なんて自分はダメな人間なんだと、自分が嫌いなったとき考えたい7のこと

みんな頑張ってるのに、
オレは、何もできてない。


あぁ、ダメな人間だ。最低最悪の人間だ!

なにやってだよ、オレ!
自分のことを思い悩む男性

と、悩むことはありませんか。

私は、ずっとずっとそれを思ってきました。

何をやっても、人の役にたつどころか、迷惑をかけてばかり…

(こんなにダメなのに、

人を傷つけることばかり言って・・・

いつまでたっても自立できない


あぁ、一体いつになったら、一人前になれるのだろう…
ベットで嫌いな自分を悩む男性

そんなことばかりを考えてました。

そして、それはきっと私だけではなく・・・

あなたもそうかもしれません。

だとしたら、その気持ちはよくわかります。

私もずっとずっと自分が嫌いでイヤでイヤで、24時間そのことが頭から離れずに、苦しくて仕方がありませんでした。

オレなんて生きてる意味ないんじゃ・・・
自殺を考える少年

自殺を考えたことがあります。

だけど、死ぬのは怖いし、これから先何十年も生きていく・・・

そのことを考えたら、
どこかでその状態を変えなくては、

嫌だ!おかしくなってしまう!

そう思って、「なりたい自分になれるセルフイメージを書き換え方」など様々なことをやってきて、

いまこうして乗り越えてきました。

そんなボロボロだった私のこれまでの経験をもとに、

今回、あなたに
私がやってきたダメな自分を乗り越える方法をお伝えします。

ぜひ、

最後まで読んで、何かひとつでも参考にしてみてください。

それがこの7つになります↓

なんて自分はダメな人間なんだと、自分が嫌いなったとき考えたい7のこととは・・・↓

1、人と比較するのをまずやめよう。
2、生きてるだけで、誰かが幸せにしている
3、助け合って生きていこう
4、ダメと決めてるのは自分自身、自分をまずは愛そう
5、ダメと思えるだけ可能性がある
6、自己嫌悪できるのは、自分を乗り越えようとしてるから
7、1日ひとつでも弱い自分を乗り越えよう

この7つ。

これは、私がいままでやってきて、そして、本当に効果があったと思えるものです。

ぜひ参考にして試してみてください。

最後まで読めば、それまで思い悩んでいたこともきれいサッパリ解決することでしょう。

嫌いな自分を好きになれます。

では、解説です。


スポンサーリンク



まずはじめは、

1、人と比較するのをまずやめよう。

私がそうでした。

自分はダメだ、どうしようもない、ダメな奴だ!

と思うときはたいていの場合、誰かと比較をしてました。

友達はできてる、だけど、自分はまったくできてない。あぁ、ダメだぁ
出来てないことに悩む男性

と。

だけど、あなたは比較する必要なんてどこにもありません。

あなたはあなたです。

映画の主人公のように、簡単に成功して億万長者になる必要もなければ、テレビのセレブみたいに、お金持ちになって成功する必要なんてないんです。

あれは、あくまでも理想像。

憧れをもってそれを目指すのはいいですが、だけど、比較する必要はありません。

あなたが思ったようにやればいい。

あなたの人生です。

どうか他人の成功と比較しないでくださいね。

それから、

2、生きてるだけで、誰かが幸せにしている

なんで生きてるんだろう、
ダメな自分が生きていても仕方ないのでは…

生きてる意味がわからないで苦しむ女性

と思うかもしれませんが、
あなたが生きているのには意味があります。
それは、あなたが生きてることで人を幸せしているということです。

人を幸せにする

それがどれほど幸せなことかわかりますか。
人は、自分だけのことを考えたら、それこそ生きてる意味がわからなくなります。

なんのために自分は生きてるんだろう・・・

と。

でも、人を幸せにしようと考えたらまったく違います。

あぁ、自分がやったことでこの人が喜んでくれている!嬉しいなぁ…
他人の幸せを喜ぶ少女

そしたら、幸せを感じられます。そうなんです。周りの人を幸せにしようとすればいいんです。それが幸せになる近道なんです。

え〜、でも、私にはできること何にもないし…
と、思うかもしれませんが、別に何もやらなくたっていいんです。

こちらの記事にも書いてある通り↓

なぜ生きてるのか意味がわからないとき、安心できる7つの考え方

あなたが生きてるだけで、必ず幸せになってる人がいます。

私がその一人です。

あなたがどんなにボロボロでもあなたが生きていてくれるだけで、ただそれだけで幸せです。

だから、あなたに言いたい、
いまこの時間を一緒に生きていてくれて、ほんとうにありがとう!

あなたがいまこの地球で私と同じ時間を生きてること、それこそがなによりも、私の幸せです。

だから、もし生きてるのがツラくなるほど自分がダメでイヤに思ったら、

あなたが生きてる、ただそれだけで幸せになってる人を思い浮かべてくださいね。
他人の幸せを感じる女性

ご両親やお友達など、あなたの身のまわりもいるはずです。

生きてればいいんです。

たった一人のためでも生きているだけで、あなたは生きてる意味があります。

ツラいこともたくさんあれども、あなたが生きてる。それだけでいいんです。

ダメだと思っても、あなたは生きてるだけでダメではないんです。

そして、

だからこそ、

3、助け合って生きていこう

みんなそれぞれ、なんだかんだいっても、

心の底にいろんな悩みを抱えてます。
心配で不安がいっぱいの女性

お金がなくなったらどうしよう…

病気になったらどうしよう…

あの人に嫌われたらどうしよう…


私も、まったく悩みがないかと言われれば、そうではありません。

探せば五万とあります。人一倍、悩みが多い人生です。

でもね、そんなときにこそ、そうやって苦しんでるときにこそ、

他の人の優しさや気遣いがうれしいくらいに感じられるんです。

それまでだったら、

自分一人で生きているし、他の人の頼りなんて何もいらない!

と思ってた。

けど、本当はそうじゃないんだ。

あぁ、自分は一人じゃないんだ。みんなで助け合っていま生きてるんだ
みんなで助け合うイメージ

とわかるんです。そうなんです。

あなたは一人ではありません。

みんなそれぞれに助け合ってるんです。

子供は親に助けられ、親は子供に助けられます。
友達も、お店の人も、みんな助け合って生きてるんです。
お店の人が助け合う様子

あなたもそうです。あなたは気がついてないかもしれないけど、必ず誰かに助けられていて、必ず誰かを助けているはずです。

だから、あなたは一人じゃないんだよ。

これからは、競争ではないです。

みんなで協力です。

お互いにいいところ、悪いところを補いながら生きていけばいいんです。

自分がダメだとおもったら、自分だけに閉じこもらず、もっと外にでていきましょう。

生きてるのに、自分の殻に閉じこもったらもったいないですからね。


そして、

4、ダメと決めてるのは自分自身、自分をまずは愛そう

人から、お前はダメだ!
お前はダメだと怒る女性

と怒られて凹むこともありますよね。

そういうことは生きていれば、少なからずあるものです。

だけど、それ以上に、自分はダメだ、と決めてるのは、誰かというと他ならぬ自分自身です。

オレは、ダメだ!オレはダメだ!オレは、なんてダメなんだぁ〜〜

と、自分に自己暗示をかけて、そのことでグルグルまわってしまい、さらに自分をダメにしていってしまいます。
深刻になって、悩む男性

でもね、あなたはあなたが思うほどダメではないんですよ。ダメだ、嫌いだというあなたもそれもあなたです。

本当にダメな人は、自分をダメだなんて考えもしないのですから、ダメだと思えるあなたは決してダメではありません。

だから、そんなあなたのことをどうか、愛してあげてください。自分を嫌いになってしまう、そんな自分を嫌わないであげてください。あなたはこの世界でたった一人です。

あなたはこの世界で、かけがえのない存在です。

だから、そのあなたをあなたがどうか愛してあげてください。

もし、周りの誰もがあなたのことを嫌っていたとしても、あなたはあなたを愛してください。

自分自身を愛する女性

そうやって、自分のことを愛していけば、そんなあなたをみて、周りのみんなもあなたを愛してくれます。

どんなときでも、あなたを愛してあげてください。

愛し方がわからなくなったら、これをぜひやってみてください↓

ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム



そして、

5、ダメと思えるだけ可能性がある

あなたは普段どれだけ、自分のことをダメだと思ってますか。

数え上げたらきりがないかもしれませんが、

自分はここがダメ!
自分のダメなところを批判する男性

と思えるその分だけ改善の余地があるということです。

100個ダメだと思えるのなら、100個も改善の余地があるということです。

それってある意味ラッキーじゃないですか。100個改善したら、どれだけすごいことになるか。想像しただけでもワクワクしますよね。

なので、あなたはあなた自身のことをあなたの大切な人だとおもって、そのダメなあなたをひとつひとつ直していけばいいんです。

たとえば、人に声をかけるときに、つい悪口をいってしまうのが、自分の悪いところだとしたらそれを直せばいいんです。

よ〜し、今度は絶対に悪口を言わないぞ〜!
反省して考える男性

とかね。それでも最初のうちは意識しても、言ってしまうかもしれないけど続けていくうちにそれを直していくことができます。

そうやって、ダメだと思える今の自分も愛していきましょう。

ダメなのは、これから直せばいいんですから。

焦らないでひとつずつです。

なので、これもぜひ覚えておいてください。

6、自己嫌悪できるのは、自分を乗り越えようとしてるから

あなたが自分のことを愛したなら、どうか、自己嫌悪することを悪いことだと思わないことです。

「自分はここができてない。」
「私は、こういうところがひどい。」


そういった自己嫌悪したい自分がでてくると思いますが、それは決していけないことではありません。

自己嫌悪できるのは、それはあなたがあなた自身の弱さを乗り越えようとしてるからです。
自己嫌悪に陥っている女性

昨日の自分よりも、1mmでも良くなっていこう!

昨日の自分よりも少しでも強くなっていこう


そうおもって頑張ってる証拠です。

努力している証拠です。


自己嫌悪できない人間は、自分を変えることはできません。

いまのままでいいや、そうやっていつまでたっても同じ人生です。

そんなのつまらないですよね。

だから、あなたはどうか自己嫌悪する自分を愛してあげてください。

どうせなら、徹底的に自分を嫌いになって、そして、その嫌いな自分を乗り越えていきましょう。

その繰り返しで、いまよりもさらに好きな自分になっていけるし、強い自分になっていけます。

と、いうわけで

7、1日ひとつでも弱い自分を乗り越えよう

焦らなくていいです。
人生はまだまだ長い!


あなたが80歳であったとしても、
まだまだこれからです。

1日にたったひとつ、それだけでいいので、いまの自分の弱い部分を正直に向き合って、それを直していきましょう。

1日たったひとつでも1年で365個も直せます。

10年で考えれば、3650個も直せるんです。

その繰り返しによって、どんどん自分が好きになります。

自信もついてくるし、生きてる実感が沸いてきます。

どうぞ、自分の弱さに負けないで。

ダメな人間だと思うのなら、それをひとつひとつ良くしていきましょう。

あなたはダメな人間ではありません。

生きてるだけで、それだけでいい!

強くこれからなっていきましょう。

そして、最後に・・・もうひとつ。

お年寄りともっと話をしよう

自分がダメだと思い悩んでしまうときは、

もっとお年寄りと話をしてみましょう。
死後の世界のおじいちゃん

おばあちゃんやおじいちゃん、誰でもいいので、自分よりも年齢を重ねてきた人と話してみてください。

そうすると、それまでいかに自分は短期的に考えていたのかがわかります。

その人たちは、いろんな人生経験を重ねて頑張っている人達です。

ぜひ、その声をきいてみてください。

そうすると、必ずわかりますが、
みんな自分をダメだと思う時期を経験してます。


なんでもうまくいって順風満帆、なにひとつ苦労してこなかったという人はまずいません。

とくに若いうちは、成功している人ほど苦労、葛藤や悩みの連続です。だから、自分がダメだと考えてしまう今は、より望む高い人生のために誰もが通る道。ツラいことだけど、そう言った経験があればあるほど、強く優しくなっていけます。

私も正直これまで、死ぬほど悩み苦しみました。

だけど、それがあったからこそ、いまの私がいます。

あと、もう少し。この際だから、悩んで悩んで、そして乗り越えていきましょう。

そのためにも、自分ひとりでなく、お年寄りの方とお話をして、どんなふうに乗り越えてきたか、アドバイスをもらってくださいね。

お年寄りの方の言葉は、
絶対にあなたの助けになるはずです。


私も、お年寄りの方と話をしてきて、助けられたことばかりです。

あなたが若い人であれば、とくに、おばあちゃんやおじいちゃんと話してみてください。
お年寄りと話し合いをもつ様子

お年寄りを大切にすれば、あなたも神様から大切にされますよ。

そして、嫌いな自分が好きになれます。また頑張れます。

・・・

と、いうわけで
いかがでしたでしょうか。

ここまで、私自身がこれまでにやってきたダメで嫌いな自分を変えていくための方法でした。

最初にもお伝えした通り、

実際に、私はダメダメ人間でした。

すぐに逃げ出して、何もできず。ズルいこともたくさんやってきました。不安、緊張、パニックの連続で、その度に自分が嫌いでしかたありませんでした。

まだそういった弱さはあるかもわかりませんが、でも1日1日その弱さを乗り越えようといま頑張ってます。

あなたもどうぞ、
これから自分の弱さを乗り越えて、そしてあなたの望む人生が歩めるように…一緒に頑張っていきましょう!

あなたなら、必ずできます。

それでは、最後にまとめです。
ここまでのお話を振り返ってもう一度大切なことをチェックしてみましょう。

なんて自分はダメな人間なんだと、自分が嫌いなったとき考えたい7のこととは・・・↓

  • 1、人と比較するのをまずやめよう。→あなたの人生は誰とも比較されるものではありません。それに、映画やテレビの主人公のようにトントン拍子でうまくいくとは限りません。そういった成功イメージと比較すると苦しくなるだけ。人と比較するのはやめましょう。
  • 2、生きてるだけで、誰かが幸せにしている→あなたが生きているだけで、周りの人を幸せにしています。自分がダメなんて思わないで、あなたはいまも人を幸せにしていることを感じていきましょう。それができるとダメではないことがわかってきます。
  • 3、助け合って生きていこう→人はひとりでは生きていけません。みんなで助け合って生きてるんです。ダメだと思ったら、助けてもらう。ダメだと思っている人がいたら助けてあげる。そうやって生きていくんです。競争はやめて協力して生きていきましょう。
  • 4、ダメと決めてるのは自分自身、自分をまずは愛そう→ダメだと決めているのは、あなた自身です。他の誰かがお前はダメだと言ったとしても、それはあなたのことではなく、その人の意見です。自分はダメだと思う前に、そんなあなたをまずは愛していきましょう。
  • 5、ダメと思えるだけ可能性がある→ダメだ!と思える数が多ければおおいほど成長のチャンスです。ダメな自分が多い分だけ、喜んで受け入れましょう。ダメを書き出して、直していけばいいですね。
  • 6、自己嫌悪できるのは、自分を乗り越えようとしてるから→自分のことが嫌いになるのは、いまの自分を乗る越えようとしてるからです。自分が嫌いになったら、それをイケナイことだと思うのではなく、むしろ褒めてあげましょう。どんどん自己嫌悪で、どんどん自己成長です!
  • 7、1日ひとつでも弱い自分を乗り越えよう→弱い自分は強くしていけます。いまはどんなに弱くても、それを1日ひとつ乗り越えていきましょう。その積み重ねで自分が好きになっていきます。
  • お年寄りともっと話をしよう→人生経験の長いお年寄りの意見はあなたを救ってくれます。どんなふうに困難を乗り越えてきたか、じっくり話し合ってみて下さい。そして、お年寄りを大切に。


これで、自分のことがダメだと思わなくなったはず。

あなたが自分をダメだと思ったとしても、それをポジティブに変えていけるようになったはずです。

私も、どうしても自分のことがダメだと考えてしまうときもあります。が、そんなときはこの7つのことを考えて、ひとつひとつ乗り越えてます。


あなたもどうか、ダメな自分に負けないで、
強くたくましく、人生を豊かなものにしていきましょう。



お年寄りの意見もぜひ取り入れてくださいね。
悩みを聞いてくれる老人

あなたがいまここに生きている。

ただそれだけで、私は幸せです。

ありがと〜


それと、また自分が嫌いになったら
こちらの記事もどうぞ↓

何もかもうまくいかないときに立ち直るための7つの考え方

あらゆるストレスに強くなってイライラしない7つのコツ

過度の心配性で、予期不安にならないための7つのコツ



読んでもらえれば、考え方がまた変わり始めることでしょう。


では、今回はこれで。

あなたの”嫌いなあなた”が、あなたの”大好きなあなた”に変わったなら、これほど嬉しいことはありません。

それでは、
また次回の記事もどうぞお楽しみに。
最後まで読んでくれてありがとうございました!

スポンサーリンク



>>>免責事項

8 Responses to “なんて自分はダメな人間なんだと、自分が嫌いなったとき考えたい7のこと”

  1. R より:

    ナタリーさんお久しぶりです。他の記事でコメントしていたRです。報告があります、第一希望ではないのですが、自分が納得のいく大学に受かることができました。本当にナタリーさんや支えてくれた家族、友達、病院の先生に感謝しています。体の調子はかなりよくなりました。受験から解放されたことで本を読んだりテレビを見たりして心を休める時間もできました。しかし、1つナタリーさんに相談したいことがあります。
    私はナタリーさんのように生きる意味がわからなくなって、鬱のようになったことと受験のストレスが重なり、本当に友達や家族に迷惑をかけずにはいられないような、最悪の状態になりました。例えば「国語ができなくなるかもしれない」と思うと本当に国語ができなくなって… 他の教科でも同じことが起き、集中力が続かなくなりケアレスミスばかりするようになりました。そして「こんな自分では友達が離れていくかもしれない、みんな私のことが嫌いかもしれない」そう思い始めると友達の前で変に緊張したり、話の途中で上の空になったり、呂律が回らなくなったりいつものように冗談が言えなくなったり…
    また日常生活でもケアレスミスが続き人に助けをかりなければ何もできなくなりました。

    こんな状態が実に1ヶ月以上続きました。受験が終わり少しは冗談とかが言えるようになったのですが、友達に会うと前のようにリラックスして会話を楽しんだり笑ったりすることができなくて、変に取り繕うとしてからまわってしまいます。そんな自分を客観的に分析して自己嫌悪を異常にするためまた上の空になり日常生活でのケアレスミスを繰り返してしまいます。例えば今日友達の卒業アルバムを汚してしまいました。昔は自分が大好きで大好きで友達もたくさんいました。これから先こんな精神状態で友達はできるだろうか?今の友達は私のことをどう思ってるのだろうか?そう考えると不安で不安で毎日を楽しめなくて、なんの欲も湧いてこなくなるのです。「思考は現実化する」という本を最近読んでいたのですが、まさに私はその通りでネガティブに考えたために大切なものや長所がどんどんなくなっいくように感じます。その本にはなりたい自分を考えればそれも現実化すると書かれていました。ナタリーさんもセルフイメージの記事で似たようなことを書かれていた気がします。
    ポジティブになりたくて、自分に自信を持ちたいのに、いざ学校という社会に出ると自分のダメさを知ってしまい「なりたい自分になんかなれない!」と自暴自棄になり落ち込んでしまいます…

    この記事を読んで涙が出ました。
    私は自分を愛してあげられないのです。
    こんな私でも本当に自分を愛して前のように友達と笑ったり、なりたい自分になったりできるでしょうか?
    漠然とした質問になり申し訳ありません。そして受験が終わったことで悩みを誰にも言えなかったので思いが爆発してしまい、筋道のたっていない乱雑な文になってしまったことも申し訳ありません。

    • ナタリー より:

      Rさんお久しぶりです。大学合格おめでとう!!よかった、よかった!それを聞いてホッとしました。体の調子が良くなったのは受験が終わったからかな。
      ここまで頑張ってきたご褒美だとおもって、ゆっくり好きなことをやって大学までの間存分に楽しんでくださいね。
      さてご相談のことですが、そういったケアレスミスが多くなる状態は誰にもあります。私もストレスがずっと続いたあとは集中力は散漫になるし、頭はぼ〜っとするし、話をするのも自分で何を言っているのかわからなくなるときもあります。Rさんの場合、それは受験でのストレスもあるでしょうし、考えすぎてしまうことが癖になったからかもしれません。なので、しばらくは受験も終わったのだから気を抜いてどこかへ遊びに行ったりしたいことをするなかで、もう一度もとのRさんを取り戻していきましょう。
      それと自己嫌悪するのは決して悪いことではないですよ。自分のことを悪く思えるのは、Rさんがいまの自分を乗り越えようと頑張っている証拠です。うまくいかずに苦しいからこそ、それが新しいRさんの土台になってます。肥やしになってます。変わってないようでも少しずつ変化してるのでもうしばらく様子をみてはいかが? まだまだ長い人生だからね。
      「思考は現実化する」ともありますが、その通りです。しかし、それはネガティブなことから目を背けることではなく、ネガティブなことも乗り越えていくだけの強さをもちつつ、夢を叶えていくことだと私は思ってます。それに実際ネガティブなことを考えてもすぐに実現するわけではありません。なりたい自分を描きながら、ネガティブに屈しない強さを身につけていきましょう。それがRさんのこれからの課題となるでしょう。
      またいつでもポジティブでなくちゃいけないというわけではないんですよ。自信をもてないときもあったっていいんです。もちろん割合としてポジティブで自信たっぷりが多いのが理想ですが、24時間そうだったら逆に疲れるし、それはそれで面白くないんじゃないかな。不安や凹むときがあったっていい、そう思った方がスッキリするし。あまり深刻にならずやっていきましょう。

      自分を愛してあげられないRさんでも、これから愛してあげればいいんです。
      この世にRさんはたった一人です。かけがえのない存在です。
      これからさきもRさんはRさんなのだから、どうか愛してあげてください。というか、愛さずには生きていくのがツラくなるだけです。とことんまで愛しましょう。Rさんには自分でも気づいてないかもしれませんが、素晴らしいところがたくさんあります。そこをみてあげてください。なりたい自分になれるか、なれます。前のように友達と笑ったりできるか、できます。大学が始まれば新しい生活が待ってます、そのときに恐れずできることをどんどん挑戦していきましょう。Rさんの大学生活はこれまで以上に華やかなものになりますよ。
      それよりも、とにかく受験お疲れ様!いまがゆっくりできるチャンスなのだから、楽しんで、楽しめなくても楽しんで。それでいいんだよ。考えちゃったっていいけど、羽をすこしのばしてみてはどうかな。あとで絶対にいい思い出になるからね。Rさんはよく頑張った。それを私は知ってるし、ご家族やお友達、先生もわかってます。自分をダメだと思えているRさんはダメじゃない。変われるはずです。心配はこれっぽっちもいらないからね。

      ナタリーより

      • R より:

        またまた素敵なお返事ありがとうございます。
        今日は学校で不安なことがたて続いたせいで悲しくなって情けなく泣いてしまったのですが、ナタリーさんの返信を読んで安心してよい意味で涙が出ました。
        「思考は現実化する」という言葉に新たな解釈を教えてくださりありがとうございます。ネガティブになって「こんなネガティブになってたらすぐにネガティブな未来が来てしまう!怖い!」と思っていていたのがすごく落ち着きました。
        ネガティブになっても自己嫌悪してもいいんですね。
        私の明るい未来を保証するようなお言葉に本当に心がやすらぎました。本当にありがとうございます
        正直今は映画やお笑い番組を見たり、精神世界についての本を読むことが一番の幸せです。でもそういうことをして息抜きしてるとふと「これでいーのかな?勉強しなくていーのかな?人とコミュニケーションとらなくていーのかな?」と不安になってしまいますが、もう少し羽目をはずすというかゆっくりしようかなとも思います。
        私のなりたい自分は
        「明るくて面白くて、みんなから頼りにされる人」です。今の自分から考えると不安でちょっと欲張りな気もしますがこの夢に向かっていきたいと思います。

        あと、寝る時間も確保できるので明晰夢にもチャレンジしてみたいと思います!

        今はみんなに陰で「Rって最近変だよね、今度遊ぶときはR抜きで遊ぼ」みたいに言われているような気がして、焦ったり悲しくなったりして気が滅入ってしまう時も多いのですが、この妄想を自分の成長に合わせて少しずつ明るいものに変えていけばいいんでしょうか?
        実際には友達は優しく接してくれて不満はないはずなのに、勝手に一人で妄想して自分を追い込んで前の自分でいられなくなって、本当にただの一人芝居だなーって思って自分で自分を笑いたくなります。


        ナタリーさんのいう通り、まったく成長していない訳ではないみたいです。何故ならもう前のように「生きること」への恐怖はなくなりつつあるからです。ただ新しい悩みができてしまったからだけなのかもしれませんが、あれほどの恐怖はなくなりました。ナタリーさんのおかげでもあります。


        私もナタリーさんのように人の心を暖かくする人になれますように

  2. あや より:

    こんばんは。
    先日は丁寧なお返事を頂いてありがとうございました。
    何回も何回も聞きました。ちょっとだけ、自分ばかりと思うのはやめようと思いました。

    実は報告があります。
    仕事、決まりました。バイトですが。
    今日契約をしに行ってきました。
    少しずつできることからやってみようと思います。

    このサイトにあるたくさんの項目、殆どが必要なことでどこの括りにメッセージを残していいのかわからなくて・・・今はここかなと思って書きました。
    自分のこと、本当に嫌です。嫌いです。
    自信もこれっぽっちもないし、「私はこれを頑張っています」なんて言える事ないし。

    でも、せっかく決まった仕事。
    やってみようと思います。
    いつもありがとうございます。

    • ナタリー より:

      あやさん、報告ありがとうございます。
      仕事、決まって良かったです。
      バイトだって仕事は仕事ですから、それでいいんです。
      やっていけばどんどんできるようになっていきますよ。

      その調子!自信はこれからついていきます。
      これからも応援してます。

      • あや より:

        こんばんは。

        新しく始めたアルバイト、楽しくできています。
        覚えることがたくさんありますが、教えて下さる方がとてもいい方で質問にもきちんと答えてくださいますし、始めてみてよかったです。頑張ってみようと思います。


        それから、昨日、会ってきました。初めはぎくしゃくしましたが、普通に楽しくお話しできました。それから、ごはんに行く約束をしました。おそらくまた直前にキャンセルされてしまうとは思うのですが、お受けしました。
        あまり期待はしないようにします。


        嘔吐ですが、最近思うように吐けなくなってしまってイライラします。どんどん奥に指を入れないと吐けなくて、喉が傷ついていないか心配です。量も前ほどありません。相変わらず右耳は聞こえづらいですし、ヒステリー球も一向に治まりません。

        先週、通院しました。先生には嘔吐の事は話していません。でも、もう通うのも薬を飲むのも嫌で、仕事を始めてからも変わらず調子がいいので薬を減らすことはできないか、とお願いした所、抗鬱剤を一錠だけ減らしてもらうことが出来ました。

        本当はもう飲まなくても大丈夫ではないか、と最近思います。嘔吐するのにこんな事言うのも変かもしれないですが、自分では大丈夫だと思います。
        いろんな種類の薬を服用しています。
        目まいも治まってきたので血圧を上げる薬ももういらない、胃薬もいらない(胃カメラの結果、逆流性食道炎だとわかってから色々飲んで、今は2種類飲んでいます)、抗鬱剤だって、あんなにはもういらないと思うんです。他にも飲んでいるものがあります。
        でも、薬をいきなり全てやめるのはよくない、徐々に減らしていきます、と説明されています。母も、ちゃんと最期まで通わなければいけない、と言います。

        去年の6月に仕事を辞めてから、買い物欲みたいなものが出てきてしまって、ものすごくお金を使いました。その時は気づかなかったんです。ある日突然気づいて、なんでこんなに使ったんだろう、何をしてしまったんだろう、ととても落ち込みました。自分が悪いのは十分わかっています。でもこのことがあってからお金の心配ばかりしてしまいます。

        アルバイトを始めてもまだ数回しか行っていないので、多少の収入はありますが、あと何か月誰にも頼らずに過ごせるのか心配です。それを考えると眠れなくなります。最近ずっと寝ていたのかうとうとしていただけなのかわからないような睡眠をとっています。今は眠剤は処方されていないので、欲しいとも言えないですし、ボーッとしてしまいがちなので、仕事中は気が抜けなくて(そうでなくてはいけなkですが)疲れがたまります。

        でも、仕事自体は楽しいので頑張ります!!!
        取り急ぎ、報告まで。

        • ナタリー より:

          あやさん、すごい!!
          新しいバイト、しかも楽しくできていて、すごい進歩です。
          少しの間でこんなにも変わって、最初の一歩を踏み出して本当によかったですね。この調子なら、これからますます自信がついていくでしょう。

          それと、彼と会えてお話できてうれしかったでしょう。勇気が必要だったと思いますが、あやさんが変わろうと努力したからですよ。自分で自分をほめてあげてくださいね。

          嘔吐については吐けなくなったのは良くなっているからです。無意識に吐きたくなってしまうと思いますが、吐けないときには吐く必要はないし、いまは吐けないことで苦しくてもだんだんにそれがなんともなく普通になっていくでしょう。病気は気から、良くなるとおもってないと良くはならないですし、頭で考えていることが体の症状にでるものです。良くなると思っていた方がいいですよ。

          あやさんが大丈夫と思っているのなら、大丈夫です。自分に体のことはお医者さんでなくあやさんご自身がわかっているはずですからね。
          私はお医者さんでないので、あれこれ言える立場でないですが、薬は減らせるなら減らしていったほうがいい。それは確かです。人間には自然治癒力があるので、それを信じて飲まない方が結果として治りが早くなるでしょう。
          もちろん、一気にやめると禁断症状みたいにおちいる可能性もあるので、少しずつ少しずつ、いい意味で自分を騙しながら減らしていけばいいですよ。

          去年の6月からの買い物欲は、必要なことだったんです。それがなければ気がつけなかったこともあったはずですし、失敗ではなく経験です。今後に活かしていけばいいですよ。無駄にはならないです。

          お金の心配は考えだしたら尽きないし、どこまでもふくらむものです。そして、お金の心配をすればするほどお金にとらわれて苦しくなるし、入ってくるお金も入ってこなくなってしまうでしょう。だから、いまはいまできることをやっていればいいです。そしたらお金はあとからついてきます。

          楽しくやっていればどんどん状況は良くなっていきます。
          これからも応援してるので、頑張ってね!

          ナタリー

          • あや より:

            こんばんは。
            お返事ありがとうございます。

            嘔吐のことです。
            食事中から吐くことを考えています。どのくらい経ったら行こうか、今食べたこれが出れば1/3くらいは出たことになるかな・・・色々考えます。

            誰でもそうだと思いますが、家にいる私と外にいる私は違います。みんな、それぞれ悩みや苦しいことを抱えながら生きていると思います。本音と建て前みたいに、自分を抑えている人もいるはずです。

            外では私の病気の事を知らずに関わる人たちがいます。アルバイト先の人もそうです。私は元気いっぱいに笑顔でお過ごします。それは無意識です。
            でも帰るとどっと疲れが出ます。元気だった時に正社員としてフルタイムで働いて残業があったころよりものすごく疲れます。疲れの種類が違うような、はっきりわからないのですが、とにかく疲れます。

            初めて嘔吐したとき、私は自分でも信じられないことが起こった、どうしちゃったんだろうと思いました。こんなに元気になってきたのに、って。でも、それとは反対にすっきりしたような嬉しいような、でも、いけないことをしてしまったんだと罪悪感のような気持ちもありました。

            今は何の感情もありません。食べたら自動的にトイレに行きます。習慣です。
            でも、吐いた後は止めなくちゃいけないのにやめられない、こんなはずではなかった、と必ず思ってしまいます。

            嘔吐をしだしてから3か月くらいになりますが、まだ吐きたい、もっと出したいと日に日に思うようになりました。だから余計に吐けない自分にもどかしさを感じるんです。

            吐きたいけど吐けないのは、潜在的にもう本当はしないでも大丈夫な自分がいるからなのでしょうか。吐きたいと強く思っていても本当はよくなってきているのでしょうか。

            夜は必ず嘔吐してしまいます。なぜか朝と昼はするときとしないときがあります。その代わりに、あまり食べられなくなりました。ダイエットに成功してからもう太りたくないという気持ちがあります。だから余計にそうなったのかもしれません。

            よく過食嘔吐というのを聞きますが、夜も、たくさんたくさん食べて嘔吐しているのではないです。量は元気だったころ程食べられません。嘔吐しても極端に体重が減っている訳ではありません。そのことが安心になって、嘔吐しても大丈夫なんだと思ってしまうみたいなんです。

            鬱が一番辛かった時、体重は32キロでした。その頃も、何が何だかわからなくて、生きているのか何をしているんだかわからない中でも、客観的に自分を見ているときがありました。なぜこうなったのか、周りは私の事を○○だと思っている、とか、色々分析していたんです。自分が何人もいるような感じです。

            今も、嘔吐する自分、もしかしたら本当は嘔吐しなくても平気な自分、心に何が起こっているのかわかっている自分、何が不安なのか本当は気づいているのに向き合えない自分・・・いろんな自分を見ることができます。それなのに、そんな風にいろいろわかっているのに普通になれない。みんなみたいに普通に生活できない。

            10年も本当はこうなりたいのに、普通になりたいのに、ってずっと思ってきました。よくなりだしてからは特に。でもそこから抜け出せないんです。家族も友達も、焦らなくていい、と言います。でも10年です。疲れました。
            私が普通になれる日は本当にくるのでしょうか。こんな風にウジウジ考えているようではまだ無理なんでしょうか。

            本当は2~3年位で通院も終わって元気になれると思っていました。家族もそうだった様です。病気に完治のかかる時間なんて人それぞれだと思います。でも、こんなにかかるなんて思っていませんでした。
            時間がかかればかかるほど自分がダメな人間だという気がしてなりません。治りたいです。本当にそう思っています。なのにまだ終わりません。

            いったいどうしたらよくなるのか、何か具体的な方法はあるのか・・・最近はそんな事ばかり考えてしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ