勝手に好きにさせる、4つのべた惚れ会話術

つうの会話をしてるだけで
あなたを好きにさせられる・・・


相手のことを好きになった女性

この方法を知ってれば、
べた惚れにさせられます。

簡単な方法です。

たった4つのことを知ってればOK。

それだけで、
べたぼれです。

今回はここでその方法を
あなたにお伝えします。

やれば必ず好きにさせられますから、
ぜひ、最後まで読んでやってみてください。


こちらの音声も聞きながら…↓

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→勝手に好きにさせる会話術の音声です
※5分13秒の音声です。

では、解説です。

スポンサーリンク




では、まずひとつめ、

1、恋をしている感覚で話してみよう

恋している感覚とは
きわめて単純。

こんな感じで↓
恋でドキドキしている様子

ドキドキ

しながら、話すということ。

なんだそんなことか。

と思うかもしれない

けど、
それだけで、その子は

あなたに恋をしはじめます。

なぜなら、

人間は他人の感情に影響をうけて
自分の感情と勘違いする生き物だから
です。

なので

好きな人がそばにいるときは、
無理に緊張を抑えようとしないで、声にドキドキを乗せる。
好きだと伝える女性

それだけでも相手はあなたのドキドキにあわせて・・・

無意識にドキドキしはじめます。


ドキドキして話せば、絶対に相手はあなたを好きになります。

絶対です。

で、次です。
ふたつめのべた惚れ話術は

2、自分がドキドキすることをそのまま相手にやってみる。


たとえば

異性からいきなり、なにげなく触られる。
頑張ってねと励ます恋人考え方に同情する恋人

これって嬉しくないですか。

嬉しいですよね。

なので、あなたもそれを相手にやってみましょう。

他には
目が合ったら笑顔になる
笑顔で挨拶する女性

というのも、
もし異性からやられたら嬉しいですよね。

なので、あなたも相手にも目が合ったら笑顔になって
話しかけてみましょう。


これをやれば、べた惚れです。

こちらも参考に↓

あの子の気になる人になって、無意識に好きにさせる方法



3つめの方法は

3、会話のなかに「もてキーワード」を入れよう


たとえば前回の記事「モテ会話で惚れさせろ!脅威の間接好き好き攻撃」、このなかの間接好き好き攻撃もそうですし、

それ以外にもたとえば

「ちょっと気になってたんだけど、
〇〇ちゃんって髪きったよね?
あ、やっぱり切ったんだ。
通りでかわいいなぁって思って・・・

好きだな、オレ。その髪型好きだよ。

と、相手の褒めたり
相手に勘違いしてもらえるモテキーワードを入れていきます。

今回の例なら
その子自身でなく、その子の髪型を褒めているわけですから
別に気まずさや恥ずかしさはないですよね。

でも、相手からしたら自分を気になっていて
かわいいと思ってくれていて好きと言ってもらえたって

勝手にドキドキし始めます(笑)

 

4つ目の方法は 

4、夜、夢のなかでその人のことを見たと伝える。

ベットで夢を見る少女

朝の会話で一番にこう言ってみましょう。

「昨日夢で〇〇ちゃんが夢に出てきたよ。
でね、〇〇ちゃんとっても楽しそうに歌を歌ってたよ。
だもんで、自分も一緒になって歌っちゃった。楽しかったなぁ・・」

そうすると

「あ、この人私のこと意識してくれてるんだ。だから夢にでてきたんだ。。」

って思ってもらえます。
夢のことを考える少女

無意識にですが、
だからこそわざとらしくなく効果的です。

ぜひ、夢に出てきたって会話に使ってみてください。


さて、以上になりますが、
どれも普段の会話で普通に使えるものばかり。

ぜひやってみてくださいね。

ここまでのお話をまとめると、

普段の会話で

 1、ドキドキしながら話て、
 2、自分がやられたドキドキしてしまうことをやって
そして
 3、会話のなかにこっそり「もてキーワード」
相手にひそかに自分を意識させて
 4、昨日夢の中にキミがでてきたよ。
と伝える。


たったこれだけです。
べた惚れでうれしがる女性

簡単なのでぜひやってください。

普通の会話がいつもと違って
「なんかいい感じ。なんでこの人こんなに魅力的なんだろう・・・」

と思われますよ。

それと、
こちらの記事もどうぞ↓

彼女に自分を好きにさせる方法。それはたったの1mm!

人に好かれる11の会話術で話し上手の聞き上手!

異性からも同性からもモテる7つの方法



読めばさらに、
好きになってもらえます。


さて、今回も最後まで読んでくれてありがとう。
また次回もどうぞお楽しみに〜。


スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ