。

これから一緒に、それを探っていきましょう。

まず初めに考えてみてください。

あなたはなにか悩みはありますか。

心理面では、ストレス・不安・心配事。

あなたは何か不安なことはありますか。
漠然とした不安もあるでしょう。人間関係での悩み、お金がなくて心配、健康などいろんな悩みがあるでしょう。
精神的に不安な男性

あなたはいまどんな悩みを抱えているでしょうか。

それがなんなのか。それをまず考えてみてください。

と、いうのも漠然とした悩みをしっかりと意識した瞬間に、悪夢をみなくなるからです。

なぜなら、悪夢というのは基本的に潜在意識(無意識)からでてくるものだからです。

あなたが目を背ければ背けるほど、意識しないようにしようとすればするほどその悪夢をみるようになります。
悪夢をみたくないのならここで思いきってみてしまいましょう。


そして肉体面。
あなたは健康ですか。カラダで調子の悪いところはありませんか。

肉体面の原因には、病気・ふだんの食事・ホルモンバランスの変化などがあります。いまなにか病気を抱えているでしょうか。もし、病気を抱えているのであればそれが悪夢というかたちで夢に表れるのかもしれません。

それから普段どんな食事をしているでしょうか。食生活のみだれが悪夢の原因になっていることもあります。

あなたは悪夢をみるような食事をしていませんか?
たとえば、過度のアルコール、辛い食べ物、ジャンクフード、ファーストフードなど。
ジャンクフードを食べる男性

たべていませんか。

また、ホルモンバランスの変化、思春期や育ち盛りのときにはホルモンバランスが崩れがちです。そのときに悪夢をみることもあります。また、夜更かしや暴飲暴食もその原因です。

まずは体質改善です。

体質を改善していくことで悪夢をみなくなります。

その方法をこれからお話していきます。


方法2、悪夢の原因を取り除こう!

悪夢の原因をひとつずつ取り除いていきましょう。原因さえ取り除いてしまえば、悪夢をみることはありません。焦らずひとつずつです。

まずは、心理面の原因を改善。

と、いうわけでカウンセリングに通ってみませんか。
心理カウンセラーのカウンセリング

これは私のオススメです。
カウンセリングではあなたの深層心理まで深く入ってどんな悩みがあるのかを教えてくれます。

学校や企業ではタダでやってくれるところもありますので、そこであなたの自分の気持ちを吐き出してみましょう。

気持ちをすべて出すことで、あなたの悪夢をみる原因がなくなっていきます。

そしたら、肉体面での原因を改善。
肉体、つまりカラダを変えていくことで悪夢をみにくくなるのですが、

それには、食事の改善がもっともてっとり早いです。
とにかく自然なものを食べましょう。消化に負担のかかるものや辛すぎるもの、栄養価のないものや砂糖がたっぷり入ったものは悪夢の原因です。

そういうものは食べるのはやめて野菜や果物をたべましょう!
結果として、不安や緊張がなくなり悪夢をみなくなります。

それから汗をかく運動をやってみましょう。
カラダを動かす女性

1日20分以上の有酸素運動(ウォーキング、ヨガ、フラフープなど)と、
1日10分以上の無酸素運動(筋トレ、猛烈ダッシュなど)をやってみましょう。

汗がでることでカラダのなかの老廃物が押し流され血液の流れが正常になります。

あなたはおそらく悪夢を見やすい体質なんです。体質改善をしていくだけでも悪夢にうなされにくくなるでしょう。私もそれで良くなりました。


方法3、カラダの緊張を解く。

寝る前にカラダの緊張を解きましょう。

カラダの緊張を解いておくことで悪夢をみる確率がぐっと下がります。

そうですよね。
緊張してガチガチの状態でいたっていい夢がみれるわけがないのです。

悪夢みるんじゃないか、悪夢をみるんじゃないか・・・(びくびく)
悪夢におびえる男性

そんなふうに、怯えて寝れば悪夢をみるんです。

だから、リラックス!
そのためのリラックス法はたとえば、

半身浴でゆっくりお湯につかる。
38℃のぬるめのお湯に3時間浸かってみましょう。

腰から下で上半身は濡らさないように。

本を読みながら、音楽を聞きながらでも構いません。カラダの代謝がよくなり、落ち着いてリラックスできます。

汗とともにモヤモヤ気分を出しちゃいましょう。

ストレッチやヨガ、瞑想を行います。
ヨガのストレッチ運動をする少年

カラダをぐ〜っと伸ばしましょう。
ストレッチやヨガをすることでカラダの状態が変わり寝たあとでもいい夢がみれるようになります。

あくびで「あぁ〜〜〜」というのもいいでしょう。

音楽をかけたりアロマを焚くのもいいでしょう。
リラックス

耳に入る音や鼻からのにおいで想起される夢をコントロールできます。

音楽はあまり激しいと目が覚めたり気分が高まってしまうので、落ち着いた音楽(オルゴールやヒーリング音楽など)にしましょう。

また、
寝苦しい夜は室温を下げて寝ましょう。
暑いときはとかく悪夢を見がちです。

汗をかくと悪夢を見やすいです。布団でなく、タオルケットやシーツだけにするのも試してみてください。

ベットの硬さも重要です。硬すぎず柔らかすぎず。

どちらかというとちょっと固めのベットの方が悪夢をみにくいです。

やわらかいベット、柔らかすぎるベットは背骨が歪む原因にもなりますのでやめておいた方がいいでしょう。

寝るときは仰向け。
ベットで仰向けに寝る女性

うつぶせになって寝ると呼吸がうまくできず怖い夢をみやすくなります。

枕は高すぎないのを選んで、呼吸が楽にできるものを選びましょう。枕が高すぎると呼吸がうまくできずに怖い夢です。

呼吸は腹式呼吸で。
リラックスした呼吸を心掛けましょう。

また普段寝ているところと違う場所でねるのもオススメです。


方法4、心の緊張を解く。

不安や緊張した心理状態で寝ても、
よく寝れませんしさらに不安になります。


(不安だ、不安だ、不安だ・・・)
そう思って寝れば当然、怖い夢をみてしまうのです。

なので、まずは不安をとく。

不安なときは、電話でも直接でも誰かと話をしてみましょう。あなたのまわりにもきっといるはずです。

ご両親でもご家族、親友、先生、だれでもいいので相談してみてください。

できれば手を握ったり抱きしめたりして不安を共有してみましょう。

「不安だから抱かせて!」
といえば抱かせてくれます。変な意味でなくて・・・(笑
悪夢の不安で抱き合う親子

また、自分の時間をつくるようにしてみましょう。

普段なかなかできないことを自分でやれる時間を作ってみましょう。

それから不安なことは隠さずに紙にどんどん書いていきましょう。

紙に書けば書くほど自分のなかが洗われてスッキリできます。

「オレはこれが不安だ、これが不満だ、これが嫌だ、これが怖い」

無意識から意識にあげることで悪夢をみにくくなります。

書いた紙はくしゃくしゃにしてゴミ箱に捨てちゃいましょう!
ゴミ箱のなかのに捨てた紙くず

また、不安なことはカラオケで叫ぶのもいいでしょう。

「おれはこれが不安だ〜〜〜」
大声で叫ぶ男性

とにかく、自分を抑えすぎないこと。

もしどうしても抑えすぎてしまうのなら、こちらのセミナーがオススメです。

緊張が二日で治る体感型セミナー「MOVE」


また、こちらのCD教材もものすごくオススメです。

石井裕之 ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム




さて、後編の音声です↓
ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら(後編)↓


スマホの方はこちら→悪夢を見ない方法(後編)
※10分24秒の音声です。(前編は最初にあります。)


方法5、悪夢と気づいたら・・・

もし悪夢をみていることに気がついたら、どうするか。

そのときは、じたばたせずに受け入れてください。

怖いとおもうとおもいますが、悪夢は悪夢
現実ではないのです。逃げようとすればするほど悪夢は怖くなります。

悪夢をじっと見つめてみるのです。

「あぁ、怖いなぁ。怖いけど、これって悪夢だよなぁ。
もしかしたら、殺されるかも。死んでしまうかも。でもやっぱり、これは悪夢なんだよなぁ。よし、それなら大丈夫だ。
だってこれは夢だから。」


そう思ってみるのです。最初は難しいかもしれません。

けど、やっていくうちにできるようになります。

とにかく悪夢と気がついて悪夢をじっと見つめてみましょう。

逃げたくなっても逃げたら負けです。逃げるほど悪夢は増大します。


方法6、悪夢を明晰夢にしてしまおう!

悪夢をみてしまった!

そんなときはその悪夢を明晰夢に変えてしまいましょう。

明晰夢(めいせきむ)とは、夜、あなたが寝ているときに
見たい夢をみれるというテクニックです。

夢のなかで夢と気がついて、そして「これは夢だから」と思うのです。あとはやりたい放題。
明晰夢で思い通りの夢を見る男性

だって夢だから(笑

その方法はこちらにあります。

夜、見たい夢を見るたったひとつの方法


悪夢が明晰夢になれば怖いものなしです。

それどころか悪夢をみたくなります。

なぜなら、悪夢を見ている人ほどいま自分が夢をみていることに気がつきやすいから。

悪夢をみれているあなたはラッキーです!

夢を見ていることにきがつければあとはやりたい放題です。

ありえないこともなんでもね。


ぜひ楽しんでください。
夢のなかであれこれやってみましょう。

悪夢を見れるのはひとつの才能です。

自信をもって悪夢を見ましょう。

方法7、悪夢は心の浄化作用

悪夢をみるって悪いこと?
いえいえ、そうではありません。

悪夢をみるって本当はとてもいいことなのです。

たとえば、あなたがとっても悩んでいて、どうにもならない状況になってしまったとします。

そんなときに、いい夢をみてしまったらどうでしょう。

(夢の世界はこんなに楽しいのに、現実はなんて苦しいんだ・・・)

ツラくなります。ですよね。悪夢をみることで起きたとき、あなたは夢で良かったと思うはずです。

「あぁ、夢で良かった。」

そうなんです。悪夢は心の浄化作用です。

涙をながすとスッキリするように悪夢をみると心のなかがスッキリします。

悪夢はみればみるほどいいのです。

不安な気持ちがあっても、悪夢があるからこそ現実が天国です。

もっと悪夢を楽しみましょう。

悪夢を楽しめるようになったら、現実での問題もやがて解決していきます。

悪夢をみればみるほどあなたは強くなるし、そしてカラダのなかの不安もそとへでていきます。

不安や緊張もなくなるのです。

それにね。タダで怖い映画をみれると思ってみてください。
お得でしょ。

普通は1800円しますからね(笑)

それでも、どうしてもそれが耐えられないのであれば
一度カウンセラーの先生に相談してみましょう。


あなたの悪夢は
絶対にあなたにとっていいものになっていくはずです。


・・・

いかがでしたでしょうか。

ここまでの話をちゃんと読んでやってもらえれば

あなたは悪夢をみなくなるだけでなく
悪夢をみても楽しめるようになるはずです。

悪夢はあなたの敵ではありません。あなたの味方です。

では、今回のまとめです。
ここまでを振り返りながらチェックしていみましょう。

悪夢の怖い夢を見なくなる方法、と逆に見たくなる方法とは・・・

  • 悪夢をみる原因とは・・・?→悪夢の原因は心理面と肉体面があります。心理面では、ストレス・不安・心配事。肉体面では、病気・ふだんの食事・ホルモンバランスの変化などがあります。
  • 悪夢の原因を取り除こう!→悪夢の原因をひとつずつ取り除いていきましょう。カウンセリングに通ったり、食事の改善、汗をかく運動をやってみましょう。
  • カラダの緊張を解く。→寝る前にカラダの緊張を解きましょう。半身浴でゆっくりお湯につかりストレッチやヨガ、瞑想を行います。音楽をかけたりアロマを焚くのもいいでしょう。寝苦しい夜は室温を下げて寝ましょう。ベットの硬さも重要です。
  • 心の緊張を解く。→不安や緊張した心理状態で寝ても、よく寝れませんしさらに不安になります。なので、まずは不安をとく。誰かと話をしたり、自分の時間をつくるようにしてみましょう。不安なことは隠さずに紙にどんどん書いていきましょう。
  • 悪夢と気づいたら・・・→もし悪夢をみていることに気がついたら、じたばたせずに受け入れてください。怖いとおもうとおもいますが、悪夢は悪夢。現実ではないのです。逃げようとすればするほど悪夢は怖くなります。
  • 悪夢を明晰夢に→悪夢を明晰夢に変えてしまいましょう。夢のなかで夢と気がついて、そして「これは夢だから」と思うのです。あとはやりたい放題。
  • 悪夢は心の浄化作用→悪夢は心の浄化作用です。涙をながすとスッキリするように悪夢をみると心のなかがスッキリします。悪夢はみればみるほどいいのです。不安な気持ちがあっても、悪夢があるからこそ現実が天国です。悪夢を楽しみましょう。


ぜひ、試せるところから試してみてください。

悪夢をみるのにはいろんな理由があります。
その原因を取り除いてぜひよい夢をみてくださいね。

ではでは、
おやすみ〜!

不安がある方はこちらの記事もどうぞ♪

緊張を解消するために今すぐできる7つの方法

緊張からくる不安を安らぎにかえる7つの方法

緊張で動悸が激しくなる前に読んでおくべき7つの方法


ではでは〜。
またあした〜

スポンサーリンク



追伸です。
なんだかんだ言っても、本当に悪夢は怖いもの!
私も、やっぱり怖いです!

なのでここに書いた方法でも、悪夢が消え去らないときは
カウンセラーの先生に相談したり、精神科のお医者さんにご相談ください。
一気によくならなくても、だんだんに良くなっていくはずです。

それと、明晰夢はやりすぎず辛いときはやめて
くれぐれも寝不足にはお気をつけて!

では、良い夢がみられますように…ありがと。

>>>免責事項

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ