プレゼンの緊張はたった3つの方法で解決できます。

プレゼン、とっても緊張しますね。
会議でプレゼンするのに緊張する男性

私もプレゼンはとにかく苦手・・・でした。

考えただけで汗はダラダラ
目が回りそうで、緊張のあまりトイレで
ゲーゲーやったことがあります。

プレゼンの緊張で吐き気を催す男性

そのくらいプレゼンが苦手
大っ嫌いで逃げ出したくなりました。

どうして他の人は普通にできるのだろう。
どうして他の人はあんなにも楽しそうなんだろう。

なぜできるのか疑問を感じる男性

理解できませんでした。

けど、それは2年前のこと。

いまはプレゼンも人前で話すのも得意です。
どこでも誰の前でもプレゼンや発表をすることができます。

100人のまえでも
ふつうにどうどうとプレゼンできます。

それはなぜか?

というと、それは
プレゼンで緊張しないための方法をみつけたから

です。

たった2年の間にあれこれやってみたら、
ついに見つけました。プレゼンで緊張しない方法を。

それを今回あなたに3つにまとめてお伝えします。

もちろんこの3つ以外にも緊張を和らげる方法はたくさんあります。
が、
あえて3つに絞りました。

それは、あなたにぜひ使って実感してほしいから。

たくさんあっても混乱するだけです。
それよりも実際にあなたに使ってみてほしい。
だから3つに絞りました。

この記事を最後まで読めば
あなたはプレゼンや発表で緊張しません。

堂々と話せるようになります。
プレゼンに限らず人前で話すことに自信を持てるようになります。

おぼえておいてください。

必ずあなたは緊張せずプレゼンできます。

それは絶対です。

では、さっそく
その緊張しない3つの方法を紹介しましょう。

プレゼンや発表で緊張しないためのたった3つの方法とは・・・

  • プレゼンの場慣れをする
  • 準備と練習をする
  • ビデオ撮影をする
たったのこれだけです。

シンプル過ぎて拍子抜けかもしれませんが、
効果は絶大です。

ぜひ、最後までお読みいただき
できるところから始めてみましょう。

では、解説に入ります。

スポンサーリンク




と、いうことでまずは、

方法1、プレゼンの場慣れをする

まずは場慣れ(ばなれ)しましょう。

プレゼンをするのに場慣れはとっても大事です。


なぜなら、
あなたがプレゼンでどんなにいいことを言えるとしても
いざプレゼンの場に立って緊張してしまったら・・・

言いたい言葉が出てこない

からです。

そうですよね。

だから、
何を言うかが大切なのではなく、
いかに緊張せずに堂々と話せるか

そっちの方が大事なんです。

だからまずは場慣れをしていきましょう。

なるほど。っていうことは、
どこか別のプレゼンに参加すればいいんですか?


といわれるとそうでもありません。

もちろん、それでもいいのですが、
そんなことしなくても、いいんです。

もっと身近なところで、練習すればいいんです。

たとえば、

あなたの友達。
1人や2人、仲のいい友達っていますよね。

何でも話せて何でも相談に乗ってくれる
そういう友達を思い浮かべてみてください。

そして、
その友達にこう言ってみるのです。

あなた:「悪い!親友を見込んでお前にお願いがあるんだけど・・・。」

友達:「あぁ、いいよ。なんでも言ってみ。」

あなた:「じつは、オレ来週プレゼンしなきゃならないんだわ。
けどさ、正直オレびびりじゃん。
だからお願い。プレゼンの練習に付き合ってよ。」


ってね。

そしたらまず「いいよ!」って言ってくれるので
その友達で練習してみたらいいんです。
プレゼンの練習してみたらいいんです。


はっきり言ってこれはかなり効果的!

ひとりで頭のなかだけでイメージしているよりも
10000倍効果的です。
どんだけ〜!

どんだけ頭のなかで、最初はこう言ってこうやろう
って考えてもいざ本番になると言葉が出てこないですから。

とにかく友達にお願いしちゃうんです。

友達にあなたのプレゼンを聞いてもらって感想を
言ってもらいます。
会議のプレゼンで友達の感想

「まぁ、内容はいいんだけさ。最初ちょっと早口じゃない?」

って言われたら、
今度は最初の出だしをゆっくり話してみましょう。

と、いった感じで、

その繰り返しで一気にプレゼンスキルも身につくし
緊張もしなくなってきます。


これが・・・
友達場慣れの練習法

友達離れじゃないですよ(爆)
友達場慣れです!

友達がいなければ親でもいいし、先生でも上司でも
あるいは私でもいいです(笑)

ほんとうに誰でもいいので、
プレゼンに付き合ってくれそうな人を探してお願いしちゃってください。

これやってるとプレゼンだけでなくナンパもうまくなるし
いいことだらけです。


さて、プレゼンの場慣れをしたところで次、

方法2、準備と練習をしよう

プレゼンの準備と練習をしていきましょう。

練習はさっき友達でやったように
誰かに付き合ってもらうのがいいでしょう。

もちろん、ひとりで練習するのもいいですけど。

練習したぶんだけ上達するのは間違いありません。
練習して体でおぼえちゃってください。

なんどもやってカラダでおぼえる!

誰だって最初は初心者です。
なんだかんだ言ったって、練習するしか上達の道はないのです。

緊張もそうやってしなくなるものです。

わたしもそうだったので、
とにかく練習すること!

これにつきます。

それと、
プレゼンの準備ですが、

プレゼンの準備って何を準備したらいいんだろう、
って思いませんか?

え〜と、発表するためのスライドでしょ。
配布資料でしょ。それから、あとなんだろう・・・??

思い浮かばない女性

それくらいしか思い浮かばない

…かもしれません。

けどね、それだといざ発表するときに
緊張したらなにをいえばいいのか、わからなくなってしまいます

だからこれを準備しておきましょう!

それは

  • 「最初に話す言葉」
  • 「絶対に伝えたい言葉」
  • 「最後に話す言葉」

  • これです。

    これだけ覚えておけば緊張してしまったとしても
    相手には伝わります。


    たとえば

    最初に話す言葉:
    「みなさん、こんにちは。〇〇(=あなたの名前)です。
    これから、どうしたら長生きできるのかについてプレゼンしたいと思います。
    どうぞ最後までよろしくお願いします。」


    絶対伝えたい言葉:
    「健康で長生きの秘訣は、1口食べるのに30回よく噛むことです。」

    最後に話す言葉:
    「最後までお聞きいただきありがとうございました。」

    ・・・


    これでバッチリです。
    プレゼン時間は30秒で終わってしまいますが、ちゃんとあなたの伝えたいことは伝わってきますし、
    最初と最後がまとまっているので

    「あ、すごくわかりやすかった。そうだったのかぁ。おもしろい!」

    って思ってもらえます。

    だから緊張してもOK。
    緊張してもOKと思えるから緊張しなくなるんです。

    緊張って緊張しちゃいけないと思うと緊張しますからね(笑)

    緊張してもOKなら緊張はしなくなります。


    で、最後の3つめのプレゼンで緊張しない方法は・・・

    方法3、ビデオ撮影をしてみる


    あなたのプレゼンの様子をビデオカメラで撮影して
    それをじっくり見てみましょう。

    録画するイメージ

    そして、

    それを最低10回やってみてください。

    最初は見るのも嫌だなぁ、、って思うとは思いますが
    それが10回見ていると

    「あれっ、自分ってこんな話し方してたんだ。こんな動き方してたんだ。」って
    じぶんで自分を客観的にみれるようになってきます。
    客観的にみるイメージ

    そして、

    客観的に自分をみれるようになったらしめたもの。
    あなたがプレゼンをするときにも客観的に自分をみれるので

    「あ、オレいま緊張してる?でも、オレっていうよりもなんか別のもうひとりの自分が緊張してるみたい。」

    そう思ってだんだんと緊張から意識が離れ・・・

    緊張しなくなるんです。

    そうなんです。
    緊張しているときって自分を客観的にみれていません。

    だけど、ビデオで何度も何度もあなたがあなたのプレゼンをやっているところをみていると、
    自分を客観的に、第3者の目線からみれるようになって、緊張しなくなってきます。


    私も何度もやってます。
    だから、まったく緊張しません。

    なので騙されたとおもって
    このビデオ撮影、ぜひやってみてください。

    そして、何度も何度もビデオでプレゼンの様子を撮り直し
    できるところで改善していってみてください。

    必ずプレゼンがうまくなりますから。

    めんどくさいと思うかもしれないけれど、
    プレゼンで緊張するよりもずっといいでしょ。

    やってみてくださいね。

    ・・・

    というわけで、
    以上プレゼンや発表で緊張しない3つの方法でした。

    最後に、ポイントをまとめておきますね。

    プレゼンの緊張を克服する3つの方法とは・・・

    • 1、友達を使ってプレゼンの練習をしよう。
    •   で、何度も練習してプレゼンの場慣れしちゃおう。

    • 2、最初に話す言葉、絶対に伝えたい言葉、最後に話す言葉
        ・・・この3つを準備しておこう。
    • これだけ話せればもうバッチリ!

    • 3、ビデオであなたのプレゼンの練習を録画し最低10回見てみよう。
    •   そしたら自分を客観的にみれるようになって緊張しにくくなります。

    ぜひやってみてください。

    これでプレゼンでも発表でもスピーチでも緊張を克服できます。

    とにかくプレゼンは場慣れ
    何度も何度も練習してうまくなっていくものです。
    緊張しなくなっていくものです。
    会議や結婚式でスピーチする男性です。

    いますぐ友達さがしてやってみましょう!


    ※もし、まだ不安って方は
    私の書いたこちらの記事もオススメです↓

    発表に緊張しなくなるための7つの対処法

    複数との会話が1対1のように話せるようになる方法

    グループディスカッションの苦手をなくすコツ

    スピーチの苦手がなくなり、すぐに話せる3つのコツ



    では、今回はこれで終わりです。
    最後まで読んでくれてありがとう!

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    当てはまる値を入力してください。 *

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ