人生が絶望的に長すぎて困るとき考えたいこと5つ

長い、長過ぎる…
いったいいつまで続くんだ…

もう十分なのでは?
現実の人生が長すぎて絶望的な男性

と思うことありませんか
私時々思います

人生って長いなぁ…って。

でも、そう思ってしまうと人生がつらくなるから
考え方を変えてみてはどうでしょう?

それがこんな考え方です。

人生が絶望的に長すぎて困るとき考えたいこと5つとは・・・↓

1、平均寿命にとらわれないこと
2、ゆっくりいきよう
3、何よりも精神状態をよくしよう
4、幸せのハードルを下げよう
5、いまだけを考えよう

以上の5つ。
私も長すぎる人生はまっぴらごめんですが、
楽しい人生ならいいなぁと思ってます。

あなたの人生がこれからそうなりますように…

では、解説です。

スポンサーリンク



まずなによりも、

1、平均寿命にとらわれないこと

人間いつ死ぬかはわかりません。
明日死ぬかもしれない、今日死ぬかもしれない。

それは天の神様のみ知ることです。

だから、いつまで生きるとか思わないで
「今日死ぬかもよ」
と思って生きてみましょう。
今日死ぬかもと思って生きる女性

平均寿命に捉われなければ、ちょっと気が楽になりますよね。
そして、長すぎると思わなくなりはずです。

なので、

2、もっとゆっくりいきよう

人生は焦ってもいいことなし。
どうせ生きるなら、ゆっくり生きていけばいいんです。

亀さんのように…
ウサギとカメの亀さん

ウサギさんのようにせかせかは厳禁です。

長すぎる人生と思わずにゆっくり生きましょう。

それでもダメなら、

3、何よりも精神状態をよくしよう

長いと思ってしまうときは、
精神的に病んでるときかもしれません。

人生長すぎ〜
人生が長すぎると思う男性

なので、精神状態をよくすること。

そのためには、こちらの記事を参考に↓

精神疾患、精神の異常を改善するための7の方法


この記事を読めば、精神的に楽になって
人生をそれほど長いと思わなくなることでしょう。

それから、

4、幸せのハードルを下げよう

人生いいことばかり、ではありません。
たまには悪いこともあります。

その悪いことが起きると、人生がものすっごく長く感じるわけですが、

それは幸せのハードルが高すぎるからに他なりません。

なので、幸せのハードルを下げてみよう!
幸せのハードルを下げるイメージ

こちらの記事を参考に↓

幸せのハードルを下げる5つの方法

幸せのハードルが下がれば人生がものすっごく短く感じられます。
なぜなら、何があっても幸せだからです。

そして、最後!

5、今だけを考えよう

先のことなんてわかりません。
さっきもいった通り、いつ死ぬかなんてわからない。

だったら先のことなんて考えないで、今だけを考えよう

JUST NOW!
今この瞬間のイメージ

今だけを考えてれば人生なんてあっと今です。

・・・

と、いうわけでいかがでしたか。

これで長い人生を謳歌できると思えたかと思います。

せっかく生まれてきたこの命、あともう少し頑張って生きてみませんか。
長いようで短い人生だからね。


では、最後にまとめです。
人生の長さに絶望したらここだけでも読んでみてください。

人生が絶望的に長すぎて困るとき考えたいこと5つとは・・・↓

  • 1、平均寿命にとらわれないこと→人間いつ死ぬかはわかりません、だから平均寿命が何歳でもとらわれないこと。明日死ぬつもりで今日を全力で生きましょう。
  • 2、もっとゆっくり生きよう→焦って生きても同じ人生です。せかせか真面目にやるよりもじっくりゆっくりやっていきましょう。
  • 3、何よりも精神状態をよくしよう現実が長く感じるのは精神状態がよくないから。まずは精神状態をよくすることを考えていきましょう。
  • 4、幸せのハードルを下げよう→人生いいこともあれば悪い事もある。どうせなら幸せのハードルを下げて楽しく生きていきましょう。
  • 5、今だけを生きよう→先のことは先のこと、今考えてもわからない。だったら今だけを考えて生きていきましょう。

さぁ、これで現実が長いなんて思わなくていいんです。

あなたが中学生でも、高校生でも、社会人でも、老人でも同じです。

何歳になったって、人生はこの一瞬だけ。
あとは夢の世界みたいなもの。

そう思って乗り切ってくださいね。

こちらの記事もよかったら↓

なぜ自殺を考えてはいけないのか、その理由とは…

いまの仕事を辞めるべきかで悩むとき、考えたい7のこと

緊張したくても緊張しない人の7つの考え方


では、今回はこれで
また次回もどうぞお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとう!

スポンサーリンク



>>>免責事項

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ