不安、緊張、パニックにならないための健康法

どうにもならない不安、焦り
そしてパニックにおそわれる…


不安でパニックに苦しむ女性

あなたが、いまそういう状況にいるのでしたら、私と同じです。

漠然とした不安感がいつも頭をはなれず、苦しくて苦しくて、もう、死にたい。

死ねば楽なのに…

そう思ってました。

いっつも、ぼ〜っとしていて眠気におそわれて、勉強も頭に入らない。

それに、授業中も不安になってしまい、教室のなかで机にふせて、授業の終わりのチャイムがなるまで、じっと我慢してました

それしかなかったんです。

そうでもしなければ、過呼吸のパニックで
気絶するか、吐くか、狂うしかなかったのですから…

不安感に狂いそうな少女

そんなふうに、苦しくって仕方なかったです。

が、

それは昔のわたしのこと。
いまでは違います。

不安になりたくても、なることが難しいし、どんなに多くの人前でも緊張はありません。

パニックになることもなく、
頭が冴えて、正直…

生きてることがめっちゃ楽しいです。

死にたいと思っていたのが
まるでうそのように、生きていることに感謝できるようになりました。

神様、いつもありがと〜!
神に感謝の気持ちで天を仰ぐ女性

って。

なぜ、私がそうなったのか、それにはちゃんと理由があります。

そして、それはあなたにもできることです。

ボロボロで自殺を考えていた私が生きる希望を見いだせた方法です。

とくに、

もしかしたら、自分は病気で死んでしまうのではないだろうか。

という死ぬことに不安を感じている人は、
絶対に最後まで読んでみてください。


なぜなら、私がそう思っていたからです。

病院通いで、体力もなく、いつも精神的なうつ状態
そして、死ぬことばかりを考えていた…

その私が、変われたのだから
あなたに変われないはずがありません。

すべてに自信のある男性

いまどんな病気であれ、助かる道はあります。

遅すぎることはありません。
やってみてください。

だまされたと思ってもいいから、やってみてください。

私はあなたを救いたい、本気でそう思っています。

そして、
今回お話するのは・・・

不安、緊張、パニックのための健康法

です。

ふつうであれば、

不安、緊張、パニックというのは、心の問題

心理カウンセラーの先生

だと捉えがちですが、そればかりではありません。

いやむしろ、

不安、緊張、パニックというのは、カラダの問題

肉体としての体のイメージ

だったりします。

たとえば、
あなたがどんなに強いこころの持ち主であれ、
麻薬を注射したら…
麻薬やドラッグのイメージ

目の前に幻覚が見え、鼓動が早くなり、そして、禁断症状におそわれて、おかしくなります。

それと同じです。

あなたのカラダが、なんらかの毒に侵されていたら
どんなに不安にならないぞ、と思ったところで勝手に不安になってしまう

そういうことだってあり得るのです。

つまり、

カラダの状態が、心の状態をつくっている。

だから、
不安、緊張、パニックになりたくなければ、
カラダのなかにたまった毒素を排出して、体にいいものを取り入れること。

それが一番、手っとり早い方法です。

そして、その方法をこれからご紹介していきます。

今回ここでご紹介するのは、
この3つです。

不安、緊張、パニックのための健康法とは・・・↓

1、身の回りの毒素をできる範囲で排除しよう
2、カラダのなかの毒素を排除しよう
3、だけど、あまりこだわらないようにしよう

この3つです。
話はとっても簡単です。

とってもシンプルですがやってもらえれば、
一日一日その変化を実感していただけるはず。


私自身がやってきたことですので、かなり自信があります。

だけど、完璧にやる必要はないし、
やるやらないはあなた次第。

できると思ったら試しにやってみてください。

最後まで読んでもらえれば、
いまよりずっと楽になるでしょう。


では、これから解説をしてきます。

スポンサーリンク



と、いうわけで

まず、最初は、

1、身の回りの毒素をできる範囲で排除しよう


不安、緊張、パニックにさせられている原因
それは意外にも身の回りにたくさんあります。


その代表といえるのが、

いまあなたが食べている物だったりします。

たとえば、
マーガリンだけの入ったコッペパン、
67円で買えてお得〜と思って毎日毎日食べていると…

(数年前の、私のことです。)

精神的にも肉体的にも大きな問題を抱えがち。
(もちろん毎日毎日そればっかり食べてたらの話ですが…)

私であれば、何も記憶できず、
毎日吐き気と過呼吸におそわれ、
そして、昼間起きていることもできませんでした。
不安で眠る少女

すべてが絶望に思えて、生きた心地がしませんでした。

どうしてでしょうか。

それは…

毎日食べていたせいで体の調子が狂ってしまったから

マーガリンのコッペパンは栄養もなければ命もない。

だから、そればっかりを食べていても、
いくら食べても血や肉にならないばかりか
食べれば食べるほどあなたのカラダも死んだものになってしまいます。

やがて、血液が汚れ、脳がスカスカになり
カラダがボロボロになっていきます。
(ただし、くどいけれど毎日ずっと食べてたらです…)

同様に、

カップラーメンレトルト食品などの
化学調味料や添加物たっぷりの食品もそうかもしれません。

インスタントのカップラーメン

おいしいから多少からだに悪くてもいいや、
と思って毎日毎日食べ続けてみてください。

やがて、その数100倍の医療費がかかり
肉体はボロボロ、精神はガタガタになるはずです。
(ただし、たまに食べる分なら問題ありません。気にしすぎて食べられなくなる必要はありませんが…)

どうして、そんなことがいえるのかというと私がそうだったからです。

なにも気にしないで「みんなが食べているから安心!」
そう信じて食べていたからです。

だけど、ジャンクフードは食べ続けると本当に体に良いものではありません。

それを分かった上で

安いものだという理由で食べるものを選ばないでください。

そのなかに何が含まれているのかを
食品の品質表示ラベルをみて、ちゃんとチェックしましょう。
虫メガネを使って調べている男性

気にしすぎてもいけませんが、
そのなかに、自分の知らないものが含まれていたら
ちゃんと調べて安全か確認するか、
できれば買わないことです。


食べたら毒だったりしたら、余計におかしくなる可能性もあるからです。
(ただし、あなたがこれらを気にしすぎてしまうならあえて気にしないほうがいいでしょう。
ちょっとした毒までも気にしすぎて食べられなくなるなら、これらは無視して食べた方がいいです。)



それと食品の他には、お薬もそうです。

食品と薬とお金のイメージ

CMや広告などで盛んにお薬の宣伝をやってますが、
あれを鵜呑みにするのは、危険な一面があります。

そもそもテレビというのは企業がスポンサーになってお金をだし
消費者である私たちに「この商品を買ってください」
言っているものです。

つまり、テレビのCMは何だっていえるのです。
正しい、正しくないなんて関係ありません。


スポンサーの企業がお金をだせば
なんだってありなのです。

だから、
薬がときに毒になることもある。

もちろん、薬によっては効果はあるので飲んでいいのですが、
なによりも大切なのは、

テレビで言っていることをそのまま鵜呑みにしないこと。

そして、
すぐに薬に頼るのではなく、
まずは、食べるものや運動、睡眠などの
生活習慣を見直すってことです。


たとえば、

せめて食べるもののうち半分以上は、
自然のなかで作られたものを食べるようにしてみるとか。

一例として、
こういった野菜などを食べてみてはどうでしょう↓
自然食の野菜や果物

それだけでも、あなたの肉体が健康的になり
やがて、精神的な不安感なども減っていくはずです。
(とはいえ、ジャンクフードなどをまったく食べていけないわけではありません。だけど、できるだけ体に優しいものを食べることです。とくに体や心が不調のときは…おすすめです。)


それから、次です。

2、カラダのなかの毒素を排除しよう

どんなに食事をかえても一向にカラダの調子が良くならない、
としたらそれは

すでにあなたのカラダが毒素で侵されているから。

かもしれません。(これはあくまでも可能性です。必ずしもではありません。)

しかし便秘などでいま苦しんでいるとしたら、
おそらくの調子がよくないのではないでしょうか。

腸のイメージはこんな感じですが↓
体のなかの腸の様子

この長い腸のなかが汚れた油や毒素で汚れていると、
栄養のあるものをいくら食べたところで、吸収されることがなく、そのまま排出されてしまいます。

腸が汚れていると消化・吸収ができにくくなります。

そうなんです。
それはあたかも、油まみれの下水管みたいなもので、

腸が汚れていると、栄養を吸収できずに宿便で病気がちに。

だから、どんなに健康に気を使っても腸を大切にしないともったいないことをしてるだけ。

腸のなかに腐ったうんち(=宿便)があるかぎり、
どんなに高いサプリメントを飲んでも
それは消化吸収されず、うんちになって出てくだけです。

ってこともありえるんです。
なんだかもったいないですよね。

だから、まずやってほしいのは腸内洗浄です。

腸内洗浄というと怪しく聞こえるかもしれませんが、
なんてことありません。

たとえばこんなの…↓

(外部リンク)自宅のトイレで簡単!『腸内洗浄』スリムエネマは一般医療機器 腸内洗浄(浣腸)器具



をやっていってもらえればわかりますが、
それまで溜まりにたまったお腹のなかの腐敗したものが
どんどんでていき
腸が超スッキリします。

自分のイメージではこんな感じ↓
ピンク色のきれいな腸内

私も使ってますが、かなりすっきりします。
(ただし腸内洗浄を続けてやるやらないはお任せします。まずはお試しで。)


また、今すぐできる方法としては、

毎朝レモンを絞ってコップ1杯のレモン水を飲むようにしてみましょう。

新鮮なレモン

レモン水は毒素排出を促す効果があるので、
続けていくことで、宿便が排出されやすくなります。


すぐできるのでぜひやってみてください。


それと、

カラダのなかの毒素を出すにはたっぷり水を飲むことも大切。

水を飲む赤ちゃん

というのは、水がなければカラダの毒素を排出したくても
できない
からです。
カッチカチのうんこでは、出すのも大変ですもんね。
だから、水を十分に飲みましょう。

目安は1日に1リットル〜2リットル
と言われてますが、
自分の体調にあわせて飲むのがいいでしょう。

1回で飲むのではなく、
たとえば、
朝500ml、昼前に400ml、夕方600ml、夕飯前に400mlなど
分ければ簡単に飲むことができます。
(だけど、寒い時はそんなに飲まなくていいです。体調に合わせて飲んでみてください。)

それと

からだのなかの毒素を出すために大切なのは
おしっことうんち。

トイレで排便をする男性

あなたは毎日、ちゃんとトイレで出してますか。

便秘気味になるとお腹が張って苦しいですよね。
私も経験ありますが、うんちが出ないときほど不安になるときはありません。

食べたものが出てこないんです。
このままお腹が破裂してしまうのでは、って考えたら不安で仕方ないことでしょう。

どうしてもうんちが出てこない場合というのは、
腸内のいい細菌が弱ってしまい、排便を促せなくなってる可能性があります。

そのときは、ヨガやストレッチ、軽い運動をして
外から腸を動かすようにしてみてください。
ヨガでストレッチする女性

それによって、お腹のなかにたまっているうんちを押し出し
排便がスムーズにできるようになるでしょう。



それと、腸に良い食べ物として

納豆やキムチ、みそ汁など発酵食品をよく噛んで食べるようにしましょう。

発酵食品の納豆みそ汁発酵食品のキムチ

腸のなかが元気になれば、
カラダの毒素がうんちとしてでていき、
精神的にも落ち着いてくるはずです。



と、毒素を出したら、その次です。

本当の意味での、
不安、緊張、パニックのための健康法は、あまり…

3、こだわりすぎないようにしよう


ここまでお話ししてきた話と矛盾して聞こえるかもしれませんが、

こだわりすぎるのもまた体に毒です。

あれはダメ、
これはいい

とこだわりすぎると余計病気になることもあります。

だから、

今回お話しした食べるものや腸内洗浄をやってみて
よくなったなと思えたら

そこから先はほどほどにやってみてください。

何事も一面的になるとよくありません。

どんな健康法も一面的になるとよくありません。

だから、最後の最後はあなたがこれだ!と思えるものを探してやってみてください。

それこそが不安や緊張、パニックにならない健康法だと
今私は確信してます。

現代社会はいろんな情報が多いですが、
あなたがそうだと思ったものこそが、真の健康法です。

ここまで書いてきた話を信じるも、信じないもあなた次第。

でも、やればなにか効果を感じられることでしょう。

こちらもぜひ参考に↓

本当の意味で病気にならない!そのために大切な7つのこと

拒食症で食べるのが怖くて食べられないを克服する5つの考え方



・・・


そんなわけで、
ここまで「不安、緊張、パニックのための健康法」についてお話してきました。

いかがでしたでしょうか。

結局のところあなたに一番言いたいのは、
不安、緊張、パニックなどは、心の問題だけでなく、
カラダの問題が大きい
ってことです。

そして、そのカラダの問題は
いま食べているものや腸のなかの汚れによって、
その毒素がカラダをおかしくしている


という可能性があるということ。

それを分かっておいてもらえれば
私と同じように、あなたも精神的な本当の安らぎが得られることでしょう。

健康になればこその人生です。
健康的な人生を送る女性

ほどほどに楽しくやってみてくださいね。

さて、今回のまとめです。
もう一度ここまでのお話を振り返りチェックしてみましょう。

不安、緊張、パニックのための健康法とは・・・↓

  • 1、身の回りの毒素を排除しよう→すでに死んでるものばかり食べたりしないこと。そして薬にできるだけ頼らないことです。安いということだけで選ばず、自然でできた命のあるものを食べれば今よりも改善していくはずです。
  • 2、カラダのなかの毒素を排除しよう→カラダのなかの毒素を排出するには、腸内洗浄。そのやり方はこちら→自宅で出来る腸内洗浄
    それとレモン水とたっぷりの水。うんちをたっぷり出すことです。
  • 3、こだわりすぎないようにしよう。→結局なにが正しいか、間違ってるかはありません。あなたが正しいと思ったものが正しいのです。それをどうか覚えておいてくださいね。

ここまでのお話をやってもらえるだけで、
人生は大きく変わり始めるはずです。


しかし、これだけやっていてもダメです。

大切なのはバランスをとること

・体のなかの毒素を出して、体のなかにいい栄養を入れること。
・運動も適度にすること
・人と話したりストレスをこまめに発散してくこと

そういったことも大切です。

私もそうでしたから…

長い人生です。
少しでも早く、症状を改善し
あなたの生きたい人生を生きてくださいね。


健康で満たされている女性

他にもパニックにならないためには、
こちらの記事も参考に↓

どうにもならない不安を解消する7つの方法

不安や緊張のレベルが異常に高い場合の対処法

狂いそうな極度の緊張をおちつかす7つの方法


それでは、今回はこれで。
また次回の記事もどうぞお楽しみに。

いつも、最後まで読んでくれてありがと。

スポンサーリンク



追伸です。
いまの時代不安や緊張、パニックを克服するための健康法はちまたに溢れかえってます。
が、どれが正しいでもどれも正しくないでもありません。

ここに書いた健康法も決して万能ではありません。
ただそのヒントにはなったことでしょう。

正解はどこにもありません。あなたが信じるものをやる。それが一番の健康法です。

それについては、
こちらもぜひみてくださいね↓

こだわりすぎ神経質を改善して、精神的に楽になる5つの考え方


こだわらず、ほどほどにやって健康に!
あなたが強くなれますように…

ではでは。

>>>免責事項

8 Responses to “不安、緊張、パニックにならないための健康法”

  1. みさき より:

    ナタリーさん、早急なご返事ありがとうございます!
    良いことも、悪いことも受け止めて抱き締めていきたいと思います!!
    紹介してくださったそちらの本を読んで、自分の壁をぶち壊して、着実に前進していきたいです!
    応援本当にありがとうございます!!頑張りますo(^o^)o

  2. みさき より:

    こんにちは、ナタリーさん(^ー^)みさきです。
    何度も何度もすみません。なんでもすぐにナタリーさんに頼ってしまいます…( ̄▽ ̄;)まだまだ弱いですね、私(-_-;)
    では、本題に入らせていただきます。先日、「いいとも!」のグランドフィナーレを視聴していて、タモリさんの偉大さ、温厚さ、優しさを改めて感じました。そして、もしかしたら私のなりたい自分像はタモリさんなのでは、と思いました。
    急に変わるのは難しいと思うので、ゆっくり少しずつ理想の自分に近づいていきたいのですが、よくよく考えてみたら、タモリさんのようになる方法を私は知っていませんでした。
    無茶なお願いをします。タモリさんのような偉大さ、温厚さ、優しさを兼ね揃えた人物になるコツを、ナタリーさんも一緒に考えていただけないでしょうか?
    本当に無茶な頼みですみません(T_T)どうかなにかアドバイスをください…
    自分を変えて、生まれ変わった新しい自分に慣れることは難しいでしょうか?
    それとも、なりたい自分を演じていれば、自然にそのなりたい自分になれるのでしょうか?
    長文すみません。そして本当に無茶な頼みですみません(T_T)どうかなにかアドバイスをください…

    • ナタリー より:

      みさきさん、こんばんは。ナタリーです。
      コメントありがとう。タモリさんのようになるコツ、というと一概には言えないですがひと言でいえば、人生経験の豊富さだと思います。それは決していいことばかりでなく、ときにツラいことや泣きたいことも苦しいときも含んでの経験です。(いまのみさきさんももしかしたらそういうなかにいるのかもしれませんね。)けど、それを乗り越えてきたからこそ、タモリさんはあんなにも偉大であり、優しく温厚でいられるのに違いありません。
      とくに、タモリさんのすごいところは人とは違うことをやろうと子供の頃から取り組んできたことにあると思います。ふつうの多くの人は人と同じことをやって、目の前の嫌なことから逃げてしまうのでそこでの成長はなく、人には厳しく自分に甘くなってしまいます。そうではなく、まわりと違うことをやって挑戦していく気持ちが人を強くしてくんです。それは私自身の経験からも言えます。
      みさきさんはまだお若いので(ナタリーも若いですが^^)、これからいろんなことを経験するでしょう。私であれば、本当に泣きたくて学校に行けなくなったり、家族ともケンカの毎日ってときもありました。友達がひとりもいなくって寂しいときもあったし、人生がどん底に思えてすべて捨ててしまいたいと思ったこともあります。でもね、そんな過去もあったからこそ、いまの自分がいる。そう思えます。逆をいえば良い事だけだったらいまこうしてみさきさんと出会うこともなかったでしょう。だから焦らず一歩一歩着実に、いいことも悪いこともいろんな経験を積んでいきましょうね。
      自分を変えて、生まれ変わった新しい自分になることは・・・難しいと思われがちですが、できます。けど、時間は少しかかるものです。一気に変えることもできますが、個人的には時間をかけて一日ひとつでも変えていくほうが確実だと思ってます。最初はちいさな変化でもあるとき一気に大きな変化に変わるときがやってきます。それを信じて一歩一歩です。
      ちなみに、以前お伝えしたことがあるかもしれないけど、この本が自分を変えるのにオススメです♪

      「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~


      なりたい自分を演じる方法(Fake it until you make it:実現するまで演じ続けろ!)についても書かれているので、読んでなければぜひ読んでみてください。CD付きです。
      ナタリーは何度も読んで変わりました。

      これで答えになったか分かりませんが、みさきさんならタモリさんみたいになれるはずです。保証します^^ 頑張ってね!

  3. ナタリー より:

    こんばんは、ナタリーです。

    明日記事を公開する予定でしたが、今日完成したのでUPしました!
    よかったら、読んでみてください。
    今回は最後に音声ブラウザ付きです。

    いつもありがと〜!

  4. ナタリー より:

    こんにちは、ブログ管理人のナタリーです。
    いつもコメントやいいね!ツイートありがとうございます。
    もうすぐ4月!新しい季節になりますね。温かくなったらやりたいことがいっぱい!楽しみです。

    さて、もう少ししたら新しい記事をUPします。
    今回のタイトルは、

    明晰夢をやめたい、疲れる…と思ったときに考えたい7のこと

    です。
    明日くらいにはUPできると思うので、いましばらくお待ちを。
    ただいま作成中です。

    ではでは^^/

  5. みさき より:

    返信が遅れてしまい、すみません
    優しいお言葉、心に染みました^^
    ナタリーさんに相談してよかったです!
    本当にありがとうございました!ナタリーさんが教えてくださったことを今後に活かしていきたいと思います!!

  6. みさき より:

    こんにちは、ナタリーさん、お久しぶりです(*^-^*)
    自分の短所が見えてきました。アドバイスをください。
    長文失礼いたします。
    自分らしさを探していくとともに、私の悪いところが見えてきました。
    ①とにかく早口&滑舌悪い
    たぶん人と話すときに緊張してなります。妙に焦って変なテンションになります。(引かれる?)
    ②かなりの人見知り&ネガティブ
    これはもう昔からです。自分が一番直したいと思っている短所です。
    ③分からなかったりできなかったことがあると、分かったりできたりするまでやらないと気が済まない
    一見長所のようですが、↑のせいで泣くほど自分を追い詰めてしまうのです。
    ④自慢したい、人に教えたいという気持ちがある
    リーダーぶりたがる自分がいます。つまりは無意識に自己中です。でしゃばりです。
    ⑤思い込みが激しい・考えすぎる
    最近できた悪い癖です。完璧主義者となってしまいました。
    ⑥性格・話すことにユーモアが無い、生まれない
    やること話すことに面白みがありません。
    これらの短所を直していくには一体どうすればいいのでしょうか?少しずつでも直したいので、アドバイスをどうかください!!
    よろしくお願い致します。(´_`。)

    • ナタリー より:

      みさきさん、お久しぶりです!ナタリーです。
      コメント読ませてもらいましたが、すごいですね。ここまで自分を分析できる人はそうはいないですよ。
      しかも、いいところだけでなく、自分の欠点を素直に見つめられるのは本当に稀です。それだけでも自信をもっていいんじゃないかな!
      で、ご質問のアドバイスです。
      ①とにかく早口&滑舌悪い
      これは、私もそうだったのでわかりますが、ちょっとずつ慣らしていくのが一番いいです。
      早口なのは、あがってしまって、心臓の鼓動や呼吸のペースに言葉を合わせてしまっているからだと思います。
      つまり、緊張して心臓が早くなったり、呼吸が浅く早くなるのに合わせて言葉を発してしまってるから早くなるんです。
      だから、まず大切なのは早口を治そうとするよりも、心臓や呼吸をゆっくりにできるように身体を変えていくことです。
      そのためにできるのは、平常心。そして、その平常心を身につけるために大切なのは、やっぱり慣れです。
      どうやって慣れればいいかというと、もっと失敗できる場所に行って「失敗してもいいんだ」ってことを分かればOK。
      ひとりと話しても緊張しても100人と話せばそのうちに落ち着いて話せるようになります。
      まぁ、機会があればこのセミナーにも出てみてください↓

      人前での緊張が二日で治る体感型セミナー「MOVE」

      叫んだり、人と接するなかで人前での緊張が気にならなくなります。

      あと、「滑舌」が悪いのは、文字通り「舌」の動きが「滑」らかでないからです。
      だったら、舌を滑らかにすればいい、というわけで普段から舌を動かしてみたり、ガムを噛んで口のまわりの筋肉を鍛えてみてください。
      ある程度やっていくと思った通りに舌が動かせるようになり、言葉もスムーズに話せるようになりますよ。

      ②かなりの人見知り&ネガティブ
      人見知りなのは、誰も一緒です。私も人見知りなところはあります。
      そして、どうして人見知りになるかというと自分のなかでその人のイメージを勝手につくってしまってるから、だと思うんです。
      もしかしたら、怖い人かもとかね。そんなふうにイメージしてしまうと、話せないものです。
      ネガティブに考えてしまってそれでうまくいかないのなら、ポジティブに考えようとするのではなく
      ネガティブでもいいじゃん。って割り切って考えてみましょう。
      ネガティブが悪いわけではありません。ポジティブでないといけないと罪悪感を感じていることの方が、問題です。

      ③分からなかったりできなかったことがあると、分かったりできたりするまでやらないと気が済まない
      そういうところ、自分にもあります。完璧主義になってしまうんですね。
      けど、いいんじゃないでしょうか。
      いい加減な人もたくさんいるなかで、そうやって徹底的に打ち込めるっていうのはある意味才能です。
      若いうちは何でもとことんやってみて、それでダメならまた別を目指せばいい。
      最初からあきらめないで、気が済むまでやってみていいと思いますよ。
      そのうちに何が大切で、何が必要ないかわかってくるはずです。きっとね。

      ただ、泣くほど自分を追い詰めてしまうのであれば、
      こういう考え方もあります。
      「できることしかできない。だからできることをやる。」
      みさきさんが、いまできることをやっていけばいいんです。
      分からないことできないことは後回しにして、分かることできることをやっていきましょう。
      長い人生です。やがて、いまできないこともそのうちにできるようになるので
      焦らずに一歩一歩やってきましょう。

      ④自慢したい、人に教えたいという気持ちがある
      その気持ちもよくわかります。
      自分の知っていることを人に教えて「すごいね」って認めてもらいたいってことだと思いますが、
      それよりもまずは、自分を自分で褒めてあげればいいと思いますよ。
      みさきさんが自分のことを認められば、人に自慢したりしなくても満足できるはずです。

      でもね、自分のことを

      リーダーぶりたがる自分がいます。つまりは無意識に自己中です。でしゃばりです。

      と、言えるのは、自己中の人にはできないことです。
      本当に自己中の人は自分が自己中なんて考えもしないですからね(笑)
      みさきさんであれば、だんだんに、「自慢なんてしなくってもいいんだ」って思えるようになるはずですよ。

      それと、みさきさんが人に教えられることはどんどん教えていいと思います。
      それが自慢したいからという理由ならやめたほうがいいですが、
      相手のことを思っての行動なら、素晴らしいことです。
      あまり気にせず、教えていってみましょう。やってくうちに人と話すのも上手になるかもしれません。

      ⑤思い込みが激しい・考えすぎる
      それは、私にもありました。一度思い込むとず〜っとそのことで悩んでしまって、
      他のことに手がつかなくなってしまいます。
      頭のなかでグルグル回って、24時間ずっとそのことを考えてしまう、そんな感じかもしれません。
      そんなときは、考えないようにしよう、と思うと逆に考えすぎてしまうので、
      いっそ忘れると決めて考えないようにするか、あるいは別のことをやってみることです。
      たとえば、頭で考え過ぎてしまったら、走ったり汗をかく運動するとかどこかに旅行へ行くとか。
      または、紙にいま悩んでいることをひたすら30分くらい書き出すとか。
      頭ではなく、感情や行動に置き換えてやってみましょう。
      完璧主義にならないためには、わざと失敗をして怒られてみるっていうのもいいかもしれません。
      怒られちゃいけないって思うとどうしても完璧主義になってしまいますからね。
      どんなに怒られてもちゃんと生きていけるし、怒られた分だけ強くなれます。

      ⑥性格・話すことにユーモアが無い、生まれない
      話すことにユーモアがない。と思っているとしたら、
      きっと聞いている人もそう思ってしまいます。
      みさきさんがご自身のことをユーモアがある、と思えないうちはきっとまわりもそう思ってしまいます。
      だから、まずは自分にはユーモアがあると信じることから始めましょう。
      そして、練習です。面白い話をできるようになりたければ、みさきさんがいま面白いと思ってる人を真似してみてください。
      ただし、誰かの前ではなく一人でいるときにです。
      1ヶ月もやっていれば、それがだんだんにみさきさんの自然体になり勝手にユーモアのある言葉があふれ出したりしてびっくりするはずです。
      わたしなんかも、人まねをして気がついたら話せるようになってた、って感じです。
      すぐにはできなくても、自転車に乗るのと同じでやっていけば意識せずできるようになりますよ!

      ・・・

      というわけですが、いかがでしょうか。
      みさきさんのお話を聞いて思ったのですが、本当に昔の自分とそっくりです。
      だから、心配いりません。絶対によくなるし、みさきさんの気持ちひとつで解決していける問題です。
      短所と思っていることも、私からみれば魅力的ですよ。

      頑張ってね!

      また、なにか分からないことがあればお気軽にどうぞ(^_^)/

サブコンテンツ

このページの先頭へ