人に流され騙されないために知っておきたい7のこと

人に流されないようにしよう、
騙されないようにしよう


と思っていたのに、
また騙されてしまった!
人に騙されてショックを受ける男性

悔しいですよね。

そんなの、

だから、

騙された!

買わなきゃ良かった!

やらなきゃよかった!

と、後悔しないために。

いま買わなきゃ損ですよ。
口車にのせて騙す詐欺師

と口車にのせられて、
後悔しないために。

これ、みんなやってますよ。
宣伝するテレビのイメージ

と言われてやったけれど、

しまった、やってしまった!
もったいないことをしてしまった!


と、後悔しないために。

ぜひ、知っておいてください。

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)や、
結婚詐欺などにひっかからないためにも、
振込み詐欺のイメージ

知らず知らずにお金を騙しとられ、
家庭がボロボロになり、お先まっくらにならないためにも、
お金のことでボロボロの家庭

この7つのことを、

人に流されだまされないために…↓

1、おいしい話はやってこないと知っておこう。
2、外見だけで人を判断するのはやめよう。
3、集団心理に惑わされないようにしよう。
4、感情的になっているときに判断しないで。
5、大切な決断は一晩寝てから考えよう。
6、身近な人のアドバイスはよく聞こう。
7、まずは疑い、それから信じよう。
どうか、知っておいてください。

読んでおきさえすれば、
今後、人に流されることがなくなります。

バカにされたり騙されることがなくなります。

あとで「あぁ読んでおけば良かった・・・」とならないためにも、
知っておいてください。

いざというときにこそ役に立つので、
知っておいてください。

では、解説です。

スポンサーリンク



まず、これだけは知っておこう!

1、おいしい話はやってこないと知っておこう。

騙されないでください!

すっごくいい話があるんだけど、
これやればすぐに儲かるんだけど…

投資案件を持ちかける女性



と、いうおいしい話。

ほんとに儲かるなら、
その人がこっそりやってるはずし、

儲かるのはおいしい話をもってきた人で、
おいしい話で儲けようとする男性

持ってこられた人は損をするのがほとんどです。
お金がなくなって心配な女性

だって、
ほんとに儲かるなら、
わざわざ人に教えようなんて思わないはずです。

すでにその人がこっそりやってるはずです。

だから、

おいしい話は「損をする」

と思って、

今後あやしい投資や株、FXなどの話がでてきても
すぐに飛びつかないでください


大切なことなので、もう一度!

おいしい話は「損をする」
おいしい話をもちかける女性

ぜひ覚えておいてくださいね



それから、

2、外見だけで人を判断するのはやめよう。

なのに、

わかっていても、人は権威に弱いものです。

学校の先生は偉い、
お医者さんの言うことは絶対に正しい、
東大卒は頭がいい・・・

すぐに肩書きや外見で人を判断しがちです。

だけど、外見なんていくらでも作れるし
嘘をつくことだってできてしまうんです。

そうではなく、
見るべきなのは

外見ではなく内面


スーツを着てようがロレックスの腕時計をしていても
ロールスロイスの車を持ってても、
高級車を乗りこなす男性

あるいは、どんな資格を持っていても、
そんなのまったく当てになりません。


だから、騙されないでください。

大切なのは、外見でなく内面です。
外見でなく内面をみつめる少年

みためで判断するのをやめて、しっかり話を聞いてその人が信頼できるかを見極めた上で判断するようにしましょう。

そうでないと、すぐに騙されてしますからね。

普段どんなことを考えているのか、
何をやっているのか。

こちらも参考にして・・・

相手の気持ちが手にとるように読める方法

外見だけで判断するのはこれで終わりにしましょう!

また、

3、集団心理に惑わされないようにしよう。

日本人は、
まわりの意見にすぐ流されやすい

たとえば、
テレビで言っていることをすぐに鵜呑みにしてしまったり、
テレビの言っていることを鵜呑みにする夫婦

みんながやっているからと自分もやってみようと思ったり、
まわりに合わせる日本人

まわりに合わせようとしてしまうのが日本人。

もっと具体的にいえば、
アナ雪がはやっている、妖怪ウオッチが流行ってる

と、流行に流されて買ってしまったり・・・

(それがいけないと言ってるわけではなく、流されてないと思って流されているのが問題なのです。)

そんなふうに、
「みんながやっていることだから、じぶんも!」
となってすぐに流されてしまうのが、
日本人のよくないところ。


自分を見失っている状態です。

テレビのいいなり、マスコミのいいなり、学校や企業のいいなりになっていて
そのことに気がつけてないんです。

だから、集団心理にながされて
すぐに騙されてしまうんです。

なので、そうならないためにも、
ただ人の意見を聞くばかりでなく、

(みんなはいいというけど、これって本当かな?)
テレビに疑問を感じる女性

と自分で考える時間をもって、
集団心理に流されないようにしていきましょう。
(ただし、テレビをみていけないというわけではありません。わかってればみてOKです。)

こんな方法も、

精神的に弱い状態を3分で強くする7つのコツ

参考に。


それから、

4、感情的になっているときに判断しないこと。

不安、恐怖、心配、怒り、

感情的に揺れ動いているときに、
大切な決断や判断をしてはいけません。

感情的な不安を感じる男性

なぜなら、
感情が揺れ動いているときは、
あたまで論理的に考えられず、
冷静な決断を下すことができないからです。

とくに焦っているときは即決してしまいますが、
そんなときにこそ、決断してはいけません。

どんなにせかされても落ち着きましょう。

また、恋をしているときもそう。
恋をすると、まわりのことがまったく見えなくなる。
浮気の恋でまわりがみえない様子

だけど、そのときに大切な決断をしてしまうと、

なんであのとき止められなかったのだろう

と悩んでしまう。(ちなみに、これが結婚詐欺や浮気や離婚の典型パターンです。)

それは感情で判断してたからです。

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)もそうですよね。
あなたの大切な人が痴漢をしたとか、事故にあったとか、警察に捕まっているとか
不安を煽って振り込ませようとします。

ひどい話です。

だから、もし感情的になってしまっているとおもったら、
なにも決断しないこと。
何もやらないと決断する女性

これをいまから決めておくんです。

いざそのときになってから考えようとしても、感情に振り回されて冷静な判断ができなくなりますから、いま決めておくんです。

他人に感情に振り回されたら
これも↓

人目が気になり緊張しやすいを克服する7つの方法

読んでおいてね。


そして、次です。

5、大切な決断は一晩寝てから考えよう。

すぐに決めてはいけません。

なぜなら、さっきお話した通り、
感情に動かされているだけだったりするから。

感情に動かされていたら、冷静な判断ができない。

だからこそ、
感情をいったん鎮める必要があります。

そのためにできるのが、一晩寝ること。
ベットで眠り気持ちを変える男性

そして、気持ちが落ち着いてから考えること。


寝れば脳が休まります。
感情が落ち着きます。
正しい判断ができるようになります。


だから、寝ましょう。

早く決断をしたいときだからこそ、寝ましょう。

一晩寝て気持ちが変われば、やめればいいんです。
しかし、一晩寝ても何日寝ても気持ちが変わらないのなら、それは正しい決断。

だまされない、流されないためにも寝てください。

おやすみ〜
感情を落ち着かせるためにベットで眠る女性

それと、これもすっごく大事です。

6、身近な人のアドバイスはよく聞こう。

なにかを始めようとすると、
「それ騙されているんじゃないの?それって詐欺だよ、気をつけたほうがいいよ。」
騙されないようにアドバイスするカップル

と、まわりの人は心配をしてアドバイスしてくれます。

しかし、
「詐欺なんかじゃないよ、これは絶対にこれは正しいから大丈夫だし、信頼できるよ。」
信頼できると自信たっぷりの男性

と、
だまされているときにかぎって、
自分はだまされてないと自分で自分を説得してしまうもの。


だけど、
この状態はかなり危険です。

自分が騙されているのに、騙されてないと思っているということは
自分を客観的にみれてないということです。

どんなにだまされていても、だまされてないと言ってしまうとしたら、
どうしてだまされないでいられるでしょうか。


なので、
オレは騙されてない!ではなく、
オレもしかしたら騙されているかも!
正しいことなのか疑問を感じる男性

と自分を一歩外から疑ってみること。

そして騙されていることに気づくこと、
で、騙されている状態を抜け出すことができます。

客観的に自分を外から見つめるんです。

騙されてない!は騙されている証拠!
ほんとうに流されたり騙されない人は、(もしかして、私騙されているかも・・・)と思えるんだから、

だから、

7、まずは疑い、もう一度疑いそれから信じよう。

子供の頃から、

人は信じなくちゃだめだよ。
人を信じるように子供に教育する父親

と、信じることが正しいことだと教育されてきたけれど、

たしかに、信じることは大切だけれど、

でも、それって本当でしょうか。

ある先生がこう言ってました。
「何でも信じる人は結局なにも信じていないのだ。」

本当にその通り。

信じる=素晴らしいことだ
という前提を捨てて、
一度疑うことが必要です。

疑ってみて、信じられるかどうかを判断すればいい。

とことん疑って、なにかがおかしい。
怪しいと思えば、断ればいい。
納得できるのなら、信じればいいんです。

疑うことに罪悪感を感じないでください。

疑うからこそ、信じるべきものが見えてきます。
流されずに疑う男性

まずは、疑い、それから信じる。
なんでも鵜呑みにしない。

その癖を普段からつけるようにすれば、もう流されたり騙されることはありません。

学校の先生でも、親でも、人がなんていっても、
(う〜ん、それって本当?)

テレビがなんていっても、
(それってたんなる広告の宣伝でしょ!)

と疑う癖をつけるんです。

もちろん、私のこのブログや記事に書いてあることも、
鵜呑みにせずにまずは疑って、信じられるとおもったらやればいいのです。


まずは、疑う、自分で考える、そこからです。



・・・



と、いうわけでいかがでしたでしょうか。

これで騙されない!流されない!
という自信がついたのではないでしょうか。


きっとこれからいつか、あなたも

かならず、騙そうとしてくる人に出会うはずです。


もしかしたら、振り込め詐欺の電話がかかってくるかもしれない。

もしもし、オレだけど・・・
振込み詐欺の電話をかける男性

そんなときには、振り込む前にこの記事をもう一度読んで、騙されないようにしてください。

騙されたら、それこそこれまでの努力が無駄になりますから。
それだけはないように。


では最後にまとめです。
騙されそうになったらここだけでもチェックしてみてくださいね。↓

人に流され騙されないために知っておきたい7つのこととは・・・↓

  • 1、おいしい話はやってこない。→おいしい話を持ってきて儲かるのは、その話を持ってきた人の方です。儲かりますと言われたら、損をするので断りましょう。おいしい話は他人任せにせず、自分から探すことです。
  • 2、人は外見では判断できない。→学歴や職歴などの肩書き、服装やブランドなどの外見に騙されてはいけません。言葉もそうです。見た目なんていくらでも嘘をつくことができます。大切なのは、内面の心の方なのです。
  • 3、集団心理に惑わされないこと。→学校やお仕事などの環境はもちろん、マスメディア(テレビ、新聞、ネット)などに日本人はとかく影響されがちです。流行に流されてしまわないよう自分を見つめる時間をもちましょう。他人は他人、自分は自分です。
  • 4、感情的になっているときに判断しないこと。→不安や心配、パニックになっているときはもちろん、恋愛などで感情が揺れうごいているときは、ろくな判断ができません。脳が冷静な判断ができないので、感情的になっていたら判断しないと決めておくことです。
  • 5、大切な決断は一晩寝てから考える。→その場で判断する必要があることなんてそう多くはありません。一晩ねて、冷静になってから判断しましょう。焦って下した決断は状況を悪化させるだけです。
  • 6、身近な人のアドバイスはよく聞こう。→身近な人に否定されたり忠告されたら、「その通りかもしれない」と思える客観的な視点に立ちましょう。なぜなら、まわりの人は客観的にあなたをみているからです。聞く耳をもちましょうね。
  • 7、まずは疑い、それから信じよう。→疑うことは信じることです。なんでもかんでも鵜呑みにせずに、まずは疑って、それでも信じられるのなら信じればいいのです。無条件で信じるのは相手のいいなりです。

これであなたも疑い深くなりましたね(笑)
いいんです。疑って疑って、そうして真実がみえてきます。

それと、最後にもう一つ。
ご存知かもしれませんが、騙される人のある特徴をお伝えして終わりにします。

人に騙される人の特徴それは・・・

自分は絶対に騙されないから大丈夫!
自分は騙されないと思う女性

と思っていること。

騙されないとおもっている時点で、だまされているようなもの。

だから、
自分はだまされるかもしれない、流されているのかもしれない…

と、
過信しすぎないでいてくださいね。

それと、不安にあおられ騙されないために、
こちらの記事もよかったら↓

お金がない、どうしよう…と不安になったときの7つのパニック克服法

依存症を治し、やめられるようになる10の方法

あらゆるストレスに強くなってイライラしない7つのコツ



これらの記事を読んでいつも冷静な自分に戻れれば、
そしてあらゆる不安な強くなれば、騙されることはなくなります。

どんなときも感情に流されずに、自分をしっかりもってくださいね。


では、今回はこれで。
また次回の記事もどうぞお楽しみに。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク



>>>免責事項

2 Responses to “人に流され騙されないために知っておきたい7のこと”

  1. マロン より:

    職場で親しい友達から、色々な情報を聞かされ疲れます。
    「あの人はこうだから気をつけた方がいい」など、主に人への疑いについての内容ばかり。
    私はチームの輪を大切にしたい性格で、ここで言えば騙されやすい人なのかも。聞きたくなければ流して聞けば良い事なのですが、どうしても影響されてしまい。段々その人と話をするの事が苦痛になってきました。職場の人間関係は難しいです。

    • ナタリー より:

      マロンさん、わかります。その気持ち。
      どの職場にもそうやって情報を聞かせてくる人は一人はいます。必ずいます。
      まぁ、人それぞれ考え方があるのでそれをどうこう言うわけにはいかないですが、ずっと聞かされるとさすがに参りますね。
      参るし、影響されているとわかっている自分にうんざりすることもあるものです。
      影響されないように頑張っても「あの人はこうだ」と言われたら「そうなのかもしれない」と疑う気持ちが出てくるし、どうしようもありません。
      人は必ず影響されます。それを避けることはできないです。
      だから、言われたことを真に受けて話すのが苦痛になるなら、その友人とは少し離れてみるのも大切ですね。でないと、その友人の言われたままになるでしょう。(私もそうだったので、いまは少し距離をおいてます。かといって、完全に無視するわけではありません。環境は自分で作ることができるということです。)
      何れにしても、職場の人間関係は難しいのは確かです。気苦労も多いと思いますが、マロンさん、チームのためにこれから頑張ってくださいね。
      ナタリー

サブコンテンツ

このページの先頭へ