初対面で緊張しないために知っておくべき7つのポイント

初対面で緊張しないために
この7つのポイントを抑えておきましょう。

初対面でも緊張しない女性

この7つのポイントを抑えておくだけで
初対面での会話に緊張しないのはもちろんのこと、
すぐにその人と仲良くなれます。


しかし・・・

じつをいうと私も初対面は苦手でした。


どんな人と会うのかもわからないときは、

もし怖い人だったらどうしよう、なにを話せばいいのかな?
わからない。どうしよう、本当に大丈夫だろうか。


そんなふうに頭のなかで不安でいっぱいです。
会う前からもうそれはそれは怖くて・・・

めっちゃ緊張です。

だけど、
そうも言ってられない。

初対面という理由だけで、
人に会うことから逃げていたら
新しい出会いがなくって・・・

それまた寂しい人生です。
孤独で寂しい少女

出会いがなければ、今となにも変わらないまま
人生は終わってしまいます。


だから初対面で緊張しなくなる方法を
考えてみました。

それが今回お伝えする
初対面で緊張しないために知っておくべきつのポイント
です。

かなり重要な要素がぎっしり詰め込まれていますので
読み飛ばさずにじっくり読んでみてくださいね。

では最初にお伝えしましょう。
その7つのポイントとは何なのか。

それがこれです。

初対面で緊張しないために知っておくべき7つのポイントとは・・・↓

1、初対面の初対面だと知っておこう
2、自分からあいさつしょう。
3、共通点探し・共通の話題を探そう。
4、すでに知っている人だと思おう。
5、相手への興味・好奇心むき出し話法
6、初対面の相手は蜘蛛と同じと思おう。
7、まずは場慣れ練習から始めよう。

この7つです。

これをやってもらえれば、
初対面でも緊張せずにバッチリOK。

ぜひ、最後まで読んでやってみましょう。

では、順に説明していきます。

スポンサーリンク



まずは、

1、初対面の初対面だと知っておこう

初対面緊張して・・・
過緊張状態を癒すネコ

(あぁ、どんな人なんだろう。いい人だったらいいけどヤクザみたいにおっかない人だったらどうしようかな。やだなぁ、怖いなぁ。)

って思っているのはあなただけではありません。
じつは・・・

相手の人もそう思っているのです!

そんなんです。
相手にとってもあなたは初対面なんです。

あなたのことを、

もしかして怖い人じゃないかと、
勝手に想像して怖がっているんです。
怖い人に緊張する男性

笑っちゃうでしょ。

あなたがどれだけいい人間なのかも知らずに
あなたのことを「怖い人」って思っているなんて、笑ってしまいます。


だから、
あなたも相手のことを「怖い」とか「いじわるな人」とか
そんなことを思う必要ないんです。

それよりももっと期待しちゃいましょう。

もしかしたら、これから会う予定のその人は

(めっちゃいい人でなにかおごってくれるかも!
それか、いい人紹介してくれるかも!)


ってね。
勝手に想像すればいいんです。

もちろん、会ったら本当に嫌なやつだってことはあるかもしれないけど、
そんなの会ってみるまでわからないことです。

会ってから考えればいいことです。

それに、

どんなことにも最初はあります。
そして、初対面は新しい出会いの場です。

だから、

あとになって
「初めて会ったあのときにキミはこんなこと言ってたよね。」
笑い合う男性と女性

って笑い合えます。

初対面をもっと楽しんでいきましょう。
緊張したっていいけどね、楽しいですよ。初対面。


それから、

2、自分からあいさつしよう。

初対面で初めて会ったときに、
相手が挨拶してくれるのを待っていてはいけません。

なぜなら
相手もあなたの挨拶をずっと待ってるからです。

どちらかが挨拶をしないかぎり話は進みません。

というか沈黙で終わります。

だから、挨拶は先手必勝!
笑顔で歓迎のあいさつをするイケメン

あったらすぐに挨拶するんです。
挨拶した方が勝ちです。

会話や状況の主導権を握れます。
最終的にコントロールできる立場になれます。

だから、話すことが思いつかなくてもまず挨拶

「初めまして」
「こんにちは」


なんでもいいので、ひとつ決めておいて
それを言っちゃいましょう。

緊張しててもそれくらいは言えますよね。

ぎこちなくても、カミカミでもいいので
言った方が絶対にお得です。

そして、

3、共通点探し・共通の話題で盛り上がろう


緊張しすぎて何を話せばいいのかわからない。

そんなときは相手との共通点を探してそれを言ってみましょう。

たとえば、
「あ、その携帯、もしかして自分のと同じメーカーじゃないですか?」
「ホントだ、気が合うねぇ。」
「はい、きっと感性が一緒なんでしょうね、嬉しいです。」
「いやいや、こっちこそ嬉しいよ。よろしくね。」
とか相手の持ち物について、でもいいし

「なんとなく血液型がOって気がするんですけどO型ですか?」
「えっ、そうだよ。何でわかったの?」
「いや、じつは僕もO型なんですよ。だから雰囲気が似てるなぁって思って・・・」
「そうなのかぁ、それじゃあきっと気があうね。これからもよろしく!」
とかなんでもいいので
むりやりでも共通点を探してみてください。

出身地を聞いてみるのもいいでしょう。
誕生日もいいですし、趣味や考え方、見ているテレビ番組など
なにか共通点があればそれを話してみるのです。

学校や仕事で同じ環境にいるのであれば
そのことについて話してみるのです。
「学校のどんなところが楽しい?」
学校で話しかける少年

「この会社っていつ入社されたんですか?」
会社の仕事する男性


人は共通点があればあるほどココロを開きます。

共通点があればそれを話題に盛り上がることができます。

なぜなら
人は、自分のことに一番興味があるから。

共通点があるっていうことは
その人にとって、自分の好きな話ができるってことでもあります。

だから、
共通点をみつけて相手に話をさせるんです。
相手は自分の話を聞いてもらえているから満足!

それと同時に、
あなたに対して親近感がわいてきます。

どんどん、共通する話題を振って話させましょう。

・・・

けど、共通点ってそんなに簡単に見つかるものなの?
って不安に思っているそこのあなた。

その場合は共通点でなくて、
共通の話題にしてしまってもOK。

たとえば
今朝のニュース!
テレビニュース

テレビやインターネットでニュースを見て
それを話題にしてみましょう。

GOOGLEやYahooニュースで調べればすぐにでてきます。
出掛ける前にチェックして話題にしちゃいましょうね。

こんな感じで↓
「昨日、中国で大きな地震があったみたいだね」
「そうなんだってね。びっくりしたよ。」
「日本も地震大国だから気をつけないとね。」
「そうだね、備えあれば憂いなしだね。」
みたいに。

ニュースは必ず共通の話題になります。

話すことが見つからないときは
ニュースをそのまま話しちゃいましょう!

これで緊張しても話すことに困らないはずです。


4、すでに知っている人だと思おう


初めて会うその人もなんとなく誰かに似てる
ってかんじることありませんか?

「この人は、中学のときの友達に似てるなぁ」
とか
「この人、親戚のおじさんと話し方がそっくりだなぁ」
とか
親戚のおじいちゃん
あるいは
「お笑い芸人オードリーの春日に雰囲気が似てる」
「歌手の倖田來未にそっくりだ」

とか。
似ている人を探してみます。
頭のなかでね。

で、その似ている人を思いついたら

その人に話しているつもりで話せばいい

のです。
初対面だけど、前からあなたのことを知ってるよ
って雰囲気を出しながら話しちゃえばいいんです。

そうすると相手も
「あれっ、前にどこかで会ったことあったっけ?」
前に会ったことを思い出す男性
って感じ始めるので勝手に親近感
仲良くなれます。

そのためにも普段からいろんな人に話しかけて
いろんな人のパターンを覚えておきましょうね。

それから、

5、相手への興味・好奇心むき出し話法

これはとても大切なお話です。
好奇心をもつ男性

と、いうのも緊張しないためには
これを知っていれば大丈夫!そういう話だからです。

緊張するときっていうのは
相手のことをみているよりも自分のことを考えてます。

これはほぼ絶対です。
緊張するときは自分のことを考えている。

なにを言えばいいのかな?
こういったら相手はなんていうかな?
もしかして嫌われちゃうかも。
じゃあ言わないでおこうかな。


と、
頭のなかで自分とずっと会話してます。
その結果、

緊張する。

自意識過剰っていう言葉がありますがまさにそれ!
自分のことばかり考えて
勝手に自滅するんです。
自意識過剰で緊張する男性

しかも
相手のことに興味をもってあげることができなくなります。

だから相手からしても
「なんだこいつ、オレの話に興味ないのか」
って不機嫌に!
ご機嫌ななめの女性

ますます話しづらくなって・・・緊張します。

だから、まず自分のことは考えない。
初対面から好かれる必要なんてないんです。

むしろ、初対面で嫌われた方があとあと評価があがりやすい。
ギャップの法則です。

評価をいったんわざと落とすことで
あとで少しいいことをしただけでその株価は急上昇!
それがギャップの法則です。なので、

最初は嫌われたっていいんです。
あとからでも挽回のチャンスはたくさんあります。


それよりも相手のことに興味をもってみましょう。
そしたら、自分のことを考えないので緊張から気持ちが離れ、普通に話せるようになります。

相手も話していて楽しいので
ますます話しやすくなることでしょう。

「あ、この人わたしのことに興味をもってくれている。うれしいな。もっと話したいな」

そう思ってもらえたら勝ち。
あなたが何をいっても肯定的にとらえてもらえるので、緊張しててもなんともおもわれなくなります。
むしろ、そんなあなたの一生懸命さにココロを打たれ
感動してもらえるかもしれません。

では、どうやって相手に興味を持てばいいのか。
それは簡単です。
興味深く話に聞き入る女性

相手の言っていることに興味を示す話し方をする。
ただそれだけ。
それが

好奇心むき出し話法

なのです。
相手がなにか言ったらその言葉に対してとにかく興味をもって聞いてみるのです。
相手の話に好奇心をむき出しにして話してみるのです。

たとえばこんな感じで・・・
「私、出身が鳥取なんですよ。」
「へぇ、鳥取ですかぁ。鳥取ってどんなところなんですか?」
「砂丘があって、梨が有名ですよ。」
「そうなんだぁ、いいなぁ。砂丘ってどんな感じなんだろう、行ってみたいなぁ。」
「いや、ただ砂があるだけでつまんないところですよ。」
「そうなんですか。でもいいじゃないですか。砂だけしかないなんて、幻想的じゃないですか。」
「たしかにそうかもね。」
「それに梨が有名なんですよね。砂丘で梨、食べてみたいなぁ。」
「あはは、じゃあ今度一緒に行こうか。」
って相手の話をただ拾ってそれを大げさに言っているだけ。
それだけのことですが、相手からしたら嬉しいんです。

普通の人ならこうなります。
「私、出身が鳥取なんですよ。」
「そうなんですね。私は長野が出身です。」
「あぁ、そう。」
「えぇ、そうなんです。」
「・・・」
「・・・」
「あ、えっと、趣味は車でドライブです。」
「私の趣味は読書です。」
「へぇ、そうなんですね。本よく読むんですか。」
「まぁ、たまにですけど。」
「あぁ、そうなんだ。」
「・・・」
「えっと、(う〜ん、なにを話そうかな。)」
この気まずい雰囲気、
なんとなくわかるでしょうか(笑)

どちらも自分の話をしたいので、
言葉に詰まってしまいます。

しかも自分の話をしても相手の反応が悪いから、
話すべきか話さないでおくべきか考えてしまうからです。

だから気まずい状況に。
興味深い話を聞き入る女性
それを打破するためにも
ぜひ「好奇心むき出し話法」をお試しください。

好奇心は隠す必要はありません。
むき出しでOKです。
露出しちゃってください。

そして、

6、初対面の相手は蜘蛛(クモ)みたいなもの。


蜘蛛ってあなたは好きですか?
糸でネット状の巣を張るあの昆虫の蜘蛛のことです。
蜘蛛

私は正直大っ嫌い

・・・でした。
でした、って過去形なのはいまはとっても好きなんです。

昔は蜘蛛って見た目がおっかないし、
噛み付くとか言われていたし、
そこら中に巣を貼って迷惑だなぁって思ってたんです。
巣をはる蜘蛛
けど、ある話を聞いてから
その日のうちに蜘蛛が大好きになりました。

それが・・・
芥川竜之介の「蜘蛛の糸」

簡単にいうと、こんなあらすじです。↓
お釈迦さまがある時、たまたま暇だったのでしょうか。
それとも散歩をしていたのでしょうか。極楽の世界から地獄を覗き見ました。
お釈迦様のイメージ

すると、その中に生前にいろんな悪事を働いた泥棒カンダタを発見。
このカンダタ、超極悪人なんですが、それでも一度だけ、本当に一度だけだけどいいことをしたことがありました。
それが、小さな蜘蛛を踏み殺そうとしたのを思いとどまって、命を助けてやったこと。
「カンダタ、いいやつじゃん。」
なのでお釈迦さまは、一本の蜘蛛の糸をカンダタめがけて下ろしました。
カンダタを地獄から極楽へ導くために。

で、極楽から下がる蜘蛛の糸を見たカンダタは「ラッキー!これで極楽に行けるぞ。」って思い必死に登り始めました。

イメージではこんな感じ(じっさいは1本の蜘蛛の糸)
蜘蛛の糸で極楽を目指す少年

ところがです。
昇っているときに下を見下ろすと他のたくさんの罪人までもが昇ってくるじゃないですか。
「ヤバい、このままじゃ切れちゃう。糸が切れちゃう。」
そう思ってこう言いました。。
「降りやがれ、この野郎。だれに断ってこの糸を昇ってきたんだ、べらぼうめ。」
と。
そしたら途端に糸がプッチンと切れてカンダタは地獄にまた堕ちて戻ってしまった。

それを見たお釈迦さまの悲しそうなお顔。
悲しいお釈迦様のイメージ

う〜ん泣けるなぁ。

(フリー百科事典Wikipediaより一部抜粋&かなり編集と脚色。)

というお話です。
一度は聞いたことがあるお話と思います。
小学校の国語の授業で読んだことでしょう。覚えてないかもしれないけど(笑)

この話を聞いてからそれまで嫌いだった蜘蛛が
めっちゃ好きになったんです。
だって蜘蛛助けたら極楽行けるし。

単純ですね(爆)

けど、本当に蜘蛛っていいやつなんです。
たとえば、家の天井に蜘蛛の巣が張ってますよね。
あれを見て
「やだ、蜘蛛が巣を張ってるわ」
っていう奥さんがいます。
蜘蛛を嫌う奥さん

けど、
蜘蛛が巣を張ってくれているから、ほこりが天井から落ちてこないのであって
また、血を吸うかとかブンブンうるさいハエを捕まえてくれるので家のなかにへんな虫がいないとか
いいことたくさんしてくれてるんです。

もし蜘蛛がいなかったらどうなるでしょう?

おそらくいろんな虫がたくさんでてきて
あなたを襲ってくるでしょう。

ハチとかアブとか
そういうのも蜘蛛が捕まえてくれているから
刺されずににすんでいるんです。

本当ですよ。

だからここで何をいいたいのかというと
蜘蛛
初対面の相手は蜘蛛なんです。

ってこと。
見た目がよくなくてもとってもいいやつなんです。

緊張なんてしなくたっていいし、
むしろもっとフレンドリーに接したっていいんです。

蜘蛛 ほんと思い込みで嫌なやつって思ったら
もったいないですよ。

かわいい蜘蛛だと思って仲良くしてやってください。

そして、

7、まずは場慣れ練習からはじめよう


さて、ここまで初対面の人ともそれほど緊張せずに
話せるようになったことでしょう。

けど、そうは言ってもいざ本番になると緊張するもの

だから練習しましょう。
初対面に場慣れするための練習です。

初対面に対して場慣れをしてれば緊張しません。

で、どんな練習かというと
いかに初対面の人と話すか
・・・っていう練習

えっ、初対面の人と話すってそれができないから苦労してるんじゃないか

って思うかもしれないけど
じつはそんなことはありません。

あなただって初対面と普段から接しているはずです。

たとえば
お店の店員さん
レジ店員と会話するお客

コンビニに行ってもスーパーに行っても
そのほとんどは初対面ではないでしょうか。

そうですよね、
初対面ですよね。

じつは普段からあなたは初対面と会っているんです。
意識していないだけで初対面と会っているんです。

驚きましたか。

あなたが初対面の人と話すに緊張するのは、
初対面だから緊張するんじゃないんです。

初対面だと思うから緊張するんです。

たとえば、
レジの店員さんに緊張しますか?・・・しないでしょ。
掃除のおばちゃんに緊張しますか?・・・しないでしょ。
レジの店員さん

「レンジで温めますか?」
って聞かれて
(うわ〜、緊張する。どうしよう、、)
って思いますか?

思わないですよね。
そうなんです。
初対面でも緊張しないんです。

けれど、意識した瞬間に緊張は始まります。

たとえば、レジの店員に
「あのぉ、良かったら友達になってくれませんか?」
って言えますか?
緊張しますよね。それは意識しているからです。

意識したら緊張します。
同じ初対面でも意識したら緊張するんです。

だから、
訓練
です。

初対面の人と意識しても緊張しないように訓練していきます。

つまり、それが

初めていくお店の店員さんに声をかけてみる。

これをやってみてください。
ポイントは初めていくお店ってところ。

初めていくお店だから失敗してもいいですよね。
もう2度と行かなければいいだけの話だし。

けれど、あたまではわかっていても
お店の人とはいえ、緊張するとは思います。

けど、だからいい。
緊張しなかったら練習の意味がありません。

それに、失敗したっていいじゃないですか。
どうせ会わないんですよ。あなたが会いたくなければ2度と。

とことんお店の人に話しかけてみてください。

これは練習です。
初対面との緊張をなくすための練習です。

やればやるだけ初対面の人でも緊張しなくなってきますよ。
場慣れってそれくらい大事なんです。
知識よりも経験です。


それはいいけど、じゃあ何を話せばいいの?

って思っているかもしれないので
いくつか話す言葉を挙げておきますね。
1、商品の位置を教えてもらう。
「すみません。チーズってどこにありますか?」

2、営業時間を聞いてみる。
「今日は何時までやってますか?定休日はいつですか?」

3、レジ袋をつけてもらう。
「すみません。レジ袋ください。」

4、地図を教えてもらう。
「道に迷っちゃったんですけど駅はどっちですか?」

5、トイレを借りる
「漏れそうなので、トイレを貸してください。」

これをいろんなお店に行って
できるだけ多くの人に聞いてみましょう。
お店のことを聞く女性

できればかわいい女の子にね。
(あなたが女性の場合はイケメンに!)

楽しいですよ。
やっているうちに初対面に慣れるし
初めて会う人との出会いが待ち遠しくなります。

あとはいかにあなたが声をかけられるか、ただそれだけです。
ぜひやってみてください。

それとおまけで、もうひとつ。

できるだけ初体験を増やしていってください。

初体験ってHだけのことではないですよ(爆)
どこか新しい場所に旅行するでもいいし、あるいはいつもと違うルートで出掛けてみる。
旅行で初体験をする男性

そんなことでもいいです。

それをやることで初対面にも慣れてきます。
なぜって?

初対面も初体験だから
です。

初体験の数だけ初対面も自然と慣れてきます。

じゃんじゃんやりましょうね。初体験!

・・・

さて、いかがでしたでしょうか。
これで初対面でもそんなに緊張しなくなりましたね。

いまはそうでなくても、

やっていくうちに初対面で人に会うのが
と〜っても楽しみになるはずです。


何度も記事を読み直してこの7つのポイントを抑えてくださいね。

では、今回のまとめです。
ここまでを振り返りながらチェックしてみましょう。

初対面で緊張しないための7ポイントとは・・・

  • 初対面の初対面だと知っておこう→相手にとっても初対面。だから相手だって緊張している、あなただけでないんだから緊張は隠さなくたっていいよ。
  • 自分からあいさつ→自分からさきに挨拶してしまおう。自分からさきに声をかけてみよう。すると「この人話しかけやすい人」って思ってもらえます。
  • 共通点探し・共通の話題→共通点を探してそれを話そう。または、朝ニュースをみてそれを話題にしてみよう。共通点があるだけで盛り上がります。
  • すでに知っている人だと思う→その人は誰に似てますか?その人に話しかけている気持ちで話しかけてみましょう。すでに知っている人なのだから緊張しないはず。
  • 相手への興味・好奇心むき出し話法→相手に興味を持ってみよう。自分のことを考えると緊張するから、徹底的に相手のことを見て聞いて口説いちゃってください(笑)
  • 初対面の相手は蜘蛛と同じ→蜘蛛って見た目は悪いと思われがちですが、めっちゃいいやつなんです。初対面のその人も同じ。話せばめっちゃいいやつなんです。
  • まずは場慣れ練習から→初対面に慣れる為にはまずはいろんな初体験をしてみよう。たとえば、初めてのお店に行って店員さんに話しかけてみたり。それもまた初対面だからね。

この7ポイントを抑えて初対面に望んでみてください。
初対面で会うのが楽しくて楽しみになってきますよ。

とくに最後の場慣れの練習はぜひやってみてくださいね。

こちらの記事も参考に〜↓

初対面の人に好印象を与えるきっかけ・言葉・話題とは…

初対面で会話で困ったときの3つの方法、教えちゃいます!

人に好かれる言葉不要の5つの方法


それでは、
今回も最後までよんでくれてありがとう。

次回の記事もどうぞお楽しみに!

スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ