これでバッチリ!どれもこれも中途半端にならない7つの考え方

あともう少し、
あともう少しだっていうのに・・・

あぁ、これはもういいや
別のことをやった方がうまくいく気がするし・・・

中途半端であきらめる男性

となって挫折してしまった・・・

ありますよね。そういう経験。

どれもこれも中途半端。
最後まで完成させられたためしがない・・・


あなたもそうかもしれませんが、
私もそうでした。
何をやっても中途半端!
中途半端な男性

最後までやり通すことができませんでした。

でもなんで?

なんで中途半端になってしまうのでしょう?

それを今回ここでお話ししてくのですが、
それは簡単な話です。
それは、簡単な話です。

なにかというと、
最後の最後であきらめてしまうから…

ただそれだけです。
諦めるから中途半端になるんです。

あきらめなければいいのに、諦めるから中途半端になってしまうのです。

あきらめなきゃいいのに・・・
とわかっているのにあきらめてしまう。

だから中途半端になるんです。

あきらめなきゃいいのに…

って、え〜いくどい!

ですよね。

しかし、そうはいっても、
どうしても途中で諦めてしまうと思うので、
今回お話する方法をぜひ試してみてください。


これをやれば中途半端にならない!
そのくらいパワフルな考え方をご紹介しましょう。

それがこちら↓

どれもこれも中途半端にならない7つの考え方とは・・・↓

1、どうせ完成はないんだ。
2、ダメだったときのことも考えとこ
3、無駄はない。失敗はない。経験あるのみ。
4、義務にならないように気をつけよう
5、愛と継続、あきらめない
6、ひとつを極めてから次へいこう
7、最後が一番大変なんだ。

これらはほんとうに大切な考え方です。
ものすっごく大切な考え方です。

これまでやってきたことがすべて
いい加減になってしまっている、としても大丈夫!

ぜひ最後まで読んで、中途半端ぐせを克服していきましょう。

ひとつでも達成できればOK。
中途半端をやめればそれだけで自信になるでしょう。

ということで、解説です。

スポンサーリンク



まずは、

1、完成はないと分かっておこう。

これは本当の話。
中途半端な人にかぎって、
がっちがちの完璧主義者です。

なにをやっても完璧主義で、

絶対にこれを完成させてやる!
怒る完璧主義の男性

ってとことん完璧を目指します。
が、ハッキリ言います。

完璧主義者に限って中途半端になりがち。

完成を目指しても、終わりはないし、
ここがよくない、だから修正しなければとやっていたらキリがありません。

きりがないからこそ
完成するまで続けようとして、
その結果、中途半端になります。

もう一度言います。
完璧主義者になるほど中途半端になります。

なので、完璧主義をやめる。
ある程度やったら、これで完成だと認めましょう。

100%でなくていい、80%でもいい。
あなたがこれでいいと思えたら、それが完成なのだから。

さぁ、完璧主義をやめていきましょう。
中途半端になりたくないからこそ、完璧主義におさらばです。


そして、

2、ダメだったときのことも考えておこう

中途半端ななってしまう人にかぎって、
物事すべてうまくいく、と思っていますが、
うまくいかないときは必ずやってきます。

必ずです。
だから、うまくいかないときがやってくると、
途中であきらめたくなって、

や〜めた!こんなのもう無理!

と中途半端に終わらせてしまうんです。

なので、始める前からです。勝負は始める前から始まってます。
そう、ダメだったときにどうするかをしっかりと計画しておくんです。

もしダメだったら、どうしようかな?
今後の計画をたてる女性

そうやってダメだったときのことを想定しておく、
これも完璧主義にならないということ。

ですよね。
そして、ダメだったときのことを想定しておくからこそ、
心にゆとりを持てて望み通りに達成することができるんです。


ダメだったらどうするか、それを考えておく。
これならあきらめずに乗り越えられるんです。

わかりますよね。

それから、

3、無駄はない。失敗はない。経験あるのみ。

中途半端にならないための考え方!
それは、

もしダメになったとしても無駄にはならない。
次の成功のための材料なんだ〜

失敗から学ぶ少年

と思うことです。
そうこの考え方ができるかどうかです。

うまくいかなかったその経験があればこそ、
次はうまくやることができるのだから。


失敗どんとこ〜い!

一方で初めからうまくやった人間は、
なにかあったときにもろく崩れさってしまうから。

ダメよダメダメ〜

ってことで
失敗を失敗と思わないこと。
そして失敗もまたひとつの経験だとおもって、次に活かすこと。

これが大切な考え方なのです。

わかるよね。

そして、中途半端になりたくないのなら、

4、義務にならないように気をつけよう

この考え方がめっちゃ大事!

最初は楽しくやっていたことも、
だんだん義務になってしまうと・・・

つまらない!やりたくない。もうやめたい。
人生が退屈でおもしろくない女性

そうなると続ける意味がなくなってしまいます。

なんでこんなことやってるの?
意味がわからなくなります。

だから、
やることが義務になったら立ち止まることも大切
方向転換、フレキシブルに変えてしまおう!

それか義務になってやっているとしたら、
やりたいと思えるまでしばらく待つ!

待って、待って、待ってみて、
待ってればまたやりたくなります。


そう、やりたくなるまで待てばいいんです。

義務になったら待っていましょう。
やりたくないときはお休みで!


それから、

5、愛と継続、あきらめない

ということで、

今言った通りですが、
どんなことも義務でやっていると、イヤになる

これが真実です。
それでもやっていると、
こんにゃろめ〜、もうやりたくない!
義務でやらされ楽しくない様子

続けることが難しくなってきます。
だから、くどいけど義務にしてやらないこと。
これが何よりも大事です。

そして、そのかわり、
やってることに愛を!

愛をもって取り組むこと。

これ、やってて楽しい〜〜!!
やっていることに愛を感じる男性

って愛をもってやることなんです。

愛がなければ絶対に続きません。
義務でやってもどこかで挫折します。


それこそが中途半端になるかならないかの分かれ道です。

わかりますよね。

だから、
義務ではやらない、愛でやる!

これをどうか覚えておいてください。

やってることが好きだったあの頃の気持ちを忘れない。
ただそれだけ。
ただそれだけで、これから先どんな困難があっても、なにがあっても続けられ

そしてだからこそ、
あきらめなければきっと道はひらけます。
あきらめたくなったら、もう少し頑張ってみましょう。


がんばれ〜

そして、
中途半端にならないために、これも覚えておいてね。

6、ひとつを極めてから次へいこう

ある程度できると、

すぐに次に手をのばしたくなる!

っていうのが人間だけど、ちょっと待った〜!

その前にいまやっていることを極めてからにしましょう。

途中で次にいってしまうと、
絶対に両方とも中途半端になります。

二兎追うものは一兎も得ずになります。

次に手を出すのは、まださき。
いまやっていることをある程度でも極めてから。

ひとつのことをマスターした男性

十分できるようになったと思えたら、そこで次へいけばいいんじゃないかな。

焦らないで腰をじっくり。
落ち着かせてやっていきましょう。

そして、最後の

7、最後が一番大変と分かっておこう

意外と見落としがれがちなのがこれ!

ものごとで大変なのは始めるまでと、
あともう少しで完成というときです。


水泳やマラソンなんかと同じで、
あともう少しできるぞ!というときが一番苦しいんです。

あと少しなのに…く、苦しい…
あともう少しが苦しいイメージ

あともう少しで出来上がるというときが一番大変。
それをこえたら、喜びが待ってます。

と、分かってればもう少し頑張れますよね。

だから、あともう少し、だとおもったら
あともう少し頑張ってみましょう。

それさえ乗り切れば、楽になるし、自分の力にしていける。

あと、もう少し!
最後の最後まで頑張ろうね!


・・・


さて、いかがでしたでしょうか。

これで中途半端にならずに、最後までやり遂げられる自信がついたことでしょう。

私も中途半端は好きではありません。

最後までやりきって、満足出来る自分でありたい。
そういつでも思ってます。

あなたも必ず、そうできるはず。
中途半端にならないで、最後まで頑張れ〜

では最後にまとめ↓
中途半端になりそうになったときには、ここをもう一度チェックしてみてね。

どれもこれも中途半端にならない方法とは・・・↓

  • 1、完成はないと分かっておこう。→中途半端な人に限って完璧主義。あともう少し、でもまだ足りない。と完璧を目指そうとして挫折する。でも、どこかで完成と妥協しないかぎり終わりはなし。中途半端になりたくないからこそ、完璧主義はやめようぜ〜。
  • 2、ダメだったときのことも考えよう→すべてうまくいく、と思っているとうまくいかなかったときに諦めたくなる。それが人間。だから、始める前からダメだったときにどうするかもしっかり計画に入れておくこと。その方がゆとりをもって取り組めて結果望み通り達成できるから。
  • 3、無駄はない。失敗はない。経験あるのみ。→もしダメになったとしても無駄にはならない。次の成功のための材料だ。って思って失敗を失敗と思わず、ひとつの経験だとおもって、次に活かしていきましょう。
  • 4、義務にならないように気をつけよう→最初は楽しくやっていたのに、だんだん義務でやってしまうこともあるでしょう。そうなると続ける意味がなくなります。やることが義務になったら立ち止まることも大切。方向転換もフレキシブルにやってこう。
  • 5、愛と継続、あきらめない→やってることに愛をもつこと。そしてあきらめずに継続すること。それこそが中途半端になるかならないかの分かれ道。あきらめなければ必ず道はひらけます。あきらめたくなったら、もう少し頑張ってみよう。
  • 6、ひとつを極めてから次へいこう→すぐに次に手をのばしたくなるものですが、その前にいまやっていることを極めてからにしよう。途中で次にいってしまうと、それもまた中途半端になります。二兎追うものは一兎も得ずだよ。
  • 7、最後が一番大変と分かっておこう。→ものごとで大変なのは始めるまでと、あともう少しで完成というとき。あともう少しで出来上がるというときが一番大変。それをこえたら、喜びが待ってます。だからあと少し頑張ろう〜


というわけですが、
ここまであなたがこの記事を読んでくれたということは、
あなたは中途半端な人間では決してない!

信念を貫き通し、やり抜く力をもっています。
だから、どうぞ自信をもっていいんだよ。
いまやっていることをコツコツやり遂げていこうね。

それと、途中で挫折しそうになったら
こちらの記事も合わせてどうぞ↓

逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャーに負けない7つのコツ

楽しく前向きに生きていく9のヒント!で、暗い人生を脱却せよ。

まったくやる気が起こらないときにやる気を出す7つの方法

不安で不安でいっぱいな将来の不安が消える、7つの方法



これらの記事を読んでもらえれば、
これでガツンと人生が変わるはず。

では、今回はこれで。
また次回もどうぞお楽しみに。

最後まで読んでくれてありがとう。

スポンサーリンク



>>>免責事項

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ