現代社会に精神的に病む人が多い7つの原因とは…

みんな病んでる!
この現代社会、日本!

精神的に追い詰められている男性

ツライ気持ち、
泣きたい気持ち、

私もそう、
あなたもそうかもしれません。

病んでます。

みんな精神的に、肉体的に、ボロボロで、

できればもう死にたい…
精神的に死を考えてしまう男性

って、病んでます。

では、一体なぜ

なぜこんなにも現代人は病んでしまうのでしょう?

それは…

この7つが原因だからです↓

現代社会に精神的に病む人が多くなった7つの原因とは…↓

1、スキンシップがなくなったから
2、添加物と薬に脳を侵されるから
3、自分の想いを殺される社会だから
4、必要以上にお金にとらわれるから
5、自然からかけ離れた生活だから
6、ドキドキ胸キュンの恋ができないから
7、頭の中ですべてを考えているから

そして…
それは、いまから30年前のこと

不況でもなくバブル絶頂期だった
当時を思い起こせばわかるのですが、

当時、日本人は

みんな幸せそうで、
実際に


やっべぇ幸せすぎ〜
幸せすぎてたまらない女性

って幸せでした。

幸せだったんです。
日本の幸福度が高かった!


そんなときがあったんです。

データはありませんが、
調べてみると明らかにいまより幸せでした。

でも、いまは違う・・・

日本の幸福度は世界で53番目

53番目です

先進国なのに低すぎます。

(※ちなみに、デンマークが1位、オーストラリアが9位、アメリカでさえ13位です。)

それというのも、

30年前と今は違って・・・

さきほど紹介した7つが原因になって不幸を呼んでいるからです。

何か思い当たる節はないでしょうか。

これだから日本人の幸福度ランキングは低い!

なので、
最後まで読んでもらえれば、
やっぱ、生きててよかったぜ!
生きてて良かったと思う男性

と、もう一度思えるようになるでしょう。

一文字も読み飛ばさずに読んでみてください。

では、解説です。

スポンサーリンク



まず最初の原因は、

1、圧倒的なスキンシップ不足

やっぱりこれだと思うんです。

人と人との触れ合いが少なくなったこと。

子供を抱きしめない母親、父親
虐待を受け抱きしめられない子供

恋人なのに何もしないカップル
仲の悪いカップル

そんなことをしていたら、

  • 愛情ホルモンのオキシトシン
  • 幸せホルモンのセロトニン

が十分に分泌されません。

しかも最近はスマホにネット、テレビばかり。

おもしれ〜、ネトゲ最高〜
ネットゲームにに夢中の少年

それがいけないわけではありませんが、
どこか心が苦しくなることはありませんか?

だから、触れ合いましょう。

好きな人と、あるいはペットと。

う〜〜、ワン!
ペットと抱き合う女性

ただしセクハラや痴漢は犯罪です。

相手が嫌がってるのに、
こういうのはダメ↓

や、やめてください・・・
性的嫌がらせをするセクハラ上司

30年前なら問題なかったかもしれませんが、
いまのご時世、すぐセクハラで訴えられます。

必ず相手の許可をとって
そして自己責任でお願いします。

それから、精神的に病む理由は、

2、添加物まみれor薬漬けの社会

昔は自然でした。
農薬も使わず、添加物も使ってもわずか。

ですが、今は大量消費の社会

農薬、殺虫剤は当たり前
植物への農薬散布の様子

お弁当には保存料
飲み物には人工甘味料

何を食べても添加物です。

でもね、体にいいわけないじゃん。

と、わかっていてもみんな食べてます。だから病むんです。仕方ないんです。

あと、問題なのがお薬。

そう、お薬です↓
抗がん剤や向精神薬のイメージ

まぁ、ここでどうこういうとお医者さんに怒られるので言いませんが、
あなたはどうか覚えておいてください。

お医者さんも製薬会社も一応ビジネスだ

と。

はい、注射しま〜す!1本三千円でーす!
高い注射をする看護婦の女性

もちろん、すべてのお医者さんと言いたいわけではなく、ちゃんと考えているお医者さんもいるので一概には言えませんけどね。

薬もまた自己責任です。

飲んでもいいけどね。それで治れると本気で信じられるなら飲んでもいいけどね。

ただ、飲み過ぎはよくないよね。
薬づけにされて健康被害を抱えるイメージ

それから、

3、自分の想いを殺されるから

ところで、

あなたは、義務と思ってやってることありませんか?

たとえば、
  • イジメられても学校へ行くのは義務
  • 嫌な上司でも従うのは義務
  • いい子を演じるのは義務
  • 親の思った通りにサラリーマンになるのは義務
  • 年1回の健康診断は義務

など。

たしかに、そうなのかもしれない。
けど、それが通用するのはこの日本くらいです。

それが良い悪いというつもりはありませんが…

あまりにも奴隷です。
言いなりです。

でも、自分が本当に正しいと思うなら、そこから抜け出してみてはどうでしょう?

私自身、そう考えるようにしてから楽になりました。

自分の想いを殺さない!

人がなんて言おうと、あなたの人生はあなたの人生!

人を傷つけない限り、まずは言葉にして伝えてみましょう。

好きな人に…

愛してます!好きなんです。付き合って!
愛してます付き合ってという少女

って告白するのもあなたの想いを殺さないということ。

これって幸せですよね。
仮にフラれたとしても…

幸せです。

そして、病む大きな原因、それが、

4、必要以上にお金にとらわれるから

金がない、どうしよう…
このままだと生きていけないかも…

お金がなくて生きていけない女性

と、思う気持ちはよくわかります。
私もそうでしたから、よくわかります。

でも、お金だけじゃないんです。

人生ってお金だけじゃないんです。

お金よりもっと大切なものがあります。

それが何かというと…

精神状態

です。

この精神状態が最悪だと、

・何をやっても不安
・お金があっても恐怖
・生きているのが苦痛

になります。

私もそうでした。

だから、
必要以上にお金にとらわれないこと。

それよりも、精神状態をよくすることを考えましょう!

それが病まない秘訣です。

それでもお金にとらわれたら↓

お金で苦しまないためにできる7つの考え方


こちらを参考まで

それと、昔と違うのは、

5、自然からかけ離れた生活

ご存知、

今、自然のなかで遊ぶ子供が減っています。

大人も同様です。
仕事だからといって、日の当らない工場のなかでずっと過ごしたり、
部屋の中に引きこもっている人もいます。

えっ、私のこと?
暗い部屋に引きこもる女性

でも、それってどうなのでしょう?

自然のリズムを忘れ、夜中こうこうと電気がついているのが、
自律神経を良くしてくれるでしょうか?

いや、逆です。

自律神経は乱れ、ホルモンバランスは崩れ、
精神的に鬱っぽくなるのは目に見えています。

だから、
ときには自然に戻りましょう。

海へ
山へ
川へ
森へ

土や草木、動物と触れ合うこともセラピー的には有効です。
自然のなかでのびのび暮らす男性

あと、これも。

6、ドキドキ胸キュンの恋をしないから

あなたは恋をしているでしょうか?

異性を見たときにドキドキするでしょうか?

最近では恋の仕方がわからない若者が増えていると聞きます。

それには様々な理由があると思いますが、
でも、人間恋をしないと人生がつまらなくなっていくものです。

なんのために生きているのだろう?
なんのために生きているかわからない女性

と、悩んでいるなら、ぜひ恋をしてください。

では、どうしたら恋ができるのか?

それは、この記事の1、に戻りますが、
スキンシップをとること

こんな感じで↓
彼女の肩に手を当てる男性

握手するでも、軽くボディタッチするでも、
目を見て見つめ合うでもいいので、

オキシトシンをどんどん分泌させましょう。

さらには、もっと近づく!触れる↓
彼女をさらに抱きしめる男性

すると、このオキシトシン、愛情ホルモンなので
ますます人のことが好きになれます。

海外ではボディタッチもハグも当たり前ですが、
いつか日本もそうなればいいと思います。
恋をしているカップル

(モンスターペアレンツにはふしだらと言われそうですが…)

そして、最後に、

7、頭の中ですべてを考えているから

現代社会で病む人が多い原因の最後はこれです。

結局のところ、頭でっかちなんです。

どういうことかというと、
  • もし嫌われたらどうしよう
  • 失敗したくない、だからやめておこう
  • 旅行にいつか行けたらいいなぁ
  • やりたいけど、お金がもったいない

と、頭のなかでぐるぐる考えて、行動しようとしない。

う〜ん、でもなぁ…
必要以上に考えすぎる男性

だから、病むんです。おかしくなるんです。

答えが出ないことをずっと考えるから脳が疲れ悲鳴をあげているんです。

でも、考えてみてください。

昔の人はどうだったでしょう?

昔の人はすぐに行動してたんです。
なぜならそうせざる得られなかったから。

だって、車も携帯もパソコンもなかったのですから…

やるしかなかったんですね。

だから、行動しましょう!
考える前にまずやってみる!

犯罪以外ならなんでもいいので、小さな一歩を踏み出してみる

そうやって人生は変わっていくし、病むことは減っていくのです。

さぁ、いますぐやってみよう!
行動こそが未来を作ります。

さぁ、明るい未来へ!
未来に向かって一歩踏み出す女性

・・・

と、いうわけでいかがでしたでしょうか。

あと、ひとつお願いがあります。

もし、あなたの周りで精神的に苦しんでいる人がいるとしたら、
どうか、何も言わずそっと抱きしめ、背中をトントンしてあげてください。

よしよし、大丈夫だよ
抱擁によって癒される女性

私もそれで救われましたから…

では、今回のまとめです。
ここだけでもチェックしてみて下さい。

現代社会に精神的に病む人が多い7つの原因とは・・・↓

  • 1、圧倒的なスキンシップ不足→ハグ、抱きしめ、キス、愛し合うでオキシトシンを出しましょう。抱きしめたら抱きしめた、その分だけ心の病気は治ります。これは科学的にも証明されてる事実です。
  • 2、添加物まみれor薬漬け→昔の食生活に戻りましょう。自然なものを食べ、薬に頼りすぎないことです。
  • 3、自分の想いを殺されるから→義務なんてないんだよ。自分の想いを大切にしよう。
  • 4、必要以上にお金にとらわれるから→お金よりも大切なもの、それは精神状態。精神状態を良くすることを考えよう。それが病まない秘訣です。
  • 5、自然からかけ離れた生活→自然と接する時間を作りましょう。まわりがコンクリートでは心が冷たくなるだけです。
  • 6、ドキドキ胸キュンの恋をしないから→毎日ドキドキ、胸キュンしてますか?すれば、生きてて良かったになります。
  • 7、頭の中ですべてを考えているから→脳を疲れさせないように、まずは行動していきましょう。行動すれば、不安もやがて消えていきます。

以上の7つがわかった今、
もうあなたは幸せの切符を手に入れたも同然!

あとは、こちらの記事を読んで↓

幸せのハードルを下げる5つの方法


不幸からの脱却!幸せで楽しい人生を送る8つの習慣と考え方


人に会うのがつらい社会不安障害11の克服法&体験談


ますます幸せになってください。

あなたならなれます。

では、今回はこれで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回もどうぞお楽しみに〜!

スポンサーリンク



追伸です。
次回か、その次は、今回この記事であげた
愛情ホルモン、オキシトシンについてお話しできると思います。

しばしお待ちを!
いつもありがと!


>>>免責事項

12 Responses to “現代社会に精神的に病む人が多い7つの原因とは…”

  1. 萌乃 より:

    ナタリーさん、萌乃です。私自身精神科に通っていたという話はお話しました。病院に行って色々な方法で治療してきましたが、どれも、効果はほとんどなく逆に色んな嫌な思い出を思い出してしまい病院に行くことがつらくなってしまいました。今は精神科には通っていませんが私的には、精神科に通うのはおすすめしません。嫌なことを思い出してしまうだけだと思います。一番いいのは、家族などの身内の人に相談することだと思います。家族に悩みを聞いてもらうと安心するから。そして、周りに悩んでいる人がいたら話を聞いてあげてください。きっとそれだけでも安心します。
    私の体験談ではありますが、ぜひ参考にしてみてください。長文すみません。ナタリーさんありがとうございます。

    • ナタリー より:

      萌乃さん、ご丁寧に教えてくださりありがとうございます。精神科は私も嫌いですので行かないに越したことはないと思います。とくに精神薬はよくないですし、あの環境では良くなるものも悪くなるでしょう。まるで刑務所ですし・・・。でも、中には精神科が好きな人もいるので(そう思い込まされている人もいるので)、行きたい人は行っていいと思ってます。でも、行くとろくなことになりませんけどね。
      また今後もいい情報がありましたらお知らせください。萌乃さん本当にありがとうございます。

      ナタリー

  2. ハル より:

    ナタリーさん
    再びコメント失礼します。
    ナタリーさんからのコメントのおかげで本当に落ち着けて、それをきっかけに頑張って良くしようとしました。
    ですが良くなったと思えばまたぶり返したりします。
    しかも、ぶり返した時の状態が前よりも酷くなってるようです。
    以前は動悸と身体のこわばり程度でしたが、
    今は気分の悪さや、血の気の引いた感じも加わって、
    さらに、もうこの世から消えてしまいたいとさえ思ってしまいます。
    こんなこと思ってしまって、自分でも嫌悪感でいっぱいです。

    嫌な感情をぶつけてしまって申し訳ないですが、ナタリーさんに聞いてもらいたくてまたコメントしてしまいました。
    なぜみんな普通に生きられるのか不思議です。
    毎日イキイキと過ごしたいのに不安で押しつぶされてしまいます。
    ナタリーさんはメンタルが弱いときに焦ったりはしませんでしたか?
    私は焦りが強いです。そのせいで頭が混乱してしまって更に状況を悪化させている気がします。
    前までは、もっと悪くなったら病院行こうと思っていましたが、今は病院に行くことも不安で行けません。

    何度もコメントしてしまいすみません。
    ナタリーさんからお返事いただけるとうれしいです。
    でもお忙しければスルーしていただいて構いません(>_<)

    • ナタリー より:

      ハルさん、こんばんは
      昨日まで旅行に行ってたので返事遅くなりました。
      本当はすぐ返したかったのですが、すみませんm(_ _)m

      そしてコメント読まさせていただきました。
      良くなったと思えば、またぶり返し、
      そして前よりも酷くなってるようとのことで
      それって本当につらいと思います。
      もしかして間違ってるのかなって思ってしまいますよね。

      私が思うところ(これはあくまでも私の経験的な話になりますが)、
      おそらくそれは一気に変化しようとしたための反発ではないかと思われます。
      それは、たとえて言えば急激なダイエットみたいなものです。
      一時的に痩せたとしてもリバウンドしてまた太ってしまう…
      それに似ていると思います。

      だから、ハルさんが前よりも気分が悪くなったり、嫌悪感でいっぱいになるとしたら
      それは急ぎすぎということかもしれません。
      すぐに良くなりたいという気持ちはわかります。わかりますが、
      だからこそ、焦りすぎて「前よりも悪くなった」と思わないでほしいです。
      好転反応だと思って様子をみてもらえたら段々に耐えられるくらいの強さが身についていきます。
      いまはつらいだろうけど悪くなった点でなく、良くなった点にも気持ちを少しでもいいので向けてみて欲しいです。そして、それでも悪くなったとしたらそれはやめ、良くなったとしたらそれを続けてください。

      ちなみに、なぜみんな普通に生きられるのか不思議とのことですが、この記事に書いてある通り実際そんなことはないんですよ。みんな病んでます。見た目では元気そうでも心の中は不安でいっぱいな人が多い、それがいまの日本の現状です。だから、ハルさんだけがおかしいとかそんなこと思わないでくださいね。

      あと、自分もです。メンタルが弱い時は焦ったことがあります。どうしよう、どうしよう、どうしよう…と焦ってました。いまでこそ、そんなことはないけれど昔はそうだったんです。だけど、考え方や習慣を変えていくことで、同じ状況に立たされても動じなくなることができました。もちろん、100%動じないというわけではないですけどね。動じることが大幅に減ります。それに合わせ焦ることも減ります。

      それとハルさんが焦りが強いなら、それは癖のようなものであり、無意識(潜在意識)が勝手にやってることです。これまでの人生で汚れてしまったそれ(潜在意識)をきれいにするには時間がかかるけど、どうか短期的でなく長い目でみてください。(そのやり方は他の記事にも書いてあるのでぜひ読んでみてください。)

      あと、いつでもコメントくださいね^^/
      わからないことはどんどん聞いてください。お役に立てればなによりです。

      ナタリー

      • ハル より:

        ナタリーさん
        毎回丁寧に回答してくださって本当にありがとうございます。
        私の気持ちに寄り添ってくださって、私のために時間を割き、言葉をかけてくれる、、、
        それが本当にうれしいです。
        それだけで本当に救われる思いがします。

        なんだか重いことを言ってしまいすみません^^;
        依存してるだけにならないように、きちんと自分で考えて行動しようとしていますが、辛くて思わずコメントしてしまいました。
        昔苦しんでいたけど克服した方からの助言は、本当に説得力があって前向きになれます。

        >いまはつらいだろうけど悪くなった点でなく、良くなった点にも気持ちを少しでもいいので向けてみて欲しいです。

        そうですね。悪くなった印象が強いのでそこに目が行きがちになり、もう自分はダメかもと絶望してしまいますが、良くなっている点も確かにあります。

        ここには毎日来て、記事を読んでます。
        実践できることからやって、イイかも!と調子づくときもありますが、
        調子が悪いときにはその記事の内容がいまいち入ってこないときもあります。いっぱいいっぱいで…

        でもナタリーさんのおっしゃる通り、ダイエットのようなものだと考えて、リバウンドしないように、ゆっくりと構えていくことを意識しようと思います。

        本当にいつもありがとうございます。
        (返信は不要です!m(__)m
        いつも向き合ってくださって本当に感謝でいっぱいですが、負担をかけてしまってすみません…
        またコメントしたくなったとき、もしよければよろしくお願いします(@_@。))

  3. ハル より:

    すぐにお返事していただき、ありがとうございます。
    それも、丁寧に答えていただき本当にうれしいです。
    優しい言葉の数々に涙が出ます。
    ナタリーさんのおかげで気持ちが落ち着きました。

    今自分のコメントを読み返すと
    恐ろしく長々とまとまりのない文章で…(~_~;)
    自分の気持ちを吐き出すように書いてしまいました。
    大変失礼しましたm(__)m

    いまの苦しい状況が続くようなら心療内科にも行ってみたいと思います。
    ナタリーさんのおっしゃる通り、薬は怖いので避けます。

    そして、自律訓練法も続けていきます!
    ナタリーさんからコメントいただけて、ほんとに心が軽くなった気がします。
    コメントしようかどうか丸一日悩んだのですが、勇気を出してよかったです。

    本当にありがとうございました。

    • ナタリー より:

      ハルさん、どういたしまして。
      長々とまとまりのない文章…そんなことないですよ。
      理路整然としていて、それでいて感情がこもっている、
      素晴らしい文章だと私は思いました。
      だから気にしすぎないでいいんですよ。
      そして吐き出せるものはすべて吐き出していきましょう。
      その方がすっきりするはずですから。
      それと、ハルさんが勇気を出してコメントできたのは小さいけれど大きな一歩です。この調子で少しずつでも積極的に変わる努力をしてみてくださいね。
      また困ったことがあればいつでもコメントください。
      ハルさんなら大丈夫です。自信を持っていきましょう。

      ナタリー

      • ハル より:

        ナタリーさん
        何度もコメントしてしまいすみません(*_*)
        どうしてもお伝えしたいことがあって…

        自律訓練法のことです。
        何日も、丸一日やってても心が落ち着くこともなく
        手足が重いとか温かいとかイマイチ感覚もわからなかったのですが…
        ナタリーさんからのコメントを読んであと
        心が落ち着けたのか、すぐできました!

        できたのが自信になったみたいで、
        からだのこわばりも動悸もほとんどなくなりました!!
        単純すぎて恥ずかしいですが…笑(^_^;)

        誰かと会話(コメント)するとか、
        関わることでずいぶんと楽になるんだなと実感しました。

        今日はおいしいもの食べに行って、運動もしてきましたー!笑
        本当にナタリーさんのおかげですm(__)m

        ただ、ふとした時にまた動悸が始まったりするので
        自律訓練法を続けていきたいと思います。
        ナタリーさんのおすすめの本も読んでみます(^^)

        あと、仕事のことですが、何度もコメントを読み返してみて、ナタリーさんのおっしゃることがストンと理解できた気がします。
        考え方も少しは柔軟になれたかなと…

        今回のこともあって、苦しんでいる人の役に立つ仕事がしたいと思いました。

        ナタリーさんには感謝してもしきれません。。

        また長くなってしまいました…(・_・;)
        お忙しいと思いますのでお返事は結構です!(^^)
        「完全に元気になりましたー!」とコメントできるようにがんばります!!

  4. ハル より:

    はじめまして。
    ハルと申します。20代女です。
    いきなり失礼します。

    ナタリーさんと一言でもお話しできたらな…と思い、書き込みました。

    私は今まで
    メンタルに問題など感じたことはなく、
    どちらかといえばポジティブで、毎日楽しく過ごせていたと思います。

    ですがここ最近になって、
    胸が苦しいというか、ドキドキしている感じが続きます(動悸というのでしょうか…?)。
    苦しいので、ずっと深呼吸してます…。

    なんだか緊張している感じで、からだがこわばっている気もします。それが一週間程ですが続いているため、非常に疲れを感じます。
    あいまいな表現ばかりですみません。
    初めての症状?に戸惑っており、自分に何が起こっているのか、いまいち把握できてないのだと思います…。

    こうなった原因はわかっています。
    いま就活中で、将来への不安が非常に強いです。
    自分には価値がないと思ってしまいます。
    今までは自己肯定感、「根拠のない自信(^^;)」があったのですが、就活するにあたって
    嫌でも自分自身と向き合って自己分析をしなくてはならず、そんな中、自分の「自信」にはホントに何の「根拠」もなかったのだと気づいてしまいました…
    こんな状態になってしまって、親にも申し訳ないし、恥ずかしいです。

    ナタリーさんは自分で稼ぐすべを知ってらっしゃるようですが、私にはそのような知識や経験が何もありません。
    もし本気でナタリーさんのように自立したければ、これから学んでいけばよいことだとは思いますが、
    私には、雇われて給料をもらわない生活なんて、よけいメンタルが不安定になってしまいそうで、とてもじゃないですが考えられません…(ナタリーさんを否定しているわけでは決してありません)。

    今、こころも体もつらいので、家にこもってしまっています。
    どうにかしたいと思い、いろいろ調べていたらこちらにたどり着きました。

    自律訓練法を参考にさせていただいておりますが、
    なかなか難しいです。
    心療内科に行ってみて、客観的に診てもらえたら少しは楽になるかな、、と思う一方で、
    大したことないくせにこんなことで来るなと言われないか(今のメンタルだとその場で死にたくなりそうです(;_:))とか、
    そもそも心療内科ってどういう人が行ってもいいんだろう…?とか
    頭がグチャグチャで、記事にもありますがまったく動けません。

    まずは息苦しい感じ、からだのこわばり(緊張感)をどうにかしたいです。
    まとまりなくダラダラと、何が言いたいのかわからない文章になってしまい申し訳ありません。
    いま夢中で記事を読ませていただいております。
    少しずつ前進できるようがんばりたいです。

    • ナタリー より:

      ハルさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。ナタリーです。

      一通り読まさせていただきました。
      そして、ハルさんの気持ちほんと良くわかります。
      と、いうのも私も就活していた当時はそうだったからです。
      毎日が不安でドキドキで、いきなり社会人になれと言われても何のことだかわからず、頭が混乱し吐き気や過度の緊張をしたものです。辛いですよね。

      でもね。でも将来への不安が非常に強い、それはハルさんだけじゃないんです。ハルさんだけでなく、今多くの若者がそうなんです。そもそも就職するというのはそういうことです。今まで学生だったのに、ムリヤリ社会のシステムに組み込まれるため体が拒否反応を起こしているんです。環境の変化に耐えられない無意識の反発なんです。ただ、それも就職して慣れてくるまで。慣れてくれば立派なサラリーマンに、OLになれます。だから自信をなくす必要もないし、誰もが通る道だと思って割り切って考えてくださいね。

      ちなみに、雇われて給料をもらわない生活にメンタル的に不安になるのは、そうなるように教育されてきたからです。学校、あるいは家庭では「就職しサラリーマンになること」が善であり、それ以外は基本、悪とされます。なので、そう考えられないのはハルさんのせいじゃないんですよ。日本で生まれてきた以上仕方ないことです。(ただし、サラリーマンになるのがいけないわけではありません。だけど、10年後、20年後もサラリーマンでいられるほど技術の進歩が遅くない。それは事実です。ほとんどの職業は機械や人工知能にとって変わられるでしょう。)

      あと、家にこもる時期があってもいいでしょう。私もありましたし。後から思い返すとそれもまたいい経験ですよ。

      自律訓練法は身につけるまでに時間がかかります。でも、一度身につければ一生もののスキルです。右手だけでもいいのでぜひ継続してやってみてください。

      う〜ん、心療内科に行くのはいいんじゃないでしょうか。誰が担当になるかにもよりますが、なんでも挑戦するのはいいと思います。(でも薬はあまりオススメできないですけどね。飲むとしても調べてから飲むようにしましょう。)

      息苦しい感じ、からだのこわばりは治せるものと私はこれまでの経験で確信に近いものがあります。

      だからゆっくりこれから良くしていきましょう。

      また、私の記事を読んでくださりありがとうございます。
      ハルさんが良くなるようお手伝いができれば何よりです。

      ありがと!遅くなるかもだけどまたコメントしてね!

      ナタリー

  5. erinko より:

    ナタリーさんお元気ですか?

    以前数回コメントさせて頂いたerinkoです。
    以前夏の暑さが苦手でしんどい。。とコメントしたのですが
    今年も8月末まではなんとかがんばっていたのですが、
    暑い日の昼に少し長い距離を自転車で走っていたら
    恒例の脳貧血と息が荒くなるかんじ(軽い過呼吸?)が起こり
    体調不良になってしまいました。。泣

    なかなか体質は変わりませんね。自律神経がおかしくて、汗がほとんどでないので炎下は本当にしんどいです。。。

    • ナタリー より:

      erinkoさん、お久しぶりです。ナタリーです。
      実に1年ぶりくらいですね。こちらは元気でやってますよ〜

      本当にまだまだ暑いですね。
      そんな暑い日に自転車で長距離乗ってたら、体調が悪くなっても不思議ではないと思います。無理をなさらぬように…

      それと、そうですね。体質を変えるのは時間はかかります。
      人間は7年ですべての細胞が入れ替わると言われてますので、どんなに遅くても7年あれば変われるはずです。まぁ実際はもっと早く変われると私は思ってますが・・・

      この暑さもあと少しなので、その間涼しいところで乗り切りましょう^^/

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ