モテ会話で惚れさせろ!脅威の間接好き好き攻撃

ただ会話をしてるだけ、
なのに気がついたらあなたのことが・・・

好きになっちゃった。

好きな女の子

そんな会話のテクニックを、
あなたは知りたくありませんか。


それが今回お話する

 間接好き好き攻撃

です。

今回はその方法について
じっくりお話したいと思います。

この間接好き好き攻撃をあの子に仕掛ければ
間違いなく話すたびにあなたのことを好きになっていきます。


では、さっそく始めていきましょう!

最後まで読んでやってもらえれば
あなたのことが好きでたまらなくさせられます。

こちらの音声も聞きながら…↓

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


スマホの方はこちら→間接好き好き攻撃の音声です
※5分37秒の音声です。

では、解説です。

スポンサーリンク



間接好き好き攻撃とは・・・

はっきり言って、めっちゃシンプルです。

シンプルなんですけど、
かなり効果的で誰も知らない方法です。

で、

その方法とは、

会話にできるだけ多く
しかも間接的に「好き」って言葉をいれる

という、
まぁただこれだけのことです。

え〜それだけ〜。

はい、それだけです。

がっかりさせてごめんなさい。

けど、これにはちゃんとした意味があります。

どういう意味かというと、まず

好きっていうと相手は
無意識で「ドキッ」とします。

(もちろん言い方にもよります、それは後ほど!)

直接的にその人のことを好きと言ったわけでなくても、相手の無意識は「私のことを好きって言ってくれてる」と、勝手に勘違いしてくれます。

なので、「好き」をたくさんいって
相手の無意識を勘違いさせて、あなたのことを
好きにさせることができる・・・

そういう意味があります。

じゃあどうやって会話のなかに
「好き」をいれていけばいいの?


・・・具体的にはこんな感じです。

・相手の趣味を好きという。
「あなたの聞いてる音楽ってなんかセンスいいよねぇ。オレも好きだよ。」
音楽の趣味をほめる女性

・相手の持ち物を好きという。
「キミの持っているバック、オレは好きだなぁ。それどこで買ったの?」
旅行バックをもつ女性

・相手の名前を好きという。
「〇〇ちゃんて、いい名前だよね。オレはその名前好きだよ。」
名前が好きと伝える男性

・相手のファッションを好きという。
「いやぁ、いい服着てるじゃん。オレの好みっていうか好きなタイプだな!」
おしゃれな服装の女性
・いま食べているものを好きという。
「このスパゲッティ、おいしいね。オレ、この味が大好きだわ。」
スパゲティ料理を食べる男性

など、なんでもいいので
「好き」を会話にたくさん入れていきましょう。

とくに相手に関することで「好き」をいうと
他のことで「好き」というよりも効果が高いことが証明されてます。

もちろん逆に『嫌い』ってたくさんいえば
何もしなくてもちゃ〜んと嫌われますのでご注意を!


なるほどね、それはよくわかった。
会話のなかに「好き」って言葉をたくさん入れてけば、相手は好きになってくれるんだな。

けどさ、普通に「あれが好き、これが好き」といっても、やがては(へぇ、あっそ。この人はなんでも好きっていうんだな・・)と思われてあまり効果がない、というか逆効果になるのでは?
ほんとうにいいか疑問を感じる男性

ここまでの話を真剣に読んでくれたあなたなら、
そう思っているかもしれません。

そして、その通りです。
ただ好きというだけではあまり意味がありません。


そこで、もひとつ重要なことが・・・

それは

「好き」というときの声の方向を意識して変える。


声の方向を変えることで
「好き」に意味をもたせることができます。

声の方向?
それってどうやって??

どっちがどっちか疑問の男性

それは・・・

「好き」というときに
その声をその人に向けて・・・

あなたの声の方向を
その人の胸の当たりに向けて言います。

しかも、その人のことを好きという気持ちでいうんです。

たとえば、
「オレ、最近パンばかり食べてるんだけどね。
この前近くのお店でめっちゃうまいパン屋さんみつけたのよ。
で、そこのクロワッサンのうまいこと、うまいこと。
ほんとにうまくておれ好きだなぁ。

そこのクロワッサン好きだなぁ。
今度一緒にたべにいこうよ。」

というときの好きをいうときに
「○○ちゃん、オレはキミが好きだよ。」と心からおもって
声をその子にむけて話すんです。
好きな気持ちを伝えるイメージ

「好き」というとき以外は普通のトーンで話して
その「好き」っていうときだけ、声をその子にむけて話すんです。



その子の胸のあたりに向かって。

そうすると、その子の無意識は・・・
(あ、この人私のことを好きって言ってくれてる)

と、感じてくれます。

もちろん意識では、
(あ、この人はクロワッサンが本当に好きなんだぁ。へぇぇ。)

としか思ってないのでバレることはありません。

ぜひあなたもこの間接好き好き攻撃を使って
無意識に大好きなあの子を好き好きにしちゃってくださいね。

簡単なので、今日からでも!

・・・


というわけでいかがでしたでしょうか。

好きをいいまくる、間接好き好き攻撃。

ぜひやってみてください。

好き好き好きと何度も言って、
好きにさせちゃってくさださいね。


ではでは、
今回のまとめです。

相手を無意識に好きにさせたいのであれば、

できるだけ多く「好き」という言葉を会話で使って
「好き」っていうときだけ、声の方向を相手の胸のあたりに向ける。

それだけで相手は無意識にあなたのことを好きになってきます。

大好きだ〜!

たくさんの好きを伝えていきましょう!


もっと好きにさせたいときは、
こちらの記事もよかったらどうぞ↓

話し方が上手になるたった3つのコツ

異性にモテる会話、モテない会話の違いとは・・・

口べたでも会話上手になる方法のまとめ



今回も最後までお読みいただきありがとう!

次回もまたお楽しみに〜!

スポンサーリンク


コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ