緊張しやすい人がよく話す7つの口癖

ドキドキする

不安だ、不安だ・・・

どうしよう・・・


など、

このような口癖を使っているとしたら・・・

あなたは緊張します!

なぜなら、わたしがそうだったから!

緊張しやすい状態のイメージ

私は、昔はかなり重度の緊張症

誰かと話そうと思うだけで、心臓がバクバク
1対1でもなに話していいのかわからないのに、グループともなればただ、沈黙。

それだけでせいっぱいだったんです。

あなたはどうでしょうか。

もし私と同じような緊張もちだとしたら、今回のお話はかなり役にたつと思います。

と、いうのも
今回のお話は緊張しやすい人がよく使う7つの口癖だからです。

こんな感じで↓
人前で緊張しやすい男性

どんな話をするときも、
緊張しやすい人はこの口癖を使ってます。


もちろん、私もそうでした。
気がつかないうちにこの口癖を使っていたんです。

この口癖を使えば使うほど、

ますます緊張して
また口癖を言う、この悪循環でした。

けれど、あるとき、人から指摘(してき)されたんです。
その口癖やめた方がいいよ。
優しく指導してくれる男性

と。
いろんな人から指摘されました。
親、友達、先生、仕事の上司、その他、知らない人からも。

なるほど、確かにそうだよな。

この口癖ってよくないな。
と思いました。

なので、今回その口癖を7つご紹介します。

あなたがもし使ってしまっているとしたら
緊張しやすくなっているはず。


なので、まずこの口癖を使ってないか、チェックしてみてください。

それが・・・

これです↓

緊張しやすい人がよく話すときに使う7つの口癖とは・・・↓

1、やばい
2、どうしよう
3、大丈夫かな
4、気持ちわるい
5、怖い
6、わからない
7、緊張する

どうでしょうか。
あなたはこれらの口癖を使ってませんか。

もし使っていても大丈夫。
これから変えていくことができます。
私と一緒にね。

これから7つの口癖がなぜ良くないのかを
一度でいいので最後まで、一通り読んでみてください。


では、解説です。

スポンサーリンク




緊張する口癖1:やばい

緊張していてもしてなくても
つい、「ヤバい」と言ってしまう人いませんか。

そういう人はまず間違いなく
自分から勝手に緊張を呼び寄せるタイプの人です。

ヤバいっていうときにはおそらくなんの根拠もなく
言っているはずなんです。

なんとなくヤバい(気がする。)
状況がヤバいと感じる男性

とね。
けれど、その言葉を使っていると緊張します。

ヤバいっていうことで、
自分のなかでなにかヤバいものがないか、勝手に探し始めるんです。

何気なくヤバいと口にしただけでも、その話す言葉に
「なにかヤバいことがあるらしいぞ」
って勘違いして、じゃあ緊張しなきゃ・・

そう緊張するのです。

ヤバいということでカラダがヤバくなって
緊張するんです。

だから、あなたはヤバかろうが
やばくなかろうが、ヤバいと言ってはいけません。

ヤバい=緊張です。

ヤバいは本当にヤバいんです。

意識してとにかく言わないと決める。
これしかありません。


緊張する口癖2:どうしよう

ど、ど、ど、どうしよう〜

いや、どうしようもありません。
どうしようったってどうしようもないから、どうしようなんです。

わかりますか。

どうしようって話してどうにかなるものなら
どうにかなるのでどうしようなんて言う必要ないんです。

つまり、
どうしようって言うってことは
いまあなたがどうにもならない状況にいるってこと。


そう、カラダや脳が反応して
緊張がうまれます。

どうしよう→やばいぞ緊急事態だ。→よし、緊張させよう。

そして、緊張します。
緊張したらどうしよう。

緊張する

緊張してきた。どうしよう。

さらに緊張する

うわ〜、本当に緊張してきた〜

さらに・・・

どこまでたっても緊張。
緊張、緊張、緊張です。

どうしようって思えば、緊張なので、
思いきって、え〜い、どうにでもなれ〜って開きなおってみてください。
どうにもなれと開き直る男性

そしたら
緊張しなくてもいいんだな、

ってカラダも脳も理解して緊張しなくなります。

一番緊張するのは緊張しちゃいけない、ですからね。
緊張しちゃいけないと思うほど緊張です。

どうしようでなく、どうにでもなれ〜
これを覚えておきましょう!


緊張する口癖3:大丈夫かな

大丈夫でないときに、ひとはこう言います。

大丈夫かな。
深刻になって、悩む男性

そして、大丈夫ではなくなります。

でもね、

本当に大丈夫なときって人は大丈夫かな
なんて、考えもしないんです。


大丈夫かな?
って考えるときは大抵大丈夫でないときに決まってます。

だから、あなたはどんなに不安でも
どんなにドキドキしていても
大丈夫かな?って口にしてはいけません。

大丈夫かな?=大丈夫でない。
です。

もし、どうしても言いたくなったときには
「大丈夫・・・でなくてもいいや。」
って割り切ってください。

大丈夫でなきゃ。でなく
大丈夫でなくてもいいや。
です。

ちょっとした語尾の違いですが、
受ける印象が違うことがわかりますか。

いいんです。

大丈夫でないなら、大丈夫でないでいいんです。


緊張する口癖4:気持ちわるい

緊張するとなんか気持ち悪い

うん、そうですね。
気持ち悪くなりますよね。

だけど、あなたはもしかして、
気持ち悪くなる前から気持ち悪いって言ってませんか。

じつは、気持ち悪いわるくないっていうのは
自分の思い込みであることが多いんです。

つまり、
気持ち悪いといわれれば気持ち悪いけど、
気持ちいいといわれれば気持ちいいって思えるのが緊張なんです。

私の他の記事を読んでくれている人なら
もうご存知でしょう。

緊張は恋愛だと。
緊張を恋愛にするイメージ

緊張が地獄だと思えば、地獄に。
緊張が恐怖と思えば恐怖なります。

あなたが好きなことはなんですか。

たとえば、あなたが食べることが好きなのであれば

緊張しているときのこの感情は食べているときの幸福感と同じだ
って思えばいいんです。

すぐには思えなくても
そうやって努力していると
やがて緊張が心地よくなっていくんです。


なので、
気持ち悪いっていう口癖はやめて。
本当に気持ち悪くても、
「あぁ、気持ちいい。もっと、もっと。緊張した〜い!」
緊張を好きな女性

って言ってみてください(爆)

口に出さなくても、頭のなかだけでもいいです。

っていうか、
口に出したらただの変態です(笑)

とにかく、これからは「気持ち悪い」「気持ちいい」にしていきましょう。

まずは試しに1週間です。
1週間、「気持ちいい」って言ってみてください。
口癖になるまで、なんどでも。


緊張する口癖5:怖い

ぎゃぁ、怖い〜
緊張が怖い女性

緊張って怖いですか。
たしかに、怖いですよね。

私の場合だと、めまい、動悸、吐き気
それと過呼吸

これが緊張の症状だったので、こわくてこわくて仕方ありませんでした。

それこそ、死ぬんじゃないか?
って不安になったんです。

けど、怖いと思えば思うほど、どうなったか。
そう、ますます怖くなったんです。

昔のことわざにこんなのがあります。

幽霊の正体みたり、枯れ尾花

ごぞんじですよね。
このことわざの意味は幽霊を怖い怖い、って思っていると
枯れた花(ススキの穂)でさえも幽霊にみえてしまう

っていう先入観をもつことの恐ろしさをうたったものです。

つまり、あなたが緊張するのは
これとおなじ。

緊張の正体みたり、恋心
恋愛でドキドキする女性

だれかに恋してドキドキしているのと
緊張のドキドキをごっちゃにしてませんか。

あなたのドキドキは緊張でなく、恋の胸キュンかもしれませんよ。


怖いと思うか、
気持ちいいと思うか、
エクスタシーを感じるかはあなた次第です。


緊張する口癖6:わからない

わからない、なにがなんだか、わからない。

緊張するひとの口癖です。
緊張する人は基本、わからない人間です。

なぜ、自分が緊張するのか、わからない。
どうして、ドキドキするのかわからない。
どうしたらいいのか。わからない。

あぁ、わからない。わからない。

そう、わからないんです。

わからないと言っているからわからないんです。
でも、
それを口癖としていってしまうと、緊張したときにいい知れぬ不安感に襲われます。

あなたも私も、人って
なにかわからないことに恐怖を覚えます。

さきほどの例で出した幽霊やおばけもそう。
やったことのない経験や初めていく海外旅行もそう

わからないって怖いんです。

そして、緊張もそのひとつです。

緊張ってわからないんです。
・・・ですよね。

よくわからないのが緊張なんです。

だから不安になるし、恐怖を感じるし、
逃げ出したくなります。

けど、もしなぜ緊張するのかがわかったなら
怖くないって思いませんか。

思いますよね。

本当に緊張って大したことなんです。
あなたが思っているほど緊張って知ってしまえば大したことないんです。

緊張っていうのは
たんにカラダを危険からまもるための防衛反応です。

それ以上でもそれ以下でもありません。
古代狩猟の時代から続く本能に過ぎないのです。
防衛本能を募らせる戦士

これまであなたが経験したことがない
敵や状況に遭遇すると、あなたのカラダを守ろうと
心臓ばくばくさせて、血液を流したり、
呼吸をはやくして行動を早くしたり筋力を一時的にアップさせるのです。

ただ、それだけのことです。
緊張そのものには深い意味がありません。

それだけのことなのです。

だから、緊張しても
「あっ、これが緊張かぁ。なるほどね。わかった。」
緊張の原因が分かった男性

って言えばいいんです。


わからなくても「わかった。」
それを言い続けることで身の回りの状況を理解でき
カラダが安心して緊張しなくなります。


緊張する口癖7:緊張する

最後、きわめつけがコレ。

緊張する人の口癖でもっても多いのは
オレって緊張しやすいんだ
緊張することを言いふらす男性

です。
緊張しやすいんだから、緊張しやすいっていうのは
当然でしょ。


まぁ、たしかに。

でもね、
はっきりいって緊張したくないなら、それは言わないほうがいい。

オレは緊張しやすいんです。
って人に言えば安心だけど、それを言ってしまうと
あなたは緊張します。

あなた=緊張しやすい
って自分で暗示にかけているからです。

緊張するのはわかります。
だけど、それを人に言ってしまうと暗示になるんです。
あなたが緊張しやすいって暗示になって自分に返ってくるんです。

だから、
緊張したくないのなら
意地でも「オレは緊張しやすい」なんて言わないこと

緊張してきたときも
「やばい、緊張してきた。」
なんて言わないこと

言いたくなっても、じっと我慢してください。
これが難しいことは私もよくわかってます。

緊張してくると
どうしても緊張に意識が向くものです、

緊張を抑えようとするほど緊張してくるものです。

だから、
いいたくなくても言ってしまうかもしれない。

なら、
そんなときはこういいましょう。

「気持ちよくなってきて天国までいっちゃいそう。」
緊張したのが天国に感じる女性

って。
緊張だとおもわないことです。

緊張というほどたいしたことでないんです。
あなたが思うほど、緊張は意地悪してきますが
あなたが思わなければなにもしてこない、野良犬と一緒です。
緊張と似た野良犬のイメージ

気になっても、せめて言葉には出さず。
出すのはパンツのなかだけにしておきましょう。

緊張ででるものはおしっこでないので、大丈夫です(笑)

・・・

さ〜て、ここまで緊張しやすい人の7つの口癖を
ざ〜っと紹介してきましたが、
どうしてその7つの口癖がよくないのかがわかっていただけたでしょうか。

あなたがもし、使ってしまっているのであれば

とにかく意識してその口癖をいう回数を減らしていくしかありません。

はやくて1週間、
おそくても3ヶ月。


この口癖をいわないだけでも
必ず緊張が和らぎますので、いわないようにしてください。

そしたら、気がついたときには
あなたの緊張はやがて味方になるでしょう。


では、今回のまとめ&補足に入ります。

ここまでのお話を振り返りながら
もう一度チェックしてみてください。

緊張しやすい人がよく話す7つの口癖とは・・

  • やばい→これはかなりヤバいです。やばいを使うほどやばくなります。精神的に追いこまれます。ヤバいと思ってもヤバいと言わないことです。ヤバいといってもやばさは変わりませんから。
  • どうしよう→どうしようったってどうしようもない、そのくらいわかっているのにつかってしまうのがどうしようです。どうしようって思うのであれば、どうにでもなれ。って試しにおもってみてください。
  • 大丈夫かな→大丈夫かな?って話している時点で大丈夫ではありません。大丈夫っていうのは大丈夫でないって自己暗示なので言わないようにしておきましょう。
  • 気持ちわるい→気持ち悪いときに気持ち悪いと言ってなにが悪い。って思われるかもしれませんが、気持ち悪いと思えば思うほど気持ち悪くなるのもまた事実です。気持ち悪くても気持ち悪いと言うのは少しだけ我慢してみましょう。どうにもならないときにはカウンセラーの先生に相談してみましょう。
  • 怖い→緊張って怖いですよね。あまたがおかしくなりそうだし、心臓も破裂しそうになります。けど、怖いって思うと余計それがひどくなるんです。カラダが怖いって思うということはあなたがカラダにもっと緊張しろと言ってるようなものなんです。怖いと思っても怖いと言わないようにしてみましょう。
  • わからない→これもまた、緊張しやすい人の口癖です。わからない。っていうことは思考が停止しているってこと。どうしていいのか、わからない。なにをすればいいのかわからない。そうして、あなたは緊張します。わからないものに人は緊張するのです。
  • 緊張する→緊張しやすい人は常にこう思います。「オレは緊張している」そりゃあそうです。緊張していると思うから緊張するのであって、緊張してないと思えば緊張しないんです。へんな屁理屈ですが、これが本当です。緊張したと思っても緊張していると言わないようにしておきましょう。



と、いうことで、以上が緊張しやすい人がよく話す口癖です。

あなたは普段使ってますか。
もし使っているのなら、それは頑張って使わないようにしてください。

最初はついつい、言ってしまうと思います。
言うつもりがなくても言ってしまうのが口癖です。

ですが、だからといって
言っていいのかと言ったらダメです。
ダメだという女性

ダメというか、言わない努力が大事なんです。

あなたが緊張したくないのであれば
まずは1週間この7つの口癖を使わないようにしてください。

もし、言ってしまったとしたら
7秒以内に、
「いや、いまのはいい間違え。いまのは、なしなし。」
って言ってください。

7秒ルールでなかったことにできます。

これであなたの緊張が何てことなくなることを
祈ってます。


では最後に、
あなたにひとつ緊張しない口癖をご紹介して、
今回のお話を終わりにしたいと思います。


緊張しないための口癖とは・・・

どっちでもいいや。

緊張しても、緊張しなくても
どっちでもいい。
そう思えたときにあなたの緊張はなくなります。


緊張しちゃダメとか、緊張したらどうしよう。
だと、緊張しますよ。

緊張してもいいじゃん、
それで緊張しなくなるんです。

ぜひ、緊張したときには使ってください。

では、今回はこれで。
あなたのお役に立てたなら何よりです。

あと、こちらの記事も参考にどうぞ↓

緊張を解消するために今すぐできる7つの方法

緊張を一瞬でほぐす10の言葉

緊張からくる不安を安らぎにかえる7つの方法



読めば、さらに緊張しなくなっていきます。


ではでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




あなたの緊張がなくなりますように・・・

ありがと〜

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ