こだわりすぎ神経質を改善して、精神的に楽になる5つの考え方




こうでなければならない、

絶対に、こうであるべきだ

こだわりをもって指摘する男性

と。

こだわりすぎて、神経質になってしまうことはないでしょうか。

私はそうでした。

たとえば、食べるもの。

マーガリンは体に悪いから食べちゃダメ!
体に悪いマーガリン

とか、
水道水は塩素が入ってるから、浄水しないと飲んじゃダメ!
水道水を飲む様子

とか、
カップラーメンは添加物がいっぱいだから食べるんじゃない!
インスタントのカップラーメン

など、かなりの神経質。
こだわりすぎて神経質になってました。

なんかそういうのってイヤですよね。


このブログにも書いてありますが、
私は食べるものにやたらうるさいので、加工食品はほとんど食べませんし、
加工食品の缶詰

ジュースもまったくといっていいほど飲まないし、
炭酸飲料のジュース

スナック菓子もあまり食べません。
スナック菓子のポテトチップス

それは健康を思ってのことなのですが…

けれど、

こだわればこだわるほど
そして、神経質になればなるほど
めっちゃくちゃ生きづらくなる

も、また事実なんです。

小さいことが気になりだすとどこまでいっても気になってしまい、それがもとで家族とケンカになったりします
家族と食事のケンカをする様子

だから、こだわるのはいい。としても、
神経質は良くありません。
ほんとうに、苦しいだけ。


神経質にまでなると精神的にもよくありません。
こだわりが辛くなるだけ。


なので、あなたがいま神経質になってしまっていてそれが自分でもわかっていて苦しんでいるのなら、

ぜひ今回のお話を最後まで読んでみてください。

私もそうだったのですから、こだわりすぎて神経質になりすぎているのを改善することができます。

それがなにかというと、これ。

こだわりすぎ神経質を改善して、精神的に楽になる考え方とは・・・↓

1、こだわりつつも、どっちでもいいと思おう!
2、過ぎたるは及ばざるがごとしを知っておこう
3、100%よりも、70%で満足しよう
4、こだわりは、人に押し付けないでおこう
5、最終的には自己責任で

この5つのことを考えておけば、神経質になってイライラしたり、こだわりすぎて、生きづらいのを改善することができます。

私も、そうだったのであなたも絶対できるはず。

神経質を治してこれから一緒に精神的に楽になりましょう!

では、解説です。

スポンサーリンク




まずは、

1、こだわりつつも、どっちでもいいと思おう!

こだわりをもって、それを貫き通すことはいいことです。

ですが、

そのこだわりが強くなり過ぎ、100%絶対になってしまうと、それ以外が許せなくなってしまいます。

どうしてみんな僕のこだわりをわかってくれないんだ。
こだわりを理解してもらえない少年

とか、

悪いとわかってるのに、どうして食べてしまったんだ〜
こだわりが理解されず苦しむ男性

そうなると、後悔の連続。余計苦しくなってしまいます。

でもね、本当は、
どっちでもいいんです。

こうでなければならないと義務になってしてまってるのは、こだわり過ぎな状態です。

よく、こだわりすぎると病気になると、いわれますが、本当にその通りです。

私も一時期、こだわりすぎて病気になりかけました。(精神の方のね!)

だから、こだわりすぎて、悩むのなら、こだわりがあっても、こだわりすぎずに、
どっちでもいいんです。
どっちでもいいと叫ぶ少年

と、

そのくらいの気持ちでやっていけば、精神的にもラクですし、長続きします。

こだわりすぎはほどほどに。

ということで、

2、過ぎたるは及ばざるがごとしを知っておこう

どんなこともそうですが、やり過ぎはよくありません。

たとえば、運動が体にいいからといって、ムリをして鍛えたりしたら、
無理な運動をする男性

体を痛めてしまいます。

野菜が体にいいからといって、そればかりを食べていたら、栄養のバランスが崩れてしまい、
不健康で病気がちな男性

結果的に病気になりがちです。


だから、神経質になったとしても、それが行き過ぎると逆効果


たとえば、私のブログでは、

あれはいいけど、これはダメ!
…といろんなことを言ってますが、

それはあくまでも、一面的なお話にすぎません。

テレビをみないほうがいい!
テレビのニュースで恐怖を感じる夫婦

・・・と私は言ってますが、見たっていいんです。

薬を飲むのは体に良くない!
薬づけにされて健康被害を抱えるイメージ

・・・と、私は言ってますが、飲んだっていいんです。

できるところを参考にしてもらえばいいことで、それだけをやっていればいい、というわけではありません。

やれば、効果はありますが、

過ぎたるは及ばざるがごとし


こだわりすぎて、逆に病気にならないように、ほどほどにしていきましょう。

スポンサーリンク



そして、

3、100%よりも、70%で満足しよう

神経質な人は、100%を目指す人です。

いわゆる完璧主義です。

なので、少しでも、うまくいかないと気になってしまい、そのことが気になって仕方なくなってしまいます。

あちゃ〜、やっちまった〜
神経質で気になって仕方ない女性

けれど、

この世の中、100%なんてありえません。

テレビのアイドルだってそうです。

完璧なんかじゃないんです。同じ人間なんです。お医者さんも人間です。先生も人間だし、親だって、100%ではありません。だから、100%でなくても大丈夫!いい加減にやっていきましょう!
こだわらずにいい加減に笑う男性

こだわりは70%くらいにして、残り30%は適当に。

ガチガチの100%はやめましょう!

そして、

4、こだわりは、人に押し付けないでおこう

神経質になると、どうしてもそれを人に強要したくなります。

どうして、お前はそうなんだ!
こうやらなきゃ、ダメじゃないか!

他人に強制する男性
だとか、

もっとちゃんとやったらどうなの?
お前はダメだと怒る女性

そんなふうに人にも同じようにさせようとしてしまいます。

が、それはあまりよいとはいえません。

だって、あなたもきっとそうのはず。

むかしお母さんから、
「野菜は体にいいから食べなさい!」
野菜が食べられない少年

といわれても、嫌いだったときは、「いやだぁ」となったはずです。
食べることを拒否する少年

人は誰かに強制されるとそれを拒みたくなるものです。

押し付けられれば押し付けられるほどわかってもらえないどころか、「おかしな宗教やってんだろ!?」と変人扱い、精神異常者と思われます。


だから、自分だけでやってればいいんです。それを他人に押し付けることはありません。
人知れずこっそり、こだわりましょう。その方がかっこいいです。


そして、

5、最終的には自己責任で

どんなこともそうですが、

それをやるやらないは、自分次第です。

こだわっていいんです。

けど、それをやってどうなるかは自分の責任。

体に悪いと知ってながら、タバコを吸うもの自分の責任です。

「おれは、タバコを吸うと幸せなんだ。だからこれで病気になってもいいや!」
タバコを吸う不健康な男性

と思って、吸うんだったらいいんです。だけど、自分の責任です。10年後に肺炎やガンになっても、自分の責任です。

それがわかってるなら、なにやったっていいんです。

ちゃんと自分で責任をとれるなら、何をやってもいいんです。

こだわり過ぎがいけないわけでもないし、こだわってないのがいけないわけでもないんです。

だから、こだわりを持つことをいけないと思っているのなら、

それに罪悪感を感じるのでなくこれは自分の責任でやってんだ!と割り切ってしまいましょう。

そうすることで、す〜っと気持ちが楽になるし、神経質になってる状態から抜け出せます。精神的にもスッキリ楽になるでしょう。

でも、自分の責任とはいえ、良くないことはやらないほうが長い目でみたらいいことがあります。

悪いことをして、
悪いことをして逮捕される男性

こうならないように、それもまた、自己責任でね!

さぁ、こだわりながらも楽しもう。


・・・


と、いうわけでいかがでしたでしょうか。

いままで、こうでなけばならない!

と思っていたのが、そうでなくても良かったんだ!と思えたのではないでしょうか。

それだけでも、神経質がなくなって、精神的に楽になれます。

私もこだわりが強い男でしたが、この考え方でラクになりました。

ぜひ、試してみてくださいね。

それと、途中でもいいましたが、

こだわりすぎると病気になる!けど、こだわらなくても病気になる!

これ、どっちも正しいことなんです。このことをぜひ覚えておいてくださいね。

結局、どっちでもいいんです。

それでは、最後に簡単にまとめです。

もう一度ここまでの話を振り返ってみましょう。

こだわりすぎ神経質を改善して、精神的に楽になる考え方とは・・・↓

  • 1、こだわりつつも、どっちでもいい→こだわりを持つことに罪悪感をもつことはありません。こだわりがあるのはいいことです。けれど、こだわりをもつことにこだわりを持つのはやめましょう。どっちでもいいんです。
  • 2、過ぎたるは及ばざるがごとしを知っておこう→こだわりすぎてしまうと逆に苦しむことになります。だから、なにごともほどほどに。やりすぎて逆に病気にならないように注意しましょう。
  • 3、100%よりも、70%で満足しよう→完璧である必要はありません。60%でも出来たなら上出来!それでいいんです。100%でないといけないと思うと、それに縛られてしまうので、いい加減にやっていきましょう。
  • 4、こだわりは、人に押し付けないでおこう→こだわりをもってやっていくのはいいことです。けれど、それを人に押し付けてはいけません。どっちみち反発されますし、逆の立場だったらイヤですよね。自分でこっそりやりましょう。それこそが、真のかっこいいこだわりです。
  • 5、最終的には自己責任で→何がいいか、わるいか。それを決めるのは自分です。これがいいからと言われてそれにこだわりを持っても、それをやるやらないは自分です。こだわりをもつときには、自己責任でやっていきましょう。それなら公開もないはずです。

と、いうわけでこれで神経質にならずにすみますね。

私も、ずっと神経質にやってきましたが、いまではそれほど気にしてません。

だから、精神的にかなりラクです。
精神的にラクな状態の女性

あなたもぜひ、神経質になりやすいのを治してもっと気軽に楽しい人生を!

あと、こだわりが強くなってきたらこちら記事もよかったら↓

強迫観念で不安がどうしても頭から離れないときの7つの対処法

何もかもうまくいかないときに立ち直るための7つの考え方

なんて自分はダメな人間なんだと、自分が嫌いなったとき考えたい7のこと


ちなみに…放っておいても時期がくれば、
神経質はちゃんと治ります。


若いうちはやたらこだわりすぎるけど、それまでは、あまり気にしすぎずやっていこうね。

歳を重ねることに、経験をつみ、いろんな人と会う度に、こだわりすぎずに穏やかになれますよ。

うむ、そうじゃの。
こだわりを捨てた男性

では、今回はこれで。

また次回もどうぞお楽しみに!
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




追伸です。
この記事の最初にお話したように、
健康や食べるものに対するこだわりが強くなりすぎてしまって
それで拒食症
になってしまっていたら(これをオルトレキシアといいます)
こちらの記事を読んでみてください。

拒食症で食べるのが怖くて食べられないを克服する5つの考え方

この記事を読んでおけば、
余計なこだわりをなくなり、どんなものも美味しく食べられるはずですよ。

ではでは。

スポンサーリンク


>>>免責事項

コメントを残す

当てはまる値を入力してください。 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ