モテ声トレーニング5連発!声だけで口説き落とせ

だけでモテるって?

そんなバカな。

でも、声だけでモテることはできます。

あなたがどんなに人見知りで緊張しやすかったとしても
声を変えるだけで相手の人が

「いやぁ〜ん、あなたの声、最高だわ!惚れちゃいそう。」
電話

と、あなたにべた惚れです。

では、その方法を今回はお話していきましょう。

最後まで読んでもらえれば、
声をつかうだけで口説き落とせるでしょう。

・・・

さてさて、

声だけで相手の人を落とすには
最初に知っておいてほしいことがあります。

それは、

人はそれぞれ好きな声がある。
そして嫌いな声がある、
ということです。

あなたが好きな声をその人が好きとは限らないわけで
逆にその人がいいと思う声をあなたは嫌いだと思うかもしれません。

なので、あなたにはこれから
相手の人が好きな声で会話ができるようになってもらいます。

そのために、

・声の大きさ
・声の高さ、低さ
・話し方のリズム
・抑揚(イントネーション)の変化
など、それらを意識して変えていくことで、
相手はあなたに無意識で好印象を感じ始めていくことでしょう。

でも、どうすればその声をだせるの?

って思いますよね。

それは、
その人が好きな芸能人や歌手のマネをすればいいのです。

相手にとって好きな人の声をまねすれば、
そりゃあ好きになってもらえますよね。

けど、あからさまに真似しても「なんで、まねしてるの?」
って言われるのがオチです。

なので、話す内容はいつものあなたのままで
話し方や声を出し方だけをまねします。

でも、どうやってやればいいの?
って思われることでしょう。

その方法はこうです。

スポンサーリンク




それは、
その芸能人や歌手になりきった気持ちで演じる。

そう、演じればいいのです。

演技だから別に違和感がありませんよね。
それを、声をどうやって出そう、なんて考えるから
妙な力みが入ってきちんと話すことができません。

演じるのです。

あなたがなりきってその声を出すのです。

そしたら、あなたの好きな人は無意識に

「なんか、この人私のすごく好きな声の出し方をする。
もしかして、私、この人のこと好きなのかな?」

声が大好きで惚れてる女性

と、勝手に勘違いしてくれます。

・・・
なるほど、よくわかった。
演じればいいんだな。

でも、もっと具体的な方法はないの?
演じる前に、どう演じたらいいか知りたいな。


はい、大丈夫
ちゃんとその方法もあります。

それは・・・

つのモテ声トレーニングを毎日分やること。

です。

え〜、5つもトレーニングしなきゃんなんないの?

って感じですが、
べつに1つだけでもいいですよ。
どれもすぐにできるものばかり。
しかも効果がすぐに現れるので楽しくなってきますよ。

では、その5つの方法を順に紹介していきましょう。

1、英語トレーニング。


まずは英語。
英語で会話できるようになってもらいます。

えっ、なんで英語??わけわからん。
なぜやるのか疑問の男性

なぜなら英語を話せるようになれば
日本人では表現できないようなことまで声だけで
表現できるようになるからです。


英語のテレビやラジオを聞いて
それを真似て話してみましょう。

英語を話せるようになることが目的ではなく
英語を話すことであなたの滑舌がよくなり、
1ヶ月もやれば、驚くほど声がよくなりますよ。


こちらも参考まで↓

滑舌が悪いと口べたに!?なら滑舌よくしてモテモテに。



2、ガムを噛むトレーニング。

2つ目のトレーニングは

ガムかみかみトレーニング
っていうトレーニングです。

とにかく何度もガムを噛んでみましょう。
表情筋を鍛えるガムを噛む女性

これは、表情筋を鍛えて滑舌をよくするためのトレーニングです。

ガムを噛むことくらい、簡単にできますよね。
さっそくあとでお店に行って買ってきましょう。

噛めば噛むほど声がよくなりますよ!

ただし噛みすぎてあごを痛めないように、
たまに休憩もいれてね。

3、大あくびトレーニング


眠い、、そんなときは大あくびをしてみましょう。
そして、そのあくびをしているときの喉の感じで声をだしてみましょう。
あくびで声を出す少年

すると、結構大きな声をだせるはず。

普段からこの感じを意識していると
声の大きさがおおきくなって、それだけでも自信につながります。


どんどんあくびしちゃってくださいね。

4、自分の声を聞くトレーニング


ボイスレコーダーなどに自分の声を録音して聞いてみましょう。

こちらの記事のように、

4つの会話練習法。これで口べたにさようなら。


そうすると、
思ったよりもいい声だったり、
逆に「オレってこんな声だったっけ?」

と、感じることでしょう。

けど、それをやっていると段々に
自分の声が客観的にみれるようになってきて
そして声を自由自在にコントロールできるようになってきます。


やればやるほど、自信もつきますのでこれはぜひやってみてください。

5、感情を入れて話すトレーニング。


怒っている人の声、泣いている人の声、笑っている人の声、、
同じことを話していてもその違いはわかりますよね。

なので、このトレーニングでは
同じ言葉を感情で表現してもらいます。

「こんにちは」

を怒った感じで。
泣きそうな感じで。
笑いをこらえた感じで。

あるいはセクシーに(笑)

いろんな感情を込めてやってみましょう。

こちらのように、

会話に感情がこもらないときに感情を入れる3つの方法



ここでのポイントは

最初は大げさに、

そしてそのあとは気がつかれないように微妙にやります。

えっ、なにか違いがあるの?
ってくらい微妙にやるのです。

ぜんぶ同じ「こんにちは」にしか聞こえないけど・・?
違いがわからず疑問を感じる女性

ってくらい微妙にやるのです。

これによって相手の感情さえも
こちらの声でコントロールできてしまうのです。


ぜひお試しあれ!


***

以上がモテ声トレーニング
まとめるとこうなります。

5つのモテ声トレーニングとは・・・

  • 英語トレーニング→英語を話すことで滑舌がよくなり、日本人では表現できないような微妙な表現までも声で伝えられるようになります。
  • ガムかみかみトレーニング→ガムを噛むことで表情筋がよくなり、声の質がかわります。
  • 大あくびトレーニング→あくびをするように声をだしてみましょう。それにより大きな声をだせるようになります。
  • 自分の声を聞くトレーニング→ボイスレコーダーを通して自分の声を聞いてみましょう。それによって自分の声を客観的に聞けるようになり声のコントロールがしやすくなります。
  • 感情入れトレーニング→同じ言葉でも感情をいれるだけでその印象は変わります。大げさな感じから微妙な感じまでバリエーションをいろいろ試して練習してみましょう。やがてあなたは声だけで落とせるようになるでしょう。

毎日5分1ヶ月やってみてくださいね。
必ずモテ声になれるはずです。


こちらの記事も参考までに↓

おもしろい興味深いと思われる話ができる3つ方法

しぼんだ会話をふくらます3つのフレーズとは・・・

モテ会話で惚れさせろ!脅威の間接好き好き攻撃




会話がどんどん楽しくなること間違いなし!

では、
今回も最後まで読んでくれてありがとう。
また次回もお楽しみに!

スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ