お金で苦しまないためにできる7つの考え方

お金がなくって苦しい…
もう生きていられない

お金がなく生きていく希望がない女性

そんな風に思ったことはないでしょうか。

私はあります。

サラリーマンを辞めた当時は貯金があったものの
いろんなことに使いすぎてお金が…

貯金がゼロ
貯金がゼロで苦しい男性

まさに、

お金の苦しみというのは、恐怖です。

もしかしたら食べられなくなるのでは?
借金取りに脅されるのでは?


こんな風に↓
借金取りの男性

生きた心地がしません。
人によっては死にたいとまで追い詰められてしまうことでしょう。

だから、そうならないためにも
今回のこの記事を読んでみてください。

最後までよめばお金がない恐怖から抜け出すことができるはず。

で、今回話すのはこういった内容です。

お金で苦しまないためにできる7つの考え方とは・・・↓

1、拝金主義をほどほどにしよう
2、お金の悪口を言わない
3、クレジットカードは2枚以下に
4、悪い借金はしない
5、誰が儲かるのかを考える
6、依存から自立へ
7、サラリーマン思考を抜け出そう

以上の7つ

これをわかっていれば
もうお金で苦しむことはないはず。

騙されたと思って最後まで読んでみてください。

では、解説です。

スポンサーリンク



まずは、

1、拝金主義をほどほどにしよう

お金があれば何でもできる
豪華な家に世界一周旅行と、
なんだって思い通りだ〜!
お金持ちで拝金主義の男性

と、思っている人のことを拝金主義者といいます。

もちろん彼らのいうことには一理あります。
否定するわけではありませんが
問題なのは100%拝金主義の人です。

なぜなら、そういう人はお金があるうちはいいけど
お金がなくなると

もう自分なんてこの世で生きてても仕方ないのでは…
生きてる意味がわからない女性

と考えてしまうからです。

そうならないためにも拝金主義はほどほどにしておきましょう。

こちらの本もぜひ読んでみてください↓

お金のいらない国



でね、これも大切なんです

2、お金の悪口を絶対言わないこと

お金に困っている人に限ってお金持ちのことを悪くいいます。

「お金持ちにはろくなのがいない」
「どうせわるいことして儲けたんでしょ」
「お金じゃないよ、大切なのは…」

お金の悪口をいう女性

たしかにその通りかもしれない。
だけどそれが本当だとしてそれを聞いたお金はどう思うでしょうか

「そうかそんなに嫌われてるんだ」
「じゃあこっちも嫌ってやる」
「この人のところになんて行くものか」


と思ってしまうに違いありません。

だからお金の悪口は絶対に言わないこと

口が裂けても言っちゃダメです。
お金で苦しまないためにはね

それから

3、クレジットカードは2枚以下に

あなたはクレジットカードを持ってますか。

いや、別にもっててもいいんですよ。私も持ってますし…

ポイントもたまるし買い物も楽です。

ただし、持ちすぎなのは考えものです。
一人で10枚とか持っている人もいますが、いったいどうやってお金の管理をするのでしょうか。
できるわけがありません。

こうなります↓
クレジットカードで借金地獄の女性

だから、せめて2枚くらいにしておきましょう。

それでもダメなら1枚にするべきです。
あるは持つべきではありません。

切ってしまいましょう↓
クレジットカードを切る様子

クレジットカードに関してはすべて自己責任です。

それから、

4、悪い借金はしない

借金には「いい借金」と「悪い借金」がある、
という話を聞いたことがあるでしょうか

いい借金とは

将来、返す当てがあり、
かつ借りた以上にお金が戻ってくると見込めている借金です。

たとえば、起業したときに一時的にお金を借りるとか。
それだったらいいでしょう。

だって、あとで返せるのですから。

でも、問題なのは悪い借金です。

悪い借金とは、

返すことが見込めないのに自分の見栄やエゴのために借りてしまう借金のこと
消費者金融で問題になるのはこれです。

一時的な快楽を満たすために借金をするとろくなことがありません。

だから、もし借金しなければならないとしても
悪い借金は絶対にしないこと。


そして、いま仮に悪い借金をしているとしたら
一刻も早く返すことです。

借金の金利はバカになりません。

とくに複利の場合はあなたが思っている以上です。
手が施せなくなるまえに返しましょう。


それから、お金に苦しまないためには

5、誰が儲かるのかを考える

世の中は敵だらけです。
なんの敵かというとあなたのお財布からお金を引き出そうとする敵です。

そして、相手は必死です。
ありとあらゆる手を使ってお金を取ろうとする。
おいしい話で儲けようとする男女

お店ならスーパーもそう、
サラリーマンなら会社もそう、

もちろん、それがビジネスというものだし、商売なのでいいのですが、
でも気をつけてください。

お金の世界では、
誰かが儲かっているということは
誰かが損をしているという事実…


それに気がつくことが大切です。

でないと、いつまでたっても搾取される側。
あなたはどうでしょう、一生搾取される人生を望みますか?

そんなの嫌ですよね。

だったらこの世のお金の仕組みをもっと勉強することです。


そして、お金に困らないために

6、依存から自立へ

お金に困っている人とそうでない人
その違いはズバリ

依存しているか、それとも自立してるかです。

もちろん100%自立しろ、と言いたいのではありません。
でも、ほとんどの人は依存ばかりして頼ってます。

親に頼る、親戚に頼る
会社に頼る、挙げ句の果ては消費者金融に頼る

それではいつまでたってもお金持ちにはなれないし、
社会の歯車にされているだけです。

だから、今からでいいんです。
自立を目指しましょう。

自立とは自分の足で立つことです。

頼れるところは頼ってもいい、だけど初めから相手ありきではなく、自分でやってみる。

その姿勢がお金を引き寄せ、やがては稼ぐ知恵へと繋がっていくのですから…

そんなわけで最後に、

7、サラリーマン思考を抜け出そう

私は昔サラリーマンでした。
だから、サラリーマンのことを悪くいうつもりはありません。

だけど、これだけは言わせてください。

いつまでもサラリーマン思考してちゃダメだ!
サラリーマン思考を非難する男性

と。

なぜサラリーマン思考がいけないのかというと
それは不自由だからです。

ちなみにサラリーマン思考とは…

・給料が時間給
・休みは土日祝だけ
・嫌なお客にも頭を下げなくてはならない
・残業は当たり前
・休日出勤もあり
・たまの休みはぱ〜っと散財

そして、
・以上が、当たり前だと思っている

そういう思考です。
もちろん、いま生活がカツカツで苦しい人はサラリーマンかバイトで稼ぐのが精一杯でしょう。
私もそうだったのでわかります。

サラリーマンはなかなか辞められない
サラリーマンの名刺を出す男性

だけど、一生それでいいのか、と自分に聞いてみてください
そうではないはずです。

死ぬまでこき使われて何が自由でしょうか。
不自由ですよね。

だから、あなたにはサラリーマン思考ではなく
起業家思考を身につけてほしい!

そう思うんです。

で、起業家思考とは…

・給料は業績給、やればやるだけ儲かる
・休みは自分で決められる、仕事も自分で決められる
・お客さんは自分で選べる
・残業や休日出勤はやりたいときだけ
・コツコツ貯金&投資


です。
少なくとも私はこの思考に切り替えてから金運が上がったし、
お金の苦しみから脱却することができました。


あなたもぜひそうなりますように…
(ただし、いまサラリーマンの人は辞める必要はありません。)

こちらの記事も参考までに↓

サラリーマンやいまの仕事を続けるべきか、それとも辞めるべきかで悩むとき、考えたい7のこと



・・・


というわけでいかがでしたでしょうか。

少しでもあなたのお金の不安感が和らいだならこれにまさる喜びはありません。

では、まとめです。
読み飛ばしたところもあるかもしれないので、
ここだけでも読んでみてくださいね。

お金で苦しまないためにできる7つの考え方とは・・・↓

  • 1、拝金主義をほどほどにしよう→お金がすべてではなく世の中はバランスです。仕事、家族、恋愛、健康、すべて大事なことです。
  • 2、お金の悪口を言わない→お金の悪口をいうとお金に嫌われます、金運が下がります。事実お金では幸せを買うことはできませんが、お金で自由を買うことはできます。だから悪口は言わないことです。
  • 3、クレジットカードは2枚以下に→計画性がないのであればクレジットカードは持たないという選択もあります。持ちすぎ注意です。
  • 4、悪い借金はしない→いい借金はしても悪い借金はしないことです。とくに見栄やエゴのためにお金を使うのはやめましょう。泥沼です。
  • 5、誰が儲かるのかを考える→儲かる人がいるということは損をする人がいるということ。一体だれが儲かってるのかアンテナを張ることが大切です。
  • 6、依存から自立へ→依存している限りお金持ちにはなれません。どこかで自立する準備をしていきましょう。あるいは独立です。
  • 7、サラリーマン思考を抜け出そう→サラリーマンでもいいけど、どうせ働くなら起業家マインセットで働きましょう。仕事のしがいが変わってくるはずです。


さて、以上になりますが、
いつの日か、あなたから
「お金の苦しみから解放されました!」
という嬉しいコメントをいただける日がくることを楽しみにしています。

あと、こちらの記事もよかったら↓

お金がない、どうしよう…と不安になったときの7つのパニック克服法

お金がどんどん貯まって小金持ちになれる7つの方法

お金が欲しい人のお金に一生困らなくなる方法


では、今回はこれで!
また次回もどうぞお楽しみに。
最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



>>>免責事項


追伸です:
くどいけど、サラリーマンでもいいんです。
お金持ちのサラリーマンもいますので、そこはあなた次第です。

ではでは、

2 Responses to “お金で苦しまないためにできる7つの考え方”

  1. どらどら より:

    誰かが儲かっているということは
    誰かが損をしているという事実…

    根拠はどこにあるんです?

    むしろお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。お金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したという事ですよ。

    ゼロサムだと勘違いしてるだけですよ。

    儲けることは、世の中全体を豊かにすることに直結しているんですよ。

    日本が貧乏になっている理由はみんなが儲けようとしなくなったからです。

    それだけのことです。

    いい加減な事を言わないでください。

    • ナタリー より:

      どらどらさん、コメントありがとうございます!

      ゼロサムと勘違いしているだけとのことですが、捉え方は人それぞれでいいと思います。
      どらどらさんのおっしゃる通り、お金を儲けるほど社会がよくなっていくという考え方も理解できます。
      し、事実そうでしょう。

      私もお金は大事だし、稼ぐこと、儲けることの大切さは痛感してます。

      ただ、行きすぎた資本主義経済に私個人として疑問があるためこのような記事を書きました。
      一般的なことというよりも社会の裏側としてとらえての記事でした。

      いい加減なことを言ったつもりではありませんでしたが、
      不快に思われたのでしたら申し訳ありませんでした。

      率直な意見を言っていただけて嬉しかったです。
      今後の記事作りに活かしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

      繰り返しになりますが、本当にありがとうございます。

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ