逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャーに負けない7つのコツ

私はもともと人前にでると緊張しやすい性格でした。

試合や発表の前日などは、過呼吸になりやすく、

すべてやめたい。
どうにか逃げ出したい、

とず〜っと思ってました。

そして、いざ発表の前日になると、それこそ死にたいくらいに不安になって、
辞めたい、もう嫌だ〜!
重圧に耐えられない女性

ずっとずっと、そう思っていました。

逃げ出すことがあたり前になってました。
精神的にあまりにも弱かったんです。

そう、
レッシャーに押しつぶされそう・・・

そんなときは、

できれば逃げたい、なんとかやめたい、早く終わりにしたい・・・
現状から逃げ出したい女性

と、

かなり苦しいことで、正直泣きたくなります。

私もです。

これまでに何度も泣きたくなりました。

失敗したらどうしよう・・・

もし、期待に応えられなかったらどうしよう・・・

でも、やらなくっちゃ・・・


そのときの恐怖といったら、言葉にもなりません。

はぁ、死にたくなる・・・なんで、こんなに苦しいんだろう・・・
死にたくなる女性

そんな気持ちにもなります。

あまりにもプレッシャーに、
追い詰められるところまで追い詰められて、

呼吸ができなくなってきて、カラダから力が抜けて、
どうにかして逃げ出したい、すべてをやめて楽になりたい

いっそ死んでラクになりたい!

そう思って、

焦りはじめる・・・
焦りと重圧に襲われる少年

それが私でした。

・・・


そんな私が、
ちょっと怖いけど、よし、やってみよう!
これを頑張って挑戦してみよう!

前向きに挑戦する男性

と思えるようになりました。

いったいどうやって?

それをこれからお話していくのですが、
そう思えるようになると、人生は変わります。
逃げ出さなくてもいい、自分にはできるかも、そう思えるようになると、自信がついて、どんどん挑戦できます。

なので、

あなたがいま死にたいほど逃げ出したいと思ってるのなら、

ぜひこれから私がお伝えする方法をお試しください。

きっとお役に立てるはずです。

私自身、プレッシャーに弱かったので、逃げ出したい、死にたい気持ちはわかります。

だから、それを克服できたら、あなたがプレッシャーに強くなり望む人生を歩めるきっかけになるはずです。

その方法というのが、
この7つの負けないコツです。

逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャー負けない7つのコツとは・・・↓

1、できなくても死なないことを知っておこう
2、深刻にならずに、笑おう
3、意識して姿勢を変えよう
4、すべて忘れて部屋を掃除しよう
5、自律訓練法で自律神経を調整しよう
6、できる最初の一歩をふみだそう
7、逃げずに自分の弱さに向き合おう

この7つは、
私がずっとやってくるなかで、とくに効果的だったものを絞ったものです。

どれも素晴らしい考え方です。

なので、あなたの支えになると確信しています。

本当に逃げ出したくて
おかしくなりそうになったなら、
この記事を最後まで読んでみてください。


そうすれば、あなたの心がぐっと楽になるでしょう。

では、解説です。

スポンサーリンク



まず、初めにわかっておいて欲しいのは・・・

1、できなくても死なないことを知っておこう

できなかったら、それで人生が終わり。
もう何もかもが終わりだ・・・

プレッシャーに押しつぶされそうな男性

と思っているかもしれません。

が、

どうか、安心してください。

あなたがプレッシャーで押しつぶされそうになり、
心臓が破裂しそうになってたとしても、それで死ぬことはありません。

私もなんどもプレッシャーに押しつぶされそうになり、パニックになり、過呼吸を経験してきましたが、いまちゃんと生きています。

こちらの記事「不安感や緊張で過呼吸にならないための7つの方法」のように、毎日のようにパニックになっていたときもありましたが、
それでもいま、生きてます!

どんなに不安でもそれで死ぬことはないんです。

でも、怖いですよね。

本番のことを考えたり、先のことを考えると、手足が震えてガタガタしてしまうと思います。

なぜ、そのように本番になると不安になるのかというと、失敗してはいけないと思っているからです。

失敗したら死ぬかも・・・
失敗したら死ぬ女性

そう思ってるから不安になりパニックになります。

でも、失敗しても死ぬことはありません。安心していいです。

どんなに緊張しても、
どんなに呼吸が苦しくなっても、
焦りの気持ちがでてきても、

・・・

それで死ぬことはまずありません。

私も死ぬほど怖かったです。だけど、死んではいません。

怖いのはそのときだけで、それが過ぎれば怖くもなくなりました。


それでも怖い場合は、こちらの記事

強迫観念で不安がどうしても頭から離れないときの7つの対処法

を読んでみてください。


なので、

失敗したら死んでしまうという思い込みをなくすこと。

そうでないと、
カラダが無意識にそれを避けようと、

これは危険だ、だからやらない方がいい。
と、本能的におもいはじめ、

その結果、過呼吸がひどくなり、やたら心臓がドキドキして、死にたくなり、逃げたくなるんです。

だから、できなかったとしても、いいんです。

絶対できないといけない、と思うのではなく、

ダメでもともと。うまくいけば儲けもの。

とわかっておきましょう。


それともうひとつ、

2、深刻にならずに、ニコッと笑おう

死にたいほど逃げたいときは、深刻です。

とにかく、深刻です。

間違いなく深刻な顔をしています。
深刻になって、悩む男性

そして、深刻になると、笑うことができなくなります。

こうなったらどうしよう。
もし怒られたらどうしよう・・・


笑えないとさらに深刻になります。

深刻になりすぎて、そのことがあたまから離れなくなり、泥沼です。

ますます自分で自分を苦しめることになります。


なので、意識して笑うようにしましょう。

笑いたくなくても、笑えるように心掛けてみてください。

深刻な顔をしていても、苦しくなるだけです。
深刻な顔で思い悩む男性

が、

笑えるようになれば、深刻にならずにすむので、逃げ出すことも必要なくなります。
人に笑顔で接する美人の女性

楽しみながらやっていきましょう。

笑えなくなったら、また笑ってくださいね。

にっこり〜

そして、これも大切です。

3、意識して姿勢を変えよう

私がそうでしたが、
プレッシャーに弱いときは、姿勢がわるくなってます。

前屈みになったり、猫背になったり
精神的に不安を抱える姿勢の男性

いかにも自信がなさそうで、
周りの人がみても、

あぁ、この人は精神的に弱い人なんだな

というのが伝わってしまいます。

しかも、

姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、さらにパニックになりやすくなります。

呼吸ができないと、どんどん息苦しくなるし、カラダに力が入りません。

なので、逃げ出したいと思っても胸を張って、そのままでしばらくいましょう。

何もしなくても、自信がついてきます。

顔は下ではなくて、上をむいて、
顔はそう、にっこりです。
笑顔でほほえむ男性

ただ、
それでもまだ
死にたい、逃げたいと思ってしまうのなら、

4、すべて忘れて部屋を掃除しよう

本当にこれは効果的です。

どうしようもなく、そわそわして落ち着かないときは、とにかく身の回りを掃除してきれいにしていきましょう。

なにも考えなくていいです。

手を動かして、部屋を掃除してみてください。

本を重ねたり、ゴミ箱にゴミをすてたり、服をたたんだり、ガラスを磨いたり、
掃除をしてる最中の女性

掃除をすると心もきれいになっていきます。

そしてやがて落ち着きます。

私もどうにもならないときは、片っ端から部屋を掃除をしてます。

掃除をしているとそれだけで、だんだん気持ちが落ち着いて、やがて逃げたい気持ちが消えていきます。片付け終わると、気持ちがスッキリして、
よ〜し、やってみよう!という気持ちになっています。

掃除、これはいつでもできるので、いますぐにでもやってくださいね。


それから、

5、自律訓練法で自律神経を調整しよう

あなたが慢性的に、
無意識に不安になりやすいのでしたら、

自律神経の乱れが原因かもしれません。

自律神経には、
交感神経副交感神経という2つの神経がありますが、
そのうちの交感神経が働きすぎると、

心臓が早くなり、呼吸が浅くなり、頭であれこれと考えすぎてしまいます。

なので、興奮しすぎて
その状態がどうしても収まらないのでしたら、副交感神経を働かせリラックスできるように、自律神経のバランスをとるトレーニングをしていきましょう。

こちらの記事に↓
自律神経を調整する方法がありますので、ぜひ、お試しください。

自律神経バランスの7つの調整法


とくにオススメは自律訓練法です。

緊張でカラダが震えなくなるための自律訓練法


私自身、自律神経をやってきて、ものすっごく楽になりました。

不安を感じやすい場所(発表やスピーチ)でも、
ドキドキをす〜っと落ち着かせることができます。


しかも、お金はかからずいつでもどこでもできます。

ぜひ、自律訓練法をやってみてください。
自律訓練法で心を落ち着かせる男性

そして、つぎです。

6、できる最初の一歩をふみだす

逃げたくなったり、死にたくなったとき、
それをどんなに頭で悩んでも、解決にはなりません。
悩みすぎて具合の悪い女性

考えれば考えるほど、さらにさらにおかしくなります。

逃げたいという気持ちが強くなり、死にたくもなるものです。

先のことで不安になってしまうのなら、あたまで考えるのはもうやめにして、

いまできることをどんなことでもいいので、やっていきましょう。

考えていても何もはじまりません。

なにか行動に変えてみてください。

それはたとえば、練習するでもいいです。

本番に弱いのなら、家でこっそり練習をして本番に備えればいいんです。
家でバレーの練習をする女性

あるいは友達に相談して、一緒に練習すればいいんです。

なんでもいいので、
最初の一歩を踏み出しやってみてれば
考えることが減っていきます。


どんどん行動できるようになって、逃げようと思わなくても、できるようになっていきます。

だから、考えるよりも先に行動!やれることをやっていきましょう。心配したり、悩むのはそのあとです。

やれることをやりきったあとで、心配して悩みましょう。




そして、最後です。

7、逃げずに自分の弱さに向き合う

私がそうだったので、そうなんですが、

逃げよう、逃げようと思えば思うほど、精神的に弱くなります。

たとえば、
明日は大勢の前で話をしなければならない、
けど、口べただし緊張症だし、オレにできるわけがない、

嫌だ、逃げ出したい!
あしたの発表はキャンセルしてしまおうかな・・・


と逃げ出したくなりますが、そう思うほど、本当に弱くなってしまいます。

逃げようとすればするほど、不安になってきて発狂したくなります。

だけど、それであえて、

そうか、自分はそういった状況から逃げ出したくなる、そんな弱さを心に抱えているんだな
自分のことに向き合う男性

と、

その自分の弱さをすなおに認め、
しっかり向き合ったときには、プレッシャーに負けないで冷静にいられます。


この記事「パニック発作にならなくなる7つの方法、対処法」のように、

逃げたいと思っている自分がいるということを客観的にみれるようになったとき、その怖さを乗り越えることができます。

なので、

逃げたくなっても、死にたくなっても、

そういう自分がいることをわかってあげて、そして、その弱い自分に負けないでください。

あなたは本来強い人間です。
精神的にも肉体的にも鍛え抜かれた男性

弱い人間だと思っているだけです。あるいは思わされているだけです。

いまは逃げ出したい自分、弱い自分がでてきても、それをいけないことだと思わずに、その弱い自分を乗り越えていきましょう。

弱い自分に負けないこと!

焦らず、一日ひとつでも乗り越えていけばいいんです。

きっとあなたは、プレッシャーに負けない強さをもてます。

どんなに死にたくても、

逃げたくても、

どうか負けないでください。



・・・


さて、ここまでいかがでしたでしょうか。

少しでも死にたい、逃げたいと思う気持ちを乗り越えていけると思えたでしょうか。

私も、本当に弱い人間でした。

だから、苦しい気持ちはわかります。

でも、負けないで!

私も負けないです。負けそうになっても、逃げ出しなくなっても、それを乗り越えていきます。

これからも、一緒に自分の心の弱さに打ち勝って
強く自信のある心の強さを育てていきましょう。

ここまで読んでくれたあなたなら、できるはずです。

私は確信しています。

これからさき、人生いろいろあるけれど、その度に、あなたは強くなれるはず。

焦らずともあなたは強くなるはずです。

では、最後にまとめです。
くじけそうになったときは、ここだけで読んでもう一度やってみてくださいね。

逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャー負けない7つのコツとは・・・↓

  • 1、できなくても死なないことを知っておく→本番になると不安になるのは、失敗してはいけないと思っているからです。失敗したら死んでしまう、そう思ってるから不安になりパニックになります。でも、失敗しても死ぬことはありません。安心していいんです。
  • 2、深刻にならずに、笑おう→深刻になると、笑うことができなくなります。笑えないとさらに深刻になります。泥沼です。なので、笑えないと思ったら意識して笑うようにしましょう。笑えるようになれば、状況を変えていけるし逃げ出すことも必要なくなります。
  • 3、意識して姿勢を変えよう→プレッシャーに弱いときは、姿勢がわるくなってます。姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、さらにパニックになりやすくなります。なので、逃げ出したいと思っても胸を張って、そのままでしばらくいましょう。何もしなくても、自信がついてきます。
  • 4、すべて忘れて部屋を掃除しよう→どうしようもなく、そわそわして落ち着かないときは、とにかく身の回りを掃除してきれいにしていきましょう。掃除をすると心もきれいになっていきます。そしてやがて落ち着きます。
  • 5、自律訓練法で自律神経を調整しよう→無意識に不安になりやすいのでしたら、自律神経の乱れが原因かもしれません。なので、自律訓練法をやって、自律神経のバランスを調整していきましょう。副交感神経がしっかり働けば、過剰に恐れることがなくなります。
  • 6、できる最初の一歩をふみだす→どんなに頭で悩んでも、解決にはなりません。先のことで不安になってしまうのなら、いまできることをどんなことでもいいので、それをやっていきましょう。やれば次へと進めます。
  • 7、逃げずに自分の弱さに向き合う→逃げよう、逃げようと思えば思うほど、弱くなります。不安になります。だけど、その弱さを認めて向き合ったときにプレッシャーに負けない精神が身につきます。逃げたくなっても、死にたくなっても、じっと見つめていきましょう


さぁ、これであなたもプレッシャーに対してかなり強くなったはず。

まだ、それでも死にたいとか逃げ出したいと思ってしまう場合は、
とにかく笑ってくださいね。

笑えないと思っていても、笑えるようになれば、強いあなたになれますよ。

それと、
この記事の一部はこれを参考にしました↓


すでに多くの方が試されて、
やって良かったとご報告をいただいてますが、
まだやってなかったら、ぜひやってみてくださいね。

私もいまも聞いてます。

それと、逃げ出したいときはこちらの記事もよかったら↓

人目が気になり緊張しやすいを克服する7つの方法

発表に緊張しなくなるための7つの対処法

ぜったい揺れない自信をつける6つの方法



それでは今回はこれで!
あなたの気持ちが少しでも強くなれたなら
こんなに嬉しいことはないです。


これからも、笑って楽しんで。

最後まで読んでくれてありがと!

スポンサーリンク



>>>免責事項

4 Responses to “逃げだしたくなるほどの不安感やプレッシャーに負けない7つのコツ”

  1. みさき より:

    ありがとうございます…!
    少し、気が楽になりました(´ヮ`)/
    陰キャラの逆を陽キャラというのですが、その子たちからの風当たりが強くて…
    あまり関わらないようにしようとしてきたのですが、これからは少しずつその人たちの言動を見て聞いて、参考にしていきたいと思います。
    本当にありがとうございました…m(_ _)m

  2. みさき より:

    ナタリーさん、ご無沙汰しておりました(^-^)みさきです!
    私の事、ナタリーさんは覚えておられるでしょうか…笑
    ちょっとまた人間関係やこれからの自分の生き方で悩んでしまっているので、ナタリーさんにお聞きしたいです…よろしくお願い致します(;´ ∀`)↓
    今、私はどうやら周りからインキャラだと思われているようです。。
    それならば、インキャラはインキャラでもコミュ障じゃないインキャラになりたいです。
    人と普通に話せて、友達もいて、平和な毎日。悪口も聞き流せるような心。ゆくゆくは、素敵な人と巡り合いたいです。
    今は私のインキャラのイメージを変えることは難しいし諦めているので、次の高校でうまくやっていきたいです。
    でも、どうすればその理想が叶うのかが全然分かりません…
    きっと、いざ!となるとテンパって、訳の分からないことを口走ります笑(きっと早口になります…)
    本当に自分に自信はないし、初対面はまるで駄目駄目で…
    本当、なんで私こんなんになっちゃったんだろうな、とよく思います。(^_^;)
    私のこの理想を叶えるには、どうするのがいいのでしょうか?
    抽象的な質問ですみません。もうそろそろこのネガティブスパイラルから抜け出したいです!どうか、ナタリーさんのご意見をお聞かせ下さい…よろしくお願い致します。m(_ _)m

    • ナタリー より:

      みさきさん、本当にお久しぶり!
      いや〜、何ヶ月ぶりでしょうね。コメントくれてとてもうれしいです。
      もちろん、覚えてますよ。私のブログが始まったときに一番コメントくれたのが
      みさきさんですからね。お元気そうでなによりです。

      インキャラ、恥ずかしながら初めてその言葉を聞きました。
      調べてみるとインキャラには、陰気なキャラという意味のインキャラ(いじめられっ子、嫌われキャラ)と
      インドアなキャラのインキャラ(オタク、引きこもり)と二つの意味があるそうですが、
      おそらくみさきさんのおっしゃるインキャラは、引きこもりの方法のインキャラかな。
      どっちのインキャラもあまりいいイメージはないので、どうにか変えていけたらいいですね。

      たしかに高校へ行けば、イメージチェンジのチャンスあり。
      周りに知らない人が多いので、一気に変えられることでしょう。
      だけど、できることなら中学校のいまの段階から準備は初めておきたいですよね。
      そのためには、残りの中学校生活あと6ヶ月ほどをかけて、みさきさんが変わらなきゃならないと思います。
      でないと、中学から高校へ学校が変わってもそこに行くのは同じみさきさんなので、また同じパターンになってしまいますもんね。

      どうすればいいかというのは、答えがあるわけではなくひとつではありませんが、
      一番てっとり早いのは、一日10分でも誰かと話す時間をつくることです。
      最初はうまく話せなくても、続けていけば絶対にうまくなります。それは最初の挨拶だけでもいいですよ。
      おはようとか、さよならとかそういった小さなことを積み重ねていって、話すのにまずは慣れていきましょう。
      それと、人間だれでも長くずっと一緒にいる人に知らず知らず影響されるので、
      みさきさんの近くに話すのが上手な人がいたら、
      その人のそばにできるだけ長くいて同じことを真似してみるのがいいと思います。
      あたまでどんなに考えていても、やらないことにはいつまでたってもうまくはならないので、ぜひ一日少しでも話す練習をしていってくださいね。
      まだまだ時間はあるから、ひとつひとつやっていきましょう^^/
      頑張って!

      ナタリー

      • みさき より:

        なんか、おかしなところに表示されてしまいました(^_^;)
        すみません笑

サブコンテンツ

このページの先頭へ