なぜ自殺を考えてはいけないのか、その理由とは…

1日100人もの自殺者が…
それが日本の現状です。


ものすごい数ですね、恐ろしいことです。
自殺したい人の死のイメージ

もちろん、未遂者を含めれば実際はもっと多くいるわけですが、
なぜ、自殺をしてしまうのでしょうか。

そしてなぜ自殺を考えてはいけないのでしょうか。

そんなことを今回ここで考えてみたいと思います。

苦しくて仕方ないときには、ザックリ読んでみてください。

というのも、私もそうだったから苦しみがわかるからです。

なぜ自殺を考えてはいけないのか、その理由とは・・・↓

1、自殺衝動にかられるから
2、自殺がもっとも簡単な逃げ道だから
3、同じことが繰り返されるから
4、生きてることでまわりの人が幸せになるから
5、家族やまわりの人が悲しむから
6、生きていればいい事もあるから

なお、これらの理由というのは
特別でもなんでもなくあくまでも一般的な考え方です。

そして、私が経験してきてそうだと思った考え方です。

信じる信じないは個人の自由ですが、自殺をしない方が、
というか、自殺の「じ」の字すら考えない方がいい理由がわかるでしょう。


それと↓
ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


スマホの方はこちら→なぜ自殺を考えてはいけない音声です。
※8分07秒の音声です。

では、ひとつづつ解説してきます。

スポンサーリンク



自殺を考えてはいけない理由その1

1、自殺衝動にかられるから

なぜ自殺を考えていけないのか、

その大きな理由というのは、

自殺を考えると自殺のことで頭がいっぱいになっておかしくなりそうになるから
発狂する女性

です。

これが怖いことです。
最初は小さなことだったとしても、考えだすときりがありません。

妄想に取り付かれて夢にまででてきます。

自殺する夢をみる…
自殺衝動にかられる男性

それほど恐ろしいことってないですよね。


だから、やめましょう。

初めから自殺のことを考えるのをやめましょう。

そうは言っても、苦しいと思うけど、
考えないことです。
考えない方がずっと楽に生きれます、楽しく生きれます。

でも、それでも考えすぎてしまうのなら
一度病院に行ってみてください。

お薬で治る病気もあるものです。
1年くらいはゆっくり入院したっていいんです。

こちらの記事も参考まで

ツラい記憶を消すための方法、ホ・オポノポノとは…


それから、

2、自殺がもっとも簡単な逃げ道だから

2つ目の理由は、自殺がもっとも簡単な逃げ道だからです。

生きてるっていうのはたしかに苦しいことです。
泣きたくなるし、逃げ出したくなります。

だけど、だけど

死んではいけません。
その理由はこれから話していきますが、
自殺がもっとも簡単な逃げ道だからこそ、

あとで絶対に後悔します。
自殺したことを後悔する女性

簡単だからこそ、自殺はストップです。
それに怖いことだしね

それから自殺していけない理由3つ目は

3、同じことが繰り返されるから

自殺するとどうなるか。

わかりません。

だって一度も死んだことがないですから。

だけど、もしかしたらだけど、
自殺するといまと同じことが繰り返される
同じことが繰り返されるイメージ

って考えたらどうでしょう。

それってイヤですよね。

だけど、もしかしたら、
自殺するといまと同じことが繰り返される
同じことが繰り返されるイメージ

って考えたらどうでしょう。

それってイヤだよね。

だから…

死んだらいまの人生と同じことが繰り返されるとしたら

死にたくない!
自殺したくなくて恐怖する少年

と思うと思うのです。

もちろん、自殺でなくて他殺ならいいのかというとそういう分けでもないですが、
少なくとも自殺するのはよくないです。

それについてはたくさんの本に書いてあるので、
ぜひ参考にしてみてください↓

[決定版]生きがいの創造



そして、

4、家族やまわりの人が悲しむから

なによりも自殺して行けない理由は

家族やまわりの人が悲しむからです。

自分なんて死んだって誰も悲しまない

と思っていても、悲しむものです。
そして悲しいことです。
自殺を考え泣き出す家族

だから、自分のことだけでなくまわりの人のことも考えて
自殺をするのはやめましょう。

それに、あなたが

5、生きてることで人が幸せになるから

あなたが生きていることで幸せになる人が必ずいます

いまの日本は核家族化が進んでしまってますが
だれかいるものです。

ひきこもりだとしても、
統合失調症で苦しくて仕方ないとしても
病気で体が不自由でも

関係ありません。

あなたがいるだけで幸せな人がいるんです。
少なくとも私はそう思ってます。


それから自殺をしていけない理由は

6、生きていればいい事もあるから

死にたいほど苦しい現実も、
生きていればいい事もあります。

本当に苦しくて仕方ないときほど
良い事がやってくるものです。

生きていて幸せを噛み締める男性

だから、もう少し頑張ってみましょう、
いい事がそのうちやってくるから。

苦しいときはもう少し、
休んでもいいからもう少し、

自殺したあとでいい事があってももったいないから
生きていればいいこともあるから

ただ生きていればいい、

それでいいんです。

それにね

7、今世で苦しんだ分だけ来世ではハッピー

生まれ変わりはあるのか

といわれたら、わかりません。

あるかもしれないし、ないかもしれない。
どっちを信じるかはあなた次第です。

だけど仮に来世があるとしたら
つまり生まれ変わりがあるとしたら…

今世のいま苦しい分だけ、来世は必ずハッピーになる。

そう思ってみてはどうでしょう。
いま苦しいのは来世のためなんだ。
来世に希望を抱く少年

そう思えば頑張れそうですよね。

とはいえ、
いま現実に苦しいんだ、死にたいんだ!
というあなたもいると思います。

そんなときは、
本当に全部やめていいと思います。


3ヶ月でも6ヶ月でも1年でも
休んでいいと思います。

日本人は真面目です。その真面目さ故に自殺してしまうくらいなら
やめましょう。

それでいいし、それがいいと思いますよ。

・・・

というわけで、
わかりにくいところもあったかもしれませんが
少しでも生きる希望になったなら

これほど嬉しい事はありません。

生きていればいい事も絶対にやってくる

そう思ってこれからも頑張っていきましょう。
いや、頑張らなくてもいいんです。

では、最後にまとめです。
もう一度チェックしてみてくださいね。

なぜ自殺を考えてはいけないのか、その理由とは・・・↓

  • 1、自殺衝動にかられるから→自殺を考えると自殺衝動にかられます、そうすると自律神経もホルモンバランスもおかしくなって狂ってしまいます。
  • 2、自殺がもっとも簡単な逃げ道だから→生きるのはツラい、死ぬのは簡単、だからこそ、死ぬのはちょっと待ちましょう。あとで後悔しないために、
  • 3、同じことが繰り返されるから→死んでも同じ事が繰り返されるとしたら、死んだって意味がありません。生きてなんとかするんです。
  • 4、生きていればいい事もあるから→生きていればいい事もあり。死ぬ前にもう少し頑張ってみましょう、あともう少し、もう少し。
  • 5、家族やまわりの人が悲しむから→やっぱり家族を悲しませたくない。友達を悲しませたくない。だから自殺はしちゃダメです。
  • 6、生きてることで人が幸せになるから→あなたが生きていることで幸せになれる人も必ずいます。私もその一人です。
  • 7、今世で苦しんだ分だけ来世ではハッピーだから→来世があるのなら、今世苦しんだ分だけハッピー。だから心配いりません。

というわけでこれでもう自殺したくなくなったはず

というよりも、自殺を考えたくなくなったはず

それでもどうしても考えてしまう場合には、
こちらも参考までに↓

人生は苦しいのが当たり前だけど…

毎日が苦しい助けて、というときに考えたいこと5つ

死にたい、助けて…というとき考えたい10のこと


では、また次回の記事をどうぞお楽しみに。

最後までよんでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク



追伸です。
途中にも書きましたが本当に辛いときにはお医者さんにご相談を。
それか、命の電話にご相談を。

あと、こちらのサイトもぜひ参考までに読んでみてください。

(外部リンク)隠された真実:3万人どころじゃない!本当の自殺者数は18万人!?


あなたが生きていることが幸せです。ありがと!
>>>免責事項

6 Responses to “なぜ自殺を考えてはいけないのか、その理由とは…”

  1. ジョニー より:

    ナタリーさん、返信ありがとうございます。
    無職でいるため、社会との接点が減り、メンタル的な辛いなか、このような返信をいただけて嬉しいです。
    年齢が近いですね。ちょっと驚きました。
    ナタリーさんは色々経験したからこそ、このような情報を公開できるのですね。 私もナタリーさんように強くなりたいです。
    今は、就職しないとという、焦り、自分が無職だと認識することによる気持ちの落ち込み、毎日がつまらなく、生きづらさを感じています。
    気持ちを強く持ちたいです…

    • ナタリー より:

      ジョニーさん、どういたしまして
      私がいまの仕事(このブログを書くということ)を始めたときも無職に近い状態になったので、ジョニーさんと同じくかなり心労は大きかったです。
      無職=落ちこぼれという社会の目がありますからね。
      だから、これまでジョニーさんに仕事があったのが急になくなったときの不安感ほど大きなものはないでしょう。
      でも、そんなときこそ焦ることはないですよ。焦りは禁物です。
      私のブログの記事は色々経験してきたのもあるし、勉強してきたのもあります。
      私が強いというよりも、そうであれるメンタリティーを身につけたというのが本当のところでしょうか。
      もともと精神的にめっちゃ弱かったからね。
      無職ということは、なんでもできるということでもあります。
      そうは言っても、仕事がないと不安になってしまうと思いますが、焦っても同じなのでゆっくり腰を落ち着かせてやっていきましょう
      ほとんどの不安は妄想みたいなものです、気になっても気にせずやっていけばいいですよ。
      またいつでもコメントくださいね!

    • ジョニー より:

      ナタリーさん、コメントありがとうございます。
      自分の気持ちが理解してくださる方にネットで出会えて、少し安心しました。
      焦りは禁物ですね。頭では理解しているつもりでもなかなか難しいですね(笑) でも、あまり将来のことを悲観的に考えるよりも、今できることを1つ1つこなしていこうと思います。
      また、別の記事を読んでコメントしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

      • ナタリー より:

        ジョニーさん、良かったです。
        その調子でやっていけばきっと抜け出せます。
        気になる記事があればどうぞお気軽に!
        これから一緒に頑張っていきましょう^^/

  2. ジョニー より:

    私は29歳の男性で、昨年の12月から無職になりました。
    それまでは、大学卒業後、働いていて、転職をして失敗して、早期退職になりました。
    今は、後悔、絶望、無職という辛い状態、就職活動が上手くいかないなど、精神的に辛い状態です。
    ナタリーさんのサイトを拝見して少し楽になりました。
    他の記事も読んでいきます。
    ありがとうございます。

    • ナタリー より:

      ジョニーさん、コメントありがとうございます。
      ブログ管理人のナタリーです。
      私が31ですのでジョニーさんとも年も近いので、いまの状況に対する不安はよくわかります。
      私もそうでした、とくにお金の心配などがあると思いますが、どうしようかわからなくなって怖くもなりました。
      でもね、どんなにいまは辛くても乗り越えられるときがやってくるので、これから一歩ずつ前へ向かっていきましょう。
      私のサイトが少しでも参考になっているようで幸いです。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ