【実体験】脱サラするメリット・デメリットとは…

脱サラとは、脱サラリーマンの略。
サラリーマンを辞めることをいいますが、

私は3年前脱サラをし、いまこうして…

こんなイメージで…↓
脱サラしたフリーターのイメージ

ブログを書いてます。
そして、ある程度安定した生活を歩めるようになりました。

ただし、その道のりは決して平坦なものではなく
いろんな苦労がありました。

そんな、

ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓


スマホの方はこちら→脱サラするメリットデメリットの音声です
※9分27秒の音声です。

なので、いま脱サラを考えているあなたに
脱サラをすることのメリット↓

脱サラすることのメリット・よかったこととは・・・↓

1、早起き不要、遅くまで寝てられる
2、自分のやりたいことができる
3、企業の奴隷(社畜)にならずにすむ
4、やりがいのある毎日
5、自由な時間を過ごせる

と、それからデメリットであるこれら↓を…

脱サラすることのデメリット・辛かったこととは・・・↓

1、生活が不規則になる
2、最初は死ぬほど罪悪感
3、友達が減る可能性あり
4、自分ですべてやる必要あり
5、失敗したらと不安になったことも

お伝えしたいと思います。

これらを知っておけば、
脱サラなんてしなきゃよかった!
な〜んてことにならずにすむでしょう。

では、解説です。

スポンサーリンク



まずは、

脱サラするメリット・よかったこと

1、早起き不要、遅くまで寝てられる

何時に起きても構いませんし、何時に寝ても構いません。
好きな時に好きなだけ寝ることができる

こんな幸せなことありません。
ベットで夢をみる女性

2、自分のやりたいことができる

強制的にやらされる仕事ではなく、自分のやりたいことができます。
旅行するもよし、デートをするもよしです。
好きな人とデートの様子

3、企業の奴隷(社畜)にならずにすむ

会社のいいなりにならず、自分が社長です(個人事業主の場合。)
脱サラすれば自由な人生が歩めます。

4、やりがいのある毎日

人に喜ばれることを自分の意思でやることができます。
このブログもそうです。だからやりがいのある毎日です。
やりがいのある毎日の男性

5、自由な時間を過ごせる

時間的に拘束されることがありません。先に述べた通り、何時に起きてもOK!
土日でなく平日にでかけるもよし!なんでもありです。
自由なライフスタイルの女性

一方で、

脱サラするデメリット・辛かったこと

それは…

1、生活が不規則になる

何時に起きてもいいので生活がだらしなくなります。
サラリーマンのときのようにきちっとした生活ができなくなることもあります。

2、最初は死ぬほど罪悪感

脱サラしてすぐは、俺なにやってるんだろう??
サラリーマンを辞めて罪悪感に悩む男性

と罪悪感に苛まれます。
でも、あるときを越えると気にならなくなってくものです。

3、友達が減る可能性あり

サラリーマンのときのように外に出ず引きこもりになると友達が減ってしまうことも…
だけど、自分から外に出れば新しい出会いが待ってます。
新しい出会いのカップル

4、自分ですべてやる必要あり

税金の申告(確定申告)から保険の申請、何から何まで自分でやる必要があります。
これまでみたいに会社がやってくれないので、それが面倒ならサラリーマンをやってた方がいいでしょう。

ちょっとだけ面倒です↓
確定申告で税金を計算する様子

5、失敗したらと不安になったことも

脱サラして100%うまくいくとは限りません。
場合によっては失敗するかも…
不安で押しつぶされそうな女性

と不安になることも多々ありました。
でも、それを乗り越えたときの喜びはひとしおです。

・・・

と、以上が脱サラすることのメリット・デメリットです。

では最後にまとめ↓

脱サラするメリット・よかったこととは・・・↓

  • 1、早起き不要、遅くまで寝てられる何時に起きてもOK!贅沢な朝のひと時を迎えることができます。
  • 2、自分のやりたいことができる→やりたくない仕事ではなくやりたいことを仕事にできます。楽しいです。
  • 3、企業の奴隷(社畜)にならずにすむ→拘束されることなく自分で決断することができます。これもまた楽しいです!
  • 4、やりがいのある毎日お客さんに喜んでもられる仕事ができ自分も満足です。
  • 5、自由な時間を過ごせる→なににも縛られることがありません。すべてあなたの思いのままの時間をすごせます。

脱サラするデメリット・辛かったこととは・・・↓

  • 1、生活が不規則になる→朝起きなくていいので生活が不規則になりがち。自制しないと勝手きままになってしまいます。
  • 2、最初は死ぬほど罪悪感→サラリーマンを辞めた直後はたまらぬ罪悪感です。こんなことしてていいのかなと苛まれます。
  • 3、友達が減る可能性あり→会社勤めしていないとサラリーマン友達が減ります。ちょっと切ないですが、仕方ないです。
  • 4、自分ですべてやる必要あり→確定申告から税金、保険まですべて自分でやる必要があります。正直ちょっと面倒かも。
  • 5、失敗したらと不安になったことも→もし失敗したら、と思うと不安な毎日です。安定するまでは仕方のないことです。

さて、いかがでしたでしょうか。
これから脱サラを考えている人はぜひこの記事を参考にして、あとで後悔のないように頑張ってください。

こちらの記事もよかったら↓

人に会うのがつらい社会不安障害11の克服法&体験談

サラリーマンやいまの仕事を続けるべきか、それとも辞めるべきかで悩むとき、考えたい7のこと

お金がない、どうしよう…と不安になったときの7つのパニック克服法



それでは、今回はこれで。
また次回もどうぞお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



>>>免責事項

2 Responses to “【実体験】脱サラするメリット・デメリットとは…”

  1. けっけ より:

    はじめまして。いつもナタリーさんのブログ楽しく読ませていただいています。ナタリーさんの記事で参考にさせていただいてる部分もあり非常に感謝しております。私もナタリーさんのように脱サラを考えているのですが、何かコンサル的な事などはやられてはいないのでしょうか?ちょっと気になってしまったのでコメントしてみました。これからも記事の更新など頑張ってくださいね。応援しております。

    • ナタリー より:

      けっけさん、はじめまして。ナタリーです。いつも私のブログを読んでくださりありがとうございます。感謝までしてもらえて嬉しい限りです。脱サラに関するコンサル的な事はやってませんが、そうですよね、脱サラを考える気持ちよくわかります。私もそうでした。なのでコンサルの代わりですが良かったらまたコメントに書き込んでみてください。質問していただければなんでもお答えしますよ〜。3日以内に返信します。あっ、それと記事更新も頑張ります、応援ありがとう。

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ