相手を会話に引き込む、大げさリアクション3つの話法とは…

会話の反応がめっちゃ上がる。
あなたの話を聞かずにいられなくなる。


今回のテーマは

「大げさリアクション話法」です。

ふつうレベルがこのくらいなら↓
相手を会話に引き込むイメージ

どのくらいおおげさかというと、
このくらい大げさです↓
極端に大げさな男性

あるいはこのくらいおおげさ!
会話を大げさにする少年

かなり大げさ!
大げさに会話をする男性

このことを知っているだけで
あなたの話をもっと聞きたいっていう人が
たくさんでてくることでしょう。

それってとても嬉しいですよね。

この記事を最後まで読んでもらえれば、
あなたの会話の反応がグッとよくなるはずです。


うん。

それで、本題に入りますが、

じつは・・・

ふだん何気ない会話のなかにこそ

  • その会話が盛り上がるか
  • それとも盛り上がらないか
…の違いが隠されています。

その違いとは、ずばり

「リアクション」

があるかないかです。

ちょっと想像してみてください。

誰かの話を聞くときに

「はい、はい、そうだね。その通り。」
会話に無関心な男性

って聞いているのと

「えっ、それってどういうことなんですか?ぜひ教えてください。」
恋愛の会話に興味をもつ女性

って聞くのとでは、

話している人の聞き手への印象って
180度違いますよね。


ただ相手の言っている言葉を、右の耳から左の耳に流して
何も考えずに相づちをうっても

(あっ、この人は聞いているふりをしているだけで
ほんとうは自分の話なんて聞きたくもないのかも。)

聞いているフリをしている女性

って
無意識にも感じてしまうものです。

しかし、

相手の話した内容に合わせ、
大げさに反応したならどうでしょう?

(これは、たとえあなたが相手のその内容を理解できてなくてもです。)

相手はその様子から
(この人は私の話をわかってくれようとしている。嬉しいなぁ。
それならもっとすごい話もしちゃおうかな。)

相手に話を理解し共感する女性

と、そんなふうに、
あなたにかなりの好印象を持ちはじめます。

試してみれば分かります。

今度あなたが人に会ったときに
相手の話を普通な感じで聞いてみてください。

相手が段々と話しにくくなり、途中でやめてしまうでしょう。

一方、
あなたが相手の話を大げさに受け止めて

「それ、すごいね。知らなかったなぁ..」
「あぁ、そういうことかぁ。よく知ってるねぇ。」


って反応すれば

相手が勝手に、そして楽しそうに話はじめます(笑)
そして止まることがありません。

こっちが何も喋らなくてもOK。
おおげさにリアクションをとっているだけでいいんです。

それが、大げさリアクション話法です。

では、
ここでポイントをお伝えしておきましょう。
全部で、3つあります。

相手を会話に引き込む、大げさリアクション話法3つのポイントとは・・・↓

1、おおげさなリアクションは言葉と表情を一致させること。
2、言葉には小さい「あ・い・う・え・お」を入れること。
3、あまり大きな声でやらないこと。

この3つです。

どういうことか簡単にですが、
ひとつずつ説明していきますね。

スポンサーリンク




まず最初の

話法1、言葉と表情を一致させること

これはこういうことです。

あなたが言葉だけで

「それは、すごいですね。」
言葉と表情が一致してない少女

と言ったとします。

すると、相手の人は

(はぁ、嬉しいけどそれってどうせお世辞でしょ。)

って思ってます。
まず間違いなく。

そこに感情がこもってないから当然です。

なので、ちょっとひと工夫

どうするかというと、
「すごいね。」というと同時に、
本当にすごいと思ったときの表情をするんです。

こんな感じで↓

わ〜、すごいですね。
感情をこめて相手をほめる少女

これでバッチリ!

それに・・・
たとえすごいと思えなくても、構いません。
思えなくてもいいから、演じてみるんです。役者のように。

それだけで、
(ただ私の会話に合わせて言ってるんじゃないな、本当にそう思ってるんだな)って
感じてもらえます。

簡単ですよね。

演じればいいだけなのですから。
言葉と表情をちゃんと一致させましょう。

で、その次の

話法2:言葉に小さい「あ・い・う・え・お」を入れる。

ですが、これは先ほどの例でいえば、

「すごいね。」よりも「すごいね。」
あるいは
「うわ、すっご〜い。」

「お〜、すご

って語尾に「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入れる、ただそれだけです。

そうすると本当にそう思っているんだって
感じてもらえるはず。


(言うつもりはなかったけど、思わずポロっと言ってしまったんだ。)
ボロっとつぶやく少年

そんな印象を与えられます。

語尾に「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入れることで
言葉に気持ちがこもるのです。


これもまた簡単ですね(笑)

で、最後の

話法3:あまり大きな声でやらないこと。

これが意外と大切なことなんです。

大げさリアクションなのになんで??

って思われるかもしれませんが、それは

あまり大きな声でやると「わざとらしい」って思われるからです。


だから、
リアクションは大げさにしながらも
ちょっと控えめの声でやってみる。

「すごいね。」
よりも、

「すごいね。」

です。

あるいは、
「すごいね。」

でもいい。

すると、

まるで心の中で思っていたことを思わずつぶやいてしまったような

そういう印象を与えられるんです。


大切なことなのでもう一度、言います。

「大げさなリアクション、だけど、わざとらしさがないこと。」

大げさに表現しながらも、
声は、と〜っても小さく!

「すごいね。」
小さな声を聞こうとする女性

これこそが、大げさリアクション話法を
120%うまくいかせるための究極の考え方です。


ぜひあなたも
これからのコミュニケーションに大いに活かし
楽しい人間関係をいっぱい、い〜っぱい作っていきましょう!


こちらの記事もよかったらどうぞ↓

一人でできる簡単な会話力UPトレーニング

言葉に詰まるをなくす1つの考え方と2つの方法

会話が苦手な人の4つ共通点、あなたは知ってましたか?



最後までお読みいただきありがとう!
ぜひ日常のなかで大げさに活かしてみてください。


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ