会話が苦手な人の4つ共通点、あなたは知ってましたか?

なたは知ってましたか。
会話が苦手な人の4つの共通点を・・・。

苦手

ほんとうにシンプルなのですが、
これはあまり知られてません。

会話が苦手な人は、ある4つのある共通点をもっていて
だからいつまでたっても会話が苦手なんです。

しかも自分でそのことに気がついてないんです。

なので、あなたにそれを教えますので
ぜひそれを克服して会話上手になってください。

絶対にできますから。


で、さっそく言っちゃいましょう。
会話が苦手な人の共通点とはこれです。

会話が苦手な人の4つ共通点とは・・・↓

1、無反応、無表情
2、何を話そうか考えている。
3、極端に失敗を恐れている。
4、たんに練習不足

これからひとつずつ説明していきますが、
どうか自分とは関係ないと読み飛ばさずに
全部に目を通してみてくださいね。

でないと、

「これはオレは大丈夫。だから読む必要ないな」

って思っていても案外気がついてないだけ
ってこともあるので。。

絶対に読んでいってくださいね。

スポンサーリンク



それと、

こちらの音声も
よかったら聞いてみてね↓
ブログ管理人ナタリーの解説

ナタリーからの音声はこちら↓

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


スマホの方はこちら→会話が苦手な人の共通点とは
※4分41秒の音声です。

では最初は…

共通点1、無反応、無表情

ですが、

会話が苦手な人はハッキリ言って反応がありません。

「はい」とか「いいえ」っていうのならまだいいんです。
しかし、それすらも言わず「はぁ、、、」「まぁ、、、」と曖昧な返事しかしません。
真顔になった無表情の男性

そしたら相手だって話していても面白くない!

なので
面白くなさそうな態度をしてきて結果、会話が苦手な人になってしまうのです。

なので、まずは会話に感情を入れるトレーニングが必要です。

今回ここでその方法は話しませんが、
よかったらこちらの記事を読んでおいてください。↓

会話に感情がない!!なら感情をいれようぜ。この3つの方法で・・・


この方法をやれば感情を会話に入れて話せるようになります。
笑顔が素敵なの男性

で、ふたつめの会話が苦手な人の共通点、

共通点2、何を話そうか考えている。

ですが、

これはなんとなくわかるんでないでしょうか。

話をするときに次に話すことを考えているんです。

(え〜と、次になにを話せばいいのかな?)

(よし、次はこれを言おう。いや、でもやっぱり。。)

って頭のなかで考えちゃっていざ言おうとすると言葉にならないんですね。

そういう場合はこちらを読んで雑談を話してみましょう↓

即興の雑談のつくりかたとは・・・


これで次に何話そうと考えなくてもアドリブで話せるようになります。


つぎは3つめ、

共通点3、極端に失敗を恐れている。


そう、私もそうでしたが

会話が苦手なな人は極端なまでに失敗をおそれてます。


失敗したらどうしよう。
なにかまずいこと言ってしまわないか。

相手の機嫌を損ねるんじゃ。


とかね。

でも、実際は失敗しても
そんなに問題になるありません。

それに、たいていはあとで謝れば済むことです。

ごめんねぇ。
何も言わなくてもモテる男性

うん、いいよ〜

もし失敗してしまって怒られたとしても
それはあなたの責任ではなく、
たまたま相手の機嫌が悪かったとか、あるいは初めからそういう人だったとか
そんなものです。


気にしすぎてなにも話さない方がよくないです。


自信がなければこれもぜひ↓

ぜったい揺れない自信をつける6つの方法



そして、
会話が苦手な人の共通点の最後は

共通点4、たんに練習不足

です。

これがじつは一番大きな原因です。

練習をしてないから会話が苦手なわけで
ようは練習してけばいいんです。

本当にそれだけなんです。

だから練習をしていきましょう。

たとえばこんな練習方法もありますし、↓

4つの会話練習法。これで口べたにさようなら。

こんなのもあります↓

口べたが話し上手になるための3つのトレーニング


ぜひ、練習に練習を重ねて
会話に慣れていってくださいね。

***

と、いうわけで

ここまでお話しした4つの共通点をひとつひとつクリアすれば
かならずあなたの会話力は上達し得意になるはず。


まぁ、焦らず気長にやってきましょう。

今回のまとめです。

会話が苦手な人の4つの共通点は・・・

  • 1、無反応、無表情→反応がない人は会が苦手です。まずは感情をいれるところから練習していきましょう。
  • 2、何を話そうか考えている。→何を話すか考えるとアドリブができず会話が苦手になります。
  • 3、極端に失敗を恐れている。→失敗しても大丈夫だと思えないと会話は苦手になります。
  • 4、たんに練習不足→練習不足なら練習していけばいい。ただそれだけのこと。とことん練習しましょうね。

  • どうぞ、克服しちゃってください。
    あなたは苦手を克服し、そして会話が上手になれます、

    まずは今回話した4つの共通点、それを意識してみてください。
    それだけでも変わります。

    それでは、
    今回も最後までお読みいただきありが10匹。
    また次回もどうぞよろしく〜。

    それと、他の記事もぜひ見てくださいね!
    と〜っても役に立つし楽しいのではまりますよ(笑)

    たとえばこちらの記事↓

    会話表現のボキャブラリーを短時間で倍増させる方法

    言葉に詰まるをなくす1つの考え方と2つの方法

    一人でできる簡単な会話力UPトレーニング



    シンプルだからこそ、使えるものです。
    難しいことを考えずに、気楽にね!

    ではでは!

    スポンサーリンク




    >>>免責事項

    6 Responses to “会話が苦手な人の4つ共通点、あなたは知ってましたか?”

    1. 骸骨 より:

      んーって感じです。そもそも雑談が苦手な人は、雑談が楽しくないんです。ただ5感で感じたことや、今日や昨日や明日の話がつまらないんです。逆に、何か重要なテーマに沿った議論となると得意だったりします。つまり雑談は無意味でくだらないと感じるけど、意義のある議論は俄然モチベーションが上がるのです。スピーチも得意だったりします。自分の興味ある内容を深く鋭くスピーチすることができます。もし雑談が出来るようになりたいと思うのなら、まずは雑談を楽しめるようにならなければダメです。しかし、楽しくないものを「楽しもう。楽しまなければ」っていくら自分に言い聞かせたって楽しめないですよね。もし、楽しくないものが楽しくなる方法でもあるのなら教えてください。

      • ナタリー より:

        骸骨さん、貴重なご意見ありがとうございます。
        雑談が苦手なのを楽しめないのには様々な事情があると思いますが、私が言えることはただひとつ。私も元々はそんなに雑談が好きではなかったということです。人の話を聞くのは疲れるしめんどくさいと思ってました。ましてや興味のないテーマであればなおのこと。どんなに取り繕ってもそれは言葉に現れてしまうし表情に出てしまうし隠せるものはないでしょう。でも、私はいまでは雑談をするのが楽しいと思えてます。それというのも、自分が興味のないことの話を聞くことは自分の世界観を広げることだという確信があることと、自分が興味がなくても相手が興味をもっているならその話をすることで相手が喜んでくれることを知っているからです。つまり、自分にとって雑談というのは、目の前にいる誰かを楽しませたり共感したりできるツールだと思っているからです。この記事に書いたのは、どちらかというと話すのが苦手でそれでも雑談をできるようになりたい人を対象にしてますが、それ以前に雑談を楽しむためにできることと言えば自分がその雑談をすることにメリットを感じることだと思います。例えば、私はスポーツに全くと言っていいほど興味がありませんが、でもスポーツを好きな人がいたときにスポーツについて知ってれば話を盛り上げることができます。それは、その人だけでなく他の別の人にも当てはまることです。だから、骸骨さんにわかっておいてほしいのは、雑談を楽しめないのなら、そのことをまったく自分とは関係のない意味のない内容だと思うのをちょっと横においておいて、これは自分にとってあとで役に立つテーマだから聞いておこう、わからないから質問してみようと思って臨んでみてほしいです。もちろん、それが最初はどんなに苦痛かはわかってます。自分の興味のないことはテレビであれ音楽であれ、そして雑談であれ耳に痛いものです。でも、無駄にはならないです。どんなくだらないと思えることも。でも、それでも雑談が楽しめないとしたら無理に付き合わなくてもいいと思いますよ。この世界はいろんな人がいます。必ず骸骨さんとフィーリングが合う人がいるので、その人と共通の趣味などで話しましょう。おそらく骸骨さんはいただいたコメントの文章からお若いと思いますので可能性を広げていってくださいね。応援してます。

        そして長くなりましたが、またいつでもコメントお待ちしてます。

        ナタリー

    2. R より:

      ナタリーさんお久しぶりです✨
      前に何度かコメントで相談させていただいたRです。また、ナタリーさんに相談したいことができてしまったのでコメントさせていただきました。以前抑うつじょうたいの服薬ことで相談させていたただいた時のナタリーさんの試してみるのもいいというアドバイスを参考にして、今は漢方薬とドクマチールを服用しています。服薬による副作用はなく以前よりも前向きな気持ちで入れる時間も増えました。あの時はアドバイスありがとうございました。
      今は大学生になって1週間と少し経ったところなんですが、自分の会話下手さに悩んでいます。昔は少し喋ればなんとか友達ができたんですが、今は精神的に会話のやコミュニケーションにひどくコンプレックスを抱いてしまったせいか会話していてもうまくいかないなということが多く、拒絶することを異常に怖がってしまって会話を切り上げてしまいます。それでもなんとか話そうと発言しようと頑張る時もあるのですが、なんだか無理してボケをねらって話してしまったり、沈黙を埋めようと必死感が出てしまい空気の読めない感じになってしまいます。愛想も悪いので、他の子に悪気がないのにそっけなくていやな対応もしてしまいます。また、明るい子やかわいい子、かっこいい人に話しかけられると『自分とはちがうせかいの人だ私のことを嫌うに違いない』と勝手に思ってしまい、拒絶するような対応をとってしまいます。『私に話しかけられたりごはんに誘われたりしても迷惑だろうし、盛り上げられない』と話しかけたり何かを誘う時に躊躇してしまいます。勇気を出してなんとかしよう!と思う時と、私が誰かと話して気まずくさせるならもう一人でいい!と殻に閉じこもってしまうときもあります。嫌われるのが、変に思われるのがこわくて冗談をいったり自分の思った事や友達がすくないことをネタにした発言も言えません。というか、いつも不安ばっかりで意思がないので自分で何かを思うことも少ないので主張できる意見やなくて意見を言おうとするとしどほもどろになってしまいます。
      この1週間で話している相手が気まずそうにしていたり、私が発言したことに対して変な空気が流れることが何度もあり、精神的に弱い私は半分へこたれそうになっています。でも、このまま一人でいいと逃げてしまってはダメだという気持ちも強くあります。
      大学の人たちはみんなフレンドリーで男女の垣根もなくて余計に自分のコンプレックスが刺激されます。みんな話しかけてくれるのに私がむりだ!と拒絶しているという現実に毎日後悔しています。
      私が人とコミュニケーションがうまくとれない理由な緊張感と、焦燥感にあり、これが消えて落ち着いて話ができれば…と悩みながら変わる勇気がなかなか出ずに自信を失っていく毎日です。
      わかりずらく、質問内容が曖昧な文章で申し訳ありません。
      まとめると、会話するときに生じる恥ずかしい思いをしたくない、話を続かないどうしよう!ノリ悪いから嫌われるかもしれない嫌われたくない…というこのプライドにも似た強迫観念を解消するにはどうしたらよいでしょうか?また、ナタリーさんも私と同じのような経験があればその経験談もお聞かせ願えたたらと思います。
      長く乱雑で文の上、漠然とした質問で申し訳ありません。

      • ナタリー より:

        Rさん、お久しぶりです。抑うつ状態が改善されつつあるようでとても素晴らしいですね。お役に立てて私もうれしいかぎりです。
        さて、大学生になって1週間と少し経って会話下手さに悩んでいるとのこと、まぁそうでしょう。誰だって最初はそういうものですよ。私もそうでしたし。なかなか会話に入っていけずに途中で話を切り上げてしまう、それは誰でもあることです。Rさんだけでないので心配しすぎないでくださいね。時間をかければ必ず友達はできますから。
        それと無理してボケをねらっても、普段使ってないとそう簡単には使えるものではないですよね。だからボケを使うのはまだまだ先でいいかな。それにやはり日々の練習が必要になりますね。そのためのヒントとしては、周りの人と共通の話題をつくるためにサークルに参加したり、バイトをしたりする。あと、バラエティ番組をみてトークの感覚をつかんでみるというのもいいでしょう。(テレビも選んでみれば勉強になるし社会性が自然と身につきます。ドラマや映画などもおすすめ。)
        と、その前にまずはRさんは自分に自信を持つべきかもしれませんね。自信がないと本当に何をやってもうまくいきません。最初はハッタリでもいいので、自信のあるフリをしてみる。そうやっているうちにその自信が当たり前のものになってきます。当たり前になってくれば自然と話す仲間は増えるしどんどん会話のなかに入っていけますよ。
        それともうひとつ、会話というのは自分だけでなく、相手があってのものです。頭のなかでどんなに会話してみても実際に話してみないと分からないことはたくさんあります。だから、まずは話してみる。失敗してもいいから話してみる。それでうまくいけばいいし、うまくいかなかったら直せばいいし、いろいろ試してみるのがいいでしょう。それとついでに自分がよく見られようなんて思わないほうがいいですよ。よく見られようと思えば思うほど緊張するし殻に閉じこもってしまう。よく見られようとするほど自意識過剰になりますからね。だから会話をするときはいつも通りに、自然体でいつも通りに楽しんで話すことを意識してみてください。気にしすぎはよくないですから。
        と、そうは言っても難しいと思うので、そういった場合は先ほどもいったように普段から練習していきましょう。一気に上手になる必要はないので、ひとつずつコツコツと。恥ずかしい思いをしてもいいし、気まずいときがあってもいい。嫌われてもいいんだ、と思えたときに話せるようになるものです。少しでも自分自分となっている状態から相手をいかにして楽しませられるだろうか、そんな相手相手と相手に気持ちを向けられるように頑張ってくださいね。Rさんでしたら、大丈夫。文章を読んでいても人をいたわる気持ちがあるから、会話上手になれるはずですよ。ではでは。

        ナタリー

        • R より:

          ナタリーさんまた丁寧なお返事ありがとうございます。何度もじっくり読ませていただきました。
          日々の練習と自信をつけること。これが私には今一番必要な気がします。実は毎日家族で練習してるのですが、母や妹にも緊張してしまい言いたいことが言えずにビクビクしたりむやみに中身のない言葉を発したりして、家族とすらうまく話せないのにこれからどうやってら生きていけばいいの!私は世界で一番コミュニケーションができない!自分のことしか考えていない性格も悪くできの悪い人間だ!と最終的には卑屈になりヒステリックのようなものを起こしてしまうことが多々あります。
          ナタリーさんの他の記事にも書いている様に、私は常に無表情無関でそれがコミュニケーションがうまくいかない原因にもなっていると思います。しかし、不安でアタマがいっぱいいっぱいで人の話を聞いている時も「あーあたしちゃんと話聞けてるかな、このあとなにを質問しよう…隣のテーブルにいる子達はもっと楽しそうだな…あたしと話しているこの子ももしかしたら私じゃなくて他の子と話したいかもしれない」のようなことを考えてしまい。話に集中できずに、リアクションも全然取れないことが多いです。本当にネガティブ思考やよく思われたいという自意識のせいだと思っています。私より何倍もしゃべれる子が「私めっちゃ口下手なんだー」と言っているのを聞くと、この子で口下手だったら私の口下手は度を超してるんだ..,周りも気づいてる嫌がってるに決まってる!とさらにネガティブが加速することがあります。でも、このままネガティブでいても現状維持のままで何も変わらないんだ、なら行動しよう!という気にはなってきています。ナタリーさんの言う通り嫌われてもいい!と勇気を振り絞ろうと思います。そして、練習をしたいと思います。
          練習についていくつかまた質問があるのですが、感情表現を豊かにするためにナタリーさんが提唱している漫画を読むというのはただ読めばいいのでしょうか?それとも音読して本当に真似っこしたほうがいいのでしょうか?漫画を読んでいるだけだからか、漫画のようなオーバーリアクションや明るい話題を出そうとすると慣れてなくて完全な棒読みになってしまいます

          • ナタリー より:

            Rさん、練習についてですが、感情表現を豊かにするための漫画の読み方は「これはいいな」というキャラがみつかったら、その役になりきって実際に使ってみる。これにつきます。ただ漫画を読むだけでは使えるようにはならないし、わざとらしくなったりぎこちなくなるだけ。使ってみて初めて身につきます。それとRさんと体型や体格が違いすぎると話していても違和感があるので、Rさんと体格が近いキャラを探してみるのもいいでしょう。無理のオーバーリアクションすることはないですが、できるかぎり真似てみるのはいいし、漫画だけでなくこれから様々な経験を積んでいけばいいですよ。実際にやった経験こそが言葉になりますから。これも日々の訓練です。ひとつずつ頑張ってくださいね。

            ナタリー

    コメントを残す

    当てはまる値を入力してください。 *

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ